スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

種デス続編をやるんですと!!

2006.03.11(21:07)
放映時から半分ネタ(補完したいあまりに独自のネタストーリー「機動戦士ガンダムSEED BREAK」が出来たくらいに)でささやかれてきた種デス続編の噂は、本当ですた。
シャア専用ブログさまでは、イベント用短編と書かれていたのでOVAとかではないようですね。
詳細を見ると主要キャラはこんな感じとのことです。

シャア専用ブログさまから引用


・セレーネ・マクグリフ
28歳。女性。コーディネイター。深宇宙探査・開発機関「DSSD」の技術開発センター「GSX-401FWスターゲイザー計画」開発技術人の一人。
聡明なのだが自己中心的な傾向が強い

・スヴェン・カル・バヤン
19歳。男性。ナチュラル。地球連合軍第81独立機動群、通称「ファントムペイン」中尉。
ストライクノワールのパイロット。コーディネイターに対して強い憎悪を抱く冷酷非常な戦闘マシン





とあります。またキレキャラなのか?!
性格難アリにするなら、今度こそ、できるだけその分キャラの内面をきちんと描いてほしいです。

公式のプレページも公開されています。


しのぶんが真っ先に思ったこと。

アスカガはどうなってしまうのか?!

上記記事を読んで、慌ててオットの人の部屋に飛び込みこの問いを投げかけてみたところ

「どうにもなりません」

「あの人たち、脇役だし」


という冷たい言葉が。くうう。

しのぶんの昨年(一昨年からだが)は種デスにはじまり種デスに終わったといっていいくらい、生活がそれを中心に回っていて大変でした<自業自得 

ネタバレスレに翻弄され、セ○○ルスレでは祭りで踊り、エロパロ板で一生懸命作家さんを待ち、100以上あるSSサイトさまを巡回し、裏口を探して裏小説も読み、時にはコメントやお便りを出し、投票もし、フィギュアを並べ、アス脱走後目覚めたときに傍にいたのがキラだったり、4クールエンディングはどう見てもホモですありがとうございましただったり、OPのセクシーカガたんはなんだったんだよと憤り、セッ○ルクル!!と期待していた45話ではあの通りであまりにがっかりして寝込み、友人に怒りをぶちまけたメールを送りつけ、最終話はあんな感じだったので「ハア?」と驚いてやはり寝込み、とどめのFINAL PLUSのハグ追加はよかったけどあの最後は一体なんでしょうかと不安になり、まあアスランは結局きっとまだ誰とも何もヤッてないよねと無理やり自分に言い聞かせて落ち着いたところだというのに。

※上記でめずらしくしていないことは同人誌購入くらいでしょうか。

※その代わり、フィギュアを買うという、1つステージがあがった行動が追加されています。

夫婦の会話の8割くらいが種デスで

「一体どうなるのか」

から、いつのまにか

「一体どこからいけなかったのか」

「何がいけなかったのか」

「どうすればよかったのか」




という話になり、終了後は大反省会をつい最近までしていたくらいです。

アスカガが変な状態になっているようなシーンが出てきたらどうしよう!
おかげでまた落ち着かない気持ちで一杯に。返せ心の平安!<自分のせい

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 11
機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション II 遥かなる暁



そんなドキドキを少し鎮めるためにも、
今回は>「しのぶんと種デス - あるいはアスカガ -」というテーマでちょっとヲタ話をします。
余計悪化しそうな予感もしますが、気のせいです。

上記の通りにしのぶんは無印種を見たのは比較的遅くて、種デス放映決定時(こちらにも説明あり)だったにも関らず、リアルでは見ていないのに、種デスでは先の見えない展開で悪い意味でのハラハラドキドキ吊橋効果が災いしてか、すっかりはまってしまいました。

こんなにアニメに思い入れたのは「ロミオの青い空」(これは種デスとちがって文句なく良作です。余り知られてないのが惜しいですが、キャラの絵もいいし、話も素晴らしいので一度見て下さい!!)
<ロミオの青い空(1)

ロミオの青い空 10周年オフィシャルファンブック
ロミオの青い空 10周年オフィシャルファンブック




以来で、しかも特定のカプにはまるのは初めてで、よく考えたら架空のカップルが別れようがくっつこうが、自分の人生には毛ほども関係ないはずですが、どっぷりつかっておりました。

そんな異常な妻を心配したオットは(しのぶんよりも情報が早い)、ガセネタに踊るしのぶんをいさめたり、最終回は見ない方がいいよと忠告してくれたり、放送当日わざわざ外から「大丈夫?」と電話してくれたりしたものです。

機動戦士ガンダムSEED 13<最終巻>



そんな思いやりに感謝した妻のしのぶんは、お礼にフィギュアを並べてお出迎え★(スカートキャラはスカートとってパンツでサービスサービスぅ♪<いらんサービス)したり、面白いフラッシュサイトを見せたり、素敵レビューを紹介したりしたものです。


シードヒロインズ デスティニーベスト(BOX)
機動戦士ガンダムSEED シードヒロインズ3(BOX)




普段はホモ大好きフリスキーなはずのしのぶんですが、何故アスカガなのか?

まずは、SEEDを見る前からキャラを見て、ビジュアルで「この金髪の子と青い髪の子が好きだな」と思ったことから始まります。

だいたい、一目見て気に入ったキャラは見た後もそのまま萌えキャラになるのですが、今回もそうでした。

当初は単体に萌えており、話し始めたらちょっとオバカだけどまっすぐで男の子っぽい(けど意外とナイスバディー・細腰が(・∀・)イイ!)カガリと、育ちがよさそうで、なんかいつも悩んでいてデコも広くて確実に禿げそうなアスラン(※しのぶんはハゲ好きです)がますます好きになったのでした。
機動戦士ガンダムSEED 2
機動戦士ガンダムSEED 10キャラクタースタジオ 機動戦士ガンダムSEED カガリ・ユラ・アスハ



機動戦士ガンダムSEED 7このころのアスラン凸MAX。



OPで対峙する二人に「お?」と期待をそそられ、「二人だけの戦争」キター!!!

いやあ、なんか好きなんですよ、出会った直後に殺し合い★って現実にはあんまり無い萌えシチュエーションじゃありませんか?あっても困るし

散々受け扱い(逆も多いですが)されるアスランもなぜか対カガリには強気攻めに大・変・身!なところもウケル。

まっすぐ向き合う二人は、そのままナチュとコーディの和解の象徴と思っていたので、絶対二人の結婚(10年後とか後日談ぽい感じで)とかで平和をこう、なんというか表現するのかな~くらいに思っていたのですヨ。

痛いアスカガセッ○ル厨と呼ばれてもいい。
アスカガには最終的には幸せになってほしい。

そんな、はいりはいふれはいりほー♪な願いを持つにいたったわけでございます。

これでもかとオフィシャル推奨のホモカップル

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7

機動戦士ガンダムSEED 8
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 6機動戦士ガンダムSEED DESTINY フォトコレクション Cell DX PHASE-treasure&TV(BOX)

は「狙いすぎ」で引いてしまうのと、「どっちが受けでどっちが攻めなのよ?」というのがイマイチ微妙すぎて、実はあんまり興味がないんです。
受け攻めは多分はっきりしてるが(レイ攻めという方、おられましたら連絡下さい)議長レイ
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 10


は、やはり乙女顔レイの狙いすぎシーンがあったため、ちょっと興味を失った天邪鬼なしのぶんです。

他の人はどうか知りませんが、しのぶんの「ホモ好き」の特徴としては、健全なものを自分勝手にヨコシマ鑑賞するという、まあBLOOD+のレビューを見れば一目瞭然ですがそんなちょっとネタ扱いな部分がないとつまんにゃい、という感じなのです。

そんな状態なので、種についてはアスカガへの興味が8割くらい、あとの1割は誰が死ぬか、残りで、オクレ兄さんのブロックワードとかムウの生き返った謎とかハネクジラはなんだったのかとか世界の行く末はどうなるのか(安泰に決まってそうなのでこの割合)というところです。<後半はほとんど解明されなかったデスね★

えーと、最後に一応一言。

ネタ上ホモやらオカマやら童貞やらの語を使っている当ブログですが(どんなネタだ)、真面目な話をするとジェンダーについては色々考えるところが多く、リアルでのヘテロ・ホモその他色々な性嗜好や、性自認については、本当に人それぞれでできるだけ各自で幸せになれるようにできればいいと思ってマス。

フィクションでは無理やりシチュも萌え★といっても、リアルでは幸せに反することなので反対というように、「誰かが被害をこうむる」という内容でなければ、どういう組み合わせだろうが、どういう嗜好があろうが、もっとお互いに認めていいんじゃないかな~と考えているのでした。逆に肩身を狭くする必要があるようなことは殺人大好き★とかロリを実行しちゃうよ、とかでなければ、ほとんど無いと思ってます。
どんなのもアリ。それでいいじゃない(桃井かおり風に)。

たとえ理解できなくても「理解できないし少数派だ(自分の方が正しい)」⇒「排斥するorバカにする」というパターンは両者にとって不幸かなと。

そんなわけでアホなことをアレコレ書いてますが、一応上記の考えの元にやっていると思っていただけると幸いデス♪

もしこのあたりの問題にマジメな興味のある方は、右下のしのぶんの本棚のおすすめ本を参考にしてくださいね。

よろしければポチっとな★お願いします⇒
<<テンプレ変更しました&画像の回り込み | ホームへ | 漢検準1級の合格証書が届きました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/92-848d2aed
| ホームへ |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。