スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「古伊万里唐草」展

2006.09.06(00:00)
先月はじめに、渋谷・松涛の戸栗美術館で開催中の「古伊万里唐草」展(~9/24まで)に出かけました。

例によって遅いレビューのため、うろ覚えですが、簡単に感想を。
戸栗美術館は、今年になって初めて行った美術館(記念すべき初訪問の展覧会の記事はこちら)ですが、とても気に入ってしまい多分これからもちょくちょく寄るであろうスポットになりました。

静かな館内、落ち着けるロビーでカタログの見本に見入り(格安のセルフサービスコーヒー付)、しばし一人の時間を楽しむ・・・・う~ん、なんて贅沢。とても気持ちが安らぎます。
渋谷の喧騒に疲れたら立ち寄ってみるのもいいかと思います。

それにしても、最近の渋谷の街の荒みっぷりは驚きます。
アフタヌーンティや、BOOK1st1階の喫茶店など、わりあいとおしゃれな店が軒並なくなり、携帯ショップやチェーン店だらけ・・・ますます、Bunkamura、松涛以外には寄ることのない場所になってしまいました。閑話休題。

今回の展覧会では、私の大好きな染付が100点以上展示されるということで、楽しみにしていました。
期待に違わず、青の世界を堪能。

好きとはいえ詳しくないので、今回の展示でとても勉強になって面白かったです。

17世紀初頭、18世紀、19世紀と、時代によって文様に大きな特徴があり、それをわかりやすく解説してあったので、しばらく観ていくうちに「あ、これは19世紀だな」とか「18世紀のものだな」というのがだんだんとわかってくるようになる仕掛けです。
なんとなく目利きになった気分を一時ながらも、味わえます★

特に蛸唐草文は、その変容が顕著で、初期のものと、後期のものではかなり違っています。
初期は、たっぷりした感じで縁取りがされている丁寧な唐草ですが、後期はデザイン化が進んで、シンプルでちくちくトゲの出ている線がぐるぐるした感じ(わかりますでしょうか)になっています。
私は初期のモノのほうが好きだなあと思って観ていました。

あと、やはり細かい花唐草が好きですね。

桶(樽?)を模した面白い形のものもありました。

暮らしの仲の伊万里焼、というコーナーでは、ものすごく好みの形の汲出茶碗があって、手に取ってみたい、と思いました。小ぶりで、そのカーブがなんとも言えずかわいらしいのです。

硯など、面白いものもありました。

日本地図が書かれた大きな皿が数点ありますが、よく観ると・・・・「女人国」とか「小人国」とか「それってどこよ?!」みたいなアヤシイ国がかきこまれていて、なかなか愉快です。どうぞご覧になったら皆さんもつっこんで見てください(笑)

1ヶ月間があくと、忘れてる・・・しかもメモ取ってないし、カタログも手元にないのでかすかな記憶を頼りに、印象に残ったことだけ書いてみました。

今回のカタログは、美しいフルカラーなのですが、解説がなかったわりには少し高いかな?(¥2000)という感じ。
以前に出た1000円くらいの別の伊万里の展覧会カタログの方が、解説が詳しいのですが、一部白黒。あと、今回の展示物が全部は入っていない?ということで。
どちらかを買おうかな・・・と思ったのですが決心できずどちらも未購入。

次回余裕のあるときに購入したいです。


公式サイトに、地図&割引クーポンのページがありますので、印刷して持ってゆくことをおすすめします★

参考になりましたら、
*** よろしければポチっとな★お願いします ***


現在のFC2ブログランキング順位はこちら⇒現在学問一般第2位です、ありがとうございます。

現在の人気ブログランキングの順位はこちら⇒現在学問一般47位に★ありがとうございます。

「カレンダーをきれいに埋めよう」キャンペーン展開中のため、実際にはこの記事は9/5に書いています。
<<お小遣い稼ぎサイト「CMサイト」 | ホームへ | ブログ更新メモ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/305-f24c428f
| ホームへ |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。