スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「開館25周年記念特別展 骨董誕生」展

2006.07.09(23:04)
渋谷のBunkamuraを通り過ぎて、松涛の住宅街を抜けると石作りの、アールが印象的な建物が目に入ります。
渋谷区立・松涛美術館です。

建物全体がゆるいカーブでできていて、オーヴァル型の中庭を持つこの美術館は、こじんまりとしていますが、落ち着いた雰囲気でしのぶんお気に入りスポットの一つです。

しかも、渋谷の雑踏から数分で、この静かな空間にたどり着くためには、たった300円。区立ならではです。

さらに、渋谷区で配布している「あ・ら・かるちゃー」という細長い冊子持参でさらに値引きがあります。

お金をかけなくても楽しめる文化スポットを探すことができるのは、東京のいいところですので、是非こういうところに積極的に出かけて楽しみましょう♪行かないのはもったいないですヨ。<と、よく地方に帰った人たちにも言われます
前置き長くてすみません。

今回の展示は、日本における、「骨董蒐集」の黎明期に活躍した人々のさまざまなコレクションを紹介するもので、「民藝」運動で有名な柳宗悦、かかわりの深かった青山二郎、白洲正子など、名だたるコレクターの愛した品がずらりと並びます。


実はこの展示を見る直前、日本民藝館で「柳宗悦の蒐集」を観たばかりだったため、非常に興味深い結果となりました。

というのは、柳宗悦の美意識で統一されたコレクションを観て感じた印象が、やはりここでも際立っていたからです。


さまざまな趣味の人がいて、中にはドゴン族の扉や、雑巾(!しかも数枚飾ってあった・・・多分ただで集めたものなんだろうけど・・・日常にもほどがある(笑))、祠、仏具・・とあれこれ並ぶ中で、やはり柳宗悦の集めたものは彼が愛した温かみのあるぽってりとした豊かさを感じさせる素朴な品でした。
素朴っていっても実際は高価なのかもしれませんが、なんというか漂う雰囲気がそんな感じ、としか言い表せません(^^;

他の展示でも色々と素敵なものがありました。

弥生時代の赤い焼き物のフォルムが!すばらしい線で、ものすごく優美なのです!!
あんまり気に入って何度も戻って見入ってしまいました。
今、思い出しつつカタログとつき合わせてみてますが、写真よりも数倍いいです。
なんか形が違って見えます。


青山二郎の李朝の白磁の壷。
これは本当に色も形も「名品」というにふさわしいと思います。って、ド素人なので価値は全然わかりませんけどね。オフホワイトの色と、大きくてシンプルだけど、決して粗野ではない品があるところが、素敵でした。

小林秀雄の蹲の形がとても好きです。

紺色の紙に銀で書かれたお経(華厳経)ははじめて見るので、面白い感じがしました。
よく、黒地に金字で書かれているのは観ますが、この配色は新鮮。

信楽焼の徳利や壷も、思わずこれ欲しい!と思うものが多かったです。

松涛美術館は、2階のギャラリーの中になんと喫茶スペースがあり、軽食もソファにかけて取ることができます。
コーヒーを飲みながら鑑賞できるというのはすごいと思いませんか?

ただし、喫茶店ではなく、あくまで展示スペースの一角ですので、くつろいでもおしゃべりは控えめに★

松涛美術館から歩いて数分で、戸栗美術館というこれまた落ち着ける、いい美術館があります。あわせて訪れるのがオススメです。こちらは陶磁器の名品がたくさんあります。

松涛美術館:http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/museum/

参考になりましたら
*** よろしければポチっとな★お願いします ***



押していただけると、やる気が出ます・・・(^^)
<<「17世紀の伊万里焼-染付と色絵を中心に」(併設「吉祥文様-伊万里・鍋島―」)展 | ホームへ | 「柳宗悦の蒐集」展>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/243-97dcc99f
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。