スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本日の学習【漢検1級】

2012.04.13(23:27)
[4/18に書きかけて放置→5/7にUPしました!]
うおー、アレコレやってるうちにGWが終わってしまいました!
え・・・もう5月・・・?!という感じなんですがッ。

4月分の漢検記事全然ノルマできてないですね。
GWが終わったので少しずつノーマルに戻すべく、急いでUPしますよ。
バイオリンの練習もサボりまくっているし、勉強もとまっているし、GWの成果といえば、イベントや仕事などの予定をこなしただけ!

あ、少しだけ納戸の片付けができました。
ダンボール2箱分処分。


■『漢字検定1級・準1級』一ツ橋書店
漢字検定1級・準1級
漢字検定1級・準1級
posted with amazlet at 09.03.19
漢字検定指導研究会
一ツ橋書店
売り上げランキング: 586231




1級漢字検定問題と解説」の復習シリーズ。




こちらは2010年度版↓


■本日の学習


反転すると答えがでます。

常用漢字の表外読みです。



岸つ(かどだつ 

協う(かなう 

■本日の学習

字の意味を確認します。


「山」と音符「斥(カン→ガン つきでる意)→干」からなり、もともとは山の突き出た高みの意を表していたが、「斥(がけ、きし)」の意に用いられるようになった。

「かどだつ」という読み方は本来の「つきでた」意味からきていることがわかりますね。

1.たかいところ。

2.きざはし(階)。

3.ひたい。

4.きわだっている。いかめしい。

5.岸。がけ。きりぎし。かぎり。

6.「彼岸(ひがん)」で仏のいるところ。⇔「此岸(しがん)」

7.ひとや。


上に向かってゴツゴツと突き出ていることをイメージする意味が多いです。



偏はあまたの意味を表す「十」、旁は多くの力を合わせる意。

古字は「叶」で、「口」と「十」から成り、十人の意見が一つに合う意。

「かなう」という読みは「叶」に由来するものだったのですね!


1.あわせる。力をあわせる。

2.ともにする。

3.かなう。あう。

4.やわらぐ。

5.したがう。


「叶」は主に「かなう」の意味で用いる字となり、「協」はそれ以外の意味の上記の意味で使うことが多い字になりました。

そのためか、「協」で「かなう」意を表す熟語が「新字源」では見当たりませんでした。

もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓

<<今期見ているアニメ その5 | ホームへ | 今期見ているアニメ その4>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1900-d2f72671
| ホームへ |
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。