スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ベルばらでデスラー発見!

2007.07.11(23:03)
先週、今週と無事にベルばらを見られたことに感謝なのです☆

アレコレあってかなり仕事イヤイヤモードになったのですが、なんとか持ち直しました。
早く帰って来られる日は、すかさずアニメやら漫画やらで充電し、騙し騙しなんとかやっていくという社会人の知恵☆
逃避というものは、現実でまた明日から戦うために必要な戦士の休息なんデスYO!

食器も片付けたことだし、ちょっと気になったところだけ一言ツッコミいきます。

関係ないけど、OPの伴奏のベースが一度気になると気になってしまって、ついつい、
「く~さむら~に~♪(でっでっどで、でっでっどで♪)な~もし~れず~(でっでっどで、でっでっどで♪)」のででどで部分を口ずさんでしまう今日この頃です。
予告のときの音楽なんかはもっと目だってマスしね。ベーシストGJ。

今回のサブタイは「オスカル、今巣立ちの時」。

前回、平民議員を武力で議会から追い出せという命令に逆らったオスカルさま。
それに同調してブイエ将軍直々の命令にもかなり無礼千万な態度で逆らうアラン以下12名の兵士たちは当然軍規違反でアベイ牢獄に投獄。みんな軍人に向いてないと思う。

近衛による平民議員の排除を阻止せんとアンドレを伴い駆けつけるオスカルさま。

議会場の外では今まさに近衛兵率いるワカメヘア・ジェローデルと、デスラー総統を含めた平民議員たち(笑<無事、見つけましたYO!なんか顔色悪いのがいる!と思ったらいました)がもめていました。

ラ・ファイエット候(熱いのがかっこいい感じ)とのやりとりも含め、わりと原作に忠実に再現。


そこへ到着したオスカルさま、近衛隊のワカメヘア・ジェローデルに「私の屍をこえてゆけ!」と言い放って説得・キメポーズ☆

そしてカッコよく承諾するジェローデル。
ジェローデルは原作よりも美形補正がかかってるような気がしますね。


おうちでワインを飲んでくつろぐオスカルさま。下僕は今回は一応後ろに立ったまんま。
国王マンセーなパパン・ジャルジェ将軍はそんなオスカルさまを部屋に呼びつけ、成敗しようと剣を振り上げる・・・とそこへアンドレ登場!!

はじめは「オスカルさま」呼ばわりで、一応身分をわきまえつつパパンを止めるアンドレですが、次第にエキサイトして銃をパパンに向けて

「オスカルを連れて逃げるもんね!!何故って愛してるからさ!!身分なんておならプーだ!」(意訳)と堂々告白。

原作だと、パパンのバックをとって、自分のナイフをつきつけるという、最近発酵しがち管理人アイズで見るとアンドレ×パパン(流行のオヤジ受け?!)みたいな感じですが、ここは距離をとってます。

アンドレのばあちゃん、そんな孫の様子に部屋の外で号泣。

二人ともコロス!!と言うパパンですが、とっても素敵なタイミングで「オスカルお咎めなし」の知らせが。原作パパンははじめからこのことを知ってたというあたりがちょっと違いましたね。

そしてなんだか親子喧嘩はうやむやに(笑)

・・・・って、別に巣立ちしてないよね?!

なんかこのままアンドレと逃走するのかと一瞬思っちゃったよ。
いや、原作でもそのまんま家にいたわけだけどさあ。アニメだと随分展開が違うから(※)、もしかして?とか思ったんですよ。


※-----------------------------------------
なんか前回のあらすじでも、アランによる無理やりちゅーも、アンドレ生ドッキリ着替え☆もまるまるスルーという驚愕の展開でしたし!!
こんなベルばらってどうよ?!アンドレの着替えはともかく、アランのアレがないってのはほとんどトキメキ要素がないと言っても過言ではないデスよ?!

でもまあアニメのアラン(ケツアゴでなんかむさくるしいだけのヒトでアンドレとのホモ疑惑濃厚)の場合はチューする展開は考えられんわな、確かに。
-----------------------------------------

でもさあ、何が一番違うって、この後命拾いしたオスカルさまからのアンドレへの
「・・・愛して・・い・・る・・」
の告白がなかったわけさ!!

気持ちを確かめ合う二人がついに合意チューですよ!!
少女漫画的には一大イベントというべきこのシーンがまるまるなかったってのは、やっぱりアニメのアンドレがアランとラブい関係にあるからでつか?!

ロクに楽しみもない下僕人生を続けてきたアンドレなんか、
やっと合意チューできて
「生まれてきてよかった!」
と感激しまくってるってのに。(いやオスカルさまもだけど)
この感動を彼から奪わないでやって!!

それとも来週とかにあるのかちら・・・。

まあ基本的にオスカルさま単体と、アラン→オスカルCPにしか萌えてないのでどうでもいいんですけどね☆<え?!

アベイ牢獄のアランたちは相変わらず、バカなバンカラ学生みたいな会話をしていました。
裁判になったら言いたいことを全部言ってやるぜ!!と息巻いてた割りに、欠席裁判⇒銃殺ケテーイ☆と知らされたら、わりとあっさり仕方ねえ、と受け入れちゃうあたり、学生運動で散々騒いでたわりにあっさり挫折して歯車になっちゃった世代の特徴なんでしょうか(苦笑)
もう少し粘ろうよ、アラン。

そして胸毛がうずまいてるゴリラ系の君はきちんとシャツのボタンとめるように(笑)

男12人牢獄で一緒・・・というそれなりに美味しいシチュエーションなのに、まったく食指を動かされない面々・・・(苦笑)
なんかすごく臭そうな感じなんですけど。リアルといえばリアルですが、別にそんなリアル、こないだの鼻毛なみにいらねっつの!

そんなバカどもの命をすくうべく、フードを被って地味な服装で下町を歩くオスカル様。でも金髪ロン毛がはみ出してて目立つので、後ろでまとめた方がモア・ベターよ♪
アベイ牢獄周辺に民衆を集めて、暴動の恐れアリとしてなんとか兵士たちを釈放させる作戦をベルナールに依頼。

ロザリーに今度会いたい、と話すオスカルさまですが、原作だと「オスカルさま!」を連呼し泣いて飛びつく百合シーン(それにジェラシーを感じるベルナールのシーンも)があったのにスルー。女性キャラの出番が少ないYO!

狂気のへんなお面テロリストとしてなぜかキャラがたちまくってるサン・ジュストが、ロビスピエールにテロリストとなじられ(教会のシーンでいきなりにょっっと頭を突き出し、また消えるのは教会のベンチで横になってるのか?)たり、民衆に紛れてオスカルさまにナイフで切りかかったり、下水道に逃げ込んでお面割られて「気に入ってたのに!!」と逆上しながら(ウソ)逃走したりと大忙し。

なぜかオスカルさま、何事もなかったかのようにアンドレとアベイ牢獄に向かいます。
やっぱり合意チューをしてないですからね、まだまだ関係がうすっぺらいわけですね。

で、つっこみたかったのはここ!
民衆の暴動を避けるため、釈放されたアランたちですが、迎えたオスカルさまが
「この勝利は自分やベルナールの力ではない、民衆の力だ」
というと、

アランがすっごくえらそうに
「あんたもやっと世間がわかってきたな」とか
言うんですよ!

あんた何様?!
とりあえず、オスカルさまの言葉には謙遜もあると思うし、あのままだったらそのままあっさり銃殺だったYO・NE?!

ひとことお礼くらい言ってもバチは当たらないと思うYO!

原作だとみんななんか熱血教師もののドラマ風に「隊長ーー!!」とか言ってみんなわらわらとオスカルさまに向かって泣きながら走ってゆくのに・・・・。
まあ、アンドレとアランが背景に点描ちらしながら見つめあったりしちゃってもいますけども!でも原作アランはホモじゃないですから!!

と憤慨したところで続くーーー。

なんだかとってもベルばらが男くさいよう・・・ママン。



よろしければポチっとな★してくださると嬉しいです(*^^*) ↓





<<これが恋!? | ホームへ | 便利ツール「漢検辞書」のご紹介>>
コメント
【】
しのぶんさん、こんばんは。出遅れまくっておりまして、申し訳ありません。
>先週、今週と無事にベルばらを見られたことに感謝なのです☆
わたしもしのぶんさんにアニメベルばらを見せてくれた運命(ちょっとオオゲサ)に感謝します!!
>騙し騙しなんとかやっていくという社会人の知恵☆
>逃避というものは、現実でまた明日から戦うために必要な戦士の休息なんデスYO!
わたしも覚えがあります。
がっつりと読み応えがあるマンガ雑誌を、上司のジジイにしぼられた日に見つけられたヨロコビ…忘れられません。
>予告のときの音楽なんかはもっと目だってマスしね。ベーシストGJ。
ああ、気がついてませんでした!キョーレツな歌詞に耳を全部もってかれてました。
気をつけて聴いてみます。新たな楽しみが増えました。
>ジェローデルは原作よりも美形補正がかかってるような気がしますね。
そうですよね。
目の色と軍服の色、合わせてるんじゃないかなあとか、オサレ度が高くて目の保養にだけはなります。
>「オスカルを連れて逃げるもんね!!何故って愛してるからさ!!身分なんておならプーだ!」(意訳)と堂々告白。
すいません、涙流して笑わせていただきました…。
>このままアンドレと逃走するのかと一瞬思っちゃったよ。
>いや、原作でもそのまんま家にいたわけだけどさあ。アニメだと随分展開が違うから(※)、もしかして?とか思ったんですよ。
ナルホロ!そうですよね?<アンドレと逃走
「巣立ち」とまでいってますもんね。
そんだけ期待させておいて、このテイタラク…ってところが、アニメベルばらの魅力の一つです♪(ヤケクソ)
>少女漫画的には一大イベントというべきこのシーンがまるまるなかったってのは、やっぱりアニメのアンドレがアランとラブい関係にあるからでつか?!
涙流して笑わせていただきました…その2
>この感動を彼から奪わないでやって!!
本当に、彼は奪われたものがたくさんだと思います…。
>まあ基本的にオスカルさま単体と、アラン→オスカルCPにしか萌えてないのでどうでもいいんですけどね☆<え?!
おおおっ、しのぶんさんもそうですか!
とっても嬉しいです!!
>歯車になっちゃった世代の特徴なんでしょうか(苦笑)
…ここのスタッフは、多分、あっさり歯車になっちゃったのを自覚はしてないのでわないかと…そんなカワイイひとたちには思えません…いろいろと(←イイタイコトがやまほどあります)。
>あんた何様?!
>とりあえず、オスカルさまの言葉には謙遜もあると思うし、あのままだったらそのままあっさり銃殺だったYO・NE?!
>ひとことお礼くらい言ってもバチは当たらないと思うYO!
まったくまったく、本当にまるっと同感です!
どんっだけ上から目線なのか?!なんかもうもうもう~!!ってキモチでいっぱいです。
>なんだかとってもベルばらが男くさいよう・・・ママン。
あっ遂に禁断の言葉をはっきりと!(笑)
あの王道少女マンガを、よくぞここまで…とへんな感心をせずにいられないアニメです。
あと数回で終っちゃいますが、最終回まで欠かさずご覧になれることをわたしからもお祈りします!!
【2007/07/16 00:01】 | ちま #PFex3ek. | [edit]
【ちまさま】
ちまさん、こんばんは~♪コメントありがとうなのです☆

>わたしもしのぶんさんにアニメベルばらを見せてくれた運命(ちょっとオオゲサ)に感謝します!!

ちまさんのおかげでベルばらアニメも見られるようになりましたし(感謝)、デスラーも発見できましたし、本当にいつもお世話になってます♪
このまま最終回まで無事視聴できるよう頑張りたいと思います☆


>わたしも覚えがあります。
>がっつりと読み応えがあるマンガ雑誌を、上司のジジイにしぼられた日に見つけられたヨロコビ…忘れられません。

そうなんですよね~。
仕事しているいないにかかわらず、基本的に色々人生大変なこともありますから、楽しく別の次元に行けるツールってやっぱり必要だと思います。
漫画でも音楽でもオペラでも自然でもいっぱいステキなものがあることはありがたいのです。

>ああ、気がついてませんでした!キョーレツな歌詞に耳を全部もってかれてました。
>気をつけて聴いてみます。新たな楽しみが増えました。

ガンダム(ファースト)も、OPテーマの「みょんみょみょみょん♪」とか「すぽぽぽぽん」とかのテクノ音(?)が気になってしまうととまらない私デス★
ほーら、これで皆もそうなってくるハズ(笑)

>目の色と軍服の色、合わせてるんじゃないかなあとか、オサレ度が高くて目の保養にだけはなります。

ジェローデルだけが、かろうじて少女漫画部分をかなり背負ってキャラがたっているような気がします。でも原作の電波っぷりが弱まってるのが惜しまれます(笑)

>すいません、涙流して笑わせていただきました…。

面倒くさがりの管理人の適当な文(笑)に受けていただいたなんて・・ありがとうございます☆

>ナルホロ!そうですよね?<アンドレと逃走
>「巣立ち」とまでいってますもんね。

なんかついつい裏を読んでしまって失敗しました(苦笑)
そこまで熱くないんですよね、アンドレ・・・。本当に愛してるのかたまに疑問。

>そんだけ期待させておいて、このテイタラク…ってところが、アニメベルばらの魅力の一つです♪(ヤケクソ)

それがアニメベルばらクオリティ☆
原作のアンドレもヘタレではあるのですが、微妙にヘタレの方向性が違うんですよね、アニメ版は。
このヘタレ方は女性としてはあんまり好きじゃないなあという方向でヘタレているというか。

>涙流して笑わせていただきました…その2

いやはや、ちまさんの光と影=アラン・アンドレ説やら、二人のピロートークシチュエーションやらを読んでしまってからはもう、妄想がノンストップ☆なんですヨ~(笑)

>本当に、彼は奪われたものがたくさんだと思います…。

見せ場とか、かっこいいところとか、たくさんありますね・・・・(遠い目)

>おおおっ、しのぶんさんもそうですか!
>とっても嬉しいです!!

やっぱりね、私の中では オスカルさま(さま付けが基本☆)>>>>アラン(オスカルさまに横恋慕)>>>(超えられない壁)>ジェローデル(電波発信中)≧アンドレ(通常)、くらいな勢いですよ。
ってアンドレの順位低すぎ?!

> …ここのスタッフは、多分、あっさり歯車になっちゃったのを自覚はしてないのでわないかと…そんなカワイイひとたちには思えません…いろいろと(←イイタイコトがやまほどあります)。

「俺たちは社会に向けて反抗してるぜ!」みたいなところを引きずっているという感じでしょうか?世の中ってのはなあ、と説教しだすオヤジほど、自分の靴下の場所すらわかってないような地に足付いてない感が否めないデス(苦笑)

>まったくまったく、本当にまるっと同感です!
>どんっだけ上から目線なのか?!なんかもうもうもう~!!ってキモチでいっぱいです。

男だってだけの一点で自分の方がなんでもわかってるぞ、という人はものっそい多いですからね~。
オスカルさま、黙って聞いてやってて大人ですよね。
てか、世の中の女性は大体そういう対応してますよね、かしこいから(笑)。

>あっ遂に禁断の言葉をはっきりと!(笑)
>あの王道少女マンガを、よくぞここまで…とへんな感心をせずにいられないアニメです。

うふふ、禁句でしたね(笑)
でもでもでも、明日のジョーを見てるのかな?ここはドヤ街だったかしら・・・とか錯覚を覚えそうになることがしばしばデスよね。

>あと数回で終っちゃいますが、最終回まで欠かさずご覧になれることをわたしからもお祈りします!!

ありがとうございます、ちまさんの祈りパワーを受けて、無事見届けられるよう私もがんばりますよ~♪
ホタルもきちんと見られますように!ではでは~。
【2007/07/16 20:55】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/660-f92d4a60
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。