スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

BLOOD+ 18話

2006.02.12(04:24)
江戸たてもの園に出かけた本日、しのぶんはうっかり録画するのを忘れてしまい、動画視聴を利用することにしましたとさ。

モノクロ画像なので過去なのか?という感じで、メガネの老人が意識があるのかないのかわからないもう一人の老人に語りかけるシーンから。

長年連絡のなかった「ボリス」から手紙が来た、息子の「アンドレイ」に会ってくる、と。

Aパート開始。

誰かが知恵の輪に四苦八苦している。

予想通り、こんな暇つぶしをしているのは
他に何もすることのなさそうなミスター役立たず・カイでした。

そんな童貞君には危険なお姉さま・ジュリアがいつものように無意味にフェロモンを漂わせながら(なんか髪おろしてるし)

「もっと力を抜いて、やさしくね」

女教師モノのヒロインばりに、一体なんの指導ですかー!と突っ込みを入れたくなるような誤解を招きかねない台詞でアドバイス。

うるさい、だからこんなにがんばってるんだというカイ(息を荒げつつ)に、
相手の立場で考えろ、
というほんとに一体何の手ほどきなのかという感じの会話が続きます。

パズルの解き方を説明してあっさり知恵の輪をはずしたジュリアさん。

「恋愛と同じよ」やっぱりそういうことかよ。

童貞君がさりげなく追い詰められているところへ、おっさん二人(デヴィッド&ルイス)が登場。
ジュリアさんが後ろでちっと舌を打ってます

おっさんズに小夜の居場所を聞いた途端、迎えに行こうとするカイ(またか)だが、お前が行動すると面倒だから明日の朝にこちらに着くから俺達と一緒にいろと言われてしまう。

血液学者テッドに会いに行く3人。
あの翼手化を起こすヤバイ薬を作ったのが彼かどうか調べに行くのだ。

カイはデヴィッドに父の銃を返せと言い張るが、
「まだ早い。」とあっさり却下。

「お前にこの銃の重みが分かるのか」

そして、またもや「俺も行く」「お前は残れ」。

気持ちだけが空回りで、役立たずの自分を思い知らされるばかりのカイ。

そんなカイのヘタレなとこと、かわいそうなところお好きな方にはたまらないプレイのようで、デヴィッドの言葉攻めは続きます。

やっぱりそうだったんか

この二人のカップリング本が出そうな予感がするのは私だけですか

車中に残されたカイは本格的にヒマなため
一人で「デヴィッドの野郎、しめてやる!」と攻宣言したり、
ジュリアさんの物まねをしながら知恵の輪を解いたりしています。

見ている側が辛くなってきたところで、あまりにかわいそうだとルイスが任務(=ばらばらになった紙片を復元) を与えます。

テッドがいないため、部屋に残された手がかりを調べるおっさんズは、ソ連時代の原発施設の写真をハケーン。

チェルノブイリではないようだが隠された原発事故か?

と、おっさんズが分析してるところへ、チェルノブイリのチの字も聞いたことない、ニュースも見なけりゃ新聞も読まない、あ、4コマ漫画は読んでるッスという現代っ子カイが口を挟む。
若い視聴者にも考慮して一応チェルノブイリの解説をしてやるデヴィッドGJ

仕事が終わったので礼もないのかよと言うカイに、
「その程度の仕事で礼を要求するのか」
これまたつれないデビッド

カイが復元したのは手紙。
アイスランドの切手、宛先はフィリップ・ローゼンバーグ

ローゼンバーグはテッドとともにベトナムから亡命した学者
十年前から行方不明という。

そんな事実がわかる間にも、仕事は粗雑だわ、マトリョーシカで遊ぶわ、カイは短いシーンでもあますところなく無能っぷりをさらします

近所であるという、手紙のあて先を訪ねると、そこには冒頭に出てきた棺おけに片足突っ込んでるような老人が。彼がローゼンバーグなのだった。

てことは冒頭のシーンはモノクロなのはフェイントで、ついさっきの出来事だったと思われる。

テッド・A(?でいいのか?)・アダムスはどこだ、と意識の戻った老人に詰め寄るデヴィッド。

「すまぬ、アンドレイ。私が悪かった。
いつか必ず月を見せてやる。約束する」

泣きながら繰り返す老人。残念ながらボケてるようだ。

老人からは何も聞き出せなかった代わりに、
老人の部屋にあったさっきの原発の写真に
「なんたら51」
という文字を読み取る転んでもタダでは起きないおっさんズ

その頃。

テッドと思しき、冒頭の喋っていたほうのメガネ老人がどこかの施設に立っている。

アンドレイ
見つめる先にはミイラ化した?翼手。
レバーを引き、何かを作動させて去るテッド

なんたら51スベリドメなんとか・・・ではなく
スベルドロフスク51(聞き取れてるか私?ロシア語の単語のリスニングについてはカイを笑えないYO!)にたどり着いたお笑い3人組

ここはテッドがいる場所である。
ルイスによれば発電所というよりは、核の開発をしていた場所らしい。

発電所が作動しているのは先ほどのレバー操作によるものと思われる。

放射能もれは実際にはなく、偽装であり、何かを隠しているのだとルイスが説明。

様子を探りに行くデビッドに、いいかげん飽きてきた「俺も行く」「お前は残れ」のやり取り。

ちょっぴり気に食わないあいつ、つい会うと言い合いばかり・・・でもホントの気持ちは☆なんて感じのうっとおしいシチュエーションに見えるのは考えすぎですね、すみません。

自分達が戻らなければジュリアに伝えろ、自分がロシアに来た意味を考えろと、言い残し、ようやく父親の銃をカイに渡しておっさんズは偵察へ。
悲壮感がちょっぴり漂っててかっこいい

そしておっさんズが階下で見つけたものは。



いくつも仕掛けられた爆薬。

そしてその奥には翼手と、
翼手に襲われたらしい血を流し倒れるテッド

翼手はコンクリートに半身を固められていて動けないようだ。

テッドを抱きかかえるデヴィッド。

そこへ翼手が腕を伸ばし、デヴィッドの背中を爪で切り裂く

やばいっすよ!!デヴィッドも翼手になってしまうのか?!たぶんなんとかなりそうな気がする。

ルイスが慌てて銃を放ち、暴れる翼手の勢いによりコンクリートをつるしていた鎖が切れ、それは翼手ごと下方へ転がっていく。
テッドを担いだデヴィットとルイスは撤退。



先ほどの翼手はテッドの息子だった。

ベトナムから持ち込んだデルタ67により翼手と化してしまったのだ。

テッドたちがしていたのは、表向きは輸出用血液の研究。
しかし実際には3人の男が持ち込んだ特殊な血液の長期保存の研究だった。
その研究でできたのがデルタ67とのこと。



上へと向かう3人の乗るエレベーターに翼手が乗り移る。

それを見ていたカイはエレベータの翼手にオヤジの銃で発砲&ガソリンを投げつける。

初めて役に立つことができたよ、おめでとうカイ!!


しかし、ガソリンまみれになった翼手に引導を渡したのはデヴィッド。
翼手は打ち込まれた弾丸により炎上する。

変わり果てたアンドレイは、夜空の月を見ながら何か感じただろうか。
燃えながら(最初の変換で「萌えながら」と出たオタク変換が悲しい)今ようやくあがってこれた場所から、元の暗闇へと落ちてゆくテッドの息子。

アンドレイに見せたかった月、アンドレイが見たかった月。
これが、題名の「エカテリンブルグの月」なのだ。


重傷を負っていたテッドが先ほどの話を続ける。

その血液の主は美しい少女だった。
彼女はディーバと呼ばれていた
すべて1972年の北爆で消えた。

頼む、この施設を爆破して、息子を葬ってやってくれ。



最後に息子アンドレイにわびて息を引き取るテッド。

遺言通り、施設を爆破するデヴィットたち。

これで半永久的に翼手は眠り続けるのだ。(死ぬわけではないらしい)

と、そこへ緊張の糸が切れたのか、さっきの翼手によるダメージにより倒れこむデヴィッド。
ルイスから、翼手と遭遇した部隊のただ一人の生き残りの彼が戦い続ける道を選んだことを聞くカイ。

ここのカイ、ちょっぴりこいつのこと見直しちゃったかも★と、どことなく胸キュン(死語)してるように見えます。

又一つ、フラグがたちました。デヴィカイの人たちおめでとうございます。

シーンは変わって、列車に乗っている小夜たちご一行。
大丈夫?という小夜に
ハジの服借りていたから大丈夫というリク。

またかよ!!
なんでそんな仲いいんだYO!

だいたいなんで一番薄着の男がそれ以上脱がなくちゃいけないのという感じですよ。
借りる方も借りる方だよう。遠慮しろ

完全に青いリングがはっきり映っている偽リーザも一緒。

ハジすら気づかないようなので、大丈夫かこいつらはという気になったところで続く。

えー、全体的には切ない話で、ディーバについての謎が少しずつわかってきたということで、なかなか面白いカイ回でした。

腐女子的には、デヴィッド×カイあんな短いシーンだったにも関らずハジ×リクがさらに強化された回だったといってよいでしょう。

いや、誤解のないよう言っておきますと私そんなに興味ないですよ?ほんとに。
ハジとリクは単体で好きなのは確かですが。

ふざけて書いてはいますが、本気で妄想できるかというとちょっと微妙なところです。

そんな感じで。

よろしければポチっとな★お願いします⇒

あと、こんなの見つけてしまいましたヨ!

12月に既に出ていたのか。いつものこととはいえ、知らなかったヌルいライトオタクのしのぶんでした。
<<.comMaster★★の学習開始 | ホームへ | 本日の復習【漢検準1級】>>
コメント
【はじめまして】
履歴を残されていたのでこちらに伺ったのですが、BLOOD+のレビュー、とても楽しくナナメ見のわたしにはありがたいです。
なんか萌えポイントがあったけど忘れたなあと思っていたところなどを、かゆいところに手が届く丁寧さで書いて下さっていて、本当に楽しくありがたいです。
できるだけ、毎週分よろしくお願いします。
BLOG作成日記も、まだまだ知らなかった情報を載せてくださって、大変ためになります。
これからも更新、頑張ってください
【2006/02/13 16:49】 | ちま #PFex3ek. | [edit]
【はじめまして★】
ちまさん、ようこそお越しくださいました!
なんか勢いだけで書きなぐってるような管理人のアホレビューについて、暖かいおことばをいただき感謝感激です。
夜中にUPして次の日(そしてその後も)見るととんでもないフォントになっていたりで、完成直後は読みにくいことが多いです、すみません。
こんなレビューでもよければ、こりずに又見てやってくださいね。
【2006/02/14 01:43】 | しのぶん #- | [edit]
【はじめまして!】
OLで、主婦でオタク…という共通点に惹かれて、来てしまいましたw
Blood+、私も見てます~ハジ、お気に入りです★
このレビュー、すごく読みやすいですね!
そうそう、そんなこと言ってたなんて言いつつ読ませていただきました。また遊びにきますね!
私もスベリドメなんとか、ここをみてやっと正式名がわかりましたwありがとうございました★
【2006/02/21 23:21】 | R #/3WEEAIQ | [edit]
【Rさま】
ようこそいらっしゃいました!
OLで、主婦でオタクナのですか~ナカマー♪というかんじで嬉しい限りです。

こんなアホレビューにおほめの言葉ありがとうございます。

なんたら51は、ほんとに聞き取れてるかは実は自信がないのですが(^^;)それにしてもロシア語長すぎですよね

ハジ、いいですよね♪
某主人公がかわっちゃったYOなアニメで凹んだ心の隙間を今彼とリクが埋めまくってくれています。

これからもよろしくお願いします☆
【2006/02/21 23:43】 | しのぶん #- | [edit]
【ど~も~♪】
>「もっと力を抜いて、やさしくね」
>と女教師モノのヒロインばりに、一体なんの指導ですかー!
>と突っ込みを入れたくなるような誤解を招きかねない台詞でアドバイス。
BLOOD+名物無意味なエロ描写入りました~♪(笑)

>この二人のカップリング本が出そうな予感がするのは私だけですか。
間違いない!(by長井秀和)
拙者は普通のエロ以外は買いませぬが♪(苦笑)

>やばいっすよ!!デヴィッドも翼手になってしまうのか?!たぶんなんとかなりそうな気がする。
ハイ、主要キャラ補正入りマ~~ス♪(笑)

>しかし、ガソリンまみれになった翼手に引導を渡したのはデヴィッド。
カイの限界に星の涙を見る・・・。;・(ノД`);・

なにか全体的にノリや雰囲気に同類のよ~な匂いを感じたり♪(苦笑)
それでは今後もちょこちょこお邪魔致しマスね~♪( ̄∀ ̄)ノシ
【2006/02/22 01:21】 | ようかん #sO8pSamE | [edit]
【いらっしゃいませ~☆】
おお!こちらの記事も見てくださって嬉しいです★

いや~、ようかんさまのツッコミ、端々に現れるいにしえのアニメ・漫画ネタなど、私も読めば読むほど実はものすごーくお仲間の気配を感じてきてるのですヨ!

もしかして魂の双子?!ツインソウルでつか?
もしかして前世で××と戦うための○△■という戦士をさがしていませんでしたか?というムー文通コーナー気分になるくらいです。

こんなわたくしですが今後も遊んでやってくださいまし★
【2006/02/22 01:33】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/37-579e3f37
  • マタ~リ BLOOD+第18話感想【『あぁマタ~リ組』 おちょくり24時間♪】
    マタ~リ BLOOD+        第18話感想           今週もマタ~リ行くとデス♪
【2006/02/22 00:55】
【2007/10/23 19:45】
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。