スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

地球へ・・・ 第23話 地球へ

2007.10.01(23:23)
[10/1に書いてます
⇒「アレ?Aパートで録画が終わっちゃったYO?!」⇒動画動画!!
⇒仕事もうイヤーン⇒やっとこさ10/3にUPしました(^^;)]


ぐっはあああ!なんか夏バテ以降の微妙な体調&仕事のゴタゴタにかまけていたらばもう10月に!!寒いYO!
風邪が流行っていますので、みなさんもご注意くださいね。<まんまと引きかけのワタクシです星

未視聴分の録画がたまりまくりの管理人デス。
日曜(9/30)はあろうことか半日寝て家事を片付けたら異常に疲れてゴロゴロしてたら終わってしまいました。
本当は片付けしたり展覧会に出かけたりしたかったのデスが(^^;)
見逃した展覧会の数・・・いや、数えるまい・・・。

なんかリアルではもう放送終了なんですよネ。
でも、いいの。しのぶんにとってはまだ終わってないの。

座右の銘はマイペース☆


ということでいきまーす。

地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】
アニプレックス (2007/08/08)
売り上げランキング: 178
おすすめ度の平均: 4.5
5 故郷を喪失した時代の物語
5 引き込まれる
5 あの「地球へ…」のアニメが見られるなんて!!



地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】
アニプレックス (2007/09/05)
売り上げランキング: 42
おすすめ度の平均: 4.5
5 不朽の名作の再アニメ化は単なるリメイクを超えていた。。。
4 TV版、独自の展開が楽しみ


■アバンタイトル

久しぶりに見た管理人を襲ういきなりのトォニイサービスシーン

色っぽい誰かのシルエット。大塚美容外科~♪<東京近辺以外の人にはサパーリなネタ 


次の瞬間、シャワーを浴びるトォニイのハダカの腕とか胸のあたりがアップで!!!

顔が見えないあたりがまたやらしい。

で、ずーっと上にカメラが寄っていって自分の肩を抱きしめつつ、目を伏せるトォニイの顔が見えます。

「あはーん♪僕って美しいんだから・・・☆」って感じにみえなくもないナルシー風味なポーズです。

ミュウであるマツカが切ない思いで人間を守っていたことを感じたトォニイ。

「グランパ・・・僕は・・二度(って聞こえる)同族を殺した。この手で!」
顔を上げるトォニイ。

壁に拳をたたきつけて、くっ!!と泣くトォニイに萌え。

「アルテラ!」

アルテラたんの回想ホモ戦いなんてダイキライ!!」

「それでも僕らは戦う!」

涙を流すトォニイの横顔のアップが美しい。

「ジョミーを信じて」
目を開けるトォニイは、他のミュウの前で見せていた生意気で凶悪な顔ではありません。
ピュアトォニイは、可愛いと思う。



地球へ・・・Vol.3 【完全生産限定版】
アニプレックス (2007/10/03)
売り上げランキング: 221


■Aパート

地球側の船がなにやら準備しています。

「オペレーション・リーブ・スラッシュはフェーズ2に移行」

横顔のキース、マツカを失った打撃からでしょうか、顔色も青ざめさらに前髪が後退しています。ハゲネタはいい加減にするといいよ<でもやっぱり見るたびに気になって仕方がないYO!

キースにセルジュ(さっそくできるところを見せちゃうゾ☆これでマツカのポジションは僕でキマリ♪)から、全宙域帯ネットでジョミーからの呼びかけが来ている、との連絡が入ります。

「キース・アニアン、聞こえるか。
我々はここまで来た。こちらには話し合う用意がある。
互いに交渉のテーブルにつく時期が来たのではないか。・・・キース!!」


となんか高飛車なジョミーを見て思わず立ち上がって汗を浮かべるキース。

巨大紫目玉のグランドマザーとミュウへの対処を話し合うキース。

目玉オババ(NOT目玉親父@鬼太郎)はキースに判断を任せマス。


「グランドマザーが判断を人間に委ねた?ありえない。そんなことは・・・」

とショックを受けるキースは最近の受身(性的な意味で・・・はなくw)指示待ち男子の典型なのでした。

SD体制の管理システムでミュウ因子を取り除かなかったのはなぜか、と質問するキース。

「今になってなぜ知りたい?」

「今だからです」


よろめきながら部屋を出てくるキース。

廊下で待っていたセルジュが近づくと「ええい!」と振り払うツンツンキース、あきらかに不機嫌です。

グランドマザーから答えを聞いた模様。

リーブ21による発毛リーブスラッシュの発動まで、私の部屋に誰も近づけるな!」

そしてよろよろ壁をつたいながら部屋に向かうキース。
やっとのことで椅子に身を沈めていうことにゃ。

「珈琲を頼む、マツカ」

自分の言葉にハッとするキース、そのままマツカたんの幻覚を見てしまいます。

「キース、人間とミュウとは本当に相容れないものでしょうか?」

さっきから足取りは危ういわ、短気で切れやすいわ、死んだ人間のことは忘れるわで、頭皮にとどまらない老化現象が心配されます。

「人間は強欲で愚かな生き物だ。

絶対的な強制力のもとでしか自らの欲望を押さえられない。

だから、SD体制がしかれたのだ」

しかし、その体制下でも押さえきれない者がたくさんいる。


反アニアンのおっさんたちを思い浮かべるキース。

こきたないおっさんウィルスを蔓延らせてはならぬ!
ハンサムな私がくいとめてSD体制を守らねばっ!
と使命に燃えるキース。

よってミュウの主張は断じて受け入れられない。

セルジュにミュウとの交渉の場を

「地球のリボーン総本部ユグドラシル」

に指定するキースは、同時にオペレーションリーブスラッシュの発動をイヤミメガネ・グレイブに伝えるように指示します。

ユグドラシルって北欧神話の世界樹のことですね。

シャングリラでは、ジョミーがミュウたちに演説を開始。

人類側が交渉に応じたこと、ようやく地球へ向かうことを話します。
長老達がそれを聞きます。

「多くの戦いがあった。そして、多くの犠牲をはらった。」

片目から流血するブルーやナスカチルドレンの映像。

「しかし我々はここまできた」


「ジョミー・・・なんて強い意志!」
と相変わらずジョミー萌えしているトォニイ。

地球でなにがあるか、自分にもわからない。

「それでも飛ぼう、地球へ!」
マントを翻し、力強く右手を上げてアジるミュウの長・ジョミー<アジる言うな


涙を流すフィシスたんの横顔アップ。

「ブルー・・・あなたが命がけで焦がれた星・・地球へ私たちは向かいます。

あなたの選んだジョミーがとうとうここまで皆を導いてくれました」


そしてあんたは何にもしてないな!

とツッコミたいところですが、
先日見た劇場版のザ・クイーンOF棒読みの秋吉フィシスを聞いた後だと、こっちのフィシスたんに好感を覚えてしまうミラクル☆

レインも横のテーブルの上にちょこんと乗ってます。

「全艦、ワープ!!」

りりしいジョミー。


ミュウたちのワープを確認した地球側は、オペレーション開始。

なんと、懲りずにメギドを発射する気のようです。

「ひきつけて一気にたたけ」

グレイブが命令します。



そしてワープしたミュウたちが見た地球は、美しい青い星ではなく、赤茶けたすすけてしょぼい外観の星になっていました。

【それを見たミュウの皆さん】地球って・・・126ワープ目【ビクーリ】

1.名無しのミュウさん
( ゚д゚)
(つд⊂)ゴシゴシ
(;゚д゚)
(つд⊂)ゴシゴシ

2.名無しのミュウさん
あんなにщ(゚Д゚щ) カモーンでワクテカしていた地球がこんなだったなんて!

3.名無しのミュウさん
もう来ねぇよ! ... ウワアアン! ./ / , -つ \ / / `Д´) ./__ノ  ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ / \ / / ⊂_ヽ、 .| へ/ / .\\

4.名無しのミュウさん
_| ̄|○ オワタ


みんながっくりデス!!きっと寝込むミュウも出ますよこれ。

フィシスたんなんか、思いっきり _| ̄|○ のポーズに!!<4はフィシスたんデスね☆

「ブルー・・・!(涙)」


まるで種デス45話アスカガセックルを期待して裏切られた時のしのぶんのようデス<「踊らされている、お前も!!」そして寝込んでしまいましたとさ(不貞寝とも言う)

お八重さんが分析結果を報告。

砂漠化が進み地表は人類が住めるような場所ではなくなっている。



拳を握り締めるジョミー。


この皆の失望をどうすりゃいいんだYO!

で、でも、僕のせいじゃないもんね!ブルー、そう、ブルーがいけないんだYO!

「うおおおお!なんだ!?なんだあの星は!!」



ひとしきり地球のしょぼさに切れまくり、文句を垂れるジョミー。

「青く美しい地球はどこにある?!」


珍しく、いつも気丈なブラウさんまで涙を浮かべています。
エラ女史も泣いています。

ゼルも涙を流します。
「わしらはこんなもののために犠牲を払ってきたのか!」

まるで徹夜で並んで大枚はたいて購入した高額フィギャの出来がものっそい微妙だったときのオタクの血の叫びにも似た一緒にするなよ、失望の声。

「人類とはこんなにもおろかなものなのか。

自らをはぐくんだ星をこんな姿に!」


憤るジョミー。

「だが、行こう。地球へ。」

未来は変えられる。

SD体制を打破するために。


そしてミュウたちはメギド発射を感知。

泣きっ面に蜂とはまさにこのことデス!

なんて凶悪なんだ人類!!

そのキングOF凶悪人類のキース・アニアンはなぜかミュウ殲滅のメギド発射をためらう自分の気持ちに、動揺しているのでした。

「ジョミー・マーキス・シン・・・」

離脱は間に合わない。

りりしくバッと手を上げて指示するハーレイがかっこいい。



6基ものメギドが発射されれば、ジョミーにも防ぎきれません。

発射カウントダウン開始。

顔を覆うミュウたちが死を覚悟します。

そして、キースはボタンに手をかけます。

地球へ… 1 (1) (Gファンタジーコミックススーパー) (Gファンタジーコミックススーパー)
竹宮 惠子
スクウェア・エニックス (2007/04/06)
おすすめ度の平均: 5.0
5 これが30年前の作品だったなんて、
5 容赦の無い物語。だからこそ読んでおきたい名作。
4 難しいですね。

地球へ… 2 (Gファンタジーコミックススーパー) (Gファンタジーコミックススーパー)
竹宮 惠子
スクウェア・エニックス (2007/04/06)
おすすめ度の平均: 5.0
5 ネタバレなのであえて言いませんが…

地球へ… 3 (Gファンタジーコミックススーパー) (Gファンタジーコミックススーパー)
竹宮 惠子
スクウェア・エニックス (2007/04/06)
おすすめ度の平均: 4.0
5 地球に生まれた喜びをかみしめる作品
3 もやもや
5 ミュウの逆襲ですね。


やっと観ることができますた↓(10/3)

■Bパート

一瞬の沈黙。

キースがぽちっとな☆したのは「今週のビックリドッキリメカ~♪」を出すためのボタンではなかったようです。若い人でなんのことかわからない場合はヤッターマンを見るといいヨ

「何故だ?!」

豪快な花火を期待したイヤミメガネもがっかりデス。
「キレイなんだぜ、あれ」(シャニ@種)


メギドは非常停止。

ヨギ 「メギドがとまった?」
マヒル「とまった・・メギドが」

いつもおそろいの双子キャラがちらり。

今頃公式ページのこのキャラ設定↓を読んでちょいと双子萌えしてみたり。

「マヒルとは双子で、彼は兄にあたる。いつも手をつないで行動している。
誰かの発言を反復してヨギが話し、それをまたマヒルが文節の順を入れ替え、再び反復するという、少々変わった癖がある。」




キースからジョミーへ話し合うために地球に降りて来るように連絡が入ります。

これまでの数々の行いからミュウの皆が
キケンキケン!!罠ノヨカーン!と煽るのも無理からぬことデス。

しかし、僕は釣られないクマー!と強気のジョミー。

メギドを使う気なら今使っている。
彼らの真意を確かめるためにも行かなくては。

同行するのは長老達、というジョミーに「僕も行く!!」と主張するトォニイ。

ジョミー、とりあえずトォニイをスルーして、フィシスに同行するか確認します。

トォニイ、フィシスへの憎悪をさらに募らせた瞬間デス。

シドに船の指揮をまかせ、地球に向かうジョミー。

「行こう、地球へ」



一方地球の人類は心を読むというミュウを警戒してコンパートメントに隠れます。

よっぽど管理人のように知られたら困るような妄想をしているのでしょうか。




ジョミーたちが降り立ったのは管理された無機的な街。

「ブルー・・見えますか?」心の中で語りかけるジョミー。


その奥に聳え立つこれまた微妙なデザインの塔。

病人のような街、
ユグドラシルと名づけたのは皮肉かYO?!

毒キノコキター!
ワシのマツタケの方が立派じゃ
 < 季節がら捏造台詞を織り交ぜてみました☆

などと、ゼルやエラ女史に散々にこき下ろされております。


ミュウたちの面々とキースたち、久々のご対面。

ジョミー「キース・アニアン」会いたかったよ♪

キース「ジョミー・マーキス・シン」私もだ

フィシスたん「ブルー・・・私に(やおい展開に負けない)勇気を」<一人だけなんかブルー萌え(違)

セルジュが翌朝の会議の予定を話し、「部屋に戻るまでが遠足デス!」などという説教もないままあっさり解散~。

一人暗い部屋に佇み月を見上げる電気を大切にするエコリーダー・キースの部屋に、何者かが現れます。

「やはり、来たか」

ちょっぴりワクワクしてジョミーの到来を期待していた視聴者とキースでしたが、なんと現れたのはフィシスたんでした。

警備員がいなかったのは何故?と聞くフィシスたんに、

「お前が来ると思っていたからだ」

と言うキース。本当はジョミーだと思ってたんじゃないのかYO!?

ブルーの最期を教えれ!おまいが殺したのかYO!

と迫るフィシスたんにキースはシンプルに答えます。


「銃はそこにある」

目が見えないハズのフィシスたん、いつものように全く盲目のハンデのないスムーズな動きで銃をつかみ、構えます。きっちり狙ってるし。

ところで、フィシスたんって(ブルーから与えられた)ミュウの能力ってなくなったんじゃなかったのかYO?!
占いだけとはピンポイントもいいところですな☆

このへんは原作もそうなんですが、フィシスたんの異能の定義が微妙なんですよね。


背を向けたままのキースは、
何故ミュウは指導者が前線に出て戦う?と、ミュウのまちがいだらけの非合理的戦略にツッコミを入れます。

そしてブルーの様子を回想。

「大切な人を、仲間を、子供たちを守るために決まっています!」

「ふっ(笑)。指揮を執る者が倒れては意味があるまい。

組織が機能しなくなる」


まことにごもっとも!と言わざるをえなかったり(苦笑)

「私たちは組織のために生きているのではありません!」

あああ~一方でこれも激しく同意したりするイヤイヤながらに組織の歯車になっているワタクシですことよ。

「人には必ず死が訪れます。ブルーには300年ほど訪れなかったりしましたが

そのときに次の世代に残せるものは、自らの知識と思いとわずかな希望・・・

そして残された者はは先人の思いを指標として、その先を目指すのです。」


フィシスの言葉を聞きながら、キースが思い出すのは自分を糾弾するむさいおっさんたち。
どいつもこいつも大ッ嫌いだー!!

という嫌な気持ちになりながら一人ごちるキース。

「ふ・・・その思想が我々人類にもあれば、この星もこんなにならなかったかもしれんな」

キースのおっさんだらけの可哀想な回想を感じとったのか、戦意を喪失し、涙を流すフィシス。

なぜか、憎めない奴☆という感じで、フィシスたんてばブルー殺害犯及びナスカ大量無差別殺人首謀者であるキースを撃つことをやめてしまいます。

あああ~せっかくのチャンスだったのに。

「忘れないで、あの人の最期を」

そういって出てゆくフィシスたん。

「私は・・・」目を伏せるキース。
「お前の遺伝子データを元に作られていたんだ」

つまりフィシスはキースのお母さんなのでした。
だからマザーイライザがフィシスたんそっくりだったということなんですね。

良い子のみんなは、伏線が無事回収されたことに気がついたかな?

「賢明な読者諸君は覚えておられようが」と断り書きされて、
久しぶりに登場する横山光輝の「
三国志」のキャラみたいに「そんなに前のこと言われても」と戸惑いを覚えた人も多いハズ。
この漫画、面白かったんだけどやたらとたくさんキャラが出てくるために、顔のパターンに限界があったりして余計に混乱したなあ(管理人は少々相貌失認気味デス)・・・。

横山光輝三国志大百科 永久保存版
潮出版社コミック編集部
潮出版社 (2003/04/22)
売り上げランキング: 16994
おすすめ度の平均: 4.5
3 横山三国志が最初の三国志
5 永遠の謎は闇の中
5 あくまで横山光輝氏の三国志のファンの方向けですが


キースはスウェナになにやら情報を発信。

人類・ミュウの会談のニュースが流れ、それを見つめるスウェナたんがキースからの情報を見つめます。

どうでもいいけど、ミュウの一団は、ジョミーのすぐ後ろにハーレイと並んでちゃっかりトォニイがいます。

長老を差し置いて2番目につくとはw

そしてやたらと長いフィシスたんの髪は完全に床に・・・・(後でよく洗うといいよ)後ろから見るとなんか不思議な生き物のように見えマス。


「キース、あなたの思いは私がちゃんと受け止ったわ。

結果はどうなるかはわからないけど・・・」



スウェナたん、WILLCOMの「W-ZERO3 es」に激似(笑)のスマートフォンを愛用中☆
向きが違うけどね。


人類の考えなら受け入れよう、しかし、コンピュータの考えなら受け入れられない!というハーレイ。

マザーを否定するのかと反論する人類。

言っても無駄さ、とブラウ姐さんが人類を蔑む発言。

早くも険悪ムードに包まれる会議場。


そんな嫌な雰囲気から逃れるように、キースは一人考えるのでした。(会議中のしのぶんのようですな)


「マザーシステムを否定するなら誰が地球を再生する?
人類はグランドマザーの補助なしに、もう何もできないのだ。」


ちゃっかり、ジョミーは脳内でキースと二人きりで対談をスタートします。<会議の意味ないYO!

「宇宙は広い。
もしどうしても人類にとってSD体制が大切なら。ミュウは遠くに去ってもいい。(なんか地球コ汚いしさ☆)
ただ、ミュウの存在を認めて、生まれてくるミュウを我らの元に送り届けてくれるなら」


「それはできない」

「なぜだ?なぜできない?」

「我らの尊厳に関るからだ!!」


油断して心に侵入されたことに動揺するキース。


手を取り合うことはできる、というジョミーに、マザーに理想を語るために来たのか?と揶揄するキース。


突然席を立ってなんかあらぬ方向を見つめて語りだすジョミー。横顔が美麗。

ミュウは遠いの星で生きてもよかった。
しかし、地球への渇望があった。それがマザーに植え付けられた意志だとしても。



そんな夢見る夢子さん状態のジョミーに、
グランドマザーに会わせてやろうと切り出す唐突な仕切りを行うキースに、みんなビクーリ。

会議の意味って・・・。


周囲は口々にキースの提案に反対します。


トォニイは、「機械の思考は読めないんだ!」

と特に必死に危険を訴えます。

「地球のためだか人間のためだか知らないが、あんた(あんた呼ばわりだー!)が
これ以上くだらないことに命をかけるのは、我慢できない!」

僕のために命をかけてくれるんだらいいけど!!




「トォニイ・・」トォニイに小声で突っ込むフィシスたん。

私のためならいいんだけど・・・。




「行こう、キース」


相変わらずスルーして去るジョミー。ツンデレのツン発動中なんでしょうか。
ジョミーってなんかトォニイには冷たいのよねん。


それにしても両陣営のリーダーは、ともに部下の言葉を完全に聞かないワンマンっぷりを見せ付けてくれましたネ。

・・・・・やだなあ、こんなリーダー・・。


「とめなくてはいけないのに、体が動かない。ジョミー・・・」

ナスカ以来フィシスたんが役に立った場面を見たことがありません。


エレベータで地下深く降りてゆくキースとジョミー(と、おつきの人)。
二人きりじゃないのは「密室⇒二人きり⇒何もないはずがない!!」と騒ぐ腐女子への防止策でしょうか。



ユグドラシルは、マントル層から直接エネルギーをナントカして(本当にどういう仕組みなのかよくわからんデス)地表を浄化中とのこと。

エレベータを降りると、保育園のような場所に。
おそろいのパジャマのような服を着た子供たちが走って寄って来ます。

「ねえ、お外に出られるの?」
「浄化は終わったの?」


カナリアと呼ばれる子供たち。
浄化が終わったら地表に出されるはずの人類。

彼らが無事に地表で暮らし、次世代を育てられるようになったら浄化完了というわけか。
ジョミーは、あくまで実験体として扱っていることを皮肉まじりにキースに表現しみせます。


立ち去ろうとするジョミーのマントをつかんで、「また来てね☆」と無邪気に笑う子供を見て

「なんて澄んだ瞳・・」とずきゅんはっと胸を突かれるジョミーは
「ああ」と優しく答えるのでした。

「またね」とようじょに言われたキースも、そのまっすぐな瞳に萌えて動揺しています。


そして、不必要なまでに大きな扉の前へ到着。

お付の地球人類リボーンは、この先は足を踏み入れられない。


キースが名乗り、扉が開きます。

「マザーに愛でられし者か」シニカルな口調のジョミーですが、

「昨日まではな」というキースの答えに「え?」と不思議そうな顔に。


さらにエレベータで降ります。

ついに密室キタキタキタ━━━( ゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!! <腐女子はここにいた模様

地球の浄化はあれでいいのか?とマントルをなんかこう、うまくホニャラカしてやろうとしている怪しげな方法にツッコミを入れるジョミー。

キースの背後からクールに突っ込むジョミー、という字面に羽ばたけ、みんなの想像力!

「信じているからやっている」

○○を信じていたら見る見る大金持ちに!!あきらめていた病気が治りました!素敵な相手とラブラブに!
みたいな感じに見えなくもなかったり☆

SD体制やマザーシステムもか。

アップの横顔のキース。相変わらず目つきは鋭いです。いつになったら美形になるのやら・・・<禁句


「人間は愚かだ。ミュウにソルジャーが必要なように、人類にも導くためのシステムが必要なのだ」


そういうキースについて、
「ナスカの悲劇を引き起こした男だというのに、なぜか怒りを感じない・・」と思うジョミー。・・・って、ジョミー、お前もか!!

憎めないキャラのキース、オレンジ色の憎い奴・夕刊フジといい勝負だな。<意味不明


「トォニイが早まったことをした」

「マツカのことか」

ジョミー、ちょっとキースの番を失ったトラウマをえぐってみマス☆

君はミュウと人類が手やら足やらをとりあってくんずほぐれつを実践してたんだね。

まんまと、マツカの死に顔がキースの心によみがえります。

「あいつは・・所詮手駒のひとつだ」

「なら、なぜ君の心は涙にぬれている」

「サムが死んだよ」キース、反撃開始。

「うっ」ジョミー、しょんぼり。


そして、気まずくなった空気のままエレベータがグランドマザーの下へ到着。

天空を思わせるような広く青い空間の中にたっているのは大船観音・・・・ではなくグランドマザーの像ですた。

「これが・・・グランドマザー?!大船観音じゃないの?<しつこい
なんだ、この威圧感は?」


空間に切れ目が入って、目玉オババ・グランドマザーがぱっちりとご登場~!というところで続く!!!


はあはあ・・・・や、やっと終わった。


相変わらず遅い長文レビューに、今回もお付き合いくださってありがとうございました。

うおう、次回は最終回なのね!!

原作をどうアレンジしてくれるか楽しみです。

グランドマザーのデザインも面白かったしね。

キースのかわりに(笑)よろしければポチっとな★してくださると嬉しいです(*^^*) ↓


<<「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」見ますた | ホームへ | 祝・完結!!!>>
コメント
【金木犀も香るまでもう少し・・】
しのぶんさん、こんばんは♪
急に寒くなってしまいましたね。体調大丈夫ですか・・?

>久しぶりに見た管理人を襲ういきなりのトォニイサービスシーン
これは土6のお約束なのでしょうか?!

>顔が見えないあたりがまたやらしい。
うん。こういうのを見逃さないしのぶんさんの感覚が好きですよ☆

>「グランパ・・・僕は・・二度(って聞こえる)同族を殺した。この手で!」
こういうふうに感じるアニメのトォニイって、結構感情豊かですよね。

>よっぽど管理人のように知られたら困るような妄想をしているのでしょうか。
私も絶対知られたくないわぁ。

>目が見えないハズのフィシスたん、いつものように全く盲目のハンデのないスムーズな動きで銃をつかみ、構えます。きっちり狙ってるし。
もちろん私も突っ込んでいましたよ!

>良い子のみんなは、伏線が無事回収されたことに気がついたかな?
こんなにサラッとでは、なかなか気づかないですよね。

>「我らの尊厳に関るからだ!!」
私、この意味がわからない・・

>カナリアと呼ばれる子供たち。
>浄化が終わったら地表に出されるはずの人類。
隔離されて育てられ、しかも「カナリヤ」って、この子達は大切にされているわけではなくて、毒探知機なんじゃ?と思ってしまいました。

>立ち去ろうとするジョミーのマントをつかんで、「また来てね☆」と無邪気に笑う子供を見て
くっ。汚れを知らぬ天使達みたいに描かれている子ども達を見ると、いつも複雑ですよ。
そりゃ、そういう子もいるけど、あいつらのパワーってただもんじゃないんだからねっ☆

さて、心配していた最終回ですが・・
感想をお待ちしておりまする~♪
【2007/10/05 00:34】 | ハトはは #HuBhO90w | [edit]
【ちわ~♪】
>もう10月に!!寒いYO!

すっかり涼しくなりますた。
けどたまに暑かったり・・・季節の変わり目ってやつは。

>目玉オババ(NOT目玉親父@鬼太郎)

目玉親父とは正反対にやたらデカイ目玉オババ♪
デカけりゃいいってもんじゃないことが、よく分かりマスね☆(色んな意味でw)

>人間は強欲で愚かな生き物だ。
絶対的な強制力のもとでしか自らの欲望を押さえられない。
だから、SD体制がしかれたのだ

だから、セックルできん体制がしかれたのか・・・なるほど。(誤解中)

>【それを見たミュウの皆さん】地球って・・・126ワープ目【ビクーリ】

吹いたwww!
10分で1スレ消費しそうデスYO!

>種デス45話アスカガセックルを期待して裏切られた

ちなみに例の『School Days』では登場人物達は予想外の処でセックルしまくりですた♪(笑)
あとやっぱり現在ではもうアス×メイがデフォなんだお( ^ω^)おっおっ
うん、面白いんで主観を押し付けてみましたが何か♪

>まるで徹夜で並んで大枚はたいて購入した高額フィギャの出来がものっそい微妙だったときのオタクの血の叫びにも似た

発売前の写真で見抜けなかったオタクの負けなんだお( ^ω^)

>誰かの発言を反復してヨギが話し、それをまたマヒルが文節の順を入れ替え、再び反復するという、少々変わった癖がある

ヨギ 「セックルしたい」
マヒル「したい・・・セックルが」
こんな感じデスか? よくわかりません><

>しかし、僕は釣られないクマー!と強気のジョミー。

ジョミー「ク・・・クマ━━━━━━━ッ!!」
↑釣られたらしい。

>あんた呼ばわりだー!

アンタって人はあああああ!
一体何がしたいんだあああああ!?

>・・・・・やだなあ、こんなリーダー・・。

コードギアスのオデュッセウス殿下のようにシュナイゼルに丸投げするのもどうかと♪

>立ち去ろうとするジョミーのマントをつかんで、「また来てね☆」と無邪気に笑う子供

ブルーだったらお持ち帰りしてマスね♪

>君はミュウと人類が手やら足やらをとりあってくんずほぐれつを実践してたんだね。

そして公園のトイレでくそみそまみれになってやっていたんだネ♪(ウホッ)

それではアッー!( ̄∀ ̄)ノシ
【2007/10/05 23:30】 | ようかん #sO8pSamE | [edit]
【ハトははさま】
ハトははさん、こんばんは~♪
レスがものっそく遅くなってすみませんんん!

金木犀、土曜日に表を歩いてたらどこかから香ってきました。
でも我が家のベランダのはまだつぼみもほんの少ししか見当たりません。
今年は紅葉も含めて遅いようですね~。


>急に寒くなってしまいましたね。体調大丈夫ですか・・?
なんか・・・体調が微妙なまま過ごしてしまい録画も観ないまま連休が終わりそうな勢いです。頭痛とくしゃみと悪寒でおそらく風邪なのですが、その上に職場でめっさ腹立つダメージがあったりしてもうダメダメです(アズラエル)な感じで、レスも更新もサボってしまいました。
とりあえず本日は一日中くしゃみをしていたので疲れマシタ・・。<ネギたっぷりのポン酢で湯豆腐食べたらやっとくしゃみが止まりました。冷えてたんでしょうね。
ヘンな天気が続いてますので、ハトははさんもお気をつけ下さいね~。

>これは土6のお約束なのでしょうか?!
土6といえば無意味なシャワーシーン!!ということが伝統なのですYO☆

>うん。こういうのを見逃さないしのぶんさんの感覚が好きですよ☆
お褒めにあずかり光栄デス☆AVみたいなアングルでしたよネ♪

>こういうふうに感じるアニメのトォニイって、結構感情豊かですよね。
トォニイの感情についてはかなり色々なエピソードをつくってくれてますよね、アニメは。こういう丁寧な描写があるのはうれしいです。

>私も絶対知られたくないわぁ。
そうですよね~。そんなに四則演算が多くないであろう(かけ合せたりするアレ)ハトははさんですらそう感じておられるのですから、私なんか尚更!!(笑)

>もちろん私も突っ込んでいましたよ!
フィシスの盲目設定って別にいらないような気がして仕方ありませんw。

>こんなにサラッとでは、なかなか気づかないですよね。
だいたいあの一連のキースとの因縁も、フィシスたんが尻軽だったから♪という印象しかなかったですしね☆<ひどい

>私、この意味がわからない・・
あれですよ、「生まれてくるミュウを我らの元に送り届け」る探知能力と輸送能力がないのがバレて人類ってやっぱダサっ!って思われるのを心配してるんですよ。

>隔離されて育てられ、しかも「カナリヤ」って、この子達は大切にされているわけではなくて、毒探知機なんじゃ?と思ってしまいました。

そうですよね。だから外へ出る日を嬉しそうに待つ彼らを見て、微妙な顔をしてたんですよね、キース。ええ、決して作画の問題ではなく(笑)。

>くっ。汚れを知らぬ天使達みたいに描かれている子ども達を見ると、いつも複雑ですよ。
>そりゃ、そういう子もいるけど、あいつらのパワーってただもんじゃないんだからねっ☆

で~す~よ~ね~。「子供は純真」幻想って「アイドルはトイレ行かない」幻想みたいなもんですよね。
子供は虫大好きだったり、なかなか手ごわいところがあると思いますヨ!

>さて、心配していた最終回ですが・・
>感想をお待ちしておりまする~♪

まだ見てなかったりしますが、マターリと更新しますので、よかったらまた見に来てやってくださるとうれしいです♪
ではでは~。
【2007/10/07 23:35】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【ようかんさま】
ようかんさん、こんばんはっ!
色々とかまけてるうちにレスが遅くなってしまい、失礼しました(汗)

>けどたまに暑かったり・・・季節の変わり目ってやつは。

なんか暑かったり寒かったり晴れたり降ったり地震があったり会社で理不尽なお前いい加減にしないと呪うぞ?!的なことがあったり、季節の変わり目のでいか落ち着かない感じですね~。季節の変わり目関係ないのはスルーする方向で☆

>目玉親父とは正反対にやたらデカイ目玉オババ♪
>デカけりゃいいってもんじゃないことが、よく分かりマスね☆(色んな意味でw)

やっぱりクオリティを求めたいところデスね☆
でかくてもね、垂れたらダメなんですよ。そしてでかいともれなく垂れる!だから私はコンパクトボディのコレを選びました。<車のCM風に <どう見ても負け惜しみですどうもありがとうございました。

あの目玉オババは人の足元だけでなく、空中にも出現することがわかりましたが、ホログラムかなんかなんでしょうか?

>だから、セックルできん体制がしかれたのか・・・なるほど。(誤解中)

真面目な話、SD体制下の皆さんって、セックルをしてて避妊・・・という感じには見えなかったので、セックル自体を知らないとしか思えないですよね。特にキースは(笑)

>吹いたwww!
>10分で1スレ消費しそうデスYO!

みんな衝撃でかすぎてスレ立てた1への感謝を忘れてて、1も前スレナビする余裕がなかったという設定デス☆

>ちなみに例の『School Days』では登場人物達は予想外の処でセックルしまくりですた♪(笑)

このゲームの内容を知っていたオットの人の仲間うちではアニメ化が決まった時点で「どうやって話を終わらせるつもりだ?!」と危ぶんでいたそうで、どうやら主人公がかなり最低なやり捨て君らしいですね♪・・・そんな不愉快なエロゲやりたくないYO!
鬱系なエロゲは「なんで現実逃避するエロゲで嫌な気持ちになんなきゃいけないのおお!」と思いますよ。エロゲはエロだけを追及していればいいよ☆

>あとやっぱり現在ではもうアス×メイがデフォなんだお( ^ω^)おっおっ
>うん、面白いんで主観を押し付けてみましたが何か♪

アス×メイは、エロ同人(男性向け)では強いようですねえ。しかし!それでいうならさらに上回るのはアス×ミーアであると言わねばなりません☆
ということで、あくまで同人ですからああああ。
公式ではアスカガ、これ最強。しかしこれを頼みにすると次から放送でがっかりさせられるという危険も伴う、諸刃の剣。

>発売前の写真で見抜けなかったオタクの負けなんだお( ^ω^)
所詮は、ヌルいオタクの限界、というワケということでw

>ヨギ 「セックルしたい」
>マヒル「したい・・・セックルが」
>こんな感じデスか? よくわかりません><

それでいいと思いマス!!(笑)
双子イイヨイイヨ♪
いつでも手をつないでるあたりがそこはかとなくいい感じで「あるあるある」という感じです。

>ジョミー「ク・・・クマ━━━━━━━ッ!!」
>↑釣られたらしい。

↑受けましたw!
ジョミー・・・(笑)釣られるなYO!

>アンタって人はあああああ!
>一体何がしたいんだあああああ!?
確かに、シンの叫びがそのまま当てはまりそうな勢いですた!

>コードギアスのオデュッセウス殿下のようにシュナイゼルに丸投げするのもどうかと♪
どいつもこいつもリーダーとしては難有り☆っていうのはある意味とってもリアルな描写なのかも♪

>ブルーだったらお持ち帰りしてマスね♪
ようじょですからね♪ジョミー、うっかりまた憑依されないように気をつけるといいよ。
>そして公園のトイレでくそみそまみれになってやっていたんだネ♪(ウホッ)
あの漫画は、実際の皆さん的にはアリなんでしょうかね?そんなに気軽にリバシってていいのでしょうか。<気になるのはそこかい

ではまたアッー!( ̄∀ ̄)ノシ
【2007/10/07 23:59】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【】
こんばんは~。

地球へ・・・って、真面目に観ませんでした。(苦笑)
でも絵は綺麗だったし、嫌いじゃなかったなぁ。
でもかな~り古い原作ですよね?
CM出てた昔のOVAみたいなのが味があったし。

血たす。続き書きました、お時間のあるときにどうぞ。
【2007/10/08 21:24】 | さくぞう #- | [edit]
【さくぞうさま】
さくぞうさん、こんばんは~。
さきほど伺って「おお?!新作が!」と思ったところでナイスなタイミングでした(^^)

今日はちょっと具合が悪いのでもう寝てしまうのですが、近日中にまた改めてお邪魔しますね~。

「地球へ」は、かなり古い漫画ですよ。
昔の映画版、最近みたのですがフィシスの声が秋吉久美子で棒読みがひどくて、微妙でした。
声優さんたちは今回の方が断然いいですね。キースの作画は微妙ですが、他は美麗ですしw
【2007/10/08 21:36】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/735-6c82ac97
  • レビュー・評価:地球へ……/Section23:地球へ【ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン】
    品質評価 0 / 萌え評価 0 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 0レビュー数 2 件 地球再生機構『リボーン』の拠点、地球。その総本部「ユグドラシル」で、人類とミュウの最終会談が開かれる。全ての判断をコンピュータに頼りきった人類
【2007/11/01 19:27】
| ホームへ |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。