スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

最近の美術館めぐりその3(2)「金刀比羅宮 書院の美」

2007.08.10(00:48)
[8/11にUPしました]
前回の記事の続きです。

トプカプ宮殿のお宝を堪能した後、そのまま続けて行ったのは東京藝術大学大学美術館


「日本の美特集」という感じで二つ展示がありました。
ああ・・・これでちょっと前にやっていた大倉集古館の「江戸の粋」も見ておけばもっとよかったのに・・・。

それはさておき、感想です。


■「金刀比羅宮 書院の美― 応挙・若冲・岸岱 ―
公式サイト
金刀比羅(ことひら)⇒こんぴらさん、で親しまれている金刀比羅宮の書院襖絵を再現した展示で、まずは会場の雰囲気が面白かったです。

部屋はこういう風になっているのね、というのが少しでも伝わるように、という工夫がされていると思いました。
襖ですから、裏は裏で別の襖絵があるわけで、そういうところも目で見てわかる形になっているのがよかったです。

複製が多かったのが残念といえば残念ですが、それでも、襖絵というものを展示するにあたって普通の展示方法だと臨場感もなく、裏の絵についても考えることができない、という難問を上手く解決していたのは感心しました。

意外と華やかな襖の裏の方は簡素だったり、部屋の内と外で雰囲気がガラっと変わったりという実に日本家屋の奥深さがわかりやすく示されていたかなと。

欄間なども再現しています。


「遊虎図」

応挙のトラがなんといっても良かったです。
なんだか、みんなとっても可愛いの!
手は大きくて虎の体格をしてるのですが、みんなネコっぽい感じの愛嬌のあるしぐさで、見ていて和みます。

猫好きなら、きっと気に入るはず。

ネコのケンカみたいになってる絵もありますし。

あと、豹とホワイトタイガーが一匹混じってました。


「竹林七賢図」

この絵も面白かったのですが、なぜか賢人の顔部分が薄墨で塗られたような跡がありましたが、あれは一体なんだったのでしょうか。

今回、この後の美術館めぐりの支障になることを考え、またお小遣い(今回は「1万円でどれだけイロイロできるかな?」という企画でもあります)のこともあり図録は買いませんでした。
もしかしたらそちらに説明があるかもしれません。



柳の間・「水辺柳樹白鷺図」

岸岱の、白鷺が飛んでくる一連のストーリーを感じさせる部屋もぐるりと水面が取り囲んでいる空間でした。

蝶が乱れ飛んでいる絵もあります。創作されているのではないかという蝶と、実際にいる蝶がまじっているように見えますが、私が知らない実在の蝶かもしれません。

「花丸図」

若冲の間はオリジナルは片面一面のみで、すごい人だかり。
南方の花など、エキゾチックなものも含め、さまざまな花が、虫食いや枯れた部分まで念入りに再現して描かれています。

若冲らしい図鑑のような細かさやリアリズムが、和風ボタニカル・アートとしてよく出ていると思います。
金の地の上に花々が描かれ、あでやかな空間です。



「富士巻狩図」

明治の時代の武者絵。西洋画の影響も受けて、立体的に力強い馬や武士の姿が美しく描かれている異色作。
馬のポーズの迫力や、武者の鎧の美しさに注目です。
それまでの静謐な絵と打って変って躍動的なシリーズです。

鹿を追う武者達が様々な角度から描かれています。


その他
奉納された絵馬と、その元絵が展示されています。
絵馬の武者絵はかっこいいですよね。

遠い金刀比羅宮参りに自分の代わりに飼い犬を差し向けたという「こんぴら狗」の伝承の説明があり、そのこんぴら犬の小さな置物がちんまりとしてかわいらしく展示されていました。

船の模型もありましたが、この頃の日本の船の曲線っては、浮世絵風で思い切ったの曲線です。

金毘羅さんの前を行く大名行列の図、など細かい群像の屏風は見ていて飽きないですね。こういうの、じっと見るの大好きです。

時間切れなので、同時開催の「広重」はまた次回。


もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっとな☆してくださると励みになります↓


<<最近の美術館めぐりその3(3)歌川広重《名所江戸百景》のすべて | ホームへ | 本日の学習【漢検1級】>>
コメント
【】
 金刀比羅宮 書院の美 追記ありがとうございます! おすすめの絵や内容がわかってとても参考になりました。v-10 私は最近 日展に行ってきました。
とってもよかったです でも絵の素晴らしさがまだまだうまく文章に表現できません・・ 文章のコツや、しのぶんさんが工夫されていることなど、もしよかったら教えてください♪
 
【2007/08/11 12:12】 | ちょうぼう #- | [edit]
【ちょうぼうさま】
ちょうぼうさん、こんばんは。
金刀比羅宮の記事、少しでも参考になったのであれば幸いです。
ちょうぼうさんの行かれた日展、私も行きたいと思っています。
文章のコツ・・・私もまだつかめてなくて試行錯誤という感じなのでえらそうなことは言えません・・ほとんど勢いのまま書いてしまっている反省があります(^^;)

確実に自分でも記事を書く、というものについては、記事を拝見するのを自粛してなるべく自分のオリジナルの感想を書くことにする、という方針にしています。そのためコメントが異常に遅れることがあります(^^;

すぐに書かないと時期を逸してしまうのが悩みデス。
【2007/08/13 00:35】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【】
しのぶんさん こんにちは。そうですか!あえて記事を読まないという方法もありますね。参考にさせてもらいます♪
 ありがとうございます 熱中症!早く良くなるといいですねv-12
【2007/08/15 07:44】 | ちょうぼう #- | [edit]
【ちょうぼうさま】
ちょうぼうさん、こんばんは(^^)

記事の作成スタンスはみなさん人それぞれだと思いますので、自分にぴったりあう方法が一番だと思います。
お互い楽しく続けられるといいですね♪

>熱中症!早く良くなるといいですね
ありがとうございます。
ちょっとまだ体調不良を引きずっているので本日も早めに休んで早く治そうと思います。
【2007/08/15 21:49】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【】
意外と忘れられないのが富士巻狩図だったりします。
あのスタイリッシュな線でありながら、躍動感に溢れたドラマチックな絵、私はすごく好きでした!
【2007/09/05 21:16】 | はな #- | [edit]
【はなさま】
>あのスタイリッシュな線でありながら、躍動感に溢れたドラマチックな絵

まさにそんな感じですよね。
武者絵なんだけど、スタイリッシュなところは山口晃さんの武者絵にもちょっとだけ通じるような気がします。
【2007/09/05 22:54】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【お久しぶりです】
こんばんは。
最終日に駆け込んで来ました(汗)
私も、この立体的な展示すごくよかったと思います。照明も雰囲気があってよかったですね。
作品はよくても、展示全体がすごくいい展覧会って実は少なかったりする中、かなりの満足度でした。
でもやっぱり、金刀比羅宮に実際に行ってみたいですねえ。しかし遠い… (T_T)
【2007/09/10 18:39】 | 澪 #tlqiBTYs | [edit]
【澪さま】
澪さん、こんばんはっ!コメントありがとうございます☆

最終日、大変な混雑の中お疲れ様でした~。でも、見られてよかったですよね(^^)

かなり頑張って金刀比羅宮の雰囲気を再現してくれてましたよね。歩いてるだけでもワクワクしました。

>でもやっぱり、金刀比羅宮に実際に行ってみたいですねえ。しかし遠い… (T_T)

そうなんですよねえ・・・行きたいけど、遠い・・・そして階段が多そうで鍛えておかないと!という感じです(^^;

トラがかわいくて、もう思い出すたびに顔がゆるんでしまいます(^^)
【2007/09/10 20:54】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/697-c405266a
  • 金刀比羅宮 書院の美― 応挙・若冲・岸岱 ―【はなことば】
    ♪こんぴらふねふね、シュラシュシュシュ♪ ということで、行ってきました! 東京藝術大学美術館で開催中の「金刀比羅宮 書院の美― 応挙・若冲・岸岱 ―」! 私はつい最近まで「金刀比羅宮」は「こんぴらぐう」と読むのだと超勝手に思いこんでいて、「ことひらぐう」と読
【2007/09/05 21:11】
  • 「金刀比羅宮 書院の美展」【弐代目・青い日記帳 】
    東京藝術大学大学美術館で開催中の「金刀比羅宮 書院の美-応挙・若冲・岸岱-」展に行って来ました。金刀比羅宮表・裏書院に描かれた「障壁画」を丸ごと移送させどのように美術館に展示するのかとても興味関心がありました。藝大美術館三階の展示室に足を一歩踏み入れた瞬
【2007/09/07 10:08】
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。