スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

最近買った漫画

2006.06.08(00:30)
5月後半から昨日までに買った漫画です。
実は他にも古本屋で購入したものはありますが、そのへんは省略します・・・。
改めて見ると節約してるつもりですが、もしかしたら実はあまりできてないんじゃ(もしかしたらどころじゃないというか)という気持ちになりました。
ちなみに普通の本は数で言うとこの倍は買ってます・・・・。(古本中心)
恋をしましょう
恋をしましょう
posted with amazlet on 06.05.30
西田 東
竹書房 (2006/04/27)


なんか平均年齢が非常に高い一冊。西田東はリーマンの親父が好きな模様。
話は上手いが、できればもう少し若い方がいいなあ・・・彼女の漫画だから楽しく読めるのですが、普通だったらとてもリーマンものとかおっさんとかの話は無理だなあ・・・(だって会社のおっさんとかの実態見るとねえ)。
基本はどっちかが完全に男っぽくて(どこから見ても攻、まさにキング・オブ・攻、攻になるために生まれました、みたいな)、片方が少しキレイめがいいなあ(これじゃあ受でも仕方ないよなあという納得が必要)、というヘテロ的嗜好なんですよね、結局。
意外と保守的な自分を発見しつつある今日この頃。
ともあれ、巻末漫画は何時見ても面白い。

スピリチュアル・カウンセラー江原啓之物語
江原 啓之 和田 育子
光文社 (2006/05/24)


自伝だというので、表紙が江原啓之のどアップ写真で、いつもの文章かと思ったら漫画でした。普通に面白いけど、一般読者向けにあまりにもハードなことは省いている模様。
他にも江原本には漫画がありますが、こちらはやや怖い話系エピソードで、同じ人が漫画書いてます。↓
スピリチュアル・コミック メッセージ (2)
江原 啓之 和田 育子
飛鳥新社 (2005/05)
売り上げランキング: 2,797
おすすめ度の平均: 4.5
4 恐くない人には恐くない、恐い人には恐いョ・・
5 漫画として観ても、霊的な何かが伝わってくる、そういう本ですね。
4




エマ7巻
エマ7巻
posted with amazlet on 06.05.30
森 薫
エンターブレイン (2006/05/25)


ついに完結のメイドさん漫画。<なんか語弊が
一時はアメリカまでさらわれちゃってどうなることやらでしたが、まあいいんじゃないのかな?って感じで、これから大変だろうけど一応大団円。
この後もいくつか外伝が出るかもしれない気配。
はじめは作者の人が女の人だったというのが意外(なんか絵柄とか、ストーリーの感じとか、メガネへのこだわりとか)でしたが、自分もメイドが好きなのでよく考えたら意外でもなんでもないですね、てへ。
メイド仲間それぞれの個性もあってよかったです。厳しいメイドの人にひそかに萌え。

毎日かあさん3 背脂編
毎日かあさん3 背脂編
posted with amazlet on 06.05.30
西原 理恵子
毎日新聞社 (2006/04/27)

割と弟を含め周囲の男の子連中の様子を思い返してみても、こんなに滅茶苦茶なことはなかったし、わりと行儀も皆良かったので、マンガの中で無茶する描写をなんでもかんでも男の子だから、ということですませるのが気になる。

子供だから、というのは違うと思う。

割と自分も友人も親が厳しかったせいか、電車(昔は子供は立つのがデフォルト、という躾だったが今では少数派になってしまった模様)や公共の場でも騒いだことは一度もないし、泥だらけになった記憶もない。泣き喚くのももっての他だ。
おとなしく数時間座っていることもできるのが当たり前と思っていたので、学校に行って周りの子供のあまりの忍耐力のなさに驚いた記憶がある。

オトナによく褒められたのは、扱いが楽だったってことなんだな、とこの大変な子供の漫画をみて納得した。

でも、子供がみんなこうだとは限らないと思う。おとなしくてしっかりした男の子もたくさんいるのになあ。「男の子ってこうなんだ、これでいいんだ」というヘンな偏見ができそうでやだなあ。

ネタとしては面白いけど、時々眩暈がするくらいこっちが疲れるエピソード満載。母親ってタフだなあ。がんばってください。

DEATH NOTE 11 (11)
DEATH NOTE 11 (11)
posted with amazlet on 06.05.30
大場 つぐみ 小畑 健
集英社 (2006/05/02)


さあ、いよいよニアが頑張ってまいりました。
単行本派なので、雑誌の連載終了時、あちこちで不評の噂を聞き、つい気になってネタバレサイトをさまよっていたら、原作者の大場つぐみって、どうやらガモウひろしらしいですね。って、実はしのぶんは「ガモウひろし」を知らなかったので、オットの人に言ったらオットの人は知っていて「ああ!あの・・・!でも、それはびっくりだなあ」と衝撃を受けてました。知ってる皆さんはどうですか?
どうやら絵がボボンな人らしいですね。

ピューと吹くジャガー 11 (11)
うすた 京介
集英社 (2006/06/02)


はははは。相変わらず痛い人満載です。
[6/12追加]
ビューティ田村とハマーに恋の予感?!



実はまだまだ続きがありますが、時間切れなので今日はここまで。
*** よろしければポチっとな★お願いします ***



<<ハン検自己採点結果 | ホームへ | BLOOD+ 34話>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/203-8bac6b61
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。