スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

2012秋冬アニメ感想3 「中二病でも恋がしたい!」

2013.02.20(22:43)
[2/22に書きました]
備忘録のための2012年秋アニメ一言感想その3!

関連過去記事→2012秋アニメ



■2012年冬完結

3.「中二病でも恋がしたい!」
中二病でも恋がしたい!  (3) [Blu-ray]

ラノベ原作。京アニ枠として見てました。

今でも「Welcome to 京アニショップ」のCMで流れてるので、終わった感じがしませんね。

同人誌などの動向を見るに、凸守がオタクのハートをキャッチしたっぽいですが、管理人はくみん先輩が好きです。

しかし、この二人はアニメオリジナルキャラなのであった・・・。

ということはメインキャラの女子ではヒロイン六花、丹生谷だけが原作から引き継がれているのか・・・。

凸守のシーン(特に戦闘シーン)など、めちゃくちゃクオリティ高いんですが、このあたりは全て京アニ成分だったわけですね。変な「~でぃす!」というしゃべり方とか、髪形とか、原作キャラを食うレベルでキャラがたちまくってます。

くみん先輩は、かわいいですね。ほっとするオアシス!
でも最終回のあたりで中2病化したのは悲しかった・・・。
くみん先輩、変な人になったららめえ!

あのあと六花が元の中2病に戻ったので、六花に邪王真眼を返したということで、普通のくみん先輩に戻ったと信じています。

最初はヒロインの異常性にかなりひきました!
「このヒロインのドコに萌えればいいのか?!」と頭を抱えましたが、テストができなくて困るあたりからちょっとかわいい感じになってきて、ホッとしました。
別に一々萌える必要はないのかもしれませんが(^^;


丹生谷は、はじめはそういうキャラデザだと思わなかったので、「なんか前髪の変なところにヘアピンくっつけてたまま登校しちゃったドジっ娘」かと勘違いしてました。

しばらくして、そういう髪型だと気付きましたが、なんというかオタク向けな造型(ギャルゲちっく)だなあと思いましたよ。

オープニング、各女子キャラのポーズかわいいですね。
飛び跳ねる丹生谷の胸ぼいんぼいん。

走る皆さんが途中から水着になったりして、基本的にギャルゲ的サービスが盛り込まれたある意味ハーレムアニメ枠でした。

最終回はまあこんな感じの着地点なのね、という感じでうまくまとまってますが、多分これ見てるオタク層は半分くらいちょっと微妙な気持ちになったのではなかろうか。


六花が実は昔から主人公を知っていたという事実に、ストーカーちっくな雰囲気を感じて、ちょっぴりうすら怖かったと思うか、一途さにきゅんとなるかは、見る人次第といったところでしょうか。
管理人はうすら怖かった派です。

上からすぐ部屋に侵入してくるし!

主人公はなんだかんだ言ってまんまとヒロインの思う壺、というかまあ普通に恋に落ちてるので、童貞転ばせるのは簡単ですね☆

六花、カラコンのつけすぎは目に悪いよ!あと、眼帯して片目だけ酷使するのも目に悪いよ!
というわけで良い子のみんなはマネしないように☆

そうかなと思ったけど、やっぱり眼帯はアヤナミ意識したキャラ造型だったらしい(結果はともかく)ですね。




担任の女の先生はにこやかな策士でなかなかよかった。

くみん先輩(ほっこり系だけどものすごく揺るぎないマイペース☆)、先生、ヒロインの姉など、年上の女性キャラが強くていい感じでしたね。


くみん先輩が、ヒロインの秘密などを色々説明してくれる回があったけど、原作にいないキャラなので原作ではどうなってたんだろう・・・とか色々気になりました。

中2病がテーマなだけあって、わざと登場人物の名前も小難しい中2病的な難読姓になってるのだと思いますが、記事書くときに面倒くさいのがよくわかりました。
毎回レビューしたりしてる人は絶対ここで腹立ててると思う。変換登録必須ですね。

モリサマーレベルの中2病はブログやってる人は大なり小なりギクリとする部分はあるし、基本的に各キャラの香ばしい中2病っぷりには、どっか遠い昔に見覚えのあるような内容だったりしなくもないわけですが、
そういうタイプにおそらく決定的に欠けていたであろう「リアル恋愛」を実現させて補完したのがこの作品、とざっくり把握しました。
タイトルそのものがオタクの叫びというところでしょうか。

「中二病でも恋がしたい!」というタイトル見たとき瞬間的にに「無茶言うなよ!」とつっこんでしまった管理人ですよ。

しかし、実際の中2病あるいはオタクは、わりとその世界に満足してるので別に「恋愛したい!」と思ってないケースが多いような気がします(^^;)


<<2012秋冬アニメ感想4 「ヨルムンガンド PERFECT ORDER」 | ホームへ | 本日の学習【漢検1級】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1969-2e3a33e8
| ホームへ |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。