スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

プラハ国立歌劇場 ヴェルディ・椿姫

2007.11.01(21:45)
[11/5にUPしました]
漢検直前に観にいってしまったシリーズその2。だって春から楽しみにしてたんですもの!

観たのは、西本智実指揮の「プラハ国立歌劇場 ヴェルディ・椿姫」(ラ・トラヴィアータ)。
⇒インタビュー記事はこちら

西本さんは有名な女性指揮者で最近はよくCMにも出てますが、ホントにこの方素敵なんですよね。ビジュアルだけでなくてすごく頑張っている姿とか。
話すと関西弁なんです。
西本智実・31歳の新星―日本とロシアと
西本智実―私の中のロシア (Artist Photo Book)
伊東 雨音 中島 正之
せきれい社 (2004/12)
売り上げランキング: 205071
おすすめ度の平均: 5.0
5 西本さんの軌跡

ボレロ 火の鳥 & 展覧会の絵
キング (2004/12/01)
売り上げランキング: 1394
おすすめ度の平均: 4.5
4 凛々しい指揮姿に魅了された!
5 とにかくカッコイイ!
5 現地へ行ったみたいな気分



前回「セビリアの理髪師」を見たときは終演後の食べる場所に苦労したのですが、その点上野は遅くまで開いている店が近いので、安心です。

客層は西本さん目当て(しのぶんも半分くらいはそうだったり)のおっかけ女性ファンが多いように見えましたが、季節柄いいところで遠慮ない普通のボリュームで咳する人が結構多くてイラっとしました。
我慢するか、小さくするか、飴舐めるか、家で寝てるかしてくだちい。

指揮者はオーケストラピットに入ってからは後ろ頭しか見えないわけですが、そこにいたるまでの彼女をみんなオペラグラス構えてものっそく観てました(笑)

彼女の指揮するヴェルディは、迫力があって、特に前半はオケがすごく元気よく響いているなあという感じでしたが、後半のしみじみ場面などはきちんと抑えて歌を響かせるというメリハリの利いたものでした。

セットや衣装はシンプルなモノクロで統一されています。
ネオクラシック風の白い壁は各部で上手く組み替えられて、それぞれの場面にふさわしい場所を作り出します。

田舎の屋敷の部屋に敷き詰められた花びらなど、シンプルなので、色が引き立っていてよかったですね。

ヴィオレッタ役はソプラノのノラ・アンセルム。
すらりとした美人でヴィオレッタらしい。最初のしどけないアダルトな登場(事後ごろりとしているところから)はドキッとします。

高音部の最も高いところや、低音部の響きは秀逸。ただ、中程度の高い部分はやや不安定なように聞こえました。
前半部よりもむしろ後半の方が良かったように見受けられたので、もしかするとアップテンポな曲よりも、しっとりとした曲の方が得意なのかもしれません。
特に、ヴィオレッタのピアニッシモに近いような、ささやくような歌になると、非常に素晴らしかったです。
病に倒れているところの苦しそうな演技などもよかったです。

オペラは実際に今までいくつか観ましたが、舞台を見ていて涙が出たのは初めて。
普通に考えるといろいろツッコミところがある話にもかかわらず、理屈ぬきでヴィオレッタの姿には感動させられます。
ヴィオレッタがかわいそうだよママン!!


今回、なんといってもアルフレード役のブルース・スレッジが素晴らしかったです。
写真で観たときは、恰幅のよい髭のある方だったので青年アルフレードを演じるのに違和感があったのですが、彼が登場して歌い始めたらもう、こんなに若々しくて素敵なアルフレードはいるかしらという感じ。声が本当にさわやかで恋する青年にぴったり。
歌の力ってすごいですね。

ドウフォール男爵役のオルジフ・クジージもすてきでした☆
長髪を後ろで束ねてカッコイイ色っぽい感じでちょっと萌えた。

アルフレードの父親ジョルジョを演じたミゲランジェロ・カヴァルカンティも、歌声が素晴らしい。
よく考えると、この人がもろもろの不幸の原因なんですが、誠実な人柄が憎めない。

不治の病を抱えた女に結婚を控えた妹のために身を引いてくれと頼み、
「私はもう死にます」と言われると「お元気で生きて幸せになってください」とか言ったり、逆上したアルフレードがヴィオレッタを侮辱すると「ヴィオレッタは苦しみに耐えている。そんなことをするお前は私の息子ではない」とか正義漢ぶっちゃったり、
(友人「親父、言いっぱなし!」とか、しのぶん「お前が言うな☆」というツッコミの嵐)無茶な感じなんですが、それでもお笑いにならずになんか説得されてしまうのは、秀逸なヴェルディの音楽と歌手の技量なんでしょうね。

だって普通にあんたワガママ言いすぎだもの。

ヴィオレッタも自分の犠牲を忘れないでとちょっと恩着せがましくも見える歌を歌うのですが(笑)、不思議とただただけなげに見えます。

あと、道を踏み外した女、って言ってもさ、この時代は社交界で生きる程度に稼げる他に女性の職業的自立の手段は他になかったんだし云々の真面目な話なども頭をよぎったりもするのですが、
そういうのは全部すっとばせるくらいストーリーと歌に嵌りました。

死ぬ直前に元気に歌うのがヘン、というよくあるツッコミは、あれは一瞬元気を取り戻したからなので意外と違和感なく自然に見えました。

父親と会った後に、アルフレードに別れを告げるヴィオレッタの、自分の愛が深いこといつかわかる日が来るという場面、死ぬ直前に自分の肖像を送り、アルフレードと未来で一緒になる女性の幸せを願っているという場面は、もうなんかベタなのに泣ける。

TVやDVDで観た時よりも数倍心を揺すぶられる感じなのは、舞台の迫力(か、単に歳をとって涙腺がゆるみがちなのか・・)なのかもしれません。
《ラ・トラヴィアータ》-椿姫-
ユニバーサル ミュージック クラシック (2003/11/21)
売り上げランキング: 69275
おすすめ度の平均: 5.0
5 超豪華絢爛の映像は見事と言う他ありません。
5 豪華です!
5 とにかく泣ける!


色々あるので聞き比べると面白いかと。
魅惑のオペラ 2 ヴェルディ 椿姫

小学館 (2007/02/01)
売り上げランキング: 51142
おすすめ度の平均: 5.0
5 有名なオペラ
5 泣けました。。
5 素晴らしい歌手たちとオケに乾杯!

このシリーズはお手ごろで、小冊子に解説や歌詞もついていてオススメです。しのぶんも持ってます。

椿姫*歌劇
椿姫*歌劇
posted with amazlet on 07.11.05
ワーナーミュージック・ジャパン (2002/04/24)
売り上げランキング: 90813


グレタ・ガルボの映画もあるんですね。
Camille
Camille
posted with amazlet on 07.11.05
GPミュージアムソフト (2006/07/25)
売り上げランキング: 88529


<<脳内メーカー&腹黒メーカー | ホームへ | 地球へ・・・ 第24話 地球の緑の丘>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/751-04c8d834
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。