スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

DEATH NOTE 第37話 新世界

2007.07.07(22:27)
[7/15にUPしました]
台風だと思ってたら意外と東京方面は落ち着いた天気で、こんなことなら今日まで開催中だった山種美術館名品展に行けばよかった・・・と思いつつも、家事を片付けつつ家でごろごろしてためた漫画をむさぼり読むという休日を満喫してるのはそれはそれでいいかなというインドア派のしのぶんデス。(長い)

やっとデスノの最終回に追いついた!!!わーいい!!
これで1年間くらい延長して借りっぱなしのガンダムWのレビューをさっさと終わらせて、映画のDVD借りるんだもんね!!<延滞費かからないけど毎月の会費が無駄・・・・。

このアニメは神演出だったので、どういう風になるかとっても楽しみだったんですよね。さー見るぞ!!<いつもの通りの視聴しながらのライブレビュー☆
DEATH NOTE Vol.6
DEATH NOTE Vol.6
posted with amazlet on 07.05.05
バップ (2007/05/23)
売り上げランキング: 54
おすすめ度の平均: 4.0
4 17話は必見!
4 レム?
4 ヨツバ登場



DEATH NOTE キラゲーム
DEATH NOTE キラゲーム
posted with amazlet on 07.03.11
コナミデジタルエンタテインメント (2007/02/15)
売り上げランキング: 172
おすすめ度の平均: 3.0
4 脳みそ使うのが好きな人用
3 疲れます
2 「人狼」の1人用アレンジ版です。

■OP
ほんと、今更なんですが、最初各国語で「デスノート」って縦から横から表示されてるんですが、ハングルも「テスノ(ー)ツ」って出てた!!
中国語では「死亡筆記(筆記は簡体字だけど)」だし、なんか語学のリハビリをしたい気持ちになってきた!

CMのデスノのゲーム「Lを継ぐもの」メロが出てるよう。ほしいほしい!!
でもDSなんだよね・・・・。

■アバンタイトル
・ドアを開けて倉庫に入ってくるコートの露出狂男・魅上。

・ノートに名前を書いてから39秒!
「ニア、僕の勝ちだ」

「40!」
40秒経過がカウントされ、いいところで続く!になってた前回のおさらい。

DEATH NOTE Vol.3
DEATH NOTE Vol.3
posted with amazlet on 07.05.05
バップ (2007/02/21)
売り上げランキング: 1934
おすすめ度の平均: 4.5
5 5つじゃ足りない。。。
4 Lの推理
5 ポテチを取り、食べる!!



DEATH NOTE Vol.4
DEATH NOTE Vol.4
posted with amazlet on 07.05.05
バップ (2007/03/21)
売り上げランキング: 1370
おすすめ度の平均: 4.5
5 ジェラス…?
4 いらないこ。
3 詰め込み過ぎ

■Aパート
・雨があがり、雲の隙間から空がのぞいている横浜の工場区。
倉庫にも光がさして、しばらくの沈黙。

「死なない!一分は経った・・死なない!!」
一番びびっていた松田がビックリしています。

・月、魅上、すんごい顔になってポカーン。
特に魅上は猿みたいな顔になってマス。

・「だから死にませんと何度も言ったはずです」
ニア、しゃがんだままでえらそうで素敵~☆こづいちゃうぞオラ(д)

「な、何故?何故死なない?!」
再びノートに記入しようとする魅上。

・それを見つめる月、目が飛び出そうになっててBLOOD+EDのルルゥに似て蝶デス★

「神ぃっ!わ、私は仰せの通りに!!」
ぶんぶん振りかぶりながら騒ぐ魅上。

「レスター、ジェバンニ!魅上を!!」
私もこういう風にこの二人に命令してみたいわ~ん♪

・悲鳴を上げながら壁際に後ずさる魅上にレスターがタックル、バックをとって(うふふ)手錠をかけて(うほっ)タイーホ。

「ジェバンニ、ノートを」
しゃがんだままノートを受け取るニア、ますますえらそうデス。

「自分たちの目で確認してください。最初の4名はわれわれSPKの本名に間違いありません」
魅上が先ほど書き込んだページを日本捜査本部メンバーに見せるニア。

・ちなみにニアの本名は「Nate River」
Anthohy Carterはレスター、Stephen Loudはジェバンニ、Halle Bulloikがリドナーですね。
「Anthohy」が「Anthony」がなってたり、外国人名も微妙にありえない名前を設定してるわけですが、Anthohyって「あんそひー」って読めばいいのかちら(笑)脱力系の名前ですな。

「この中で唯一名前がないのは、夜神月」
魅上は月を神と呼び、言われた通りにしたと言った。

「決まりです」

ぷるぷる震えながら逆切れする月。
「罠だ!これは罠だ!!!」

・ニアが自分を陥れるための罠だ!!と無理やりな言い訳を大声で怒鳴り散らす月。
選挙演説でも討論番組でも往々にして声が大きいだけでその場を制する痛い人たちが幅を利かせてるわけデスが、声が大ききゃいいってもんじゃないよね☆

「死なないのはおかしいじゃないか!それが罠だという証拠!!」

ずばし!!と指をつきつけてキメようとする月ですが、無理がありまくりで捜査メンバーもドン引き☆

「ノートに細工をしたから死にませんと言ったじゃないですか」
取り乱す月に冷静につっこむニア。

「いや、違う。ありえない!!」声が裏返ってます。ぷぷぷ。
そして、
「そんな奴は知らない!!」
魅上を切り捨てたー!!!

・捨てられた魅上が「うああ」とショックを受けてがっくり顔を垂れて泣きます。ぷぷぷ。

・そんな魅上を捨てた月の肩にそっと手をおく相沢。
俺を選んでくれたのは嬉しいが、あの言い方はないんじゃないか
月君、もう遅い。ニアの勝ちだ。」


・真顔の相沢、かっこいい表情に。
目元もなんだかりりしくてあのアフロだったころの彼とは一味違う一皮向けたちょい悪オやじがここに!!

「さっき君は僕の勝ちだと言った。あれは自白したのと同じだ」

「月くん・・・なんで・・・」
へたりこむ松田。

・歩いてきた模木が手錠をかけようとすると、振り払って逃げる月。
「や、やめろっ!!」

いきなりハードなSMプレイは御免こうむる!!


・しかし、かっこ悪く頭からこけてしまいます。ドジッ子?!

・壁際にはりつく月、必 死 だ な

・「夜神月・・・L・・・キラ。あなたの負けです」
ニアの宣言にショーック!!


・たしかに本来私は負けていました、と説明するニア。
はじめニアたちは月の策通り偽のノートに細工をしていた。

・しかし、本物のノートも細工をしたのは本当だった。

・偽のノートは一部を差し替えたが、本物は全てをすり替えた。
人形の魅上(不細工)が持っている本物だったはずのノートを落とすと、ノートの表紙には「Fake」の文字が。

「これが本物のノートです」
パジャマの中からデスノートを取り出すニア。
「いい具合に温まっています。どうぞ」<酒井忠勝かYO!しかも草履じゃないし!!

「ば、ばかな!!」
人肌に温まってるノートなんてキモイじゃないか!!
いよいよ取り乱す月。

・筆跡、ペンもすべてそっくりそのままに複製。
「ジェバンニが一晩でやってくれました」

・できる男、ジェバンニの誇らしげなアップ。
月も魅上も顔が土砂崩れなので、貴重な美形のアップです。

・ブルーグレイの瞳のジェバンニ、ここ数回で株上昇中、今が最高値か?!

「この本物のノートに触っていたから・・・
私には死神が見えています」

捜査メンバーの背後にいるリュークが「うおっ」と驚きます。


「死神さん、はじめまして。ニアです」
「へへっ、はじめまして。リュークです」

・リュークと会話が成立しているのを見て、ニアの話が本当であることを知る月。

「このノート、ページの端がちょっと切れているんですが、この切り離した部分に名前を書いても死にますか?」
「ああ、死ぬな」
つるつるしゃべるリューク。最近出番も台詞もなかったからしゃべりたくてうずうずしてるに違いない(笑)


「やはり・・・色々使い道があったでしょうね。
それでどれだけ殺し、我々を欺いてきたのか・・。」


・うつむいたまま、断言するニア。
「夜神月。貴方がキラです」

「なにかからくりが・・・まさか魅上が裏切って・・・!」
と考える月の心を読んだかのようなニアが

「違いますよ」と水をさします。

「メロのおかげです。ここまで言えば貴方にはわかるでしょう」

・ニアはノートに高田の名前が書かれているのを月に見せます。

・「僕が高田を殺した一分後に設定・・・」
気の合う月と魅上。ほぼ同時に同じことを書き込んだ模様です。ケコーン☆

・神は見張られて動けなかった・・・高田がああいうことになれば、それは私の役目・・と震えながら説明する魅上。

「ヴァカが!!!」

ぶちきれる月の見開いた目のアップ!!
「今日まで余計な事はするなと指示しておいただろうが!!!」


・26日の高田の誘拐の報道後、魅上が銀行へ行った。
ジェバンニによると毎月25日に銀行にいくはずの魅上が2日続けて行くのはおかしい行動。

・魅上が向かった先は貸し金庫、そして尾行をきにするそぶりを見せた。
簡単に金庫を開けたジェバンニが高田の名前の書かれたデスノートを発見した、ということだったのです。

・ジェバンニ、鍵を開ける技術も素晴らしいので、SPKやめても十分暮らしていけますね。(文書偽造の腕もすごいけど、まあそれは犯罪だからやめとくとして)

イケメンだし、そのわりに女っ気もないしホモ疑惑を忘れることにすれば(ココ大事☆)デスノ全キャラ中「もっとも結婚したいキャラ」ランキング堂々1位は間違いなし☆

・この状況を作り出したメロのおかげ、と語るニアを見つめて1人考えるハル。
「メロは、わかっていたのかもしれない」

・ハル、メロとの電話での会話を回想。
シャツの胸元がいい☆
なんだかんだ言って、メロには相変わらず情報を流していたんですね。

・この二人って絶対そういう関係だよね?
年齢から言ってメロの最初の相手がハルなのかな♪

・メロ「ノートに直接名前を書かせることで対決だと・・・?」

・これがちょと前の回で電話で話していたメロにつながるんですね
「・・・俺がやるしかないな」
きゃーーー!!メロ!!かこいい!!

・ソファに俯きながら腰掛けて電話するメロはもちろんハードゲイっぽいノースリーブです。この作品での衣装賞は彼にささげたい☆

「彼にはわかっていたんです。
私もメロも1人では目標のLを超すことはできないかもしれないことを。しかし、二人なら・・」


・ニアは、指人形のLの上に人差し指のメロ(凶悪な表情ですな)と、中指の自分をかざして言います。

「二人ならLに並べる。二人ならLを越せる!」


「そして今私たちはLが敗れたキラに確たる証拠を突きつけている!」
「言い逃れられるのなら言い逃れてみてください」


月をみつめる3人の指人形たち。

・指人形をはめて、片ひざを抱えてぶかぶかシャツの袖口に口元を隠す、さりげなく萌えポーズのニア。

・顔を引きつらせ、しばらくの沈黙の後に、ついに観念したかのように笑い声をあげるアヒャヒャ (゚∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャな月。

「そうだ、僕がキラだ」
目も赤くなってキラりと光って存在を主張☆

・アイキャッチのデスノートのルール「人間は必ず死ぬ」
デスノート関係なくその通りだよね☆
DEATH NOTE (1)
DEATH NOTE (1)
posted with amazlet on 06.10.06
大場 つぐみ 小畑 健
集英社
売り上げランキング: 6,696
おすすめ度の平均: 4.49
5 ネオ小畑
5 考える・・・
5 少年誌ばなれしてる


DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set
バップ (2007/03/14)
売り上げランキング: 1
おすすめ度の平均: 4.5
5 漫画とは
5 天才、藤原竜也
4 この作品でこの値段なら…


■Bパート
・アイキャッチのルール「死んだ後にいくところは、無である。」

「そうだ、僕がキラだ」

「ならば、どうする?ここで殺すか?」
開き直りキターーー!

「僕はキラ、そして新世界の神だ」
ポーズを決めた後、やや自分を取り戻しいつものように冷静な月に戻り皆を丸め込む作戦を開始する月。

・今の世界の秩序はキラが守っている。

「もはや、僕は正義。世界の人間の希望」

・そしてブライトさんのように、背をくる~り、んばっ!!と手を広げてポージング☆
「殺すか?それでいいのか?」
いいともー!

・キラが現れて戦争はなくなり、犯罪の7割が減少。
「しかし、まだ世の中は腐っている!
腐った人間が多すぎる」

特に腐女子とかは増加の一方じゃないか!


「誰かがやらなけれなならない!僕がやるしかない!僕にしかできない!!」
白黒で拾ったころの映像がちらり。

・だんだん話してるうちに興奮してきた月、いよいよ病気の人っぽい特性を発揮しだし電波演説も佳境に入りマス!

「これは僕に与えられた使命!!」
「他の者にできたか?!」両手を広げて主張っ!
「ここまでやれたか?!この先できるか?!」演説は大げさなくらいにアクションを入れてメリハリつけるのが基本☆
選挙も近いので候補者の皆さんは参考にするといいよ。でも中身は電波じゃダメだぞ☆

・激した後は、少しクールダウン。
「ヒロシです・・・・」のポーズ
「キラです。そうだ・・・新世界をつくるのは僕しかいないとです・・・・」
と締めくくる月。決まった!!

・しーんと静まり返る倉庫。

「いいえ。貴方はただの人殺しです。
そしてこのノートは史上最悪の殺人兵器です。」

月は神になろうなどと勘違いしている電波でクレイジーな大量殺人犯、と断定するニアは、キラの指人形をぐしゃり。

「ただ、それだけです。何者でもありません。」

・狐目になった月は、天井を見上げて
「言ってもわからぬバカばかり・・・」と心中で毒づきます。

・月の時計のアップ。

・ニアに相沢が持ってきたノートが本物か?と話をそらす月。

・今度ははったりか?といぶかしむニア。

・魅上はへたり込んだまま。

・「本物の在り処は僕しか知らない」
とテケトーなことを言いながら背を向けて歩き出す月。
どうせ殺すなら、自分と魅上の名前を書いてノートを試すといい、と言い出します。

・「ノートが本物か、偽物か・・・」と言いながら時計からデスノートの切れ端を取り出す操作をはじめる月。

・書き込もうとする月を目ざとく見つけるレスター。
「仕込んだノートだ!」

・銃を取り出す松田がすかさず発砲

・ヒットしたようで、流血しながら翻筋斗(もんどり<1級漢字の当て字)うって倒れる月。

・ハアハア言ってる腕を震わせている松田。特技・射撃の設定がここに来てようやく日の目を見ましたヨ!

・「松田!」相沢もビクーリ。

・月、流血する腕を抑えながらよろよろと立ち上がって松田を罵倒しまくります。

「ばっかやろおおおお!!まぁつだああああ!
誰を撃ってる!ふざけるなあ!」


最後まで罵倒される松田(松田には「一番なじられたで賞」をささげたい)、呼び捨てはデフォルトで☆


・泣きながら銃を月に向けて叫ぶ松田。

「なんだったんだ・・君のお父さんは一体何のために!!」


・夜神総一郎か。と、自分の父親を突き放した言い方で表現する月。
ああいう真っ直ぐな人間が損をする世の中でいいのか?と問いかけ、いよいよありえない顔になって叫ぶのでした。

「わかったらそこにいるそいつらを殺せ!!撃て!!」

・涙をだばだば流す松田、ありえないほどシリアスになってます。
「父親を死に追いやって『馬鹿を見た』で済ませるのか?!」
松田、総一郎パパンのことを本当に尊敬(ラブ)してましたから。

・月の手から血がだくだく。あうう。<血に弱い管理人

・デスノートに自分の血で字を書こうとする月に、相沢が「・・血で!!」と気づきます。


「うわああーー!!」
ブチ切れた松田が連続発砲!

・弾を受けながら月が倒れます。白目むいてマス。

・ここで「連続発射!」「タマを受けて」でいらんことを書きそうになってしまいましたが自粛☆<と言いつつ書くな


・水たまりにびしゃーんと倒れる月の傍にさらに上から銃を向けて、切れた若者・松田がわめきます。
「コロス!!こいつは殺さないとダメだ!!」
「松田ー!!」相沢?の制止。

・そしてさらにもう一発発射!!

・しかし、その弾はわずかにそれて月の顔の横の床に。
松田は他の3人に取り押さえられています。

・魅上ポカーン。

・水溜りでなんかヘンな生き物みたいにもじょもじょしている月が、魅上に
「書けぇえ。こいつらの名前を・・・殺せぇえ!」と命令します。

・ぎゃー!!
魅上の顔が!!お目目があっちこち向いてぐるぐるして涙が出るし、鼻水出て口元もなんかゆがんじゃってて、ニアの指人形よりも不細工になってマス!!

「ニア・・・終わりましたね」
こいつら萌えキャラとしてはもう終わりですよね☆
「はい」
これからは私の天下です。ジェバンニは後で始末しておきます。


・仰向けになってボロボロの月。
「ミサはどうした?高田は!?誰か・・・一体どうすれば・・・」
あまりにも「お見苦しい映像で失礼しました」的不細工アップが続いたことのお詫びなのか、美しいミサミサと高田のソフトフォーカス画像がよぎり、視聴者の心に潤いを与えます。

・魅上が自分の身体になにかを突き立てます。血がブシューーー!!

新手の水芸?!と驚く皆の前で、派手に胸から血を吹き上げて絶叫しながらよろめく魅上。

・「止血を!」「しかし、これはもう・・・」
魅上を取り押さえるレスター、ジェバンニ、伊出。

・飛び立つ飛行機の映像。

・死んだ魚のような目でそれを呆然と眺める松田ですが、どさくさに紛れて倉庫を出ようとしている月(結構丈夫だなオイ)に気づきます。

・扉を開け、光の中へ出てゆこうとする月。(元気だなオイ)

「月くん!!」

・走って逃げる月を追いかけようとする捜査員たちをニアがとめます。手には月が落としたノートの切れ端が。

「もうノートも隠し持っていないでしょうし、あの傷ではどうせ遠くにはいけない。
放っておいても身動きは止まります」


「ニア、君の指図は受けない」
カッコよく相沢が言うと、ニアは髪の毛をくるくるさせて、おまかせします、と答えます。

・夕暮れの工場街を肩を押さえ、よろめきながら走る月。

表情も戻って受け受けしいキャラに!!
苦しそうなこの月に気を取り直して萌えた月ファンの皆様、おめでとうございます☆

・回想される高校時代の初々しい月。このへんのサービスカットは原作にはなかったですからね。スタッフのファンへの思いやりを感じますね~。

・本を読みながら歩く高校生の月(これもホワイト月のサービスですね♪)と、走って逃げる月がすれ違います。
延々と続く金網の向こうには夕日が。

・すれ違った自分を目で追いかける月。

・工場の煙突の上にしゃがんで座るリュークの目が赤く光ります。


「お前の負けだ、月。
最初に言ったよな。お前が死んだとき、俺がお前の名前を俺のノートに書くことになると。

これはノートを人間界に持ち込んだ死神とそのノートを最初に手にした人間との間にできる掟だ。
牢獄に入れられたんじゃ何時死ぬかわからない。待っているのも面倒だ。」


・月を探し回る相沢たち。
夕暮れの中を走る彼らは太陽にほえろの刑事みたいです。

関係ないけどこんなの出てるよママン!↓
太陽にほえろ!誕生35周年記念DVD 太陽にほえろ!七曲署ヒストリー 1972-1987 オープニング・タイトル+全予告編コレクション
VAP,INC(VAP)(D) (2007/07/25)
売り上げランキング: 1462
おすすめ度の平均: 4.0
4 13年ぶりにLD作品が復活


・リュークの独り言が続きます。
「もうお前は終わりだ。
ここで死ね」


右肩を押さえて階段を見上げる月。

・ペンを持つリューク。
横顔のアップ。眼下に広がる夕暮れの町並み。

「結構長い間互いの退屈しのぎになったじゃないか。

色々・・・おもしろかったぜ」


ノートに月の名前を書き込むリュークのシルエット。



・見上げる月の顔のアップ。一瞬見開いた瞳が澄んでいて、すっかりハンサムに戻ってます。しかも手負いですよ奥さん!

・階段の途中で仰向けで倒れている月。静かな死が訪れつつあります。

・音がしばらく消えます。



・誰も乗っていない電車の座席で工場の煙突を眺めるミサ。

・静かな音楽が流れ始め、EDテロップが。

・光の差している階段で切なそうな顔で倒れる月。

・光は十字架型の窓から差し込んでいます。

・その光は同じように倉庫で倒れている魅上も照らします。

・赤く染まりつつある町。



・ビルの屋上の柵の外ににたたずむミサが静かに目を閉じます。



・月の横顔。



・その視線の先には・・・・なんとLが!!顔が鉄骨で隠れていますがこれはLです!



・Lを見つめて安心したかのような表情になって、目を閉じる月。
Lってば月をお迎えでゴンス?!


どんだけBL?!



・闇に沈む町。煙突のリューク。

・そして空の上には三日月が。

・「CMの後DEATH NOTE情報!」の文字とともに終了!!!


・しかし、しのぶんの録画はCMで終了して気になる情報は謎のままでしたとさ☆
・・・・なんだったんだろう・・・。気になる。

・いや~、静かでなかなかに感動的なラストでしたね!
月は最後ハンサムに戻ってたしね☆

・原作では、もっと非情でしたからね、リュークも。
アニメだと、なんか思いやりをもって月を死なせてやってるようにも見えるリュークでしたが、原作だと目の前で「お前にはもうあきた」みたいなことを言ってノートに書きますからね。

・OPの最後の部分でちらちら出てる月のシーンは、原作の月の死に方の忠実な再現なんですが、結局使わなかったのですね!
かなり無様に死んでゆきましたからね、原作の月は。魅上にも「あんたなんて神じゃない!」と全否定されて罵られてましたし。

てっきりあのまんま行くのかと思いましたが・・・デスノアニメはいい意味で期待を裏切ってくれました。

・最後までおおお?と思いながら見てしまいました。
最後の最後にBL持ってくるあたり、どんだけ腐女子サービスがいいのかと思いましたがスタッフ激しくGJ☆

・連載当時に大騒ぎになった難解な原作のラストシーン(宗教団体が山に登って夜間にアヤシイ儀式をしてるところ⇒謎の美少女が「キラさま・・・」とキラマンセーして終わり)はあえて持ってこないで、ドラマらしい最後にしたということでしょうか。

・同じ時刻にミサが自殺するのは、月の死を知っているとは思えないので、原作ファンの間でも話題になっていた「実はニアがノート使ったんじゃ?」説を一層強化したという気がしないでもないデス。

・魅上も、本来は獄中で狂死、ミサも数ヵ月後に自殺、という原作の設定ですが、死期が早まりました。

・後日談で松田たちがキラ亡き後、次第に犯罪の数が増え以前のように戻りつつある世界が描写されますが、それはなしのようですね。

・いやあ、こういう風になるとは。
面白かったです。原作もアニメも両方ともよかった作品というのは貴重ですね。


DEATH NOTE Vol.3
DEATH NOTE Vol.3
posted with amazlet on 07.03.11
バップ (2007/02/21)
売り上げランキング: 801
おすすめ度の平均: 4.5
5 ポテチを取り、食べる!!
3 Lのフィギュアについて
5 面白いですよ!


面白かったので久々にちょっと気合入れてレビュー書いちゃいましたが、気づいていただけたでしょうか?(笑)
カラフルで余計読み辛いよ!と思った方も、他に連休なのにやることないよかYO!とつっこみたい方も、
*** よろしければポチっとな★お願いします ***


DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)

DEATH NOTE Vol.5
DEATH NOTE Vol.5
posted with amazlet on 07.05.05
バップ (2007/04/25)
売り上げランキング: 374
おすすめ度の平均: 4.5
4 最後の緊迫感かな?
4 物語の流れが上手!
5 またもフィギュア付き

<<録画失敗! | ホームへ | DEATH NOTE 第36話 1・28>>
コメント
【】
ラストはもしかしてニアが新世界の神になろうとるすのか?

ってドキドキもしていたんですよ

>月も魅上も顔が土砂崩れなので・・・

こっちの崩れようも元に戻らないだろうとドキドキしていましたが
月だけ(魅上、哀れ・・・)戻ってホッとしましたよ
つか、美形になりすぎて、しかも手負い・・・ヤバイ・・・

最後に映像が夜になってリュークのシルエットが映って三日月が映ったとき、
夜・神・月?
これは夜神月の物語だったんだよって言われたような気がしたのデスけど、考えすぎかしら・・・


【2007/07/16 00:05】 | しばねこ #- | [edit]
【しばねこさま】
しばねこさま、こんばんは♪ついに最終回でしたが、クオリティ最後まで高かったですね~。

>ニアが新世界の神になろうとるすのか?
>ってドキドキもしていたんですよ

なるほど!そういわれるとそういう可能性があったかもしれませんよね。
ニアは結構謎めいたキャラでしたから、それはそれで不思議はないような気もします。

>こっちの崩れようも元に戻らないだろうとドキドキしていましたが
>月だけ(魅上、哀れ・・・)戻ってホッとしましたよ

原作にはない、月および月ファンへのサービスということなんでしょうが、本当に最後の顔が美しかったですね。

>つか、美形になりすぎて、しかも手負い・・・ヤバイ・・・

月ファンの発酵気味の皆さん(しのぶんは月ファンというわけではありませんが、発酵気味デス)には、「ええ~?いいの?萌えちゃいますよ?(Lの「好きになりますよ?」風に)」と思っちゃう美形っぷりでした。
受け受けしいし・・・しかもL出てくるし・・・・L×月?!と反射的に考えてしまいました。<おい

>最後に映像が夜になってリュークのシルエットが映って三日月が映ったとき、
>夜・神・月?
>これは夜神月の物語だったんだよって言われたような気がしたのデスけど、考えすぎかしら・・・

これは鋭いご指摘なのデス!!
実は、原作も「夜、宗教団体が(神)儀式をしている頭上に月」で、「夜・神・月」を象徴している、と思われるシーンで終わっていたのです。
これは作者に寄ると全くの偶然だったそうですが、アニメスタッフは、このエピソードを知っているはずなので、意識的に「夜」「神(死神)」「月」でよりはっきりと「夜神月」を想起させるように演出したんだと思います。だからその想像は正解だと思いますよ!

【2007/07/16 21:04】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【遅くにお邪魔します♪】
しのぶんさん、こんばんは♪

>・捨てられた魅上が「うああ」とショックを受けてがっくり顔を垂れて泣きます。ぷぷぷ。
最初の印象と、物凄いギャップです。
月に従っているうちにおバカさんになっちゃったのでしょうか?

>・この二人って絶対そういう関係だよね?
ふたりの「そういう」シーン、ちらとでも見てみたかったナ~ v-207

>ポーズを決めた後、やや自分を取り戻しいつものように冷静な月に戻り皆を丸め込む作戦を開始する月。
自信満々で、私だったらすっかり丸め込まれていましたよ。

>・ハアハア言ってる腕を震わせている松田。特技・射撃の設定がここに来てようやく日の目を見ましたヨ!
原作未読者には初耳デシタ☆

>松田、総一郎パパンのことを本当に尊敬(ラブ)してましたから。
パパがいたからここまで来たんデスよね・・

>・月の手から血がだくだく。あうう。<血に弱い管理人
私も私も!

>魅上の顔が!!お目目があっちこち向いてぐるぐるして涙が出るし、鼻水出て口元もなんかゆがんじゃってて、ニアの指人形よりも不細工になってマス!!
ヒドイ!酷すぎですぅ・・(初見萌えキャラと思ってたのにィ・・

>「月くん!!」
ここでまた月への呼び方が戻ったのにお?と思いました。

>最後の最後にBL持ってくるあたり
原作では最後にLの幻は出なかったのですね?

>・後日談で松田たちがキラ亡き後、次第に犯罪の数が増え以前のように戻りつつある世界が描写されますが、それはなしのようですね。
うわぁ、現実ってそんなものかもしれないけど、
感じ悪いラストですね。
私はアニメだけで「ごちそうさまでした」ですわ。

レビューお疲れ様でした。
こんな凄いラストなのに笑かして頂き、ありがとうございました!
では、また~♪
【2007/07/18 18:25】 | ハトはは #HuBhO90w | [edit]
【ハトははさま】
ハトははさん、こんばんはデス~♪

>最初の印象と、物凄いギャップです。
>月に従っているうちにおバカさんになっちゃったのでしょうか?

デスノートを使うと人相が悪くなるその2、というところでしょうか?(笑)
魅上登場時に萌えた人にはこの顔はあまりにも衝撃ですよね~(^^;

>ふたりの「そういう」シーン、ちらとでも見てみたかったナ~

ですね~♪原作でも匂わせるだけなのですが、激しく見てみたい!!
という気持ちから2次創作ってできるんだろうナと思います。

>自信満々で、私だったらすっかり丸め込まれていましたよ。

ちょ!ハトははさん、人が良すぎですよ!!(笑)
とりあえずニアは全く聞き流してましたよね(^^)

>原作未読者には初耳デシタ☆

13巻の設定集みたいのでちらっと出てたと思うのです(今行方不明で確認できないのですが・・・確かここで見た)が、一応そうだったらしいデス。

>パパがいたからここまで来たんデスよね・・

そうそう。なんかある方面ではパパ×まっつー(逆も?)結構人気らしいですよ(笑)

>私も私も!

おう、ハトははさんも血いやんナカマですか!
もうね、かなりダメですね・・・。魚とかおろせないです。

>ヒドイ!酷すぎですぅ・・(初見萌えキャラと思ってたのにィ・・

ショックを受けた魅上萌えなハトははさんには、ジョバンニをオススメしておきます☆

>ここでまた月への呼び方が戻ったのにお?と思いました。

そうなんですよね、最後にまっつーがまたいつもの状態に戻ってましたね。

>原作では最後にLの幻は出なかったのですね?

Lも美麗な月もまったくアニメオリジナルだったのですよ~。
アニメの終わりの方が救いがあるような感じデスね。

>うわぁ、現実ってそんなものかもしれないけど、
感じ悪いラストですね。
>私はアニメだけで「ごちそうさまでした」ですわ。

このラストが掲載されたときはものすごく大騒ぎになったようです。
特に、月ファンなどのかなりのブーイングがあったようですが・・・。
でも、これはこれでありかな、というのとある意味月は「神」になったんだな(宗教団体がキラを待ち続け、祈るシーンがあるので)、というラストでありました。
とにかくかなり違うのでびっくりするかも。

>レビューお疲れ様でした。
>こんな凄いラストなのに笑かして頂き、ありがとうございました!

忘れた頃にマイペースなワタクシでいつもご迷惑おかけします(^^;)
連続UPについてきてくださり、本当にありがとうございました!!

でわでわ~。
【2007/07/18 20:50】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【こんばんはっ!!】
しのぶんさん こんばんは!
遅くなりましたが失礼します!!
デスノのレヴューお疲れ様でした!!

>私もこういう風にこの二人に命令してみたいわ~ん♪
素早く命令を出すニアがちょっとカッコ良く見えました!!
でもこんな上司を持つと苦労する事間違いなさそうですよね(苦笑)

>最後まで罵倒される松田
射撃は凄かったですけど、結局最後までマッツーはこういう扱いに・・・(苦笑)
まゎつだぁぁあ!(松田)と叫ぶ宮野さんの声の裏返り具合が凄かったです~

>ホワイト月のサービス
久し振りに見れた白ライト君のサービスに喜んだ一人です(笑)
すれ違うシーンはちょっと切ない感じでした、昔に戻りたいのかなぁ・・と
本当演出上手すぎです!!

>静かな音楽が流れ始め、EDテロップが
台詞無しで音楽だけと言うのが印象的でした!
原作物だと つい比べちゃうのですが
アニメならではの終らせ方で良かったと思います!!
原作の「死にたくない!」と言う人間臭いラストも見たかったですが(苦笑)

>原作では、もっと非情でしたからね、リュークも。
全く同じ台詞なのに、状況が違うと印象がだいぶ変わりますよね
原作では言い捨てる感じでしたけど、アニメでは言い聞かせてるっぽいと言うか・・・
だいぶ原作と違ってリュークが人間臭く感じました(笑)

TB大量に投下させて頂きます!
ではでは、失礼しました!!
【2007/07/18 23:37】 | 流架 #fsaSAKYE | [edit]
【流架さま】
流架さん、こんばんは!
お忙しいところをコメントありがとうございますっ☆
いつも亀レビューでご迷惑おかけしてすみません~m(_ _;)m
やっとこさ全部見終えマシた(^^;)

>素早く命令を出すニアがちょっとカッコ良く見えました!!
>でもこんな上司を持つと苦労する事間違いなさそうですよね(苦笑)

ものすごくワンマンですからね~(^^;)
そして生活能力はほぼ0・・・アレコレ食事の世話などしてやらないといけない感じですよね。そういえば、ニアには食事シーンってありませんでしたよね。
おもちゃのシーンばかりでした。

>射撃は凄かったですけど、結局最後までマッツーはこういう扱いに・・・(苦笑)
>まゎつだぁぁあ!(松田)と叫ぶ宮野さんの声の裏返り具合が凄かったです~

月の本音というか気持ちがものすごく伝わる叫び声でした(^^)
マッツー、珍しくかっこいいのにやっぱりどこか皆から軽く扱われる役割が固定してしまってます。

>久し振りに見れた白ライト君のサービスに喜んだ一人です(笑)

こんな時代もあったね♪という感じでした~。顔もこのころはさわやかでしたね。

>すれ違うシーンはちょっと切ない感じでした、昔に戻りたいのかなぁ・・と
>本当演出上手すぎです!!

こういう心理描写の上手さは、感心させられまくりです。色も音楽もきれいでした。
デスノのスタッフは優秀ですよね~。

>台詞無しで音楽だけと言うのが印象的でした!
>原作物だと つい比べちゃうのですが
>アニメならではの終らせ方で良かったと思います!!

おそらくスタッフはここぞ!という場面では漫画でできない表現を使って、思い切りアニメの良さをアピールしよう、という意図があったのではないかと思います。
見せ場のオリジナル演出はどれもそのような気迫を感じます。
この終わり方、予想以上に良かったですね。

>原作の「死にたくない!」と言う人間臭いラストも見たかったですが(苦笑)

OPでちらちらと出ていたのを見る限り、あの終わり方にした場合は、かなり怖く表現できたのではないかな?と思います。

>全く同じ台詞なのに、状況が違うと印象がだいぶ変わりますよね
>原作では言い捨てる感じでしたけど、アニメでは言い聞かせてるっぽいと言うか・・・
>だいぶ原作と違ってリュークが人間臭く感じました(笑)

そうですね~。
原作のリュークはほんと、「あ、リュークってそういえば死神だったんだよね」と思わせるような月=人間を突き放した感じだったのですが、アニメだともうちょっと月=人間寄りな雰囲気でした。

>TB大量に投下させて頂きます!

お手数おかけしてすみません&ありがとうございます♪
それでは~。
【2007/07/19 21:27】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【マタ~リ訪問♪】
>ぷるぷる震えながら逆切れする月。
>「罠だ!これは罠だ!!!」
(゚Д゚;)ワナワナワーナーパイオニアな月にプゲラ♪

>往々にして○が大きいだけでその場を制する痛い人たちが
>幅を利かせてるわけデスが、○が大ききゃいいってもんじゃないよね☆
そうデス! 大きけりゃいいってもんじゃないんデスよ!!
ぶっちゃけ大きいと痛いって聞きマスし、ナニごとも程々な方がいい訳デス、ハイ♪
(でもエロネタを程々に自重する気はないらしい)

>筆跡、ペンもすべてそっくりそのままに複製。
>「ジェバンニが一晩でやってくれました」
ぶっちゃけ有り得ない♪ マックスハート♪(©ふたりはプリキュア)

>そしてブライトさんのように、背をくる~り、んばっ!!
>と手を広げてポージング☆
>「殺すか?それでいいのか?」
>いいともー!
じゃ、一旦CMデ~ス♪

>「いいえ。貴方はただの人殺しです。
>そしてこのノートは史上最悪の殺人兵器です。」
今、ニアが紅茶を飲んでいたらきっと正論ティーであったに違いない。
うん、つまらなくても書きたかったんだ。じゃあ♪(・ω・)ノシ

>ここで「連続発射!」「タマを受けて」でいらんことを書きそうに
>なってしまいましたが自粛☆
つまんなあああああああいっ!!(笑)

>最初に言ったよな。お前が死んだとき、
>俺がお前の名前を俺のノートに書くことになると。
初耳なんデスけどw(拙者が忘れている可能性もアリ)

>同じ時刻にミサが自殺するのは、月の死を知っているとは思えないので、
>原作ファンの間でも話題になっていた「実はニアがノート使ったんじゃ?」
>説を一層強化したという気がしないでもないデス。
原作未読なんでアニメ版でミサが自殺したと断定されている件については若干違和感もある拙者だったり。(アニメでは映像として飛び降りたシーンは描かれていなかったように思えましたので)
ただ原作の設定が”ミサは数ヵ月後に自殺”であるのならば、原作ファンがアニメ版も自殺だと思うのは当然なんでしょうね~。
個人的にはアニメ終了後「ミサが生き残ったのか~・・・意外」と思っていたら、色々なブログでミサも死んだと書かれていたので「え? そうなの?」状態でした。

・・・何か久し振りに普通のコメントしてるような気が。(苦笑)

それではお邪魔しました~♪( ̄∀ ̄)ノシ
【2007/07/19 21:50】 | ようかん #sO8pSamE | [edit]
【ようかんさま】
ようかんさん、こばは♪
【2007/07/19 22:36】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【ようかんさま】
あう、ようかんさんスミマセン!
↑のコメント、なんかコメントコピーするときに失敗してたみたいで、本文消えてましたYO!多分最後に挨拶挿入したときに、他の文のところを上書きしたんではないかと・・・。大変失礼しました(汗)
ビックリした!!

そして、当時のレスを再現してみるテスト。

>(゚Д゚;)ワナワナワーナーパイオニアな月にプゲラ♪

そんな月ですが、なんとなく実はSONYユーザーな気配☆


>そうデス! 大きけりゃいいってもんじゃないんデスよ!!
>ぶっちゃけ大きいと痛いって聞きマスし、ナニごとも程々な方がいい訳デス、ハイ♪
(でもエロネタを程々に自重する気はないらしい)

ぶっちゃけ、大きさを気にしてるのって男性だけのような気がしますデスよ、ハイ。
テクニックさえあれば極端な話、なしでもOKですからね♪
勿論声の音量と演説の話デスが何か(笑)

>ぶっちゃけ有り得ない♪ マックスハート♪(©ふたりはプリキュア)
ああ・・・ここもプリキュアネタをなにか色々書いた気が・・・。
最近やってるのは5人になってしまい、レズやらホモやらてんこ盛りで大変といううわさを聞いてますが、OPだけしか見たことありません。
ふたりのプリキュアは、たりよりも金髪で変身するとありえないくらいもっさり髪の量が増える子が好きでした♪

>じゃ、一旦CMデ~ス♪

いいとも、リアルタイムで見なくなって早数年。
いいとも青年隊って今何代目なんでしょうか。
初代の羽賀研二の最近のニュースに時代を感じてみたり(^^;)

>今、ニアが紅茶を飲んでいたらきっと正論ティーであったに違いない。
>うん、つまらなくても書きたかったんだ。じゃあ♪(・ω・)ノシ

ぷぷっ、結構受けてしまったワタクシです(^^)
ニアは飲食シーンがなかったので、正論ティーを飲むところを見てみたかったデスね☆

>つまんなあああああああいっ!!(笑)

たまには自粛してみるのもいいかなって☆
チラリズムってやつですYO♪<多分チガウ

>初耳なんデスけどw(拙者が忘れている可能性もアリ)

たしか、最初に「俺がお前の名前を書くことになるが、あんまりそうしたくないので気をつけろ」的なことを言ってたような気がしたりしなかったり。<あやふやだ!
原作を今貸し出し中なんで、はっきり確認できないのですが・・・。
でも、誰もがほぼスルーして忘れてたはずデス。

>原作未読なんでアニメ版でミサが自殺したと断定されている件については若干違和感もある拙者だったり。(アニメでは映像として飛び降りたシーンは描かれていなかったように思えましたので)
>ただ原作の設定が”ミサは数ヵ月後に自殺”であるのならば、原作ファンがアニメ版も自殺だと思うのは当然なんでしょうね~。

うわ~、ここもすっごく真面目にレス色々書いたんですよ。。。
気を取り直して。

確かにようかんさんのコメントを見て、「確かにアニメだけだったら生き残ったように見るかも!」と目からうろこが落ちる思いが!
柵の外側に立っていたとしても、実際にあの後飛び降りたかどうかというのはわかりませんよね。
原作派は何の疑問もなく、「あ、自殺だ」と受け取ってしまったので最終回だと油断して微妙なネタバレをしてしまったことをちょび反省。


あのタイミング(ほぼ月の死亡時刻と同時と思われる。ただし、実は数ヶ月あとだったという可能性もないわけではないんですが、夕焼けのつながり方を見るとそのまま同じ日のように見えるので・・)で自殺、というのは、原作ファンとしては「まだ月の死亡をしらないのに自殺?!」⇒「やっぱり月の死亡もミサ、魅上の死亡も実はニアがノートに書いてたんじゃ?」という考えになるんですよね~。

原作でも、数ヵ月後に松田が、「ニアがやったんじゃないか」みたいなことを言うんですよ。とりあえず謎のままなのですが、その疑惑がアニメではさらに濃くなったという演出だという印象でした。

>個人的にはアニメ終了後「ミサが生き残ったのか~・・・意外」と思っていたら、色々なブログでミサも死んだと書かれていたので「え? そうなの?」状態でした。

確かにちょとビックリしますよね。
普通に死亡、と受け取ってるのはやはり原作既読ゆえだと思いますので、アニメ派で他にもとまどったヒトがいたかも・・・。


>・・・何か久し振りに普通のコメントしてるような気が。(苦笑)

私も久しぶりに普通のコメントを返してるような気が(苦笑)

御迷惑おかけしてごめんなさいです。

これにこりずに相手してやってくださいまし(^^;)

それでは~。
【2007/07/22 18:19】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【こんばんは】
こんばんは。

>顔が土砂崩れ
確かに(笑)
それぞれ見ごたえのある崩れ方でしたが。

>Lってば月をお迎え
すごい幻覚が……。
さすが新世界の神!と思いました(笑)

ではでは。
【2007/07/27 22:00】 | 宵里 #m3ip2Y3w | [edit]
【宵里さま】
宵里さん、こんばんは~。
やっとそちらでも最終回の放送が見られたのですネ!

>それぞれ見ごたえのある崩れ方でしたが。

猿になったり、目がぐるぐるしちゃったりすごかったデス・・。

>すごい幻覚が……。
>さすが新世界の神!と思いました(笑)

神になろうという誇大妄想の気がもともとあった月ならではでしょうか(笑)

Lの登場は個人的には大歓迎デスが♪
ではでは~。
【2007/07/28 21:14】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/667-e782a7aa
  • DEATH NOTE #37 新世界【ネコのあしあと】
    このノートを使用すると老けるそんなルール、デスノにあったっけ???&larr;ないと思うなぁ・・・(苦笑)形相が・・・前回の涎ブイブイ(笑)しながらデスノにせっせと名前を書いていた魅上・・・普段のクールな感じは微塵もな
【2007/07/16 00:06】
  • 月の新世界-Nothingness-【マイ・シークレット・ガーデン】
    {/hiyo_oro/}先週は体調が良過ぎて調子に乗っちゃって、今週しわ寄せが来てマス。TBコメントへの返事が遅れ気味でスミマセン! {/dogeza/}『DEATH NOTE』 story.37 新世界 -最終回-「ニア 僕の勝ちだ!」勝ち誇ったように宣言する月。しかし、何も
【2007/07/18 17:50】
  • DEATH NOTE 第37話「新世界」【WONDER TIME】
    「夜神月 あなたがキラです」「そうだ 僕が キラだ!!」「結構長い間 互いの退屈しのぎになったじゃないかいろいろ 面白かったぜ」ついに最終回、長い戦いに終幕の時がっ!!そしてオリジナル展開キター!!(笑
【2007/07/18 23:43】
  • (アニメ感想) DEATH NOTE -デスノート- 第37話 「新世界」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    DEATH NOTE Vol.8月の呼びかけにより、魅上がそこに現れた。彼は、デスノートにニア達の名前を書き込んだと言う。月は勝利を確信し、勝ち誇ったかのような笑みを浮かべた・・・。
【2007/07/26 20:14】
【2007/07/27 22:02】
  • 『DEATH NOTE(デスノート)』夜神月【ゆったりイラスト空間】
    『DEATH NOTE』の月(らいと)です。優等生としての誠実そうな表情、“キラ”としての悪意に満ちた表情、どちらを描こうか、非常に迷ったのですが、やはりこの作品を視聴し終えた今となっては、こちらしかないでしょ
【2007/08/07 19:30】
  • レビュー・評価:DEATH NOTE(デスノート)/#037 「新世界」【ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン】
    品質評価 47 / 萌え評価 14 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 16 / シリアス評価 33 / お色気評価 1 / 総合評価 26レビュー数 106 件 魅上が、倉庫内にいる人物の名前をデスノートに記入してから一分が経過―。誰も死なないことを確認したニアは、レスター、ジェバンニらに命じて
【2007/08/15 14:42】
| ホームへ |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。