スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

上野・日暮里・六本木怒涛の展覧会めぐりその1(ダリ回顧展)

2007.06.21(22:22)
[6/27に書いてます]
ためてるアートレビューを消化しようキャンペーン展開中。
どれだけ無理やりめぐっているかがわかる、昨年のとある秋の日の鬼スケジュール公開(笑)。

この記事、書きかけていて放置してたら半年経ってました。だって長いし!!

読むのも書くのもちょっとアレなので、少しずつUPすることにしますよ。



とある平日。有給をもぎとってやってきたのは上野。

めちゃくちゃに混んでいるという雰囲気がTVCMからも伝わってくる「ダリ展」、実は以前ダリ展を見たことがあるので今回はいいかな?と思っていたところ、ついつい欲張って急遽入ることにしました。

【この日のスケジュール】

ダリ展(上野の森美術館)⇒下町風俗博物館⇒(上野公園の骨董市をひやかす)⇒化け物展南方熊楠展(国立科学博物館)⇒
東京国立博物館にて京都のお店が出店を出していたので軽食⇒
「よみがえった明治建築」(表慶館)、「常設展」(法隆寺宝物館)、「仏像」(平成館)、常設展(本館)
奏楽堂⇒(芸大付属美術館が閉まってるYO!)
SKY THE BATHHOUSEギャラリー小倉屋・版画展
朝倉彫塑館⇒夕焼けだんだんなどをちょっと散策
⇒喫茶で休憩⇒(日暮里~六本木を地下鉄で移動)
⇒とある展示を見たくてギャラリーを探し、30分以上さまよう⇒やっと見つけたらなんか閉まってたYO!
⇒六本木ヒルズに戻る
「クリーブランド美術館」森アーツギャラリー「ビル・ヴィオラはつゆめ」
⇒スカイビューで一人寂しく(笑)夜景を眺める⇒カエルコールして帰宅


小さい展示を含めると14展示を見たことに。ちなみに上野~日暮里は徒歩です。
途中千駄木あたりで腿が筋肉痛になりました。多分今まで生きてきた中で一番歩いた。


■ 「ダリ回顧展」上野の森美術館
ぐるっとパスで割引。

15分並んで入場。制限してるとはいえ、中はかなりの混雑。

多分普段は美術館に来ない感じの老若男女がざわざわして見ていて落ち着かない感じ。人ごみをかいくぐってなんとか作品を確認し、早々に出ました。小学生率が高かったですが、あの混雑では背の低い子供はまともに見られなかったと思います。

学生時代にダリ展をやった時に観たので「もう良いか」と思っていたのですが、今回行って正解でした。

というのも、以前に行った展覧会はキリスト教に目覚めてからの宗教画のコレクションがとても多く、ダリ独特のスーパーリアリズムな絵とシュールな世界が荘厳な感じで上手くあわさっていました。
ガラがモデルのマリアのシリーズなどが多く完成度が高い感じでした。

今回はうってかわって、初期の作品やデッサンなどが多く含まれ、ダリが「ダリとしての個性」を築き上げる過程を見ることができました。

そのまんま印象派やキュビズムや野獣派の影響を受けまくっている時代の絵をみると模索している様子がうかがえます。

デッサン力は正確なだけに、普通にうまい絵はかけるタイプなんだと思いますが、あの独特の世界を確立しなければ、実はあんまり面白みのない優等生的な絵を描くしかない画家だったのかも?と思いました。

奇矯な振る舞いで有名なダリ夫妻ですが、
特にダリは実は結構小心者で神経質なのではないのかな?という気がしていました。
今回デッサンを観て意外とあたってるんじゃないかと思ったり。

非常に細い線で意外なくらいちまちました緻密な感じのデッサンが多い印象です。

線も考えながらなぞってるような感じで、たとえば以前観た小林古径の力強い(出来上がった作品は繊細なのに)デッサンとは対照的だなと。

シュルレアリズムでありスーパーリアリズムでもある、といえるような描き込んでいる後期の宗教作品を観ると、テクニックがすごいなと思いますが、模索していた時期は結構大変だったんだろうな、と改めて感じた展示でした。

・・・・去年のことだから誰も覚えてないかもしれませんが、いいの、自己満足だから!(笑)

いろんな意味で一人上手な管理人のアートレビュー、とりあえず読んだYO!という方、いらっしゃいましたら
よろしければポチっとな★してくださると嬉しいです(*^^*) ↓



<<上野・日暮里・六本木怒涛の展覧会めぐりその2(表慶館・法隆寺宝物館) | ホームへ | 最近読み始めたマンガ>>
コメント
【しのぶんさま こんばんわ】
芸術家は夫婦関係においても伝説に事欠かないですね。
そしてその内容も多種多様です。
ダリ・ガラ然り、モディリアーニ・ジャンヌ然り・・・

しのぶんさんなら、その批評眼と気迫で、
ガラのようにダリを内助の功でぐいぐい引っ張っていけますよ。(o⌒∇⌒o)
しのぶんさまも、旦那様と作品を作ってみたり(あるいは作らせたり)なさってはいかがでしょうか。
作ったら是非公開してください。
【2007/07/04 00:17】 | dpdummy #- | [edit]
【dpdummyさま】
dpdummyさま、こんばんは。
コメントありがとうございました。
PCの不調はその後いかがですか?
こちらのページ、重くて大変ではないしょうか、すみません。

>ダリ・ガラ然り、モディリアーニ・ジャンヌ然り・・・

ちょっと毛色は違いますが、ジョン・レノンと小野洋子など、あまり通常の枠組みの「いわゆるこれが普通の夫婦です」という形ではないのが特徴でしょうね。

>しのぶんさまも、旦那様と作品を作ってみたり(あるいは作らせたり)なさってはいかがでしょうか。

えええ、何を作ったらよいのかしら・・・(笑)
とりあえず、オットの人はなにかこちゃこちゃ勝手に創作しているようデスが、私にインスパイアされているわけではなさそうなのデス(^^;
でも、ガラみたいなミューズ扱いはある意味ちょっと女性としては憧れますね。

>作ったら是非公開してください。

できればきちんと絵を描きたいですね~。公開は・・・はてさてどうでしょうか?
【2007/07/04 20:51】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/647-26e68b28
| ホームへ |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。