スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

7月期アニメ【終了】「ガンダムAGE」

2012.10.01(23:33)
[10/17にUPしました]
終了したアニメ、たくさんあるよう。
そして秋アニメがはじまったよう。

大体予定通り1話~3話くらい見ています。

『機動戦士ガンダムAGE』公式ページ

最終回は、ちゃんとしめくくれて良かったと思いました。

種デスとかBLOOD-Cとか、最近ではエウレカセブンAOとか(最終回はもう少し先になってから放送してくれるらしいと知りましたが・・・)「えっ・・・?!終わり?!」という巻き戻してみちゃうような謎エンドにならずによかったです。

1年かけて放送してたのですが、バンクだらけとかにもならず視聴者がハラハラと現場の心配をするということにもならなかったのは、ある意味正しい全年齢向けのガンダムだったと思いました。

しかし、最終回どどーんとフリットの彫像が出来てたのには笑った。
どこの独裁国家かw


まあ、でも老害といわれた頑ななフリットじいちゃんも、いきなりチョイ悪になり少しかっこよくなって帰ってきた家庭放棄不良中年の海賊(キャプテン・アッシュとか名乗ってたけど後半この呼称忘れてたよ!)アセムも、愛されピュア美少年キオ(母親似)の非戦の願いに同調して、大団円。


キオはオットの人も「かわいいよね」と評したくらいに、男女ともに愛されるキャラで、一番「戦いたくない」というガンダムの主人公らしい感じが出てましたね!

フリットは救世主になる!とか最初からやる気漫々で危ない感じだったし、アセムもあんまり戦争に疑問を持たずにどっちかっつーとゼハードゼハード言ってた感じだったし。


フリット編、アセム編通じて、萌えキャラがいなかったのも健全路線だったんでしょうね。

ゼハード、ビジュアルはよかったのに微妙に残念な人でしたし。

ガンダムには萌えは本来は不要とはいいつつも、アセム編は友人同士の戦いというSEEDオマージュの気配があり、ゼハードが無駄にカッコいいので「狙ってるのか?」と思いきや、肝心のエピソードやキャラの心情描写がうすくて全然思い入れが出来ない状態で、萌えどころではなかったという。


アセム編があまりにもキャラの掘り下げがなくて、ちょっとアセムとウルフの話が珍しく心理描写やまともな会話があったなあと思ったとたんにウルフあぼんだし。

メガネッ娘も出た見た死んだくらいの勢いで退場して、全国的にメガネスキーをがっかりさせたりしてましたし。


しかしキオ編になると、どいつもこいつもキオに夢中だわ、アセムがレベルアップしたせいかゼハードといい感じではりあってるわ、執拗にガンダムを狙う敵キャラやら内部で争う皆さんとかくせのあるキャラが出てきて、ちょっとだけ面白い感じになりましたね。

キオがヴェイガンで仲良くなった子と戦うシーンも、ちゃんとそれなりの悲劇性がありました。エピソードの積み重ねって大事!

シリーズ全体を通して、地球側もヴェイガン側も軍の運用にかなり難アリというのが気になりました(><)

ここは子供向けでもちゃんとしなきゃらめええ!

キオ編、フラムたんが頑張った!ゼハードを全力で支えようとして頑張った!!

しかし、フラムたん退場の後のゼハードの犬死にっぷりといったら・・・。

2世代にわたるライバルキャラだったはずなのに、ものすごくあっさりと死亡してビックリしました。

フラムたんの方が戦いのシーンや死ぬシーンの見せ場がちゃんとしてたよ?!

そして、イゼルカントのDNAを受け継ぐ、謎のパイロット「ゼラ」というぽっと出のキャラが最後の方で唐突に出てきて、真のラスボス扱いに。

みんなゼラの脅威にもうゼハードのことなんて思い出しもしないし!

ゼハードの粗末な扱いにフラムたんも草葉の蔭で涙していることでしょう。

「セリックの死は見せ場として泣けるシーンとして描写されてて、その後もちゃんと仲間の皆が悼んでるというのに、人望なさすぎですゼハードさま・・・。」

最終回ではゼハードについてのまともな回想シーンがなかったと記憶しております。
あんなにイゼルカントとエデンエデン言ってたのに!

アセムは片目かくして長髪という管理人の好みに近いビジュアルになって、中年になってからはかっこいいのですが、機体にまで謎の海賊ファッションさせるのはいただけないw
フラムたんの機体のフォーンハルシアは、ピンクのお花飛ばすのでファンシーでしたね。
しかし、どの機体もファンネル使えるとか、さらに卑怯ガンダムは敵のファンネルまでコントロールしちゃうとか、色々ずるい装備が満載でしたね。
AGEシステムにいたっては、もうなんでもアリか!って感じですよ。

イゼルカントの奥さんが美女でしたな。ヴェイガン側のファッションが戦国風で、まんま「武田信玄かよ!」みたいな人もいたりしておかしかった。

しかし、歴代ヒロインを順々に登場させるEDは、しわの出来たおばあさんになったエミリーを出すあたり、エミリーに対して悪意があるように見えてしまうw
そこは若いときのエミリーでいいんじゃないの?
若くしてなくなった山田がことあるごとに出てくるのを考えると、ちょっとかわいそうに思ってしまいました。

長かったけど、ちゃんと着地点についた、というラストでよかった。

「続きはDVDで!」とか「続きは映画で!」みたいな、昨今ありがちな余計な商売をくっつけるような消化不良なラストは本当にやめてほしいわあ。
<<近況報告 | ホームへ | 本日の学習【漢検1級】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1945-beaef7b4
| ホームへ |
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。