スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

7月期アニメ【終了】「貧乏神が!」「超訳百人一首 うた恋」「輪廻のラグランジェs2」「TARI TARI」「アルカナ・ファミリア」「うぽって!!」「ココロコネクト」「カンピオーネ!」「sola」「エウレカセブンAO」「黒子のバスケ」

2012.09.21(23:34)
[10/1にUPしました]
最終回を迎えたアニメざっくり感想。

『貧乏神が!』公式サイト
貧乏神が! 1 (ジャンプコミックス)貧乏神が!  1 (初回限定版) [Blu-ray]

最後まで楽しく見ました。
最終回のうそ次回予告が良かったですね。
撫子さんが大活躍しそうなシリーズで、ちょっと面白そうでした(^^)

ノリが似てると思ったら、「銀魂」と同じ監督さんだったという。
まあ、もともと原作もそういう感じだったのだとは思うのですが、「銀魂」なみに「コレいいの?!」っていうくらい他の漫画やアニメのパロディが出てきて、笑いました。

デスノートのLの死ぬシーンのパクリとか・・・絵柄もそっくりで無駄にクオリティ高かったですね。

石蕗君はモテるわりには、わりと背景キャラで台詞ほとんどない回も多かったw

しかし、洗ったくまがいが、ラブリーなぬいぐるみになってました。

紅葉の右手の包帯は貧乏神装備だったのですね。

貧乏神にもどった紅葉&市子のノリはトム&ジェリーっぽくて、楽しそうでした。

そういや、「銀魂」を録画予約しようとしたら番組名が「金魂」になっていました!
ということは、「金魂」編から始まるんですね。こちらも楽しみです。


『超訳百人一首 うた恋い。』公式ページ
超訳百人一首 うた恋い。

定家のコスプレもひそかに楽しみでしたが、最後は定家の切ないエピソードでした。

西行のキャラ、なかなかよかったですねえ。

式子内親王の、聡明だけど薄幸な美女設定は萌えました。
ある意味本当に「ひどい女性」で性質が悪いわ~と。
嫌な女性ではないのがまたw。
定家ツライ立場すぐる。

俊成パパンのキャラはなんかほのぼのしましたw


『輪廻のラグランジェ season2』公式ページ
輪廻のラグランジェ season2 1 [DVD]
最後までなんだかわからんかった・・・!!

輪廻って何?!

とか、

なんで花が降って来るの?!

とか、

あいつはなんで突然消えちゃったの?!

とか、

大昔の状況の詳しいところとか、世界観というか輪廻をめぐる法則などの説明がほとんど省かれちゃって
全部まどかたちが「私たちいつまでも一緒に仲良し!鴨川大スキー!」という信念ですべてまとめてしまってる印象がw

とりあえず解決したというところではあるのですが、色々わからんことだらけで、ラフィンティと兄ディセルマインの美しさと天然ボケを愛でるのが毎回の目的になっておりました。

キャラデザがすごく良かったと思います。
キッスのトリオとか、男性キャラもいい感じだったし、ジュビ兄とか色々こう、BLにも対応できそうなキャラたち多かったですよね。

テーマカラーと3人まどか、ムギナミ、ランのキャラが明確で、それぞれおっぱいのサイズも違っていて色々な需要にこたえていましたしね!
(管理人はおっぱいバリエーションにちょっとうるさいデス)

最後の最後にディセルマインおにいたまが、まさかのショタ化!!!!

ジュビ兄×ディセルマイン(通常版)も、いいかなと思いましたが、

ジュビ兄×ショタディセルマインも、これはこれで妄想しがいがあります。

というほど、まあ、最近はそれほどBLその他キャラ萌え妄想はしてないんですが。

ランがポエム少女だったという設定はご飯3杯いける感じで、このアニメについてはラフィンティがかわいければまあいいか!みたいな姿勢で見てました。

それほど、世界観というかストーリーがよくわかんなかったというw



『TARI TARI』公式ページ
TARI TARI 1 (イベント招待応募券封入・初回生産限定仕様 ) [Blu-ray]


最終回、みんなで頑張って舞台で発表する、ものすごく真っ当なさわやかな青春ものの話で、見ていて胸熱でした。

校歌も聴けましたね。


ちょっとだけ大智から紗羽への恋の気配の描写もありましたが、あくまでそれがメインではなく、合唱部(ときどきバドミントン部)の仲間の絆と、彼らをとりまく周囲がだんだん変わってきて応援してくれるようになるところなど、皆がそれぞれ前向きに頑張っていく姿が主軸になっているのがよかったですね。

ウィーンの自宅が鎌倉文学館※だったり、鎌倉・江ノ島の名所が出てくるのも楽しかったです。


※■関連記事■
鎌倉文学館その1
鎌倉文学館その2
鎌倉文学館その3
鎌倉文学館その4
鎌倉文学館その5


真面目なウィーンを皆でだますのよくないw

ウィーンはキャストでも「ウィーン」で本名わからねえよ!と思ったら転校してくるシーンで黒板に「前田敦博」と書いてあるらしい。でも誰も呼ばないwww

女の子キャラのおっぱいバリエーション、ここでもちゃんとありますね。よしよし。

ウィーンはヤンに会えてよかったね!彼は結局ヨーロッパに戻ったのか、それとも旅行だったのかがイマイチ不明でしたが。

もし戻ったのだとしたら、留学した紗羽とも会えるかもしれませんよね。

ED、2人で歌ってるバージョン、わかながチラ見してるバージョン、5人で歌ってる歌ってるバージョンと色々あってよかったけど、5人バージョンのED内で最終話の電車に乗ってる皆のシーンがまんまありましたね!

挿入されてるオリジナル曲も、すごく良い曲が多くて、合唱部がそのまま歌えるような爽やかものばかりでした。

5人それぞれが自分の道を進んでいるのがわかる、よい最終話でした。




『アルカナ・ファミリア』公式ページ
アルカナ・ファミリア La storia della Arcana Famiglia 初回限定版

ハゲ(ダンテ)が若いときは結構なイケメンだったことが発覚したことが、一番印象に残ったところでした。

それぞれのキャラにそれほど思い入れがなかったので、さらっと見てしまいました。


『うぽって!!』公式サイト
うぽって!! Blu-ray 第2巻
「ゆるかわてっぽう美少女コメディ」が、ラストへ向けてはかなりシリアス展開に。
京都弁のドS女SAKOと共闘することになったのは意外。

エロサービスシーンの多いアニメでございました。



『ココロコネクト』公式ページ
ココロコネクト ヒトランダム 上 (初回限定版) [Blu-ray]
「ヒトランダム」(人格入れ替え)→「キズランダム」(欲望解放)→「カコランダム」(時間退行)と色んな状態になって、お互いに傷つけあったりまた助け合ったりして絆を深める青春群像もの2。

「TARI TARI」よりも、非現実要素が多いのと、トラウマや悩みが中心になっててちょい重めで、ツボに入る人にはものすごく入りそうな印象。

管理人はツボにそれほど入らないけど、イライラするというわけでもなく。普通に見られました。

「TARI TARI」の「たいち」と違ってこっちの「たいち」はモッテモテで、メインの女子キャラの心を全部つかんでる状態。
妹にも慕われてるし、お前どこのギャルゲの主人公だよ?!
それで考えると青木は「色々アドバイスしてくれる男の友人」の立ち位置だよな・・・あながち外れているとは言えないあたりがまた。


最終話も最後の最後で「本当にたいちが好きかわからない」と長瀬が意味深発言したところで「ミチランダム」の副題が。
原作のラノベでは、「ミチランダム」「ニセランダム」「ユメランダム」と続いてるらしいんですが、気になるところでアニメを終わらせないでえええ。
アニメはアニメでちゃんと完結させて!

「カコランダム」がわりと唐突に始まったのでちょっとビックリしました。カコランダム編は3話でものすごい早さでバタバタ進んだけど、なんとか終わってよかった。

カコランダムは良いロリショタランダムでしたね!

中学生の稲葉はかわらんね。
女子たちは小学生くらいに戻ったときがかわいかった。
幼児のひめこちゃんは可愛くて、思わずたいちも萌えてるしw


青木は、わざわざ好きだった女の子に会いに行って「今別の子が好きだから」とか余計なこと言って帰ってくるところで、管理人の中で評価下がりましたw
西野さんからしてみたら、「おいおいお前何しに来たんだよ」って腹立つんじゃないかと思うの!

2番目のふうせんかずらって結局なんだったのか不明なままでした。


『カンピオーネ!』公式ページ
カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 1 (イベント応募抽選券封入・初回生産限定版) [Blu-ray]

ハーレムアニメ。全ての女子キャラ(妹含む)が主人公を好きすぎ。

神話うんちくがまじりますが、8割以上は主人公を命がけで守る女子たちのサービスシーンを楽しめます。

まあ、カットされまくりですが!

最終話前の死にそうになるエリカと主人公のキスシーンって、あれそのまんまセックルの描写ですよね?!
アングルとかポーズとか(何故片脚を肩に抱えあげて押し倒す?!)大人の事情でキスということになってますが、事後(?)におなかを押さえて命をもらったとか色々言ってる内容が、完全にそういう感じで無駄にエロかったです。

今期のアニメで一番エロかったシーンだったけど、「おいおいおいおい!」って爆笑したのも事実。興味のある方は12話をぐぐってみるといいお!

アテナたんがラスボスでなくてヨカター。ちょっと最後にメティスが消滅して、黒いかけらがアテナたんに吸収されるシーンが気になりましたが。


『だから僕は、Hができない。』公式ページ


ハーレムアニメその2。おっぱいがいっぱい。修整もいっぱい。

このアニメのEDは、かなり好きでした!音楽も絵もかわいかった。

♀+禁止マークで身体を中途半端にかくした女子キャラの皆さんの肢体がエロかわいい!!
おっぱいバリエーションもそこそこありました。
イリアの巨乳は実は偽物という設定なのだから、ちゃんと貧乳バージョンの絵も出せば世のひんぬー教徒の皆さんも喜んだと思います。

主人公がなんでこんなに理不尽にモテるのかは謎のままでしたが、最終的に平和な日常がもどってきてメデタシメデタシ、という終わり方でした。



『sola』公式ページ
sola Blu-ray Box (初回限定生産)
話の展開がちょっとモタモタしてるのが気になったアニメでした。

過去の話とか、もったいつけすぎというか、キャラがちゃっちゃと意思の疎通をはからないで、皆が皆考えてるかはっきりわからない状態でいるのが長くて、状況がなかなか動かないのでちょっとイライラしました。
「え?そこは次回にひっぱらなくってもよくないか!?」と思うことが多かった・・・。

まあ、主人公と姉の正体は意外で、最初に思ってたよりは違う方向に話が進んでいったのは面白かったのですが、そこから決着つけるまでが長かったなあと。

気になったのおは、出てくる皆さんが具体的にどうやって生計立ててるのが謎すぎて全てが中途半端に見えてしまうところ。
ロリ連れまわしてる中年男とか、普通に不審者だよね?!

そのへんも含めて、どうにもどのキャラも作りものっぽさが気になってしまいました。
「夜禍」という架空の存在を出してる以上は、どこかにきちんとしたリアリティを盛り込まないと説得力がなさすぎて、キャラも設定も子供向けのゲームのように見えてしまう・・・。

辛口失礼。

あ、でもはじめ勝手に家捜ししたりするんでちょっとイヤだな~と思ってた幼馴染の女子は、わりといい子でしたね!

蒼乃が生き残ってこよりと会うのはよかったですが、蒼乃はどうやって生計を立ててるんだろう・・・。いい生活してるっぽいけれど。

主人公があんまり最終話で役に立ってなかったw


『エウレカセブンAO』公式ページ
エウレカセブンAO 1 [DVD]

今期で一番驚いた最終話でした。


「えっ・・・?!これで終わり?!」って声出したのって、種デス以来かと。

なにか見逃したかと思って、Bパートもう一回見ちゃいましたからね。

「輪廻のラグランジェ」と同じくらい、さっぱり世界観というか具体的に今何がどうなってるのかがつかめないままに終わってしまいました。

最後いいところでいきなりシーンが終わったと思ったら、しぶいイイ感じのおっさんになったレントンが出てきちゃったりして、もうさっぱり何がなんだか。

わかんなかったのは、前シリーズ見てないからなのか。

でも前シリーズ見てた友人が残らず、最後の方がgdgdでわけわかんなかったとも言ってるので、これはその再現なのか。

ダークハウルことトゥルースも、結局何がどうなったんだか不明だし、
異世界とのかかわりもわかんないし、
戦うぞ!って頑張ろうとしてたアオはその後どうしたんだかもさっぱりだし。

わからないことだらけでツライwwwww


あ、ナルのケモ耳がつけ耳だったことだけはわかってよかったです。

あまりにも不明すぎる!と思って公式ページ(ネタバレ防止のため録画見るまではあまり見ないようにしてた)をチェックしたら、なんと

「「エウレカセブンAO 完結編」 今 晩秋!」

の告知が!!!!

なに?続きは劇場で!っていう最近のあこぎな流れですか?

見ればアレコレ本当にわかるんですか?!

TV放送だけじゃダメなんですか?(蓮舫っぽく)



「BLOOD-C」はまさにそれでしたが、結局見てないですw

「続きはWEBで!」とか「続きは劇場で!」とか、ホントもうやめてえ。
一生懸命睡眠を削って(削るなよ)録画チェックする社会人の気持ちを踏みにじらないでぇえええ!



と思ったら、11月に残り2話を放送するのですね。なぜそんな中途半端なことになったのだろう・・・でも、まあTVでやってくれるならいいや!


『黒子のバスケ』公式ページ
黒子のバスケ 2 [Blu-ray]

連載が続いているけど、ちょうどいいところで区切ってくれましたね!

毎回楽しく見てました。

BLで大人気のようですが、そっち関係なくても、キャラもストーリーもかなり楽しめる正統派な少年漫画(美形が多いのが女子サービスになってるけど)だと思いました!

余計なイライラ、モヤモヤ、ムラムラがなく、かなり健全な気持ちで見られるアニメだったと思います。
人気があるのもわかりますね!

緑間がアホすぎて好きです。

黄瀬が一番、顔も性格もよく、能力もあるので、モテるのも納得です。

カラーごとのキャラっていうのもわかりやすいですが、最終話でチラッと赤いヤツ?が出てきましたね。

また続きをやって欲しいですね~!というか、多分コレはやるよね?!

毎回EDの後の絵も妄想をかきたてるような内容だったのが印象深いです。
<<本日の学習【漢検1級】 | ホームへ | 本日の学習【漢検1級】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1940-ac26ec88
| ホームへ |
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。