スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

最近の美術館めぐりその3(4) 「アジアへの憧憬」

2007.09.03(23:41)
[9/3に書いてます]
しばらく間が開いてしまい、その期間にまたさらにアレコレ観にいったために、もはやどれがどれだか・・・というアートレビューシリーズ(笑)

レポートのカンニング(笑以外で読んでくれる人ははたしているのか激しく謎ですが、自己満足のためなので書いてマス。

首都圏以外の方には疎外感たんまりなワケですが、いつかなにかの機会で近くに巡回したり、なにかしら参考になれば~くらいの広いお心で見守ってやってくださいまし。

(ちなみにかなり主観&たまに記憶があいまいで間違ってる可能性もあるので、カンニング目的の場合そのまま写しても参考にならないので要注意だゾ☆)

第1回 「トプカプ宮殿の至宝展」
第2回 「金刀比羅宮 書院の美― 応挙・若冲・岸岱 ―」
第3回 「歌川広重《名所江戸百景》のすべて」


間があいたので、

~前回までのあらすじ(笑)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

節約をタイトルにかかげるブログの管理人として、ある夏休みの日しのぶんは決意した。
「ぐるっとパス」と「メトロ&都営一日乗車券」

を使って予算一万円でできるだけたくさんの美術展を楽しもうと。

そしてあわよくば歩き回って汗をかいてやせようと。(姑息)

時刻はすでに午後をまわり、上野の3つの美術展を廻った時点で使った金額は 7,810円。

ってあとちょっとしかないじゃん!どーすんの俺?!

とオダギリジョーっぽく内心動揺しつつも、このときのための切り札
「ぐるっとパスで無料入場」と「一日乗車券でいくら乗ってもただ!」
という必殺技を繰り出すべく、しのぶんは新たな勝負に出るのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前置きどんだけ長いんだ。 当日のルート
【上野】 
東京都美術館
 「トプカプ宮殿の至宝展」
 
東京藝術大学大学美術館
 「金刀比羅宮 書院の美― 応挙・若冲・岸岱 ―」
 「歌川広重《名所江戸百景》のすべて」

 ↓ 溜池山王で銀座線⇒南北線に乗り換え(190円)

【六本木一丁目】
大倉集古館
 「アジアへの憧憬」

 ↓ 南北線(160円)
【白金台】
松岡美術館
 「フランス印象派・新印象派展」

東京都庭園美術館
 「舞台芸術の世界」

目黒区美術館
 「線の迷宮<ラビリンス>II」

 ↓ 目黒から南北線で市ヶ谷にて都営新宿線に乗り換え(290円)
   京王線直通(往復240円)<ここだけ乗車券が使えませんでした

【初台】
オペラシティギャラリー
 「メルティング・ポイント」



「アジアへの憧憬」大倉集古館
※9/31まで開催中

※写真は後日泉屋博古館、ホテルオークラのチャリティ展覧会名品展に出かけたときに撮ったものです





で、やってきました大倉集古館。
ぐるっとパスを使用するようになってからこれで2回目かな?
前回の「江戸の粋」を惜しくも見逃してしまったのが悔やまれます(結構たくさん見逃してるのです・・・)。

本日は、前回閉館ぎりぎりだったために出られなかった2階のベランダに出て、中国風の不思議な憩い空間でちょっと一休みできて満足です。

以下、目録がなかったので印象に残ったものについて、うろ覚え感想。

「宮女図巻」

色々な宮廷の美女(中には「虞美人」など知った名前も)がずらり。
それぞれの得意な分野を表す持ち物を携えているので面白いです。
楽器だったり、刺繍道具だったり、書や絵を書いていたり・・・。
色も鮮やかです。
じっくり美女達との出会いを楽しんでください(^^)


「清明上河図巻」

かなり細かい図巻で、かなり時間をかけて楽しみました。
意外と日本とあまり変わらない感じの町や庶民の姿が確認できました。
特に、労働している人々は裾が短く、からげたような格好なので、いわゆる中国の服装とよりは、江戸の町民にイメージが近いです。

建物も落ち着いたモノクロのトーンで、これまた瓦屋根の続く江戸のようです。

それでもよく見ると中国風の反り返った屋根と朱色が目立つ寺や、豚の頭?のようなものを持ってあるいている売り子や、文人風の中国っぽい服装の人はちらほら見つかります。
それぞれの働く人の姿は基本的にはあまり日本と変わらないなあと思いました。
人の大きさが1、2cmくらいだった印象ですが、とにかく細かく色々書き込まれているので見ていて飽きないです。


ここで使った額は、0円!!

上野⇒(銀座線)⇒溜池山王⇒(南北線)⇒六本木一丁目 までは一日乗車券使用。

大倉集古館 入場料はぐるっとパス使用で無料。


というわけで、ここまでで使った金額は
7,810円 + 0円 =7,810円です。

まだまだ続きますが今日はここまで(^^)

よろしければポチっとな★してくださると嬉しいです(*^^*) ↓

<<地球へ・・・ 第21話 星屑の記憶 | ホームへ | 引きこもり絶賛実施中>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/719-001107cd
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。