スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

妖奇士 説十七 幽世(かくりよ)

2007.02.09(00:10)
[2/7に書いてます]
さくさくいきますよ。
公式ページより
【気砲(きほう)】
国友鍛冶の一貫斎(いっかんさい)という人物が作った空気銃。空気の力を利用して弾丸を発射するため、火薬を使わない。本作では、マスラオが紙を糊で固めたもので作っている。水に溶かすと跡形もなく消える




【国友鍛冶(くにともかじ)】
現在の滋賀県にあたる近江の国、国友村の鉄砲製造鍛冶のこと。1543年の鉄砲伝来後、鉄砲製造技術は国友村に伝わり、1617年には江戸幕府の御用鍛冶職となった。

【古事記伝(こじきでん)】
本居宣長が三十年以上もの歳月をかけて著した古事記の注釈書。寛政10(1798)年に執筆が終わった。

【本居宣長(もとおりのりなが)】
享保15(1730)年?享和元(1801)年。江戸中期の国学者。賀茂真淵(かものまぶち)のもと、古道を追究。『古事記伝』の執筆を始める。

【平田篤胤(ひらたあつたね)】
安永5(1776)年?天保14(1843)年。江戸後期の国学者。本居宣長の没後の門人。宣長の古道説を継承するが、国学の学問的態度から徐々に離れ宗教化。平田神道と呼ばれる神学体系を作り上げた。


【於偶(オウグ)】
アビの姉、ニナイをさらった妖夷。ニナイとともに山崎屋に出現した。



新OP曲↓。
LONE STAR
LONE STAR
posted with amazlet on 07.01.07
キャプテンストライダム
ソニーミュージックエンタテインメント (2007/02/07)
売り上げランキング: 149676


妖奇士の無料配信サイト↓
Gyao
Yahoo動画
BIGLOBEストリーム

■アバンタイトル
ナマコみないなイソギンチャクみたいな内臓的な妖夷が、天井に張り付いています。
ぐちゃぐちゃ、というなんかエッチな音をたてて息衝く猥褻物っぽい妖夷にひるみつつも、元閥に撃てと命じる宰蔵たん。(すそ引きずっててちょっとかわいい)

飛び道具はない、と言う元閥に、特注の扇を独楽のようにくるくる、と無意味に回転させて「試してみるか」と投げつけます。

・・・ってアレ?よく見たら傘?
しかし、飛び出た糸で一瞬妖夷をとらえつつも、あっさり逃げられてしまいます。
かさに残った肉片を躊躇せず食べて妖夷を確認する食いしんぼ元閥。

そこへ、「見~た~な~」と、謎の地味なモブが取り囲み、空気銃=気砲を構えます。


■Aパート

・蛮者改所で話す放三郎たち。

・勘定奉行を呼び捨てにするゆっきーに、メッ☆な放三郎、絆創膏をゆっきーのケガした左肩に張ります。ぺちっとされて痛がるゆっきー。片肌脱いでいい感じ☆

・マスラオが作った気砲は山崎屋が買ったという。
山崎屋は用心棒を探しており、不穏な気配。

・アビは姉を探しに行くと主張。

・一方、吉原ではアトルお馬バージョンと狂斎とマスラオがのんびりしています。

・アトルたん、ツンっぷりが素敵。仕方なく手酌で飲む狂斎が笑える。

・機の民たちの自由さをうらやむ狂斎。

・そんな安全圏にぬくぬくしてる奴に典型的な的外れな意見に対し、むっとしたアトルたんは大杯でお酒ぐびぐび。酒代は無論狂斎にのしかかってきます(笑)

・いい飲みっぷりを披露した後、ドコにも行けるということはどこにも帰る場所がないということだ、と言うアトルたん。

・ばったり倒れる彼女の横に「21世紀では未成年の飲酒は禁じられています。」の気配りテロップが(笑)

・さっきのモブ野郎たち、なぜか打って変わってご馳走攻めに。

・出てきたのは妖夷の肉でした。

・山崎屋に、すっとぼけて
「あんな上手いものを食べたのははじめてです」
という元閥。

・箱を開けて妖夷を見せる山崎屋。例のキモチワルイ妖夷です。
説明しようと思っていたが、その前に部屋に紛れ込んでしまったようだ、という山崎屋。
・うごうご動いている妖夷の肉を手で掴み取って、踊り食いにチャレンジする山崎屋の主人に「うえっ」という顔をする宰蔵たん。

・食べるために飼っていると話す主人は、死んだ妖夷の肉を食べる古き民の習慣を話す。用心棒たちは皆古き民なのだ。

・「古事記伝」を取り出す主人が、国文学について学んでいたようです。

・王子の山崎屋の寮へ出向くゆっきー、雪輪に乗ったマスラオ(なんか仲直りしてるし)、アビは、宰蔵たちはバクチでスって行方不明、と門前払いされます。

・そんなアビに門の中から、跡部の屋敷に入り込んでいた地味な顔の男・武蔵が声をかけます。こいつもアビの知り合いらしいが、アビは誰アンタ、という感じ。

・そして、ブーメランのような凶器を投げつける武蔵。

・山の民と名乗る男にお前は違う、と断定。

・山崎屋主人による古事記講義。神官に神の講義か、と機嫌を損ねる元閥と、ちんぷんかんぷんな宰蔵たん。

・幽冥界、という山の民たちの属する世。山の民たちはもともと天津神の来る前から存在していた国津神(くにつかみ)である。
自分はこの世を元の形にし、国津神に属するものにする。

・山崎屋の主人は国津神フリークの模様。

・そのために、まず、追放された平田篤胤たちを呼び戻す。
鳥居耀蔵たち追放した幕府の役人たちを殺すのが狙い。

・アビに忘れられていた顔も影も薄い男・武蔵の回想。

・飢饉に苦しめられた村人たちは、山の民の村に入りこんで、食料を食べてしまう。
アビたちが村人たちの前に現れ、さっさと帰れと聡します。

・そこにはニナイもいました。武蔵、二ナイに一目ぼれ☆

・ニナイの話の核心にせまる直前に、UFOに載ったゆっきーが迎えに来たのでうやむやに(苦笑)

天保異聞 妖奇士 一 (完全限定生産)
アニプレックス (2007/02/28)
売り上げランキング: 132

限定生産版はDVD2枚組らしい。

■Bパート
・元閥&宰蔵は床下の座敷牢のようなところに閉じ込められしまいます。
宰蔵たんの脚が結構にょっきり見えてますよ。

・どうやら妖夷の肉を食べさせ、妖夷中毒にさせたあげく、「妖夷の肉」を文字通りエサにして自分の言うことを聞かせるつもりだったようです。
用心棒を放三郎に頼んだのも、蛮者改所のメンバーを取り込むための作戦でした。

・悪くない作戦ですが、奇士たちが妖夷の肉なんてとっくに食べているということを知らない山崎屋主人は、事情を知ってる視聴者から見るとバカみたいです☆

・奇士の報酬は妖夷の肉、というしみったれ事情をトップシークレットにしていて正解でしたね、放三郎。

・「あの肉をたべさせてくれ~」と妖夷中毒の大げさな演技をする元閥。

・さっきの講義の内容を話し合う二人。
そこへ、潜入したマスラオが。

・救出はできないが、ことづてはないか?と役に立つんだかたたないんだか微妙なマスラオの活躍により、蛮者改所に鳥居耀蔵が狙われていることが伝わります。

・皆さん口には出しませんが鳥居耀蔵いなくなるなら、ちょうどいいよね☆という雰囲気が漂います。<え

・アビは姉のことを確かめるために、もう一度山崎屋へ行くと言い出します。

・食事を差し入れられ「ああ~お肉ぅ☆」とほお擦りする元閥に「もういいって」と演技をしなくていいという宰蔵たん。でも、これ素だと思うヨ♪くいしんぼですからね。

・跡部に報告する放三郎。
鳥居耀蔵を狙っているのに、なぜ跡部たちを?

・鳥居耀蔵を油断させるためだろう、と話す跡部。
鳥居いなくなるならちょうどいいじゃん☆という正直な跡部のおっさんに、たとえ鳥居耀蔵でも殺させてはいけない、と正義感を見せる放三郎。

・アビとゆっきーが宰蔵たんたちを救出。

・山崎屋の妖夷を退治しようとする奇士たち。

・姉をさらった妖夷を探すアビ。
そこへ白黒のその妖夷が登場、宰蔵たんの武器で緊縛。

・漢神で退治しようとするゆっきーに、自分が倒すと言うアビ。

・妖夷は姉の行方の手がかりを与えないまま、あっさりデロデロになってしまいます。

・仕方ないのでエサ用妖夷もついでに倒すか、と振り返ったゆっきーの前に異界が拡がります。

・アビも異界を目にします。赤い風景の中を歩いてくるのはニナイ。

・ニナイが漢神=「偶」の字を飛ばし、退治した誘拐犯の妖夷を生き返らせます。

・なぜ?と問うアビ。

・そのバックを誘拐犯妖夷ががっちりとってしまいます。

・なぜか微笑む姉・ニナイ。「アビ」

・ニナイがアビ受け推奨だったことが判明して続く!!

ED↓
愛という言葉(初回生産限定盤)
紗希
パームビーチ (2007/02/14)
売り上げランキング: 170271


よろしければポチっとな★してくださると嬉しいです(*^^*) ↓


<<金色のコルダ 第17話 焦燥のクレッシェンド | ホームへ | 2007年1月に観た展覧会(ブリジストン、相田みつを)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/503-c6be653a
【2007/02/08 20:26】
| ホームへ |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。