スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ガンダムW(第11話)幸福の行方

2006.03.08(23:04)
さてさて、前回自爆して瞳孔開きっぱなしのヒイロはどうなってるんでしょうか。

とりあえず、他のG戦士たちは、コロニーを盾にされて動きが取れない状態のようです。

デュオが考えあぐねているところへ、気配り達人のカトル光通信★<違

部下たちを引き連れたカトル。

カトルはデュオのGの手のひらに乗って、もうすぐ砂嵐が来るのでその時に砂漠を渡る、と作戦を告げます。

「一緒に行きませんか?」

と誘うカトルに

「頼む。今は同情が気持ちいいぜ」

という疲れた感じのデュオ。

この二人の組み合わせなら、普通の会話が安心してできますね。

ヒイロじゃなくて最初からカトルと会っていたらかなり楽だったよな、と改めて思うデュオでした。

「僕も・・気持ちを整理したい」
と言うカトル。



場所は変わって、前回自爆で壊れてしまったヒイロの機体を回収するゼクスとノイン。
破壊により、重要な部分がほとんど解明できないような有様です。

しかし、ゼクスはトールギスの後継機であるGを、レイクビクトリア基地へ搬送することを提案します。トールギスを完成させた基地ならなにかわかるかもしれません。

そして、ガンダムのパイロットが気になるお年頃のゼクス。

自爆したので、生きているとは思えない。しかし・・・

「死んだ感じがしない。生きていてほしいと思っている。」

「MSに乗る者として、決着をつけなくてはと思うのだよ


ステキ眉毛もこいつもどうも一騎打ちが大好きのようです。騎士道マンセー。


前回の強気キャラのレディアンは、トレーズには忠実なため、ひたすらコロニー攻撃命令の非をわびます。

トレーズは鷹揚に受け止め、反乱分子が一部のものであることがわかったのはよかったと言う。

どうもせこい組織らしいじゃないか。

Gのパイロットは100均タンクトップで、鍋から靴下まで生活全てを100円で済ませているらしいと、ゼクスが言ってたぞ。



反乱分子の規模を大きくしないために、とレディアンに命じるトレーズ。

レディアンの手を取り、軍事色を嫌うコロニーの人々対策をなにやら吹き込む。エレガントに、ということを言いたいらしい。



砂嵐の中、進むデュオとカトルたち。そして部下のマグアナク隊。

連合軍にもオズにも属さない中東の組織の地下基地に到着。

気のいい司令官のおっさんがカトルを迎える。

オズをとめられなかったことをわびるカトル。
部下たちもおっさんも非常にカトルに対して好意的だ。

ラシードが2機のGの整備を引き受け、デュオに対して、カトルが改めて自己紹介する。

フルネームの姓、ウィナーを聞き、カトルがアラブでも有数の有力氏族の跡継ぎであることを視聴者にわかりやすく説明してくれるデュオ

ウィナー家は平和志向なので、カトルは勘当同然で戦いに身を投じているという。

ウィナー家と違ってなんのバックグラウンドも持たないデュオは、

「逃げも隠れもするが、うそは言わない、デュオ・マックスウェルだ」

よくわかんない肩書きを無理やりつけて自己紹介。



そのころ、リリーナさんはストーキングをあきらめ、おとなしく帰ると思いきやどうやらロシアに入国した模様。

空港のモニターに映った父の仇・レディアンが、せいいっぱいのおしゃれをして演説する様子を

「バラの花が少しも似合っていない」

と女性特有のファッションへの意地悪つっこみをかまします。


夜。
エレガントな白いドレス姿で晩餐会に乗り付けるリリーナ。

招待状のないのを咎められるが、顔見知りのウィリッジ公爵のおかげでパーティに入り込むことに成功します。

平均年齢の高いなんかくすんだ会場で、若く美しいリリーナさんはちやほやされまくり。

サンクキングダムのピースクラフト王家のことをなつかしそうに公爵はリリーナに話します。

オズのトレーズの真意を確かめたくて呼び出したのに、代理のレディアンをよこしたことにとご立腹です。


そこへ、似合わないバラをつけた噂の主が参上!

音楽が鳴り止むと

「どうした?気にするな。私も客だ」

とえらそうに言うレディアン。



華やかなパーティから浮きまくっていますが、相変わらず空気は読まない独自路線を貫きます。

公爵に挨拶をしにやってくるレディアンに、公爵も同じようにバラが似合わないとダメ出し

軍服には合わないわよ。もっとやさしい雰囲気に合わせないと。

公爵の中のピーコ魂が目覚めます。

そんなダメだしにも動じず、2,3話したいことがあると続ける氷メガネに、

「その前にそのバラを孫にいただきたいのだが」という公爵。

その言葉ではじめて、公爵の横に自分をにらみつけているリリーナがいることに気づき驚くレディアン。

どうも空気が読めないというか、自分の興味のあるもの以外は目に入らないタイプのようですな。

「おじいさま。私もバラが似合わないものです。私にはオズの返り血が似合います」

といって、拳銃をぶっ放すリリーナさん。

「お父様の仇!!」

レディアンの胸のバラが飛び散る。

なぜかバラだけにあたったようで、レディアンは無事。どういうテクだ。

逃げるリリーナ。それをかばうように立ちふさがる高齢者のパーティ参加者たち

「みんなあの子のファンでな」

リリーナたんを応援し隊。月イチでオフも開催中。

行く手をはばまれ、裏へと周り、リリーナを負うオズたち。


「これからの時代にはあの子の見せた勇気が必要なのだ」

という公爵。



ところ変わって。

中東の町へ繰り出すカトル・デュオ・サリーちゃんパパとその他下僕。

活気のある町。ベリーダンスのピチピチ姉ちゃんもいてうはうはです。
マグワナク隊無事帰還の祝いの祭りをやっているらしい。

独立を守るこの国では皆が心を一つにしています。
ピチピチ姉ちゃんからも勇者であるマグワナク隊はモテモテです。

「一つにまとまるか・・・俺たちはどうなんだろうな。」

「その件については話し合いましょう。」



という感じで、集団行動に難のある他のメンバーについて、この後色々話す二人でした。
きっとこの間に、デュオはたまりにたまったヒイロの悪口を言っていたのではないかと思われます。

二人の会話からわかったこと。

5機の性能もそっくり、任務も全く同じことが判明。

コロニーを守るために命を捨てる。

「完璧ですね」ヒイロを評するカトル。自分は任務どおりに死ねなかった。


しかしデュオは「もう少し頭の柔らかい奴かと思ってた」

と不満そうです。


結束している自分たちの国と対照的な、コロニーとG戦士たちに思いを馳せ、一人ごちるサリーちゃんパパ・ラシード。


心が一つにまとまってない、孤独な戦士ほど辛いものはない・・・。



と、そこへオズの隊がやってくる。

国民を巻き込まないために、兵士たちは地下へ隠れてやりすごすが、
オズたちは町に補給を求めるふりをして、爆薬を仕掛けていったのだった。
すでにこの国はオズに反オズ勢力としてマークされていたのだ。

動かすことができない時限爆弾。それは夜中の爆破が予定されており、オズが暗闇での砂漠戦をもくろんでいることを悟る。

ラシードは以前から国が疑われていたことを知っており、部下たちにオズとの戦いを呼びかける。

そしてGを完全に逃がすこと、これが任務だと説く。

何時の日かGが我々を救ってくれる、その恩返しを先にするのだと。




そして中東軍がオズに対して出撃、砂漠での戦闘が開始される。

地の利を得ている中東軍。輸送機も発見。

北で部下と落ち合って逃げてくれというラシードに何もできないことをわびるデュオ。

「情けなくって頭にくるぜ」

とうつむくデュオに綺麗どころが花束贈呈。

Gは英雄です。共に戦える日もきっと来ます、と勇気付けるラシードだが、改めてみるとすげえ身長差だなオイ

カトルだからかと思ったけど、デュオと並んでもものすごく高いんですが。
あの立てた髪型を崩さずにドアを通り抜けるのに苦労しているに違いありません

お前の分も花束もらったぜ!と呼びかけるデュオに

「その花に誓う。何時の日か戦えるときを迎えてみせる」

というカトル。

この二人の真摯な態度が見ていて気持ちがいい。



中東軍はGたちの輸送機の進路を確保しつつ、民間人の犠牲を出さないように戦う。
かっこいい男たちですな。


デュオは輸送機を一度だけ旋回してくれ、とカトルに頼みます。

「何かしたいんだ。」

そして、やや苦戦になりかけた中東軍のために、輸送機の中からGでビーム砲を放ち、オズ軍を叩いてゆきます。

こういうところが、やっぱりデュオが人気ある原因なんだろうなあ。いい奴だ。
ヒイロよりヒーローらしいぞ!


任務を完了したマグアナク隊を見守り、去ってゆくデュオとカトル。

今度はコロニーと心を一つにしてくるよ・・・。

カトルがつぶやきますが、その前に、コミュニケーション能力に乏しいG戦士たちの心を一つにするのもかなりなハードミッションかと心配するしのぶんでした。

一方。

逃走するリリーナさんをオズの追っ手が発見します。

またしてもMSがリリーナさんを狙おうと武器を構えます。
的として、ちっちゃすぎだろ!
軍人たちにつかまるリリーナさん。

そこへ、車で乗りつけるノエル。

「その方はこちらで預かる」と言い、

レディアンの命令だぞ!と口答えした兵士の額を撃ちぬき、瞬殺

トレーズ様の命を受けていると説明する。

普通に考えれば、説明して、何も殺すことはないんじゃないかと思いますが、レディアンが嫌いで、彼女の権威を振りかざす部下も、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いということなんでしょうか。

むかついてるノインは撃ち殺さずにはいられなかったようです

トレーズの名と銃殺シーンの前に、失礼しました~と慌てて逃げるヘタレたち。

「無茶をなされる。お前モナーその気質は誰に似たのでしょうか」とやさしく語りかけるノインに

「あなたもオズなんでしょう」銃を向ける無謀なリリーナさん。

あんた、さっきの銃殺見なかったのかYO!
問答無用で額を撃ちぬく相手デスよ!

しかし、リリーナの言葉を聞き、へたれの落とした帽子からオズのバッチを打ち抜くノイン。

オズなんて、という意思の表明です。

「お迎えにあがりました。リリーナ・ピースクラフトさま」

ノインがオズというよりは、ピースクラフト、およびゼクスのシンパであることをカミングアウトし、( ゜∀゜)人(゜∀゜ )ナカマー! アピールし、肝心の主人公(瞳孔開き中&怪我人なのにGに握られっぱなし中)の動向はわからないまま、続く!

よろしければポチっとな★お願いします⇒

新機動戦記ガンダム W DVD COLLECTION 1

新機動戦記ガンダム W DVD COLLECTION 1



<<漢検準1級の合格証書が届きました | ホームへ | 本日の復習【漢検準1級】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/90-1e355769
| ホームへ |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。