スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ベルばら アンドレはお星様になりました

2007.08.15(22:47)
熱中症寸前からスモッグがいけなかったのかのどをやられてしまいまして、しばらくは早寝に努めようと思いマス。
というわけで簡単感想~。<書かずに寝ろYO!

もうね、気になるところだらけなんですが、どうしてもここだけは!!というところだけに絞るので、詳しいあらすじは適当にぐぐって下さいまし<投げやり☆

「地球へ・・」は当日PCの電源入れるの忘れていて録画できなかったのとそのまま寝込んだののとで、動画もまだ観てません☆

さて、今回のサブタイ「あの微笑みはもう還らない!」が余すところなくネタバレしてくれてるわけですが、ついに今回アンドレあぼんです。

冒頭から流れ弾に当たるアンドレのシーンをもう一度。
つか二度っつーか三度っつーか、しつこいくらいにババーンと効果音つきでリフレイン♪
香港映画か。

オスカルさまの名前を呼んでよろよろ前に歩いてばったり倒れるアンドレ。<どうして誰も支えない?
そしてオスカルさま絶叫⇒OPへ。

でさあ、これがここで死ぬのかなと思いきや、心臓直撃だったわりに少女漫画にしては珍しく即死しないのよコレが。

リアルといえばリアルなんだけど、それだったら他の部分をもう少し・・いや、げふんげふん。

瀕死のアンドレを馬に乗せて広場へ戻る一行。
ここでオスカルさまが冷静さを失いアンドレを救うためになりふりかまわず走った、という内容のナレーションがはさまり、その通り銃を向ける追撃部隊を蹴散らしまくって
奇跡的に部下たちも無事に駆け抜けるのでした。

・・・前回半分に減った他の隊員たちって一体なんだったのかしら・・・。

しかも、残った隊員は優秀だからなのか、馬に乗って走りながら建物の上にいる兵を狙撃して命中させてるし、騎馬民族かYO!というくらいに前回のヘタレっぷりを打ち消すかのごとく大活躍。

ようやくたどり着いた広場では、指示通り市民がバリケードを築いてました。
ベルナールに医者の手配を懇願するオスカルさま。

そして続続と名乗りを上げる医師たちによって念入りに手当てされるアンドレってば、本当に特別扱いデス。

オスカル様も、前回半数の部下が死んだ時には誰一人こういう扱いしてなかったよね・・・その他大勢とメインキャラの身分格差は革命でも埋めることはできないのでありマシた☆

・・・で。
広場の真ん中に病院のベッドが出来てる!
パリの市民はこんな立派なベッドになんて多分寝てないと思うんだけど、アンドレ普通に打たれて路上で死亡だった原作よりもかなり過保護な感じに扱われてます。

心臓をまっすぐ打ち抜かれたのにまだ生きているアンドレにビクーリする医師たちをよそに、夕暮れになりそろそろ本格的にお亡くなりになりかけたアンドレの手を握り、必死で呼びかけるオスカルさま。

この戦いが終わったら結婚式をあげてほしい・・・という死亡フラグ発言も飛び出し、オスカルさまの目から涙が。
「何を泣くことがある・・」と言いつつ、アンドレの目から一縷の涙が光り、ご臨終。

私を置いてゆくのか!というオスカルさまがかわいそうです。

アンドレ、お前の傍にいるとか何とか言って詐欺もいいとこです。
アスランの「君は俺が守る」くらい守られてない約束。

「守る」って言ってる奴が先に死ぬなYO!!

ロザリーも泣きます。

夜。
衛兵隊の皆さんは例によってカード遊びをしますが、アンドレを失って落ち込むアランは乗りません。
そして、オスカルさまを慰めつつも「あいつを失って悲しいのはあんただけじゃない」とさりげなく自分の気持ち(アンドレにLOVE☆)をアピール。

この後、オスカルさま自暴自棄でわけもなく街をうろついて(アンドレとうふふあはは乗馬シーンを妄想しながら)、追っ手に見つかり愛馬は撃たれるわ、もう少しで自分も殺されそうになるわ、しかし、涙を流してわめいてちょっとたがが外れちゃってるところを晒して動揺させてようやく逃げ切るわ、イロイロとやらかしてくださいます。

馬が犬死とはこれいかに。

愛馬の死とともに、アンドレと一緒にラブラブになってる夢のシーンがこなごなになり、我にかえるオスカルさまですが、意外とオスカルさまの恋愛妄想はベタでしたネ。

あのまま続けてたら海岸を追いかけっこする二人のシーン「つかまえてごらんなさい♪」「はははこいつう」みたいなのとか、2本のストローでジュース飲むシーンとか、時代考証無視しまくって妄想していたのではないかと思ったり。

以前、もしかして私の勘違いor聞き違いだったかな?と思われた
「あなたを愛しています」のアンドレへの敬語な愛の告白ももう一度。
なんで、そんなに下手に出てへりくだってるのオスカルさまー?!

オスカルさま、アレコレ見失いすぎデス!!

ああ・・ここで、アニメでもアンドレが原作のように
「武官はどんなときでも感情で行動するものじゃない!!」
と言ってくれてたら、こんなことはなかったのではないかちら・・・と思わずにいられません(><)

あと、吟遊詩人いつのかまにか死んでたーー!!
しかも息子がいた!!(おそらく新事実では?)
そして結構大きいぞ!!
母親はどうした?!

息子が吟遊詩人の死体を遺言どおりセーヌに投げ込むという死体遺棄容疑現行犯を目撃したオスカルさまデスが、そのままスルー。

息子、手風琴を演奏しながらセーヌについてアレコレ父ちゃん仕込みの詩を謳いあげマス。今までどこにいたんだろう・・。前半出てたのかなあ?

ベルナールたちが、ロベスピエール先生の命令ではなく、自分たちの意思でバスティーユ攻撃を決定。

いつのまにか路地で寝こけていたオスカル様、戦う市民たちに気づいてお目覚め。

そこにアンドレがお出迎え・・・・と思いきや、アンドレが憑依したホモのつがいのアランでした。
ケツアゴがアンドレに見えるようじゃかなりの末期です。<何が

最後にもう一度だけ泣かせてくれ、とアランの胸で泣くオスカルさまですが、
アランは原作と違ってアニメではホモの人なので、泣いてる女の肩を抱きしめることもなく、ただつったってる気のきかなさ全開デス。

泣くなら相手選んだ方がよかったネ☆

どうでもいいのですが、ワカメヘアことジェローデルって完全に出てこないんですね。ちぇ。

市民たちはせっかく強奪した大砲の扱いがわからず、バスティーユを攻めあぐねているのですが、そこへ泣いてすっきりしたオスカルさまが衛兵隊を引き連れて到着。

衛兵隊はオスカルさまの指揮で的確な攻撃を開始。

バスティーユ側の指揮官はそんな目障りな指揮官のオスカルさまを集中攻撃するよう指示します。

飛んでいるハトによそ見してた注意力散漫なオスカルさま、あっという間に蜂の巣(といってもあんまり血は出てないデスが)状態になり、劇画調にすってんころりんと尻餅をついたところで続く!!

そして、次回がなんと最終回ですか!
オスカルさま死亡=アニメ終了、というのはある意味大変わかりやすいんですが、フランス革命については結局どこまでフォローされるのか心配だなあ・・・・。

アンドレが亡くなるシーンはオスカルさまがかわいそうで、なんか意味なく余裕をかましているアンドレに(アニメでは、アンドレってばいつも意味なく余裕こいてマセンか?)腹が立ちました。

ベルサイユのばら 8
ベルサイユのばら 8
posted with amazlet on 07.08.08
バンダイビジュアル (2005/11/25)
売り上げランキング: 30558
おすすめ度の平均: 5.0
5 終わりなき我が想いをはこべ
4 アニメは初めて見たのですが
5 アニメを見直すきっかけ

↑なぜそんなにアニメのアンドレを愛しているのかいまだによくわからないしのぶんデス。他に選択肢ないからか?!

ベルサイユのばら(5冊セット)
池田 理代子
集英社 (2003/08)
売り上げランキング: 8512
おすすめ度の平均: 5.0
5 あらためて感動!
5 何度読んでも・・・
5 色褪せない感動


よろしければポチっとな☆してくださると励みになります↓
<<『声らぶバトン』 | ホームへ | 最近買った漫画 8月中旬>>
コメント
【楽しめました~♪】
こんばんは、しのぶんさん。
久しぶりにこちらのブログに遊びにこれました。忘れられていないか、ちょっと心配してしまう今日この頃です(←おい)
>意外とオスカルさまの恋愛妄想はベタでしたネ。
昔のアニメのお約束ですからね(笑)
あのまま行けば、間違いなく砂浜も出ていたと思われます。
>吟遊詩人
原作にはいない人ですよね。監督の趣味の人と思われます。
>そこにアンドレがお出迎え・・・・と思いきや、アンドレが憑依したホモのつがいのアランでした。
ホモのつがいて(大爆笑)
アニメの監督は、どうも「アランをかっこよく描きたい」と、天パリすぎているように見受けられるんですよね~。あくまで私個人の意見ですが^^;
けつあごなのに(←余計なお世話)耽美すぎという感じがします。
>フランス革命については結局どこまでフォローされるのか心配だなあ・・・・
最終話は、白いバラしか印象に残っていないですね~。フランス革命って、どこまでフォローされていたかなぁ。
なんとなく覚えているけど、ネタばれは避けたほうがいいでしょうか?
と、言うことなので、本日はこれで失礼します。
ではでは(^_^)/~



【2007/08/16 23:35】 | 農家の嫁 #XcVaFo.k | [edit]
【農家の嫁さま】
わ~!農家の嫁さん、こんばんは!お忙しいところをコメントありがとうなのです♪

>久しぶりにこちらのブログに遊びにこれました。忘れられていないか、ちょっと心配してしまう今日この頃です(←おい)

もちろん忘れてないですよ~!
農家の嫁さんのUPされたコードギアスの最新話レビューを未視聴ゆえに読めないストレスと戦っておりますことよ☆
早く観なくては~・・・・。

>昔のアニメのお約束ですからね(笑)
>あのまま行けば、間違いなく砂浜も出ていたと思われます。

「STOP☆ザ・妄想!!」
と注意を喚起したところですね、あのオスカルさまには(笑)

>原作にはいない人ですよね。監督の趣味の人と思われます。

しかも、子供までいたなんて、妙にキャラたってますよね(^^;)
後半の監督のお気に入りキャラと思われるので、アニメでも後半だけに登場したのかな?多分、子供いたことは今回発覚したんですよね。

>ホモのつがいて(大爆笑)
>アニメの監督は、どうも「アランをかっこよく描きたい」と、天パリすぎているように見受けられるんですよね~。あくまで私個人の意見ですが^^;
>けつあごなのに(←余計なお世話)耽美すぎという感じがします。

やたらとしきってるわ、偉そうだわで、「ザ・男」の体現キャラとして大活躍ですよね、アラン・・・。
かっこよくしたいというのは真っ赤なスカーフ(BYささきいさお)とヘンな爪楊枝で演出しているあたりで伺えます。
でも、けつあごの時点で女子の求めるかっこよさから、1000マイル程遠ざかったと言わざるを得ません(苦笑)

>最終話は、白いバラしか印象に残っていないですね~。フランス革命って、どこまでフォローされていたかなぁ。

もう、まるっきり覚えてないんですよね。
今回のアンドレのシーンも初めて観たような感じでしたし(そして特別待遇にビクーリ)。
ネタバレにお気遣いくださり、感謝です(^^)
そうですね~、とりあえず予想もつかないのでドキドキしながら最終話を観ようと思ってます。

ではでは(^_^)/~
【2007/08/16 23:54】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【お久にお邪魔しま~す♪】
しのぶんさん、こんばんは♪
ずい分ご無沙汰しておりましたが、少しずつ復活を誓う私なのデス☆

>オスカルさまの名前を呼んでよろよろ前に歩いてばったり倒れるアンドレ。<どうして誰も支えない?

>広場の真ん中に病院のベッドが出来てる!

おお!私もアニメ見てた時こういうとこ色々、ひとりツッコミしてた気がします☆

>オスカルさま、アレコレ見失いすぎデス!!

私は原作を借りて読んだ程度だったから気にならなかったのか、ベルばら好きな友達はそういうところを批判していました。
ツッコミどころは多いけれど、この迫力ってスゴイですよね。
ソルジャー・ブルーが撃たれた時も、このくらいの衝撃があったら良かったのにと思いました。

では、また~♪
【2007/08/22 23:20】 | ハトはは #HuBhO90w | [edit]
【ハトははさま】
ハトははさん、こんばんは♪
コメントありがとうなのデス★
いや~、この間6月?と思ってたらもう8月も終わりですか!!
そういう意味では月日がたつのが早すぎて、意外とお互いにご無沙汰感がないのできっと大丈夫ですYO(笑)

リアルでも普通に2年くらいすぐ経過しちゃう(でもあんまり違和感ナシ)くらいなので、この調子ならあっというまに年金もらえるんじゃないかと最近思ってます☆

>おお!私もアニメ見てた時こういうとこ色々、ひとりツッコミしてた気がします☆
アニメついついツッコミつつ見ちゃいますよね~。
独り言言ってたりして、おばあちゃんぽいワタクシです。
そんな1人上手なツッコミをみんなと共有したいの!というのがレビューの動機デスね。

>私は原作を借りて読んだ程度だったから気にならなかったのか、ベルばら好きな友達はそういうところを批判していました。

原作を愛していればいるほど気になってしまうという部分ではないでしょうか。
あと、時代的なものもあるのでしょうが、池田作品はどれでも芯の強い女性キャラというのが売りでもあるのに、アニメではなんか悪い意味での女性的な描かれ方をしているので、ちょっとキャラが違うな~と思ってしまうんですよね。

>ツッコミどころは多いけれど、この迫力ってスゴイですよね。

劇画ですからね~。

>ソルジャー・ブルーが撃たれた時も、このくらいの衝撃があったら良かったのにと思いました。

ブルーのあの場面は、一瞬わからなかったくらいでしたからね~(^^;

それではまた~♪
【2007/08/23 22:49】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/701-de452e66
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。