スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

BLOOD+ 45話

2006.08.20(20:26)
この週末は夏☆真っ盛りという感じでいいお天気&暑さですネ。しのぶんも夏らしく浴衣を着て起きてからの大半をTVとPCの前で過ごしてマス☆借りたDVD観ないといけないし!
そんな寂しい管理人の夏ライフはどうでもいいので、さっそくアバンタイトルから。
NY赤い盾支部で、ルイス、カイ、ルルゥが待機。ルルゥはなんかチワワみたいに震えてマス。マントにくるまってなんかちょこーんと座ってるのがまたペットっぽくてGood!

そこへ小夜が刀握った格好でご帰還。刀隠すケースもなんにもなし。
妙齢の女子としてバッグの一つも持たずに、刀丸出しという思い切ったアバンギャルドファッションです。

・・・よく街で職質受けなかったなあ。

カルマンは見つけられなかったと報告する小夜は、己のふがいなさを糊塗するために、ルルゥに
もう日が出てるからきっとどっか安全なとこにいるヨ☆

と楽天的見解を述べるのでした。カイも一緒になってルルゥを安心させようとします。

そこへ、マントを被ったモーゼスがやはりノックもしないで入ってきます。
この世界では、言語の壁と、部屋にノックする習慣というものが存在しない模様。


「モーゼス♪」

あからさまにウレシそうに迎えに出てゆくカイ。カイモーの続きやろうぜ!

入れよ、と気さくに声をかけるカイを「カイ・・・・」としばし見つめた後、目を伏せるモーゼス。

「すまない・・・・やっぱり僕はカイモーじゃなくてモーカルきぼんぬなんだ・・・

モーゼスはたじろぐカイの前に武器を構えます。

「死んでくれ・・・・!」

モーカルのためにカイモーの精算を!!
男女よりも男同士や女同士の方が、別れる際刃傷沙汰の修羅場になりやすいという典型ですネ。
上海哀儚―BLOOD THE LAST VAMPIRE
藤咲 淳一
角川書店 (2005/12)

⇒感想はこちら

BLOOD+~双翼のバトル輪舞曲(ロンド)~
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2006/07/27)


OP曲、空耳アワーができそうなくらいまだ聞き取りが出来ません。

BLOOD+ 01 ファーストキス
池端 亮 Production I.G Aniplex
角川書店 (2006/04/28)

⇒感想はこちら

BLOOD+ (2)
BLOOD+ (2)
posted with amazlet on 06.07.09
桂 明日香 アニプレックス プロダクションI.G
角川書店 (2006/04/22)

⇒感想はこちら

ゲームのCM、カウンターの前の小夜のスカートが短すぎてもう少しで見えそう(でも、見えないのがお約束)。

Aパート。
培養槽に入っている上半身だけのジェイムズを見上げるリクコスディーヴァ。

「ナニこれ?こんなの僕のジェイムズじゃない!」

「もういい、いらない!」


さすがディーヴァたん、相変わらず自分に正直だネ☆

「こんなんだったら、カイをシュバリエにしておけば良かった」

いや、カイだったら、ハジとかソロモンとかに容赦なくザクザクやられてこんなもんじゃすまなかったかもよ?!破片しか残らなさそうだよ?

「連れてきましょうか?」

というアンシェルに、

「いいよ、この子達がいるから・・・。他はもういいや」

と言うディーヴァ。自分の子供以外にはもう何も期待しないという一抹の寂しさが感じられます。でも、アンシェルたちの立場もナッシング。

彼らが部屋を出た後目を開けるジェイムズは、どうやら狸寝入りをしていて一連の会話をしっかり聞いていたようです。



今までのはジェイムズの回想でした。

ネイサン姐さんがジェイムズに、生き残りのシフによるカイ殺害というジェイムズの非効率な計画について、ちくりと辛口トークで皮肉ります。

負けずに、無駄に美を見出すのが芸術というものじゃないのか、と言い返すジェイムズに、かちこち軍人が「芸術」を語るとは、と面白がるネイサン姐さん。

部屋には、風水的によくなさそうな骸骨やら炎につつまれた赤子やらが描き込まれたフキツすぎる絵が飾ってあります。

「それに・・・あなた変わったわね。」

シフの肉体を移植したジェイムズの白い手。

「変わってなどいない」

「ママは嫌っているけど、私は嫌いじゃないわよ、その身体」

思いっきり地雷を(ワザとか?)踏みながらのフォローをするネイサン。

「あら、怒った?」

やっぱりワザとでしたー!う~ん、いけずう。

ジェイムズは用事があるから出かけるだけだ、いたければいろ、と言い置いて出てゆくのでした。
残されたネイサンがつぶやきます。
「芸術ねえ・・・・でもそれって狂気と紙一重なの、気づいてる?ジェイムズ」



赤い盾支部での痴話喧嘩現場

モーゼスったら、人間のカイ相手に一撃でしとめることもなく、小夜に押さえ込まれています。あのジェイムズがぐさぐさやられていたにもかかわらず、カイは無傷で部屋に転がります。

「どうして貴方が!」と問う小夜に

「邪魔をするな!BL世界に女は不用!」


のしのし、とやってきて、床に座り込んでいるパースの狂ったカイの顔を見つめるモーゼスの表情が険しくなります。カイの表情がなんか受くさく歪みます。お前が望むならこの際、モーカイでもいいぜ!

こんな作画の男とのカップリングはごめんだ!

「うわー!」

次の瞬間、窓を突き破ってカイの身体が下に落ちてゆきます。
そこへわざとらしく通りがかったハジが無事キャッチ!ってありえねー!!

それよりもハジが相変わらず団欒から阻害されてて外をうろついていたあたりが気になります。小夜とは別行動で、今捜索から帰ってきたということかもしれませんがどっちにしろ、いつも一人団欒から外れ気味。

カイをとりあえず、横へ逃がし、最強防具チェロケースを構えるハジ。
そこへ窓から飛び降りるモーゼス。
ハジとモーゼスの武器が拮抗し、にらみ合っているところを、カイは呆然と見つめるしかないのでした。

「何故俺を・・・・・まさかハジモーとか希望なのかモーゼス?!」

窓からルイスが、明るい方へ逃げろ!と助け舟。
日のあたる表通りへとかけてゆくカイ。

そこへ小夜とルルゥも降りてきます。

「モーゼス!なんであんたが!」

ルルゥの問いにも答えず、チェロケースごと微妙な作画のハジをぶんなげ、加速装置でカイを追うモーゼス。

モーゼスを追うルルゥ(なんかよちよちした感じの走り方がかわいい)ですが、太陽の光に躊躇して、立ち止まってしまいます。
勇気を出して、出てゆこうとするルルゥをとめる小夜たん。

「私たちが追う。あなたはここで待ってて」

久しぶりに頼もしいイギリス編初期の、声も低いツンデレ系小夜。
残されたルルゥはモーゼスの様子にとまどうばかり。


カイは明るい方へ逃げろっつったろ!つーのに、なんかビルの谷間の思いっきり日陰の場所をウロウロしています。
モーゼスはなぜか加速装置を使わず後をつけてます。

そんなこんなでお約束の袋小路。

鎌をかまえる(洒落かよ)モーゼスに、銃を向けながら聞くカイ。人に質問するにはあまり適さない態度デス。

「モーゼス、何故だ?」あんなにラブラブだったじゃないか俺達!

「教える必要はない。」といいながらずんずん歩いてくるモーゼス。
あれ?鎌とりあえずまた仕舞ってるの?(相変わらず、どこに収納してるんだか謎)
しとめるまではとりあえず、仕舞っておくのが基本なのか?だとすると、さっきのポーズはただのかっこつけ?

イレーヌを持ち出して説得しようとするも、
イレーヌと違ってまだ生きてるしぃ、まだぶっちゃけ色々やることあるんだよネ☆と、あっさりモーゼスに返されてしまいます。

自分もまだ死ぬわけには行かない。
ディーヴァを倒すまでは小夜を支えてやるんだ、と主張するカイに、

「ディーヴァを倒すのにお前が何の役に立つのだ!」

全国視聴者が思っていたことをずばりと指摘するモーゼス。
しかし、カイはめげません。

「やれることをやるさ!死に物狂いでな」

小夜をおんぶしたり小夜に食事出したり、「なんくるないさー」って呪文唱えたり!


なんくるないさー以外はハジもやってるから間に合ってるんじゃないのか?!と、カイの返事に思わず切れたモーゼスが鎌を振り下ろします。

「死の恐怖を知らない者がわかったような口をきくな!」

しかし、またもや無傷で逃げ出すカイ。逃げ足は超一流!
モーゼスさっきから決定力不足もいいとこです。

「僕も、もう方法がないんだ・・・死んでくれ、カイ・・」

そこへいい具合にサンシャインビーム☆

慌てて日の光を避け、瞬間移動で退却するモーゼス。

だからさあ、しのごの言ってないで、瞬間移動&鎌でザクッとね☆って感じで、カイを攻撃してればさっきの時点ですでにカイは死んでたんじゃないの?
やはり友情ゆえのためらいが無意識に攻撃を甘くさせているのでしょうか。

とりあえず、ほっとするカイ。

でも、私がモーゼスなら、日陰から武器を投げてカイの身体をフェンスに標本のようにぬいとめてやるところなので、油断は禁物だと思うヨ。
本気で殺ろうとしてたらそうすると思う。

モーゼスったら「あんた、自分がホモだからって、本気でやってないんでしょ?!」(BYフレイ様)

ナニもここまで後退しなくていいんじゃ?というカイの場所からすごく離れたところにまで日陰を求めて避難しているモーゼス。
受受しい表情で犬を見つめて回想。

「僕たちに、犬になれというのか?」来たよ来たよ犬プレイ!!うん、四つんばいでね☆←違

「お前達を忌まわしい呪縛から解き放てるものはディーヴァの血、唯一つ。

シフは、ディーヴァの血からつくりだされたものたち。

母なる血で癒されるのは当然だろう。

だから助けて欲しくば、這いつくばって『ワン』と言え」


首輪を用意している鬼畜ジェイムズは変態サンだったのです。

偽モー(偽モーゼス=コープスコーズ)は最長7日間の命。
しかし、状況に応じて延命が可能。


自分の身体を見せるジェイムズがさらに説明します。

脳さえあれば、シフの肉体を移植して永遠に生きられる。
ディーヴァの血を受け、シュバリエとなればソーンに怯えることもなくなる。

「もちろん、君の大切な仲間もだ」


いやらしく耳元でささやくジェイムズ。

「条件は?」

「カイ・宮城の命・・・それとさっきの犬プレイの続きだ

という鬼畜ジェイムズの条件と変態プレイをいやいやながらもついに受け入れてしまったモーゼスなのでした。いやっほー♪ジェイモー祭り☆


ふらふらと通りを歩くモーゼス。

太陽よ、燃やしたければ燃やすがいい。
でも、僕はその前に必ず・・・・。

BLOOD+ A (1)
BLOOD+ A (1)
posted with amazlet on 06.04.30
スエカネ クミコ アニプレックス プロダクションI.G
角川書店 (2006/04/22)

⇒感想はこちら

Bパート。
セントラルパークの芝生広場に逃れたカイ。やっと、正解です。

カイはラブラブだった頃のモーゼスを思い出して、「何故だ・・」とハートブレイク気分。携帯にルイスから連絡が入り、カイとハジを待てと指示されます。
ルルゥたんが、すかさず電話を取ってモーゼスのことをカイに聞きます。

どこかへ逃げた、と聞くと安心するルルゥ。

「よかった・・・・。あ、でもカイも無事でよかった」ここにも正直キャラが一人☆

「ついでかよYO!」(本編ママ)

思わずツッコむカイなのでした。

「できたらなんだけど、小夜にモーゼスを殺さないで、って言ってくれるかな」

そこへ、鎌で襲い掛かるモーゼス。
電話の向こうでルイスが驚いていますが、モーゼスは携帯を踏み潰します。

天下一の逃げ足で走ってゆくカイを見つめながら、ハアハアしながら
「カルマン・・・待ってろ」とモーカルに萌えるモーゼス(違います)。

そのころ、カルマンは自分のために男二人が争っていることも知らず(ヒロインかYO!)、暗がりでソーンの広がりに一人耐えていました。
そこへジェイムズがやってきて、次々と窓を開けるという嫌がらせをします。

ソーンだらけでよろよろになっている弱弱しいカルマンにちょっと萌えて、ついつい意地悪をしたくなっちゃったんでしょうか。ちょっと怯えるカルマン(・∀・) イイ!って思ったのは管理人だけですかそうですか。

カイ殺害計画についてぶっちゃけちゃうジェイムズ。
そこでやめときゃいいのに、さらに以下の真実をぶっちゃけちゃうジェイムズは、お馬鹿さんなんでしょうか。

たとえ、ディーヴァの血を受けてもシフたちは助からない。

「何故そうまでして俺達を追い立てる!?」

「絶望だ」


瞬間移動して目を見開き、語り始めるジェイムズ。

「君達の存在が私に絶望をもたらし、
君たちの不完全であるがゆえの醜さが、愛する者から私を遠ざけたのだ」



ふふふふ・・・と笑うジェイムズはお馬鹿さんというよりはすでに狂気の人となっているということらしいですね。

「もがき、のた打ち回りながら灰になるがいい」

ふはははは!と笑いながら怪人20面相のごとく去ってゆくジェイムズ。でも、シュバリエは羽があるので、気球には乗ってません。


一方、公園で逃げ回るカイ。
またもや、一瞬の早業で攻撃を交わします。あれだね、ドッヂボールで最後の一人になるタイプと見た。そして、結局一番地獄を見ると言うドジッ娘でもあるという。

し損ね、樹に食い込む鎌に気を取られるモーゼスに威嚇射撃するカイ。
もしかして本気で狙って外しただけかもしれないけど!

「これ以上来るな」

「無駄だ。僕に銃はきかない」

「うるせえ」

マントのフードを打ちぬくというワザに出るカイ。

降り注ぐ日光に、苦しんで倒れるモーゼス。

そこへ、歩み寄り、そっと自分の上着をかけてやるカイ。見詰め合う二人。

連れて行った木陰でそのまま二人は・・・・・・・えーと、まあ、普通に会話してました。ちぇ。


僕は殺しに来たんだぞ、とあくまでつっぱるモーゼスに、じっとしてろと言うカイ。

顔が燃えてしまったダメージ(でもやけどはなくてキレイなまま:萌えキャラ要員のお約束♪)が大きいモーゼスは、まだ思うように動けません。


太陽に焼かれた身体は夜まで、そのまま焼けているのだというモーゼスにどうすればいいか聞くカイ。

でも、「情けなどいらない!」とあくまでツンなモーゼス。

人間は分け与えることができるとカイは言った。
しかし、命は分け与えられるものじゃない。
誰かが生きるために犠牲が必要なこともある。
コトバだけでは解決できないものがあるんだ。


「そうまでして生きたいのか・・・・」

「あいつは!自分の中にみんながいると言ったんだ!

皆と一緒に自分のことを僕に覚えていてくれと!

仲間の前では強がって、ちょっとカルシウム足りないよね、とかイライラ棒とかカリカリ君とかさんざん言われていたけど、

ほんとのあいつは姿を見せない。


僕が死んだら誰が覚えていてやるんだ?あいつが生きていたことを。

誰が証明する?どこにその痕跡が残る!?」



モーゼスによるカルマンの回想が次々に。

僕しか知らないあーんなカルマン(指くわえてセクシーポーズを決めるカルマン)こーんなカルマン(うわ?!いきなり何するんだよモーゼス!と頬を染めるカルマン)「ほんとのあいつ・丸秘映像(ポロリもあるよ!)」もたくさんあったのですが、午後6時ということを考慮して省略されているのが残念です。

叫ぶモーゼスに、まだ事態が飲み込めていないカイは「何の話だ?ワケワカメ」と聞きます。

「あいつには時間が必要なんだ。

僕以外の誰かと触れ合って、本当のあいつを知ってもらうための時間が。」


とカルマンを絶賛売り出し中。

もう少し早く出会えていればいい友達になれただろう<いや、なってたじゃん?この前

というモーゼスは、カルマンのために、と凶悪なイチモツを露出してカイに襲い掛かります。文だけ見てるとどういう状況だソレ。

今まで武器しか見たことなかったような気がするんだけど、シフって手からあのちょっと禍々しいヤラシイ形の赤黒いアレを出すのが標準装備なんですかね。
モーゼス、ついにカイに向けて例のナニを発射します!


そのころ、セントラルパークのさっきの壊れたベンチ跡に到着する小夜とハジ。
壊れた電話を拾い上げ、林を見やる小夜。

「あそこに・・・・」

「はい」

ツーカーな主従の会話☆



モーゼスの驚愕した顔のアップ。

「どうして・・・・」

そこにはカイの前に立ちはだかり、モーゼスのナニをかわりに身に受けたカルマンが。

「間に合ったな・・・」

一瞬爽やかに決めたカルマンですが、ううっと倒れこんでしまうのでした。

「カルマン!」と己のブツを引き抜き、抱き寄せるモーゼス。

「カルマン・・・どうしてここに?」確かによく場所わかったな!と思う我々の疑問は

「俺達をはめた(さっきの犬プレイを思い出し変な意味に考えてしまったヤシの数⇒1人(管理人だけ))シュバリエへの怒りと、人間のおせっかいが俺に最後の力を与えてくれたのさ」

という説明で無事氷解☆ってそんなワケNEEE!!どういうミラクルですか?

まあ、とりあえず血液パックをチューチューパピコしてきたのは確かのようですが、其のシーンを出して欲しかったところです。

「目を覚ませ、モーゼス。お前にはわかっているはずだ。

こんな方法で未来を切り開くことはできないってな」


うっとなるモーゼス。

「わかっていた。わかっていたはずなのに・・・僕は!・・・・お前への愛が僕の目をくらませたんだ、カルマン・・・

「お前はまだいい・・・生きてる。それで十分さ」

カルマンはモーゼスに抱きしめられながら話す。

「カルマン・・・」

第三者が入り込めないほどラブラブになってしまった二人を、なんか呆然として「あれ・・・・モーカル・・・?俺の立場は?」
と見守るカイ哀れ。

そこへ、小夜がやってきますが、彼らの様子を見て、今回は戦闘じゃなくてラブシーンの回なのね、と刀を鞘に収めます。

カイに、カルマンが声をかけます。

「こいつをルルゥにやってくれ」

と、自分の武器を託すのでした。

「おい!そんなこと言うなよ」

というカイに、モーゼスまで

「カイ、ルルゥを頼む」

といって、「カルマン、行こう」と二人は愛の逃避行。

ハジも「もう追えません」とかあっさり行かせてこっそりモーカルを応援中。

カルマンとモーゼスの武器が残されるのでした。

日向に生える雑草を愛でるカルマン。

自分達を創った者たちは、ここまで遠くに来れると思っていなかっただろう。

「ルルゥなんて、太陽のいっぱいある南の島まで行く気だぜ」

ルルゥなら行けそうだ、という二人。

あいつにはなにかある。

そう。萌えキャラという要素が。

きっとあいつには萌えキャラに飢えた人間達が手助けしてくれる。

「俺達がいたことも、カイが思い出にしてくれる・・・・。

きっと語り継いでくれる・・」



10年後のカイ⇒「昔、ちょっとカルシウム不足でイライラした奴がいてさ・・・だからちゃんと牛乳飲まないとダメだぞ?」


「そうだね・・君がカイを助けたから、僕たちの思い出を彼へつなげることができた」


ふたたび、10年後のカイ⇒「ちょっと俺に気があるような感じだったけど、結局幼馴染同士でくっついちまったヤツらがいたんだ・・・・。」


キルベドで、希望という言葉を信じてみたい、と言ったモーゼスの言葉がすべての始まりだった、と話すカルマン。

久々の首輪と露出度高いシフの服にちょっと萌えてみる。

「カルマン・・・・」

ソーンの出たカルマンの手とモーゼスの手が重なり合う。

・・・・本当は、踊らされてるとわかってる!わかってるけど僕はっ!!<誰


これじゃあBL展開と見るしかないじゃないか?!

「モーゼス、やったな」

俺達、最高のカップリング認定キャラになったな!
色々ヤッタしな!

「ヤッた?僕はヤれたのか?」

「俺達は・・・スゴイことができたじゃないか」

夕方6時台にBLドラマを全国放送で流せたじゃないか!



倒れるカルマンの顔にソーンが広がってゆく。


「最後にやり残したことを・・・・力を貸してくれ」

泣きそうになりながら、承諾するモーゼス。

「わかってる・・・今度は僕が、君についてゆくよ」

二人はお互いを支えあいながら立ち上がると、フードを外して夕日を見つめます。


「僕に会えて良かったと言ってくれたね・・・」

「ああ」

「僕もだよ・・・」

ささやくモーゼス。


愛の言葉で燃え上がる二人♪

って、あんたたち!!ホントに燃えちゃったらダメでしょーーーッ?!!

モーカル夕日心中ENDって!

どんなバッドエンドなんだYO!
(´・ω・`)ショボーン

あうううう(号泣)゚(゚´Д`゚)゚

ここで、モーゼスまで一緒に退場とな?! Σ(゜ロ゜;)!!

なんで?!ルルゥが残ってるのに!!やっぱりカルマン死んだらもう生きていけないのか?!
そんなにLOVEですか?!おまいらどんだけ熱烈カポーなんだYO!<腐った見方は精神の健康を害する恐れがありますのでほどほどに。


って、予想外の展開にショックな管理人ですよ!赤い盾、またもや戦力をなくしてるし!(深刻)

モーカルの武器を見つめ、部屋で泣くルルゥ。

小夜と、カイが傍にやって来ます。

カイが、ルルゥを小脇に抱き寄せ(ルルゥ、ちっこいなあ!)

「もう、誰も泣かせねえ」

とカッコよく決意表明したところで続く!・・・ハジは無言で後ろに立ってるとみた。


・・・あれ、良く考えたら、カルマンが言ってたやりのこしたことってなんだったんでしょう?
夕方までには時間があったことを考えると・・・・ Σ(゜ロ゜;)!!



いやあ、モーゼスがこんなに早くあぼんするとぱ(゚´Д`゚)゚・・・・・容赦ないっすね。
やっぱり最終クールでは、萌えキャラは総あぼん予定ですか?!(TmT)

ホモくささ爆裂ですが、やはりしんみりといいシーンが続いたもんで、つっこみにくい回でしたな。これからそんな回ばっかりなのだろうかと不安を隠せない管理人でした。


よろしければ今週もポチっとな★していただければ幸いデス・・・・・





BLOOD+ 夜行城市
BLOOD+ 夜行城市
posted with amazlet on 06.05.31
如月 弘鷹 アニプレックス プロダクションI.G
角川書店 (2006/04/22)

⇒感想はこちら

BLOOD+ ロシアン・ローズ(1)
漲月 かりの作:Production I.G作:Aniplex
角川書店 (2006/04/28)

⇒感想はこちら

予告のふられんぼ・ソロモンのしどけない姿に、まままさかネイサンとの事後だったり・・・?!と腐女子妄想に勢いがついてしまった管理人の妄想は止まらないのでした。

<<ラクス絵に挑戦 | ホームへ | 本日のへっぽこガーデニング記録>>
コメント
【眼鏡人口減(泣)】
最後までモーゼスが心中する理由がわからなかったtanizakiです(汗)
HOMOだからか?! そうなのか?!

こうやって特に描きこまれることなく一人減り二人減り…。ジョエルも岡ムーもお嬢も不死身の男もエロ眼鏡女医もみんな出来るだけ戻って来ないほうが安心かもしれませんね。そうそう(゜∀。)アヒャっとなった博士とかW眼鏡とかも(笑) このペースを考えると出て来た途端にあぼーんされちゃう確率高し!

>予告のふられんぼ・ソロモンのしどけない姿

ウホッなソロモンに小躍りした人は私ですよ(笑)
でもネイソロはちょっと勘弁です(苦笑)
【2006/08/20 22:38】 | tanizaki #- | [edit]
【】
こんばんは。

>これからそんな回ばっかりなのだろうかと不安を隠せない

これは多分、そうなると思いますよ。連続でキャラ削除が進んでくと思います。
来週はどうもソロモンっぽいんですが。(苦笑)
落ちぶれ、フラレ、捕まる王子って一体・・・。

まあ、そうならないとしても、作品らしいと思える、真っ当なエンディングは個人的には期待できないんですが。(笑)
【2006/08/20 22:39】 | さくぞう #- | [edit]
【】
しのぶんさん、こんにちはー!!

今日も熱い突っ込み感謝です(笑)
楽しく読ませていただきました。

とりあえずもうHOMOと言う声しかでません。
HOMOなんだろ??
なぁ、HOMOなんだよな!!


人様のBlogでHOMOHOMOいってすみません・・・・_| ̄|○

奴等が心中する意味はやっぱり友情<愛情って事でいいんでしょうか・・・。
【2006/08/21 09:41】 | 藤原 #- | [edit]
【】
来週は退場者は無し。
逆に二名増員と云うか、二体増加(笑)
問題は再来週。
泣けます(ToT)
正しく『BLOOD+』血を越えた想いに心が震えると思います。
【2006/08/21 23:04】 | photo_artisan #JalddpaA | [edit]
【tanizakiさま】
tanizakiさん、こんばんは~!

>最後までモーゼスが心中する理由がわからなかったtanizakiです(汗)
>HOMOだからか?! そうなのか?!
全くデス!HOMOだからなんでしょうね!きっとっ!あのささやきあう男二人ってどう見ても・・・・・・(><)夕日心中禁止~っ!!

>こうやって特に描きこまれることなく一人減り二人減り…。ジョエルも岡ムーもお嬢も>不死身の男もエロ眼鏡女医もみんな出来るだけ戻って来ないほうが安心かもしれませんね。

なんか、死ぬ間際に急いでエピソード作って台詞増やすとかってヤメテほしい・・・。
それでも、まだカルマンはカリカリくんな感じでキャラが経っていましたが、なんか全然出ない回が続いてこれ、というのは唐突というか。アメリカに来てるのかどうかもはっきりしない状態だったのに!

>そうそう(゜∀。)アヒャっとなった博士とかW眼鏡とかも(笑) このペースを考えると出て来た途端にあぼーんされちゃう確率高し!
これまたすっかり出番がなくて忘れかけていた教授(笑)、来た見た逝ったみたいな感じであぼーんな予感☆
Wメガネも逝っちゃった日には一気にメガネ人口が減りますね。危うし!!


>ウホッなソロモンに小躍りした人は私ですよ(笑)
( ゜∀゜)人(゜∀゜ )ナカマー!

>でもネイソロはちょっと勘弁です(苦笑)
やっぱダメっすか(苦笑)たしかにそうですね。しかし、無理やり考えると(考えんでいい)ネイサンはバリバリ攻と見ましたヨ。
でわでわ~。
【2006/08/21 23:31】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【さくぞうさま】
さくぞうさん、こんばんはっ。

>これは多分、そうなると思いますよ。連続でキャラ削除が進んでくと思います。
もう、誰が生き残れるか?!というサバイバル段階ですね。
せめて伏線とかは色々回収してから削除してほしいです。

>来週はどうもソロモンっぽいんですが。(苦笑)
>落ちぶれ、フラレ、捕まる王子って一体・・・。
まじっスか?!なんか再来週あたり危ないというウワサもありますが・・・・まあ、ふられた時点で死亡フラグ確定という気がしますが、彼は生きててほしいのに・・・(´・ω・`)ショボーン

>まあ、そうならないとしても、作品らしいと思える、真っ当なエンディングは個人的には期待できないんですが。(笑)
頑張ってちゃんと色々辻褄が合うようなラストに持っていってほしいですね~。
それでは☆
【2006/08/21 23:35】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【藤原さま】
藤原さん、こんばんはー♪

>今日も熱い突っ込み感謝です(笑)
>楽しく読ませていただきました。
長文にお付き合いくださり、こちらこそ感謝なのです。
ちょっとでも楽しんでいただけたら嬉しいです。

>とりあえずもうHOMOと言う声しかでません。
>bHOMOなんだろ??
>なぁ、HOMOなんだよな!!
押忍、HOMOっす!まごうことなきHOMOカポーっす!!

>人様のBlogでHOMOHOMOいってすみません・・・・_| ̄|○
いえいえ~(笑)本文に思いっきり書いてしまってますしネ★

>奴等が心中する意味はやっぱり友情<愛情って事でいいんでしょうか・・・。
どうみてもそうであるとしか思えません・・・・。一緒に死のう、って普通男友達でやるか?!って気がしますよ(偏見だったらスマンです)
【2006/08/21 23:39】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【photo_artisanさま】
photo_artisanさん、こんばんは☆

>来週は退場者は無し。
>逆に二名増員と云うか、二体増加(笑)
増加はもしかしてコリンズと飴男?!それか飴が嫌がって部下メガネを変わりにシュバリエ化しちゃったり?!
小夜サイドにこれ以上増えるとも思えませんし・・・・・うううむ。

>問題は再来週。
>泣けます(ToT)
おうう、嫌な予感がしまくりですよう・・・・・。まさかまさかハジではないですよね?ね?

>正しく『BLOOD+』血を越えた想いに心が震えると思います。
あの、残暑も厳しいので、あんまり凹むようなダメージの大きい展開にしないでほしいデス・・・・。ハジと小夜は幸せになるんデス(祈)

ではまた~。
【2006/08/21 23:43】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【】
しのぶんさん、こんばんわ~。
衝撃的展開でしたね。乾いた笑いしか出てきません。

ハジのカイキャッチポイ捨て事件も驚きです。小夜から引き離され、一人ウロウロしてたら、上から何か落ちてきた!とっさにキャッチしたらカイだった!
って、マジありえない!!!
イラっときた儂でした。

>「ディーヴァを倒すのにお前が何の役に立つのだ!」
その通り!
TVの前で思わず叫んじゃいましたよ、やれやれ。

怯える弱々しいカルマンにはプチ萌えました。ちょっとイジメてみたくなる表情してましたよね。ウフフフフ。

ラストはまさかの夕日心中。
あ~あ、ため息しか出てきません。
まあ6時台にBLを流すと言う、前代未聞の快挙を成し遂げたのは拍手ですが(オイ

もう、ソロモン王子しか期待する者がいない!!!
【2006/08/22 00:33】 | にゅげ #- | [edit]
【にゅげさま】
にゅげさん、こんにちわ~。

>衝撃的展開でしたね。乾いた笑いしか出てきません。

リク以来の予想外の死亡展開でした~。何故に?!って感じですよね。

>ハジのカイキャッチポイ捨て事件も驚きです。小夜から引き離され、一人ウロウロしてたら、上から何か落ちてきた!とっさにキャッチしたらカイだった!
>って、マジありえない!!!
>イラっときた儂でした。

タイミングのありえなさに「ゲーム」という映画のオチを観たときのトラウマがよみがえるワタクシでした。
ポイ捨てには、「うわばっちい!男しかもカイを抱きとめちゃったよ!」なハジの心理が見て取れますネ★

>その通り!
>TVの前で思わず叫んじゃいましたよ、やれやれ。

全国視聴者がジェイムズと心を合わせた瞬間☆


>怯える弱々しいカルマンにはプチ萌えました。ちょっとイジメてみたくなる表情してましたよね。ウフフフフ。

やっぱりそうですよね?ね?

>ラストはまさかの夕日心中。
>あ~あ、ため息しか出てきません。
>まあ6時台にBLを流すと言う、前代未聞の快挙を成し遂げたのは拍手ですが(オイ

これは・・・・モーゼスはカルマンの無念を晴らすべくディーヴァに立ち向かっていってほしかったデス・・・・。

>もう、ソロモン王子しか期待する者がいない!!!

確かに!!王子もあとどのくらい無事でいられるか心配だけど!(苦笑)
では~。

【2006/08/22 15:53】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【こんばんはっ!!】
しのぶんさん こんばんは♪
遅くなってしまい申し訳ありません(汗)

今回も楽しく読ませて頂きました! 本編の展開は切ないんですけどね(苦笑)
まさか仲良く2人で心中とは・・ 予想外でした・・

ラストに向けてキャラを減らしていこうと言うスタッフさん達の陰謀ですか・・? 容赦無いですよ・・(涙)
カルマンはソーンが出ていたのでしょうがないとしても、モーゼスまで一緒に死ぬ必要は無いですよね・・(泣)

とりあえず、次回の色っぽいソロモンを楽しみにします(笑)

ではではっ!!
【2006/08/24 00:35】 | 流架 #fsaSAKYE | [edit]
【流架さま】
こんばんは、流架さん♪
コメントありがとうございます☆

>まさか仲良く2人で心中とは・・ 予想外でした・・

カルマンは予想していたものの、二人一緒というのは驚きましたね~。

>ラストに向けてキャラを減らしていこうと言うスタッフさん達の陰謀ですか・・? 容赦無いですよ・・(涙)

スタッフは絶対Sだと思います!!

>カルマンはソーンが出ていたのでしょうがないとしても、モーゼスまで一緒に死ぬ必要は無いですよね・・(泣)

死んでいった仲間のためにも、ぎりぎりまで戦うというガッツが欲しかった・・・。
なにも死ぬことないのに・・(泣)

>とりあえず、次回の色っぽいソロモンを楽しみにします(笑

もう私もそれだけが心のよりどころデス。
それでは~!!
【2006/08/24 23:03】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【大変遅くなりました。】
しのぶんさん、こんばんは~。
ものすごく遅くなったコメントですが、お許しくださいませ<m(__)m>
しのぶんさんの記事を読んで思ったのですが、この話ってものすごいBL要素がぎっしりだったんですね!! うっかり教育TVの「ピタゴラスイッチ」を見た後「みんな生きている」を見てしまったばっかりに、
燃える→東京大空襲という連想が、頭の中で成り立ってしまったのであります。不覚であります(ーー;)。
カイ君、見事にモーゼスに振られる話だったんですね(笑)。もう、この公式カップリングはモーカル決定なんでしょうなぁ。しかし、やっぱりカルマンが受けなのかなぁ。私的にはモーゼスが受けでも(以下強制削除)
>夕方6時台にBLドラマを全国放送で流せたじゃないか!
「パタリロ!」以来の快挙ですね!
BLドラマも市民権を得ましたよね~(←何かおかしい)。
>やっぱり最終クールでは、萌えキャラは総あぼん予定ですか?!(TmT
リク君を殺した時点で、それはもう決定のようなものですね^^;。
ただモーゼスがここで退場するとは思っていなかったので、私も少々驚きました。
いよいよ小夜ちゃん独りに何もかも背負わす気なのか!?(笑)
ではでは(^_^)/~

【2006/08/29 23:28】 | 農家の嫁 #XcVaFo.k | [edit]
【農家の嫁さま】
農家の嫁さん、こんばんは~。

>ものすごく遅くなったコメントですが、お許しくださいませ<m(__)m>

いえいえ~お忙しいところ、コメントくださってありがとうございます~。
私も今週はレスやらレビューやら遅いのですが、まあ日常生活を優先すると仕方ないかと開き直る今日この頃デス(^^;

>しのぶんさんの記事を読んで思ったのですが、この話ってものすごいBL要素がぎっしりだったんですね!! 

多分しのぶんの脳内で150%くらい割り増しされてるような気がしますが、確かにアヤシイ要素は多かったかと!(笑)

>うっかり教育TVの「ピタゴラスイッチ」を見た後「みんな生きている」を見てしまったばっかりに、
燃える→東京大空襲という連想が、頭の中で成り立ってしまったのであります。不覚であります(ーー;)。

時節がら、あと、それとは関係なしに中東なども色々考え込んでしまう報道が多かったですからね~。
こんな下ネタにはしってる場合じゃないだろ自分!っていう感じですよ(苦笑)

>カイ君、見事にモーゼスに振られる話だったんですね(笑)。もう、この公式カップリングはモーカル決定なんでしょうなぁ。しかし、やっぱりカルマンが受けなのかなぁ。私的にはモーゼスが受けでも(以下強制削除)

カイは、デヴィッドもジュリアさんに取られるわモーゼスにも去られるわで、「やっぱ小夜萌えしかない」という感じで小夜たんまっしぐら路線に変更?!
見た目としては私もモーゼスが受けの方が以下ry

>「パタリロ!」以来の快挙ですね!
>BLドラマも市民権を得ましたよね~(←何かおかしい)。

我が家では「パタリロ!」視聴時、バンコランとマライヒのいきなりのシーンで非常に困ったことになりました。
市民権を得るBLドラマが横行する現代日本は、とりあえず平和で良いと思います!

>リク君を殺した時点で、それはもう決定のようなものですね^^;。

ふうう。やはりそうなんでしょうね~(泣)

>ただモーゼスがここで退場するとは思っていなかったので、私も少々驚きました。

OPを見たらなんかアンシェル戦とかでも、一生懸命戦ってくれるかと思っちゃいましたよね?

>いよいよ小夜ちゃん独りに何もかも背負わす気なのか!?(笑)
勝てる気がしない・・・・(苦笑)

それではまた~♪
【2006/08/31 00:39】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/288-542a123f
  • BLOOD+ 第45話【孤狼Nachtwanderung】
    第45話「手のひらを太陽に」?「こんなの、いらないっ! 僕はチョコバニラじゃなくてストロベリーが良かったのに! これならカイの方が良かったな~」「Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン! ・・・マ、ママに嫌われた。。。」ジェームズ、カイを逆恨み!そして、モーゼスを
【2006/08/20 20:59】
  • BLOOD+ 45話【さくぞうの半ヲタ日記】
    手のひらを太陽に雷音ジン パームビーチ 2006-08-02売り上げランキング : 70おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsなんだ、なんでカイを殺すのか気になってたけど、ジェイムズが単にママのおっぱい吸えないで焼餅焼いただけじゃん。今までもこれからもずっ...
【2006/08/20 21:06】
  • BLOOD+ 第45話に思ふ。【Sweet Vanilla -deuxieme-】
    カルマンとモーゼス、心中です・・・。美しく夕陽に燃えてしまった。思い出として誰かの(カイ)心の中にい続けられる存在になれる核心ができたから。・・・やっちゃった(笑)?ここで死んだらダメだろう。ってゆーか、彼らの関係が怪しすぎて仕方がなかったんです....
【2006/08/20 21:56】
  • 45話 手のひらを太陽に【橋の上にて】
    共に歩みたいと願った しかしその手は届かなかった 二人が浴びた夕日は 明日また朝日へと生まれ変わる 二人が最期に見た夕日が 明日また輝いて見えるといい あした天気になあれ
【2006/08/20 22:39】
  • BLOOD+ 第45話 手のひらを太陽に【ネコのあしあと】
    いちばんの萌えどころはやっぱり予告!!予告に限る!!予告のソロモン王子の悩ましいこと!あぁぁぁん、傷心で自堕落な感じの美形ってホント、麗しい~、うっとり&larr;私腐ってます?
【2006/08/20 23:01】
  • Image of BLOOD+(Episode-45)【必撮!勤め人】
    ランキングへの応援を御願しまぁ~すさよなら、モーゼス。さよなら、カルマン。君等の事は忘れない。“ママ”に見捨てられたジェイムズが狂気に染まってる。カルマンに迫った時の表情は怖かった。先週、藤咲監督に対する“不安”を書いたが今回のエピソードを見て撤回する。
【2006/08/20 23:45】
  • BLOOD+ 第45話【ラブアニメ。】
    「手のひらを太陽に」なんでモーゼスまでっっ(泣)!!カルマンは覚悟していたけど、モーゼスまで一緒とは……。本当に鬱な気分です。ジェイムズに唆されたモーゼスは、もしかしてカルマンをもっと生きなが
【2006/08/21 07:44】
  • 手のひらを太陽に【tune the rainbow】
    ゴメ・・・。絶望だとか言って前屈みになったジェームズさんがミスターポポに見えたのは私だけ・・・・?頼むから半目で笑うなよ・・・。がっかりだよ。眉毛がハの字で本気で笑っちゃう(ぷ)
【2006/08/21 09:18】
  • 朝日の中で微笑んで【マイ・シークレット・ガーデン】
    {/hiyo_uru/}皆さんは予想されてましたが、ここまでBL展開だとは思いませんでしたよ~。(タイトルに朝日って書いちゃいましたが、朝日ではないらしいデス・・タラ~『BLOOD+』 Episode‐44 光の中に夕暮れの摩天楼を素早く移動する小さな影。シフの生き
【2006/08/21 14:18】
  • BLOOD+第45話 「手のひらを太陽に」【ネコミミアンテナ】
    ど、どうしよう…物凄く面白くなかったんだけど…感動したという方には…すみません…というわけで、今週もハジは空気でしたので、それに比例して短く行かせていただきます。(というか、書くことがない…)
【2006/08/21 20:27】
  • (アニメ感想) BLOOD+ 第45話 「手のひらを太陽に」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    BLOOD+ ロシアン・ローズ(1)消えたカルマンを探すカイ達。しかし、未だ見つからずうなだれる面々。するとそこに、暗い表情をしたモーゼスが現れます。出迎えるカイ、しかしモーゼスは「すまない・・・」と一言呟くとカイ目がけて鎌を振り上げます。寸前のところで割って....
【2006/08/21 23:42】
  • BLOOD 第45話の感想【Y商店の仁義無き人々】
    「手のひらを太陽に」   生きとし生けるものの賛歌のタイトルを貰ってるのに、内容
【2006/08/22 00:34】
  • 今週のBLOOD+ 「手のひらを太陽に」【さすがブログだ、なんともないぜ!】
    すっかり遅くなってしまった。今回は、ある意味シフのお話の総まとめですね。毎度の事ながら、シフ関係の話は悲しい・・・。
【2006/08/22 22:56】
  • BLOOD+第45話「手のひらを太陽に」【WONDER TIME】
    カルマン!! モーゼスまで・・・何でこんな展開にっ!(涙) そしてジェイムズはママに捨てられました(苦笑)あいかわらず長い感想は続きからどうぞっ!!BLOOD+(9)喜多村英梨 小西克幸 吉野裕行 アニプレックス 2006-08-23by
【2006/08/24 00:35】
  • 手のひらを太陽に【花鳥風月】
    Episode-45「手のひらを太陽に」脚本:砂山蔵澄 絵コンテ:松林唯人 演出:藤咲淳一 作画監督:飯田宏義 芝美奈子 小林利充ソーンが現れ、死を覚悟したカルマンを抱きしめ、「死なせはしない」と誓うモーゼス。生き残る為にディーヴァの血が必要だとジェイムズから聞かされ
【2006/08/24 23:53】
【2006/08/29 23:28】
  • BLOODたす44と45【うっちーの今日の戯言】
    遅れて飛び出てじゃじゃじゃじゃーん♪つか今頃44と45かよ!と呆れられそうなうっちーです☆煌めくような愛を残してお星様になったモーゼスとカルマンvvv(正直セカチュー展開かと予想していたのに心中となって「モーゼスにヤラれた!」と思ったり)彼らの思い出を、カイと
【2006/09/09 15:59】
【2007/09/19 19:53】
| ホームへ |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。