スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本日の学習【漢検1級】

2008.03.15(22:31)
[3/27にUPしました]
準1級・1級漢字検定ステップアップ30日」は数ページやってはもどるスパイラル方式でまだまだまだまだ学習中。
このところはずっと、朝は10分くらいしか勉強できてないです。
こちらは2009年度版↓
漢字検定ステップアップ30日準1級・1級 2009年度版 (2009)
資格試験研究会
実務教育出版 (2007/12)
売り上げランキング: 244361


■本日の学習
本試験型 漢字検定1級試験問題集〈’08年版〉 (本試験型)」間違えたところを復習シリーズ。
11月ごろにやったときのものをピックアップ。


反転すると答えがでます。


第3回  181/200  合格 
  
読み 

地楡 (われもこう)

斂める (ひきしめる) 

(きくいむし) 

堪える※「たえる」以外で (こたえる) 

四字熟語

因循(  )※2通りの答えがあります (苟且、姑息)


■本日のポイント

意味を確認しておきます。


因循(  ) (
因循苟且  いんじゅんこうしょ、
因循姑息  いんじゅんこそく
)

古い習慣やしきたりにこだわってその場しのぎの手段をとること。
決断力に欠けぐずぐずしていること。

「因循」は、
「古くからの慣習にしたがうだけで、改めようとしないこと」
「いつまでもぐずぐずして思い切りの悪いこと」

「苟且」「姑息」はかりそめ、間に合わせの意味。



「苟且」
1.一時的な間に合わせ
2.おろそかなこと、軽々しいこと 
3.ちょっとしたこと

「苟も(いやしくも)」かりにも、かりそめにも、「苟も・・・せず」の形でいいかげんに、おろそかに、の意味。



「姑く(しばらく)」で、かりそめに、一時、とりあえずの意。
「息」=休むこと

仮に手抜きして、ごまかすイメージですね。 <この記事とかw




今日はここまで。

よろしければポチっとな★してくださると嬉しいです(*^^*) ↓

<<最近の美術館めぐりその3(8) 「メルティング・ポイント」「いのちの宿るところ」「project N 田尾創樹」 | ホームへ | ホワイトデー☆>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/900-dd9a7acc
| ホームへ |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。