スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本日の復習【漢検準1級】

2006.09.07(22:54)
今日は満月です。
輝くばかりの大き目の月がきれいなのですが、あいにくの曇り空、すぐにあつい雲に隠れてしまいます。でも、その隠れてゆく様子すら美しいです。雲の陰から覗く光がすごく明るいので、却ってドラマチック。東京近辺の方は夜空を見てくださいね♪

本日は趣向を変えて漢字検定準1級学習ノートより、読みとりの復習をば。 ■本日の復習

漢字検定準1級学習ノート

部首が「虫」の漢字の、訓読みです。読めますか?

※答えは( )を反転してください

虫員 しい (うつくしい)※「虫員」は、本当は一文字です

「虫員」は、ぼうふらを表す字です。

「虫員 虫員」は「えんえん」と読み、いもむしが動くさまを表します。

それで、どうして上記の答えの意味になるの?と思った方も多いのでは。

調べてみると、「虫員」は「ケン・エン」と読み、「娟」=「ケン・エン」(うるわしい意)と通じることからこの意味につながるようです。


蜂がる (むらがる)

ハチの習性を考えると納得です。

蝉しい(うつくしい)

「蝉」はセミですね。これも、「セン」の読みが、「嬋」(セン)(あでやかで美しい意)と通じることから。


蝉く(つづく)

セミの鳴き声のように(つづく)ということからこの意味に。

「嬋」も、つながり、連なるという意味があります。


蟻いくろい

アリの姿を見ると納得です。


蟻集りの人くろだかり)の人

*** よろしければポチっとな★お願いします ***


現在のFC2ブログランキング順位はこちら ⇒学問一般の1位~3位をうろうろ中デス(笑)
現在の人気ブログランキングの順位はこちら ⇒学問一般今週は最高44位まで浮上しました。ありがとうございます!
<<エミール・ガレとドーム兄弟 ~フランスからロシア皇帝への贈物 | ホームへ | お小遣い稼ぎサイト「CMサイト」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/308-60f5c610
| ホームへ |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。