スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「BLOOD+ シュバリエ」「エンサイクロペディア」

2006.09.18(22:20)
連休後半、天気のせいか異様にだるくてほとんど寝てすごしてしまいました。ネムイヨー!!多分12時間以上寝てます・・・。べ、勉強・・・・(涙)

BLOOD+関連本の感想、最近のものからメモ。
ネタバレ注意報発動中です。


とりたてて目新しいことはなかったような。
最終回、アメリカがNYを爆撃して証拠隠滅、ってのはいいとして(よくない)、他のアメリカ国内の都市も含む世界各地に翼手が発生してるので、証拠隠滅にはならないのでは?

ハジの人物紹介で、思いっきり歌や踊りをしこまれ、夜の相手をさせられていた可哀想な過去が認定されてますよ!!!(鼻息)

監督のインタビューと演出家のインタビューなどを見て、現場のぎすぎすした雰囲気が伝わってきました(苦笑)
監督・・・スタッフのやり方がアニメの文法に染まってるっていうけど、そうやって上流工程からきちんとやっていかないと大人数のプロジェクトって上手くいかないデスよ?
急に土壇場で設定変えること自体が無茶という自覚が欲しいと、しのぶん以外の人(特に現場のスタッフ)もきっと思ったはず。
演出家は脚本にご不満の様子。小夜の性格をきちんと描けてないって。原画担当も色々微妙な言い回しで不満があったことを表明。

・・・・まあ、でも監督はじめとしてスタッフの皆さん、とにかく1年お疲れ様でした。
BLOOD+ 02 シュヴァリエ
BLOOD+ 02 シュヴァリエ
posted with amazlet on 06.09.18
池端 亮 Production I.G Aniplex
角川書店 (2006/08/31)


結構アニメと違う展開で、色々はしょられてました。
「エカテリンブルグの月」なんかはさらっと流されていて、カイが頑張るシーンが見られず。
また、ギーがハジの血を吸うアヤシイ回の話はそのまま削除。
シフがらみのエピソードはかなりはしょられてます。

カルマンとイレーヌが兄妹だったというのは初めて知る事実。
似てない・・・。カルマンがイレーヌを必死に助けようとしてたのは、妹だったからなんですね。

ロシア編の列車内の戦いで、ルイスの身体を踏んで跳躍する小夜に対して、ルイスが
「俺を踏み台に・・・!?」とかドムっぽいこと言ってるのに個人的に受けた。
アニメで言ってましたっけ?

みんなで会話が通じる言語世界の謎は、ロシア編は「昔日本とかかわりがあった地域なので、日本語を話すことができる」、フランス編では「真央は実はフランス語ペラペラ⇒さすがお嬢だネ★」、カイはベトナムでは赤い盾メンバーと行動するうちになんとなく日常会話はできるようになった、という説明ですっきり解明☆
ちょっと無理があるなんていわない約束よ(笑)
ショタハジエピソードはちゃんと入ってます。

まだ、羞恥プレイに耐えて応募したハジコレが届いてなくてしょぼんぬです。


コミックス感想、「狼たちの夜」感想はまた後日。
今日はもう寝ます。
*** よろしければポチっとな★お願いします ***


現在のFC2ブログランキング順位はこちら
現在の人気ブログランキングの順位はこちら

<<「ハジコレ」キタワア .*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* | ホームへ | BLOOD+ 49話>>
コメント
【小ハジに興奮?】
>エンサイクロペディア

監督は現場のせいに、演出は脚本のせいに、原画もですか(笑) なんなんでしょうかその責任転嫁のループ(笑)
うーんうーん。悲しいお話ですな。
4クールという大きさに新人監督が負けた…或いは、現場が力入れすぎてしまった結果、って感じなんでしょうか?良く考えると(笑)

>ハジの人物紹介で、思いっきり歌や踊りをしこまれ、夜の相手をさせられていた可哀想な過去が認定されてますよ!!!(鼻息)

ぐはぁっ!(吐血)
やっぱりそうなんだな!そうなんだな!ハジ!だから小夜にちぅもさらっとできたんやな!くうぅ!

>02シュヴァリエ

実はノベライズでもこっちは買ってなかったんですが、ハジに釣られて?気づいたら購入してました☆ ←TV版だと買ってから気づいたという(汗) どこまでハジスキーなんだヨ!

カルマン・イレーヌ兄妹話はやっぱりぶっ飛びましたね~。全然似てない…。シフ話もはしょられてはいましたが、本編に比べてわかりやすくて良かった気がします。
【2006/09/19 20:56】 | tanizaki #- | [edit]
【tanizakiさま】
こんばんは、tanizakiさん!コメントありがとうデス☆

>監督は現場のせいに、演出は脚本のせいに、原画もですか(笑) なんなんでしょうかそ責任転嫁のループ(笑)
>うーんうーん。悲しいお話ですな。

現場は色々大変だったろうな・・・・と思いますヨ。
そんな悲しい舞台裏は知りたくなかったYO!

>4クールという大きさに新人監督が負けた…或いは、現場が力入れすぎてしまった結果、って感じなんでしょうか?良く考えると(笑)

ゲーム制作現場と同じ感覚でアニメで初仕事・・・というのがそもそも問題なのではという感じです。
初めての現場なら、「郷に入っては・・・」ということで、現場の手法に従った方がよかったと思うんですが。

>ぐはぁっ!(吐血)
>やっぱりそうなんだな!そうなんだな!ハジ!だから小夜にちぅもさらっとできたんやな!くうぅ!

もうね、これで一気に妄想が上塗りされたというか。
オフィシャルですからね、オフィシャル!!(鼻息)

>実はノベライズでもこっちは買ってなかったんですが、ハジに釣られて?気づいたら購入してました☆ ←TV版だと買ってから気づいたという(汗) どこまでハジスキーなんだヨ!

そんなtanizakiさんはハジスキーの鏡!!(笑)
あの表紙に引き寄せられるのも無理ないです。
挿絵は「何故にこの絵を?」というなんか珍妙なシーンが多かった気がするのですが。もっとハジが多くてもよかったな、と。

>カルマン・イレーヌ兄妹話はやっぱりぶっ飛びましたね~。全然似てない…。シフ話もはしょられてはいましたが、本編に比べてわかりやすくて良かった気がします。

確かにわかりやすさを求めて、シンプルな構成になった感はありますね。
カルマンとイレーヌが兄妹ってのも、もともと作られた彼らをどうやって兄妹か他人かに分けるのか謎ですね。ある意味シフは全員兄弟だと思うんですが、あの二人だけ特別なんですね。
元になった遺伝子とか卵子とかが同一の人間のものだった、とかでしょうか?

スタッフ「特に意味はないです。思いついただけで」
とかだったらいやーん(涙)
【2006/09/20 21:51】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/322-698ffa18
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。