スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

2012年の反省

2013.01.08(23:06)
[1/15にUPしました]
3連休中も半分以上仕事というわけのわからん過ごし方をしている大雪翌日、今の時点でまだ年賀状というか寒中見舞の印刷ができておりません。

日常のきちんとしたことをやろうと決意したばかりでこの躓きようといったら。
不義理もいいとこ!


年内にデザインは終わってるんですよ。PCが不調だったりしたってのもありますが、なによりオットの人が同人誌にかまけて一向に印刷してくれないんだもん!それでプリンタ使わせてくれないんだもの!<人のせい

不便すぎるので今年はPCも変えることだし、自分専用のプリンタ買おうと決めました。

それはともかく年末年始って家電壊れますよね。あと歯の詰め物取れたりしがち。

夫婦ともに正月の寝込まず済んだのは幸いでしたが、これもひとえに年賀状作成やら掃除やらをサボって仕事の合間はひたすら休むようにしてたおかげだと、前向きに考えようと思います。

前向きな気分のままさっくり2012年の反省をします。

過去記事:2012年の抱負

■勉強関連


1.語学を頑張る。資格試験に挑戦する。

→×
夏くらいまでは図書館に通ったりしてたのですが、途中で見事に挫折しました・・・。
短時間でもいいから勉強時間を取れるようにしないといけませんね。
土日に予定が入ることが多く、試験のスケジュールが組めませんでしたが、やっぱり何か受けようとしないと真面目に勉強できませんね。

2.草書の読める字を増やす。

→△
これは少し増えました!
あまりに覚えられないので、ついにコピーした字を貼り付けて単語帳を作成し(作るのに数日かかった・・・)、取り出して覚えるようにしたのですが、効果がありました。


■趣味関連

1.運動を続ける

脚の筋肉や大胸筋をきたえる。
→○
 大胸筋はもう少し欲しいです。でもピクピク動かせるところまで育ちました。ハト胸を目指したいです。

柔軟性をさらに高める。
→○
 ラクダのポーズ、肩立ちのポーズなど前よりかなりきちんとできるようになりました。
両手を背中にまわして斜めに握手するポーズ、もともと20代まではがっちり出来てたのですが、ここ数年右手が下の場合手が少し触るくらいにしか出来なくなって左右差が生じていました。
が、ヨガなど運動はじめてからそろそろ3年、去年くらいからまた握手できるようになり、以前の状態に戻りつつあります。
前後開脚、ほぼぺたんとつくように。
開脚前屈、調子が良いときはあごを上げた状態で胸がスレスレつきます。(腰は丸めずまっすぐに前屈)

マシントレーニングはサボり気味というか、つけようとする筋肉が狭まってきたので大胸筋重視で以前より少なめにやっています。

腹筋が油断するとすぐ割れてしまうので、あまり割れないように気をつけて柔軟などのほぐし系をメインに、行っています。



2.発表会やイベントなどは積極的に参加して場数を踏むこと。

→○ ベリーダンス、太極拳、お茶のイベントに参加しました。
動画を撮ると反省点がよく見えるので、この羞恥プレイは欠かせません。
本番で多少の事故があってもかなり動揺しないようにはなりました。


3.自主練習を頑張ること

→○一部△

実は最近家で前ほど練習しなくても、振り付けや動作を覚えていられるようになりました。
以前は必ずその日のうちに繰り返さないと忘れるという状態だったのですが、不思議と1度やると、すっと頭と身体に入るようになってきました。

あるいはその場に戻ると自然に思い出すというか。

一応、ノートにおこしたりはするのですが、先生方が踊りなど頭だけで覚えているというのがなんとなくわかるような気がします。

さすがに発表前は自主練頑張りました。

4.読書100冊

→○ 103冊でした!

日記に読書記録(書名・著者名・出版社などのメモ)をつけ、月ごとに正の字を書いて記録してるのを集計したところ、ギリギリ達成できてますね。ほっ。

忙しかった月は3冊、多く読めた月は19冊読んでいました。

ロシア文学、まだ途中なのですがドストエフスキーの『悪霊』を読んでいる途中です。

基本的にみんな会話がまわりくどくてメンドクサイ人々が登場するのは、もう慣れてきました。アクの強いキャラばかりです。
上巻読み終わったところですがまだタイトルと内容の関連性がつかめていない管理人ですよ。
はじめ語り手がステパン氏にだけ見えている霊的な存在なのかと思ったら、普通の善良な一登場人物でした・・・。途中まで他の人と関わってる場面が全然なかったし、神の視点のようにも見える書き方だったので(^^;

あと、ドストエフスキーがツルゲーネフが嫌いだということがよくわかりました(^^)

■ブログ関連

1.短く。

→×
 漢検記事はわりと短めにしてるつもりですが、基本的にまだ長いですね。

2.なるべく放置しない

→× 放置しまくり。ブログはじめてからこんなに放置したことがない程度に・・・。

■その他

1.片付ける

→△ まだヨネスケは呼べません。いまだ途中の状態。

2.遊びすぎない

→○ 仕事がバタバタしてきたというのもあるのですが、お誘いは9割断る生活になりました。飲み会もほとんど行かない、遠出・美術館めぐりなどもほとんど行かないというおとなしめの生活にシフトして、かなり時間とお金が節約できてる気がします。

とはいえ、遠方の友人と会う機会や、お祝い事などイベント、創作・芸術系の知人が多いのでその発表関係(みんな結果を出してる年代)などは楽しく参加させてもらっています。


3.穏やかに過ごす

→○ 上記とも関連しますが、以前より色々な事件が起きても落ち着いて対処できるようになりました。

一人の時間を確保し、稽古などの自己研鑽・なにかに集中する時間を持つこと、呼吸や身体を整えることによって、穏やかモードは実現可能ですね。

人が多いところや、変に他人と距離が近い場合は、風邪を始めとするよけいな良くないものをもらいがちなので、状況が許す限り、周囲と距離を適度において安全確保するという生活の知恵も大事だなと思いました。

危ない人やものの兆候に敏感になったので、無理しなくなって危機回避できるようになった気がします。

わりとすぐ怒る方ですが、自分を見失うくらいの怒りは、そうなる前に実際的な手をうつようにしてるので、感じることがほとんどなくなりました。気分の切り替えも早くなったので、楽ですね。

仕事では仕方ない部分もありますが、極力面倒な人・無礼な人と関わらない、これは鉄板だと思いました。
<<2013年冬アニメ(決定版) | ホームへ | 2013年冬アニメ>>
コメント
【】
「ステパン氏の最期の放浪」は繰り返し読んだ箇所です。60代くらいに読み返したら、また違った感慨を受けるのでしょうねえ。カルマジーノフの描写には確かにドスト氏の感情が剥き出しで、笑えます。
また、お邪魔いたします。
【2013/06/16 20:11】 | ボクちゃん #7mio2xcs | [edit]
【ボクちゃんさま】
こんばんは、コメントありがとうございます。お返事遅れてすみません。

> 「ステパン氏の最期の放浪」は繰り返し読んだ箇所です。60代くらいに読み返したら、また違った感慨を受けるのでしょうねえ。カルマジーノフの描写には確かにドスト氏の感情が剥き出しで、笑えます。

ねちねちとカルマジーノフの著作や人となりを書いていて、ツルゲーネフを知る人たちが当時どう思ったか
を考えるとスリリングです(^^)
本は読んだ年齢によって感想が変わるので、一番良い出会いができるタイミングってあると思います。
ついツッコミはせずにいられないのは性分として、ロシア文学を意外と楽しめているので、今がちょうどいいかもしれません。
【2013/06/18 23:03】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1962-df70e012
| ホームへ |
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。