スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

妖奇士 説六 竜気奔る

2006.11.17(00:35)
[11/15に書いてます]
ハングル能力検定試験を前に、とりあえず録画で視聴はしたんですが、うっかりコードギアスの視聴をしてしまい、レビューが遅くなってしまいマシタ。
とりあえず、妖奇士のレビューは最後までやる所存☆ついて来てくれる人が少なめでもいいの!自己満足ですもの☆<でもホントはちょっぴりさみしかったり(笑)

見てない方、見ようかなという方はコチラへドゾー↓

公式ページの「スペシャル」のコーナーで、期間限定で1~3話を無料配信中。

Gyaoでついに、妖奇士の配信始めたようです。これで録画失敗しても安心☆

■アバンタイトル
米墨戦争のさなか、テキサスで行われる現地民の虐殺。
三つ編みの少女アトルは、踏み込んできた軍人達に祖母を殺されてしまいます。

かわいいアトルの貞操の危機を心配する全国視聴者(この前のゆっきー(往壓)の所業といい、ナニをやってもおかしくないし!)!

銃を向けられる中、タペストリーの前に手を広げて立つアトル。
彼女にこたえるかのように、タペストリーから不思議な光が現れます。

OP曲、結構気に入ってます。


■Aパート
ゆっきーとアトルにしか見えない雲七。

「ディアブローマ=悪魔」とつぶやくアトル。自分達の神をイスパニア人がそう呼んだ、と話します。

「お前は妖夷なのか?」と問うゆっきーに「いやあ、あっしにもよくわかんねえんで」と答える雲七。

で、回想。
雲七を刺してしまったゆっきーが必死で彼の名を呼んでいると、神社の扉が開き、不思議な光がちらちらしてきました。
ゆっきーの手にはいつのまにか漢神が。

「俺が竜で、お前が雲・・」
握り締めたゆっきーの手から漢神である「雲」の字が離れ、雲七の鼻の穴にするーり。

漢神とか妖夷って鼻から摂取がデフォルト?!

神社の自動ドアも閉まり、しゃがむゆっきーに、何事もなかったかのように
「往壓さん」と話しかける雲七。

「どうしたんです?」
「お前を探していたんだよ」
「あっしならここにいますよ。いつだって一緒です」

そして、ゆっきーは雲七の肩を抱いて夜の街へ消えてゆくのでした。その夜の二人がどうなったか、続きはあなたの心の中で☆

にしてもどうなったかわからんと雲七が言うのは無理ないさね。
寝てる間に鼻からちゅるりとヘンなもの吸い込んだ彼が知らぬのは道理。

しかし、一部始終を見てたゆっきー、お前が一番わかってるはずなんじゃ?!

「別の世界の力で自分にだけ見える人を作った。罪から逃れるために」
と、名探偵アトルたんの推理が冴えわたりマスよ。

「もうたくさんだよ!どこだい?どこに埋めたんだい?!骨くらいあるだろうさ」

と心霊世界否定派のお篠は、ゆっきーに喰って掛かります。

地面を掘り返そうとするお篠、自分が心の病にかかってることは自覚してるようで

「あんたと七次さんがいなくなってから、あたしはおかしくなっちまった。
今じゃ見世物小屋で働くだけだ。」

と身の上を語りだします。しまいには胸をぼかすか殴りながら

「返せぇ!!あたしの15年を返せっ!!」

と泣き叫ぶのでした。うわああなんかこの台詞重い&なんだかリアル!!と思った女性は多かったのでは・・・・。

「返しておくれよ」と胸に縋って泣き始めたり、お篠姐さん大忙しデス。そんなお篠のテンションについていけない健忘症のぼんやり主人公。

どっちもアレな人たち二人にかまってられん!とアトルが宰蔵の刀を奪って雲七に切りかかります。

何故狙う?と聞くゆっきーに、江戸でずっと雲七の気配を感じていたと言うアトル。

妖夷なら倒す、と答えるゆっきーに辛辣な言葉を返すアトル。

「ならお前が倒せ。そしてお前も死ね。それがお前の罰だ!!」

さあ今回も始まりましたヨ!ゆっきーの被虐プレイたーいむ☆
今回のテーマは「よってたかって女性陣に氏ね氏ねとなじられるプレイ」に決定デス!

笑いながらお篠も「ああそうとも、氏ね!氏ね」

くうっっとなるゆっきー。実はこれがたまらんのだ、と思ってるハズ。





ところ変わって、ひっとらえたアトルの馬・雪輪をお白洲に出して鳥居耀蔵が遠山の金さんごっこを始めマス。
一応あの金さんスタイルはうわさですよ、との細かいフォローが入るあたり、スタッフの良識が見えますネ。

脇には花井虎一、目の怪しい年増女が控えてます。
公式ページによるとこの女は「松江ソテ」といい、「唯一異界を見ることができる謎の多い女性」とのこと。
鳥居耀蔵は馬の姿をしているが、異国の神である雪輪に礼をつくしているのだ、と説明。
300年昔アスティカ、あるいはメシイカで祭られていた神のひとつ。
妖夷を操るヒントを得ようと、雪輪の力を試すつもりのようですが、いきなり横にいた遊兵(アソベ・量産型妖夷)の首をはねます。しどい!!

でも、なんでそれが力の確認になるのかよくわからんです。
妖奇士は、理由がわからないまま、キャラが突飛な行動しすぎ!どいつもこいつも次になにするかわからなくてハラハラしますよ。(例:世間話をしてたと思ったらいきなり女を襲う主人公とか)


思惑通り、ひひーんと鳴いて額の雪輪模様を光らせ不思議力を発揮し始める雪輪。
くるくる回転し始め、なんと金色に輝くバター・・・ではなくUFOになっちゃいました!
空飛ぶ円盤とナスカとかこうムー読者あたりもひきつけようというつもりでしょうか?
妖奇士、何気に情報量詰め込んでくるなあ。


場所はもどって、女王様たちにいじめられてるゆっきー。
「それでも・・・それでも俺は生きる」

そこへ謎のUFO襲来!まあ謎だからUFOなんだけど!! 
※Unidentified Flying Object<ここ試験に出るからな!

稲光を発しながら飛ぶUFOを見た雲七が「竜だ」とつぶやきます。

そこへちょっと江戸のマメ知識のテロップ。


『徳川實記(とくがわじっき)』
天保十四年二月の頃に「この月、白氣(はっき)申酉のかたに現はる」の記述がある
白氣とは空の一部が強く輝く現象であり、瑞兆とされた



ちなみに「申酉」はやや南よりの西の方角です。


■Bパート
あれ、なんかアイキャッチに3頭身のかわいいゆっきーが!!

蛮者改所。他のレビューでも言われてましたが、ここの照明ってどうなってんのかなあ、ホントに。
洞窟なのにいつも明るいヨ?


「ケツアル!」
と奔るアトル。それに続く奇士たち。

「お前のディアブローマが、この街がケツアルをおかしくしたんだ!」

江戸元の花火の合図で集まる奇士。
放三郎の指示で、雪輪を空から引き摺り下ろすために舞の準備を始める宰蔵。

前回と違って、後ろ姿でしゅるっと着物を脱ぎ捨てヌードの背中をサービスです!
育ちきってないなで肩がエロス!!

倒せるかねえ、と話す江戸元とアビ。

「さあな。こんな大きな妖夷ははじめてだ」

「鍋にしても刺身にしても半年は持ちそうだ」

・・・・江戸元って喰い意地張った発言ばかりだなあ。この食いしんぼさんめ!

雨の中でアトルがゆっきーをしつこく責めています。

江戸に入ってからケツアルが昂ぶっていたこと、妖夷をおかしくしたこと、
郵便ポストが赤いこと、しのぶんが睡眠時間削ってまでアニメを観るマダオなこと、

「すべてはお前のディアブローマのせいだ」

全責任をゆっきーになすりつけます!


雨の中、狂気にかられたお篠は素手で土を掘り返し、雲七の骨を捜し続けます。

「もうやめな・・・・お篠」

そこへ現れたのは雲七?ひいぃ!!と逃げ出すお篠。

しかし、よく見ると追いかけるのは玉兵のとっつぁんでした。


ケツアルは異界へ帰りたがって出口を探していると説明するアトル。

さっきとは打って変わって今度は涙でうるうるしてゆっきーに懇願。
女心と秋の空。くるくる機嫌がかわって正直付き合いかねますな!

「ケツアルを連れて行かないで。

ケツアルコアトルはメシイカの神、私の全て」

オーマ、いやアトルってゆっきーが言い直すんだけど、なんでアトルのことをオーマって呼んでたんだっけ?


準備の出来た宰蔵ちゃんの巫女姿の舞が始まります。
いつのまにか鳥居耀蔵、花井、年増の3人がそれを見ながら解説を始めます。

宰蔵ダンスは、神に捧げる踊り。

一説にはアメノウズメノミコトの舞の系譜を汲むものという。
だったら脱がないと!レッツストリーップ♪踊り子さんには触らないでくださあい☆

解説しよう!宰蔵は生まれながらにしてこの舞を踊れるのだ。
フィギュアスケートのドーナツスピンみたいなワザを繰り出す宰蔵ダンス、なんてワンダホー☆

それにつられてケツアルが姿を現します。

「竜・・・いや足がないから蛇か」と解説委員の鳥居耀蔵が説明してくれます。顔は怖いが結構親切なキャラです。

続けて散々蛇を神としてあがめる神社がある等といっておきながら、結局「妖夷として始末する」というオチをつける耀蔵ってばイケズ☆

ケツアルに呼びかけるアトル。

しかし、クチをバックリあけてアトルを食い殺そうとするケツアル。
ゆっきーがかばうと、今度は宰蔵を狙うも(焦る宰蔵のギャグっぽい顔☆)、奇士により(これは江戸元の銃かアビの鑓か?)阻止。

円盤から首だけ出た格好の中途半端な姿になって地面近くに落ちてくるケツアル。

ゆっきー、刺青に手をかざし漢神で「往」の斧を取り出しますが、
アトルの声を聞き躊躇している隙に斧をもっていかれてしまいます。
ケツアルは櫓にぶつかりながら逃亡。
建物倒壊で逃げ惑う人々を見てアトルのトラウマがよみがえる。

鳥居耀蔵によって、アトルは連れて行かれ、奇士は年増女の監視下で全員緊縛プレイ状態。

女が突然現れた雲七に驚きます。

「見えるのか?お前にも!」驚くゆっきー。

動揺した女にすかさずアビが当身をくらわせ、脱出です。

そしてアトルは気を失って部屋で倒れてます。周りはおっさんだらけ。
そこへかけこむゆっきーだち。

「何をした?」自分が野獣なので、警戒しまくるゆっきー。
こんな状況じゃアレもコレもやっちゃうし俺なら!!

鳥居はアトルを妖夷の生贄にすると話す。

アトルの身の上話は全て聞いたのでした。

ヌエバ・イスパニア国(スペインから独立したメキシコ)で奴隷あつかいされていたアトルたちアステカの民は北へと移動していた。

そんな彼らの前に現れる無法者たち。

するとそこへ3人の侍たちが助けに現れたという。

家康の時代に伊達政宗(だてまさむね)の家臣・支倉常長(はせくらつねなが)らの使節団を率いて渡欧。ヌエバ。イスパニア(スペイン領メキシコ)を経由した際、その地に留まるものも多かったという歴史マメ知識が。

アトルが日本にいつか渡ろうと思ったのは彼らのことがきっかけだったのです。

テキサスでの虐殺のとき、アトルの前に馬に乗り移ったケツアルコアトルが現れ、軍隊を次々に倒したのでした。

やがて見世物一座に紛れ込み、船で海を渡ることになったアトル。

日本が見えた途端、竜の姿で飛びはじめるケツアルに乗って龍の子太郎みたいになってます!坊や~よいこだ金だしな♪という懐かしいメロディが頭をよぎります(注:一部激しく間違っています)

しかし、憧れの日本も安住の地ではなく、肌の色を隠し必死で生きるしかなかったアトル。そしてケツアルは異界に帰りたがっている。
アトルは生贄を自から志願するのでした。このへんもイマイチ流れがわかりにくいですが、まあアトルの必死な気持ちは伝わりますね~。

アステカは生贄の心臓を神に捧げるヨーロッパ人にとっては悪魔のような習慣があった。そのような民であるアトルは、妖夷を呼び出した責任を取る意味でも生贄にふさわしい。
しかし、それに待ったをかけるゆっきー。

妖夷を呼び出した人間が死ねばそれでいいのか?と問う。
人を殺すのが奇士なのか?

ここではないどこかを求める心を自分は裁けない。


「出来ることは妖夷を倒すことだけだ」

先ほどのよってたかっていじめられてた雰囲気はどこへやら、カッコよく決めて立ち上がるゆっきー。そして続く!!

全体的には人物の心理や行動の裏・理由があえて伏せられてるせいか、理解しにくい部分がネックなのでしょうか。

私としてはコマコマ江戸時代の情報が出てきて結構面白いです。


■予告
放三郎が女を刺してる?
ゆっきー、雲七となんかやってます。


ポチっとな★お願いします ***


<<本日の学習【漢検1級】 | ホームへ | ハン検速報出ました!>>
コメント
【】
とイスパニア語で御挨拶してみるテスト♪

>かわいいアトルの貞操の危機を心配する全国視聴者
>(この前のゆっきー(往壓)の所業といい、
>ナニをやってもおかしくないし!)!

さすが土6デス!

>OP曲、結構気に入ってます。

OPはコードギアスに勝ってマス!(個人的に)

>漢神とか妖夷って鼻から摂取がデフォルト?!

せめて口から入ってあげて。

>「別の世界の力で自分にだけ見える人を作った。罪から逃れるために」
>と、名探偵アトルたんの推理が冴えわたりマスよ。

「犯人はオマエだ!」
灰原哀たんが好みナリよ♪(ロリではない・・・と思う{笑})

>「返せぇ!!あたしの15年を返せっ!!」
>と泣き叫ぶのでした。うわああなんかこの台詞重い&なんだかリアル!!
>と思った女性は多かったのでは・・・・。

観ていると鬱になるアニメとして評判(ry

>さあ今回も始まりましたヨ!ゆっきーの被虐プレイたーいむ☆
>今回のテーマは「よってたかって女性陣に
>氏ね氏ねとなじられるプレイ」に決定デス!

凄い男だ!!(笑)

>くるくる回転し始め、なんと金色に輝くバター・・・
>ではなくUFOになっちゃいました!

バターの原材料トラさん説は健在デス!
一時期弾圧されてましたが。(苦笑)

>育ちきってないなで肩がエロス!!

カレンたんを観ちゃうとねぇ~・・・。(苦笑)

>江戸に入ってからケツアルが昂ぶっていたこと、
>妖夷をおかしくしたこと、 郵便ポストが赤いこと、
>しのぶんが睡眠時間削ってまでアニメを観るマダオなこと、
>「すべてはお前のディアブローマのせいだ」
>全責任をゆっきーになすりつけます!

全てゆっきーのせいってことで解決♪(マテ)

>宰蔵は生まれながらにしてこの舞を踊れるのだ。
>フィギュアスケートのドーナツスピンみたいなワザを
>繰り出す宰蔵ダンス、なんてワンダホー☆

ライバルはミキティ♪

>坊や~よいこだ金だしな♪という懐かしいメロディが
>頭をよぎります(注:一部激しく間違っています)

懐カシスwと言いつつ自分の年齢を思い出してちょっとおセンチになる拙者デス♪(笑)

>先ほどのよってたかっていじめられてた雰囲気はどこへやら、
>カッコよく決めて立ち上がるゆっきー。そして続く!!

よくわからないけど格好いいぞゆっきー♪(笑)

てなわけでシャラバイ( ̄∀ ̄)ノシ
【2006/11/16 20:10】 | ようかん #sO8pSamE | [edit]
【ようかんさんどもです♪】
>オラ♪ アミ~ゴ♪

ヘ~イ、カスティラ、パエリア♪とイスパニア語での御挨拶に失敗してみるテスト♪

>さすが土6デス!

もう大きなお友達のための枠ですから!

>OPはコードギアスに勝ってマス!(個人適否に)

同感です!
思わず口ずさみたくなる感じで、かなりイイOPですよね☆

>せめて口から入ってあげて。

なんで鼻?!笑いを取るためなのか、妖夷!と思いましたよ。

>「犯人はオマエだ!」
>灰原哀たんが好みナリよ♪(ロリではない・・・と思う{笑})

灰原哀たんは私も大好きデスよ♪
ロリという性格のキャラ(「お兄ちゃん☆」とか言い出さないし!)じゃないのでここはセーフかと!(笑)

>観ていると鬱になるアニメとして評判(ry

なんか毎回重いシーンがあって大人向けデスね(苦笑)

>凄い男だ!!(笑)

触手プレイから精神的にいたぶられるという高度なプレイまで何でもこなしマス☆

>バターの原材料トラさん説は健在デス!
>一時期弾圧されてましたが。(苦笑)

最近は復活したようで何よりです。
トラ製バターはマンモス肉と並んで幼少期に憧れた「幻のウマーな食べ物」でした。

>カレンたんを観ちゃうとねぇ~・・・。(苦笑)

しのぶんは最近オットの人の影響で巨乳あんまり興味なくなってきたんで、カレンたんはどうでもいいデス。むしろか弱い感じの宰蔵たんの青い肢体の方がうひょひょです<変態か

>全てゆっきーのせいってことで解決♪(マテ)

これにて一件落着☆

>ライバルはミキティ♪

宰蔵も4回転で世界に挑戦だ!

>懐カシスwと言いつつ自分の年齢を思い出してちょっとおセンチになる拙者デス♪(笑)

このネタがわからない世代もいるかもしれないと思い、同じくおセンチになるワタクシです(笑)最近また放送してるから大丈夫かしら・・・・?

>よくわからないけど格好いいぞゆっきー♪(笑)

とりあえず、カッコよさげに決めてみた。BYゆっきー


ではバイナラ♪( ̄∀ ̄)ノシ
【2006/11/16 23:13】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【なるほどなるほど…。】
こんばんは、しのぶんさん。
今週の録画を失敗して、ちょっと落ち込んだ農家の嫁ですが、このレビューでよくわかりました。確かに、女性陣に罵られまくりのようですね(笑)
まあ、やっちゃったことがやっちゃったことなので、いかんともしがたいものがあるように思われます^^;。
宰蔵ちゃんの生着替えタイムがあったのかΣ(゚д゚|||)ガーン!!
そこだけでも見たかったと思う私は所詮人間失格っぽいです。
今週は、ちゃんと見れるといいなぁ。
ではでは(^_^)/~
【2006/11/16 23:40】 | 農家の嫁 #XcVaFo.k | [edit]
【農家の嫁さま】
農家の嫁さん、こんばんは~。

>今週の録画を失敗して、ちょっと落ち込んだ農家の嫁ですが、このレビューでよくわかりました。確かに、女性陣に罵られまくりのようですね(笑)

なんか、ゆっきーの毎回のプレイに目が離せません(笑)
もし見られそうならGyaoでも配信始まったようですので、罵られるゆっきーを見てみてくださいネ★

>まあ、やっちゃったことがやっちゃったことなので、いかんともしがたいものがあるように思われます^^;。

結構女の敵っぽいデスよね。
よく考えると最初の親子も、別に母親を好きとかいうわけでもないのに好かれてるから所帯もとうかという感じで、ちょっといい加減なところが垣間見えましたし(^^;

>宰蔵ちゃんの生着替えタイムがあったのかΣ(゚д゚|||)ガーン!!
>そこだけでも見たかったと思う私は所詮人間失格っぽいです。

ここはかなり色っぽかったデスよ!
するって肩から着物が起きるんですヨ!!結構美味しいシーンでした☆

>今週は、ちゃんと見れるといいなぁ。

録画が無事にできますように☆
そして萌えシーンがちゃんとありますように☆

では~(^_^)/~
【2006/11/17 22:56】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【初めまして】
本放送を前にコメント失礼します。

鼻から漢神が入ったのは、魂は鼻から抜けて鼻から入るという考えがあるからですね。
昔のこの手の漫画などを見ると、鼻から魂が抜けて行っているシーンとか案外あります。



この土6は今までもの違って、全員キャラが好きなので毎回放送が楽しみです。
中でも宰蔵が1番のお気に入りなのですが、本編は2年間書くらしいですが彼女は元服するときはどうするんだろうとそればかりが気になってます。
今はまだ前髪がありますけど、男として元服を迎えるとしたら前髪落として小笠原さんと同じような(歌舞伎役者なので髷の形は違いますけど)月代をバッチリ入れた物にしないといけなくなりますからね。
かといって、大人になったから総髪にというのも、それじゃあ子供時代の若衆髷の意味がなくなるわけで…。
風俗の時代考証がある程度しっかりしているだけにそれだけが気がかりでなりませんね。


とりあえず、今回で監督たちが言っていた大まかな流れは7話で終らせると言った7話なので、どう〆てくれるのかが楽しみです。

それでは失礼致しました。
【2006/11/18 15:41】 | なつ #- | [edit]
【なつさま】
なつさん、はじめまして&ようこそ拙ブログへいらっしゃいました!
見ている方が少ないようなので、妖奇士へのコメントをいただけてとっても嬉しいです。
>鼻から漢神が入ったのは、魂は鼻から抜けて鼻から入るという考えがあるからですね。
>昔のこの手の漫画などを見ると、鼻から魂が抜けて行っているシーンとか案外あります。

おお、そうだったのですか!鼻から鼻へですか!それは知りませんでした。
きっとくしゃみで魂抜けるというのもその流れなんでしょうね。
漫画にもそういうシーンがあるとは。今度それらしきものがないか昔の漫画を読むときに気をつけて見てみようと思います!

>この土6は今までもの違って、全員キャラが好きなので毎回放送が楽しみです。
>中でも宰蔵が1番のお気に入りなのですが、本編は2年間書くらしいですが彼女は元服するときはどうするんだろうとそればかりが気になってます。

ゆっきーが一部で激しく評価ダウンですが、私は観ていて実は嫌いじゃないんです。
奇士たちがそれぞれ人間臭いのも面白いなと思ってます。
美形なのに食い意地張ってる、とか(笑)
アビが渋くていいなというのと、宰蔵がやっぱり一番かわいいなと思ってます。

>今はまだ前髪がありますけど、男として元服を迎えるとしたら前髪落として小笠原さんと同じような(歌舞伎役者なので髷の形は違いますけど)月代をバッチリ入れた物にしないといけなくなりますからね。

た、たしかに月代はさすがにちょっと・・・・という感じでハラハラしますね。
今でも前髪があっても剃ってる所がちょっとううむ、という感じですので髪の毛はこれ以上少なくなってほしくないです。

>かといって、大人になったから総髪にというのも、それじゃあ子供時代の若衆髷の意味がなくなるわけで…。

そうなんですよね。だったら普段から巫女さんの格好でいいじゃないかと思いますし。
あと、巫女姿になると髪がふさふさになるのはどういう仕組みなのか気になってしかたがありません。嬉しいですが。

>風俗の時代考証がある程度しっかりしているだけにそれだけが気がかりでなりませんね。

確かに。時代考証はかなり細かいところまで凝っていて、スタッフの気合の入れ方が伝わってきます。
上手く納得できるような、そしてできれば前髪なしのオール月代にならない方向にもっていってほしいですね。

>とりあえず、今回で監督たちが言っていた大まかな流れは7話で終らせると言った7話なので、どう〆てくれるのかが楽しみです。

これで奇士たちの大まかな力や、世界観が見えてくるという感じなんでしょうか。
アトルは奇士になるのかな、と思ってますが、どうでしょう。

それでは、今後ともよろしくお願いします。
【2006/11/18 16:11】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/405-8509e9dd
  • 天保異聞妖奇士 説六 「竜気奔る」【ばーむぅーすの徒然日記】
    CM明けのあれは何だ!奇襲かけられたわぁ~。しばらく笑いが止まらんかった。めっちゃ可愛いんやもん ゆっきーツボだぁww抱いて寝たいわぁ。是非ともぬいぐるみ化して欲しい。それが無理なら待ち受けにしたい!巫女巫女が舞いまくってましたねぇ。どうやら着替え
【2006/12/08 23:34】
| ホームへ |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。