スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ガンダムW(第6話)パーティーナイト

2006.02.14(23:09)
ドーリアンパパ暗殺をめぐって大騒ぎのマスコミに囲まれてリリーナさまが車でご帰還。
うっとおしいブンヤ風情に「お父様の死んだわけを何もわかってない」とご立腹のリリーナさんですが、あんたが真相を記者会見でも開いて暴露すればよかったんでは。そしたらレディアンタイーホで全て事件解決なんじゃ?
お母様にわびたりお母様はお母様です!みたいな親子の会話もいいけど、肝心の犯人をなんで糾弾しないんだか謎ですな。
リリーナさんがどういうわけだか自分の悪事を暴露しないので、今のうちに!と思ったレディアンステキ眉毛にMS出撃許可を求める。

小娘始末にMSっすか。的、小さすぎね?しかも5機もかよ!と思ったら、対ガンダムを考慮してのことでしたか。すまんすまん、いくら珍妙な人が多いからって、そこまでとんちきじゃあないわな。早とちりしたわしが悪かった。

と、反省したところでまたもや珍妙ガンダム学園生活編スタート。
なにやらパーティがあるらしい。セント・ガブリエル学園(いかにも少女漫画に出てきそうな名前)の生徒が浮かれているのをよそに、コンピュータにまた侵入しているヒイロ。まだなんかデータいじってるよ。こないだので終わったんじゃないのかYO!意外と仕事が遅いヒイロ。

仕事の合間に窓から楽しげな生徒達を見やり、「俺には関係ない」とつぶやきますが、友達いないさみしんぼの彼が強がっているようにしか聞こえません

父を殺された女王様の登場で、それまで活気のあった会場がイキナリ重いムードに

空気を読まないリリーナ様は、弔事休暇もとらず、しかもドレスアップもせずにわざわざ学校に来て華やかなパーティに水を差します出てくんなよ
下僕ちゃんたちにお悔やみを言われているところへヒイロが転校するというリリーナさんの噂が耳に入ります人の話聞けよ!
部屋で荷物をまとめているヒイロ。

「また戦いに行くの?次の任務はどこかしら」
ノックもしないで男の部屋に入り込むリリーナさん。

セントガブリエル校は、男子寮にも女子が勝手に入り込める良家の子女の通う学校とは思えないほどフランクな校風のようです。

案の定銃を向けられるリリーナさん。

校内で発砲する気かYO!それはエージェントとしてかなりうかつじゃないのか?
と視聴者が一般的な常識でつっこんだところで、意外にもエキセントリックお嬢様も同様のつっこみをするのでした。

「せっかくなのだから、あなたもパーティを楽しんでいって」

いや、だから俺は友達いないし。行ってもさみしいだけだYO!

「せめてダンスが終わるまで」

かわいそうだから私がつきあってあげるわよ。その代わり私の言うこと聞くのよ、いいわね?
孤独な心の隙間に入り込んで洗脳しようという手のようです。

そんなのん気なパラレルパロのような学園ガンダム世界をよそに、またもやどこかの防御甘甘の軍事施設が五飛の操る極悪ガンダムによって、めためたにされておりました。

いつもいつもすんなり任務が完了してしまうので、また五飛は苛立っています。
君はそのままでいいから、むしろその任務遂行能力をどっかの役立たずな主人公に分けてやってください

そのころ。

サーカス団の公演では、管理人が心配していた通り、仕事ぶん投げてカトルと合奏したりしている前髪野郎がいないので、団長がお怒りです。

「あいつはどこ行ってる?もう出番だぞ!」

公演ぎりぎりになってやってくるトロワ。

どこへ行ってた?だいたいどうして一緒に行動しない?

と、団長は社会人としての常識を問いますが、これはもっともなことだと言わざるを得ません。

間に合ったからそれでいいだろ?

ですませる現代っ子トロワと、それを支持するかのような若手女子団員。

団長も苦労が耐えません。

ナイフ投げのキャスリン、顔半分ピエロのお面フリフリ襟の格好で的になるトロワ。

キャスリンはトロワがナイフを少しも怖がらないことにかなりご不満の様子。

少しは怖がって。じゃないと面白くないわ。Sのお姉さんキター

しかし、サーカスの舞台を異空間に変えるオーラを放つトロワの表情に

「この子、怖いってことを知らないの?死を呼んでるんだわ。死にたいの?」

と動揺して思わずコントロールを失い、ぎりぎりの危ないところへ投げてしまうキャスリン。

お前危ないから、今度から半分じゃなくて全部マスクで顔隠しとけ

コントロールを危うくしたことをわびつつ、何故よけなかったのかと聞くキャスリンに
「それが仕事だ」と言い放つトロワ。

この子いいMになるかもしれない。
嬉しくなったキャスリンは「笑顔がかわいいんだから、もっと笑え」と調子にのって調教開始。(違)

任務とあらば、自分の身を犠牲にしても当然、という姿勢はヒイロたちの基本スタンスのようだ。

そして場面は学園ガンダムへ。
相手がいなくてかわいそうなヒイロとドレスを着てないリリーナがダンスしています。
やなカップルだな。

ドレスコード無視のマナー違反のリリーナさまにも、いつも通り下僕ちゃんたちはへつらうのであった。

「わたくし、リリーナ様のドレスが見えますわ」。

お前らは北島マヤの演技で、存在しない幻覚を見てしまう観客か。

でも、左端の女生徒も、どうやさしく見てもカンフースーツ、という格好ですので、ドレスコードはもともとゆるいのかもしれません。

幻覚の青ドレスのリリーナさんと、これまた正装したヒイロが、現実だかなんだか分からないけど会話をします。

「私は知りすぎたわ、やっぱり殺されるのね」
「ああ」
「何も分からまま死ぬのは嫌だった。でも今は違う。あなたが戦う気持ちが分かるの。私も今ヒイロと戦ってるの」
「俺と・・?」

後半にかけて独自のリリーナ理論にひきこんでヒイロを煙にまくことに成功。

しかし、洗脳はこれからよ、というところでオズのMS部隊が飛来。

レディアンは驚いたことに、こののん気な学校を「徹底的にやっておしまい!」というドロンジョさま的命令を部下に下します。

民間施設を攻撃するのはどうも、と軍人としては至極まともなことを言う部下。

しかし、レディアンはそんな弱腰をなじり、
そんなヤツにはまかせられん、もうお前今後給料1年間なし&便所掃除当番決定!あと、食事のおかずはこれから3食納豆な!、と関西出身の青年を追い詰めるため、やむなく彼は命令に従うのであった。

そして学校を爆撃しようとして降下したモビルアーマーを、ガンダムがいいタイミングで攻撃。

ヒイロ、あんなでっかい機体を結構近所に隠してたんだな。

知らずに生徒が
「今夜のパーティの余興のセットか?」
とかいってぺたぺたさわっていたんじゃないのか。

空からとは別に、軍のMSもやってくる。

もはや楽しいパーティは台無しです。
ひそかに彼とのすてきな思い出作りをしようと、朝からメイクをがんばった努力が水の泡になったかわいそうな女生徒や、あわよくばいい雰囲気にもっていって彼女と初チュー(できればあと一歩くらい先も・・・)をと、甘酸っぱい期待に股間胸を膨らませていた男子生徒の嘆きが聞こえるようです。


すばやく敵を分析するヒイロ。
軍のグレーのサクもどきを倒してゆきます。

レディアンは正体不明のヒイロの機体の捕獲を命じます。

カトルは自分以外にGに乗り、オズの基地を破壊する仲間の存在に気づき
「会ってみたいなあ・・・」とつぶやきます。
いや、会わんほうがいいって

カトルは自分自身が友好的な人間であるので、よもや彼らのうちにまともな会話すらできないコミュニケーション能力を甚だしく欠いたトンデモ君がいるとは想像もしていません。

そのころ、カトルが会っても大丈夫そうな、視聴者が唯一理解しうる感覚の持ち主であるデュオは、仲間と仲良く月を見ていました。

「あいつは月なんかみないだろうけどな」
「あいつももっと人生楽しめばいいのに」
「あいつ、どうしてるかな」

あんなにもつれない仕打ちをされ続けたにも関らず、ヒイロのことで頭がいっぱいです。大丈夫か。

そしてそんなあいつは「装備が重過ぎるんだよ!」と雑魚MSの相手を楽々とこなしています。
泣いている下僕たちをはげまし、「さ、走って」と逃がすリリーナさま。

ハリウッド映画だと、走って逃げた先に爆発があって逃がしたばっかりに彼女達はあぼーんするところですが、とりあえず大丈夫そうです。

一人残るリリーナさまを見つけたヒイロ。
「リリーナ・・・」今だ!殺る絶好のチャンスだぜ!

ところが、爆撃で崩れた建物の破片が彼女の上に降ってくると思わず、Gの手を差し出し、先に俺がぺしゃんこにしてやるう!としたものの、ついコントロールが甘くて、結果的に落下物から助けてしまうヒイロなのでした。

「何をしている俺は?こいつが死んだ方がいいはずなのに!」まったくもってその通り!

Gがターゲットのリリーナをかばっていることを報告されたレディアンは

「Gとリリーナの間になにか関係があるのか」

と訝ります。

まさかクラスメートとは思いもよりません。普通思わないです

「なぜだ?なぜなんだー?」動揺してしまうヒイロは飛来した敵機にやつあたり
それはちゃくちゃくと調教がすすんでるからでは。

あっという間に部隊が全滅し、かくなる上は自分が出る!といきり立つレディアンに、ステキ眉毛から作戦の中止が伝えられます。

やっぱりMSで学校ごとリリーナ殲滅という素人から見ても無茶な計画は、やめといたほうがいいことに(今頃)気づいた模様。

そんなわけで、生かしておくことにしたからよろぴく★

というトレーズ(あ、今回はじめて本名出した)の元へ、ノインから感謝の連絡が入る。

どうやら、ゼクスのためにリリーナを助けることにしたらしい。妹だからね!

ゼクスはノインやトレーズには隠しているようだけど、どうやらバレバレだったようです。ただのうっかりさんなのか、ゼクス?

Gに向かって「ヒイロでしょ?何故助けたの?」というリリーナ。

今度こそ殺そうとするも、手元のコントロールが悪くてまたもや失敗。

「何故殺せないんだ」

自問自答するヒイロはバツが悪くて飛んで逃げていってしまうのでした

「逃げないで」調教はまだはじまったばかりなのよ、というリリーナさん。

Gの中のヒイロは本能的に危険を感じたのかもしれませんね。というわけで続く!

よろしければポチっとな★お願いします⇒

新機動戦記ガンダム W DVD COLLECTION 1
<<本日の復習【漢検準1級】 | ホームへ | 本日の復習【漢検準1級】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/42-d3abfba4
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。