スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

2012秋冬アニメ感想1 「緋色の欠片」

2013.02.11(23:40)
[2/11に書きました]
備忘録のための2012年秋アニメ一言感想その1!

関連過去記事→2012秋アニメ


今更ですが、自分のために2012年秋に見ていたアニメについて、少しずつ備忘録として簡単に感想をまとめてみます。

結構何見てたか、改めて書き出さないとうっかり忘れるんですよね。


以下、思い出した順につらつら書いていきます。


■2012年冬完結

1.「緋色の欠片 第二章[2期]」
緋色の欠片DS(通常版)
緋色の欠片DS(通常版)
posted with amazlet at 13.02.11
アイディアファクトリー (2008-05-22)
売り上げランキング: 10,337


緋色の欠片 第二章 三 [DVD]

なんだかんだいって結局見てしまいました。

あまり思い入れがないので、家事しながら疲れてうとうとしながらという「ながら見」状態でしたが、時々オットの人と一緒にツッコミを入れたりしておりました。


乙女ゲーなので、無意味に現実離れした美形男子が出てきます。長髪率高し。
第1章は途中までなんとなく見て「ヒロインが自分につかえる男子の助けを得て鬼斬丸という刀を封印してとりあえず平和になったらしい」というところはボンヤリ把握。

第2章は「平和になったと思ったけど、実は封印は完全じゃありませんでした☆再び世界がピンチに!てか、だめじゃんヒロインおいぃいい!!!」というところからスタート。
2章では最初から、選り取りみどりだった男子の中から、デフォルトカポーの相手と思しき拓磨と、かなりいい感じにラブラブになっています。

1章でのヒロインのやり遂げた大仕事は「拓磨ゲット」ということが明らかになりますた。

毎回、予告が入るべきパートは乙女ゲーの最終ラブラブエンドと思しき告白シーンになるということに途中から気付いて焦りました。

各種キャラがカメラ目線で、めっちゃめちゃ恥ずかしい甘い台詞を繰り出して迫り来る!
てっきり予告と思ってた身には刺激強すぎ!笑いがとまりません!

キャラによってはかなりエロいにじり寄り方をしてくるので気をつけろ!

どうでもいいけど和服の長髪メガネは前髪をどうにかしなさい。だから視力落ちるんだよ!と忠告してやりたくて仕方ありませんでした。



拓磨はうっかりすると鬼になっちゃうわけだけど、最終的に愛の力でなんとかなりました。
ゲームがベースなので、ストーリー自体はなんとなく予測がつくので、キャラ鑑賞がメインなわけですが、「緋色の欠片」はなぜかヒロインがそれほど好きになれない。

なぜだろう・・・と思いオットの人と話し合ったのですが、「世界観がシリアスすぎて、やたらと悲壮感が漂いすぎてるのが共感できないのでは」という結論に。

似たような「世界が滅んじゃうピンチ!(でも恋愛もするよ)」なシリアス乙女ゲー※では「遥かなる時空の中で」がありますが、こちらのヒロインはわりとオットの人にも好評で、違いは「ヒロインが明るく前向きである」というところなのでした。

※アンジェ(アンジェリーク)シリーズも宇宙の危機というでっかい風呂敷が広げられてますが、こちらはお笑い要素が濃厚なので管理人の脳内では「シリアス」とは違う扱いです。



「緋色」はヒロインが落ち込みすぎ、あと早い段階で拓磨と公認カポーになりすぎ、というのがネックだったのかなと。

同じ年頃の美鶴ちゃんが、下女のような扱いでこっちの方が健気(でもやっぱり暗い・・・)にも見えてしまう。
「みつるちゃん、君それでいいの?!ヒロインが玉依姫ってだけで、同じ年頃の娘さんなのに炊事から何からやらされてかしづくのってどんな気持ち?!」とか見るたびに不憫でした・・・。

まあ、玉依姫の真実を知ってるからってのもあるんでしょうが、それにしても汚れ仕事まで引き受ける日陰の身というオーラ満載のところが、かわいそうでした。

ネオロマでもそばにいるサポート役やライバルの女性キャラいるけど、こんなに不憫じゃなかったもんね。

祖母が異常に厳しくてコワいとか、全体的にシリアスな悲壮感漂う世界なので、仕方ないのかもしれないのですが、ヒロインに明るさが足りないのでどうもノレなかったです。

とはいえ、各キャラはそれぞれ特色があってよかったです。

ロゴスのナイスミドル・アイン(若い頃も素敵)も結構素敵でしたし、ロゴス内部にさらに悪い奴がいるとか、主人公側からメガネなどが裏切るなど(のち、作戦とわかる)、両陣営が複雑な状態になってストーリーは思ってたよりしっかり作りこんであるのだと気付きました。

が、複雑すぎて第1章ちゃんと見てない身には、誰が誰やら感もパネェ・・・という感じでついてくのが大変でした。

途中でときどき一緒に見るオットが色々質問してくるので「こっちもわかんないんだよう!」と若干イラっとしました(^^;)

ロリ(アリア)、巨乳(フィーア)、メガネッ娘(実は実年齢結構いってたことが後に判明する清乃)おっさん(アインその他)などもちゃんと配置して、いろんな需要を満たしています。

キャラデザは、それぞれみんないい感じだなあと思うので、多分ゲームやったらはまる予感がします。
キャラクター原案はこれまたブレイクした「薄桜鬼」と同じカズキヨネなので、納得です。

アニメだと管理人の好みではない拓磨とカポーの状態で話が進むので、ノレないのかもしれません。
二人の愛とかガッチリ固まってるところで、乙女ゲーの「自分の好みのキャラを選んで恋愛」という醍醐味が失われてしまっているので、アニメになった時点である程度あきらめは必要ですね。

はっ・・・!だから予告の部分に各キャラの甘甘シーンがあるのか!あれはファンサービスか!わかりました。

ちょっと態度のでかい犬の人とか、耽美な銀髪ジェントルな先輩とか、アインとか攻略してみたいですね。アインは敵だから多分無理だと思うけど!

今、校正しがてらちょっとWikiって確認したら、なんかキャラの設定とかストーリーとか、思ったより面白そうなんですが(今更)。



わりと流し見してたアニメなのに、思い出し始めるとつい熱く語ってしまう自分に気付きます。

長くなったのでここでいったん切ります。
<<2013年の抱負 | ホームへ | 本日の学習【漢検1級】>>
コメント
【】
「緋色の欠片」一期は見てたんですけど、二期は……
「Fate/Zero」や「ヨルムンガンド」も有るから1クール間が空く変則2クールを否定する気は無いのですが、見る気を削がれる場合もあるので微妙ですね。
「輪廻のラグランジェ」も結局見なかったし。

冬アニメでチェックしているのは下記の通り。
僕は友達が少ないNEXT
⇒衝撃的な展開が(汗)
ささみさん@がんばらない
⇒予想外に面白いので視聴継続中。それに全員のキャラデザが可愛い(萌)
ビビッドレッド・オペレーション
⇒予想外に面白いので視聴継続中。ドッキング後の少しお姉さんなキャラに萌えまする。
たまこまーけっと
⇒アニメでは珍しい下町人情コメディ?
まおゆう魔王勇者
⇒予想外に面白いので視聴継続中。魔王が可愛い(萌)
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
⇒惰性、かも(汗)
ラブライブ
⇒何故視聴しているのか、自分でも判らない(汗)
閃乱カグラ
⇒惰性、かな?(汗)

秋から継続中なのは下記の通り。
ジョジョの奇妙な冒険
サイコパス
ロボティクス・ノーツ
絶園のテンペスト
新世界より

やはり二桁かぁ~
【2013/02/12 02:21】 | 必撮 #mQop/nM. | [edit]
【必撮さま】
photo_artisanさん、ご無沙汰してます!コメントありがとうございます。

「緋色の欠片」、私もかなり流し見でした。見ないというのもなんかわかる気が。
1期もざっと見た感じでヒロインが微妙なのとシリアス展開があまりハマれず。

確かに見る気そがれますよね(--;)
おっしゃる通り「Fate/Zero」「ヨルムンガンド」あと「ちはやふる」とか「銀魂」とかは待てるんですが、中途半端な状態でひっぱる作品が最近多い気がします。

「エウレカセブンAO」、結局秋にやった完結編を見るの忘れてしまいウヤムヤなままに・・・。
社会人はアレコレやることあるので、そんなにコマコマチェックしたり録画設定したり出来ないのでやめていただきたいですYO!


「輪廻のラグランジェ」、ストーリーとか世界は結局見てもよくわからなかったので見なくても大丈夫です! ラフィンティとジュビ兄を愛でる流し見アニメでした。


僕は友達が少ないNEXT
⇒衝撃的な展開が(汗)
これ、声優さんの謎とともに、衝撃の事実が明らかになりましたね(^^;)

見てないのですが、「ささみさん@がんばらない」「ビビッドレッド・オペレーション」は女子キャラ評判がいいですね!

「たまこまーけっと」
そうそう、最近のアニメでは珍しい町内ものですね。
隣(店が商売敵ってパターンだったような)同士の幼馴染で、糸電話とか、昭和の香りがします。

「まおゆう魔王勇者」
萌え系→惰性・流し見ということになりがちなので、今回は最初から見てませんでした。かわいい感じですよね。見始めるとやめられなくなりそうなので、あえて見ない作戦です。


「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」「ラブライブ」
同じような感想を持ちそうだったので、1話目で挫折しました(^^;)
惰性で見ると

「ロボティクス・ノーツ」も評判いいのですが、コレ見てないのです。
でもそれ以外の継続視聴は一緒です!
どれもストーリーどうなるか気になるので、ちゃんと見ているアニメです。

「絶園のテンペスト」は最近お笑い路線が濃厚ですね(^^)

気抜くとあっという間に2桁、社会人としてはかなり厳しいスケジュールで、ゲームスチルコンプを目指してるときと似たような「すでに娯楽とは違う何かの義務感」を感じはじめたら考え直さないと・・・と思っています。

今年はアニメ見過ぎないのが目標です☆お互い仕事とアニメ視聴上手く調整していきましょう(^^)
【2013/02/13 22:38】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1965-c6c491d3
| ホームへ |
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。