スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本日の学習【漢検1級】

2014.06.08(23:24)
ひい!うっかりしてたら2014年前半が終わってしまいました。

うーん・・・なんだろう、日々の仕事やら何やらに追われているうちに年度末年度初め(仕事忙しかった!)、GW(同じく仕事忙しかった)も気づくと終わってました。

ようやく最近になって休みがとれるようになったので、映画に行ったり美術館に行ったり本が読めるようになってきました。

たまに一日風邪ひいたりする程度で、基本的には元気に過ごしているのですが、この時間に追われてる感じなのは何故なのだろうという感じです。

録画消化にも懲りたので、アニメも今期は控えめにしています。

一押しは「ピンポン」(作画が神。美形キャラがほぼいないにもかかわらず、それぞれがかっこいいシーンがあって、味わい深い)、
安定して面白い「弱虫ペダル」(敵役がものすごく怖いアニメ演出。主人公愛されすぎ。腐女子に大人気なのわかる)、

シリーズ継続で視聴している
「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」(えぐいシーン多い。イヤリングつけてる男多すぎ)・
「キングダム」(成長したキャラが美形補正激しい)・
「蟲師続章」(作画が相変わらず神)、

作画が不安な「金色のコルダBlue♪Sky」。

計6本。近年まれにみる本数の少なさ!


ちなみにその前は
「キルラキル」(ここ数年でぶっちぎりで面白かったアニメ!OP&EDもよかったし、近年で一番のおっぱいアニメでもあったけど、作画もものすごく丁寧だった。そしてなによりアホ<注・ほめ言葉>だった!!)、

「宇宙兄弟」・「銀の匙」・「黒子のバスケ(第2期)」(それぞれ安定のクオリティ)、
「凪のあすから」・「のんのんびより」(美術が綺麗だった)、

「スペース☆ダンディ」(まだ全部見てないが、80年代が炸裂している!)、
「ストレンジ・プラス」(原作ファンとしては5分アニメでは原作の良さを表現するのに限界あるなあという感じ)、
「中二病でも恋がしたい!戀」(特に感想はないけど、あえて言うとまさかのBLエンドのキャラに笑った)、
「ノラガミ」(少女マンガ枠)、

「咲-Saki- 全国編」(超自然現象が起こりまくり、無意味にはだけるナイムネキャラがサービスしまくってました。服誰か直してあげて!)

の11本でした。順調にアニメ視聴を抑えることに成功。

韓国歴史ドラマは、史実との違いなどを検証しつつ(時代考証がめちゃくちゃなものが結構多くてツッコミどころが多いですが、なんだかんだと豪華に作ってあるので見てて面白い)、今見てるのは「馬医」「武人時代」のみ。

やっと「トンイ」が終わったのですが、英国ドラマの「ダウントン・アビー」を見ています。

TV視聴時間を減らして、読書と勉強の時間を増やすのが今年の目標です。
少しずつリズムを戻していかねば。



■『漢字検定1級・準1級』一ツ橋書店
最新版↓
頻出度順 漢字検定1級合格!問題集〈平成23年度版〉

新星出版社
売り上げランキング: 417,958




1級漢字検定問題と解説」の復習シリーズ。


こちらは2010年度版↓


■本日の学習


反転すると答えがでます。

常用漢字の表外読みです。


修る(かざる

修い(ながい

■本日の学習

字の意味を確認します。



漢音では「シュウ」(「シウ」)、呉音では「シュ」と読みます。

会意形成文字。
「彡」と、「あらい清める」意と音を示す「攸」から成り、「あらい清めてかざる」ひいて「ととのえおさめる」意を表す。


1.かざる。

2.おさめる。
  きよめる。
  ととのえる。ただす。なおす。つくろう。「補修」
  まなぶ。ならう。「修得」
  つくる。もうける。そなえる。
  書物を編む。「編修」
  つつしむ。
  
3.ながい。=長、脩

4.丈。身のたけ。

5.すぐれた人。「前修」

6.=修修 (1)ととのっているさま。(2)風の音のさま。




「かざる」意味は「修飾」でおなじみですね。




「ながい」意の熟語としては以下のものがありました。


「修短(しゅうたん)」
長短。=「脩短」


「修竹(しゅうちく)」
長い竹。長く伸びた竹。=「脩竹」



他に気になった熟語をいくつか紹介します。


「修禊」(しゅうけい) 
陰暦三月三日(古くは上巳:最初の巳の日)の節句に水辺で行う禊払いの行事。
春禊。

水辺でケガレを祓う行事が、日本ではひな祭り(もとは人形にケガレをうつして
流す行事でしたね)になりました。




「修文」(しゅうぶん)
1.文徳を納める。
2.法律を整える。
3.文人の死を言う。蘇韶(そしょう)が死んで再びよみがえり、顔回(字は子淵)、卜商(字は子夏)があの世で修文郎(冥土でて文章を掌る役人)になっていると話したのに基づく。顔回・卜商はともに孔子の弟子。
 



もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓

<<本日の学習【漢検1級】 | ホームへ | 本日の学習【漢検1級】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1992-918daaa7
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。