スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

今期見ているアニメ その4

2012.04.12(22:33)
[4/24に書きました]
前回の続きです。

寒さから一転夏日、という激しい落差のある天気ですが、なんとか元気な管理人です。
なかなか更新できません。

そう、今期アニメが豊作すぎて視聴が追いついてないからですね。
地上波の録画だけでもいっぱいいっぱいなのに、TV買い替えと共に半強制的に契約となった衛星放送なんか観てるヒマは正直ないです!

リタイヤしてやることなくなってらTVを思う様観られるとは思いますが、今はまだそのときではないのですよう。


衛星放送観られなくなるブロックかけてくれればいいのに。そして地上波だけの契約に戻してくれればいいのにぃ。



「獣の奏者エリン」公式ページ
獣の奏者 エリン 第10巻 [DVD]
アリオラジャパン (2010-05-12)
売り上げランキング: 39311
完結!
クライマックスでは、私の好きな石田彰=ダミヤが大活躍で、エロかったりワルかったりしてよかったです!

そしてこれまたお気に入りキャラのイアルも出てきて、以前の放送はイアルかダミヤが出てる回だけ録画とっておいたりしたのですが、この二人が一緒に出てくる回がどんどん増えてきてチェックしきれないので、結局とっておくのをやめました。<本当にファンなのか

そしてエリンってばモテモテですね!

ダミヤにエロく口説かれ、トムラもなんだか気がある様子だし(かわいそうなくらいスルーされてたw公式ページのキャラ紹介から省かれてて不憫)、妹萌えなキリク(アニメオリジナルキャラだとウィキって知りました)には一緒に行こうとさそわれ、もちろんイアルとはラブラブ。

後半はエリンは指をかみちぎられたり、政治に巻き込まれたり、かなり厳しい状況に追い込まれてハラハラしました。

ヌック、モックもオリジナルキャラだったのね。

ジョウンの放屁癖もアニメオリジナルだったとは・・・!

いかにも辛気くさいワジャクの歌とか、色々作中の歌や音楽も印象に残った作品。

イアルとエリンをつなぐ子守唄のメロディも綺麗でしたね。

残酷な場面は神話風な絵になったり、昨今の見ていていやーんな不必要に怖い場面はたくみな演出で処理しているので、チキンな管理人にもお子さまにも安心仕様ですが、物語りの内容はハードでした。


最終回、ダミヤが本当に嫌なやつで悪あがきしてたのをイアルが切り捨てるところとか色んな意味でワクワクしました。

横で観ていたオットの人は「意外とあっけなくやられてるねこの人」と言ってましたが、原作はもっとあっさりだったようですね。

最終回だけ一緒に観たオットの人がアレコレ聞くので色々説明しながら見てたら(めんどくさい)、どうやらいくつか場面を見落としてたようで、「で、結局イアルはどうなったのー?!」って騒いだら「さっき元気に竪琴ひいてるところが出てた」といわれてイラッとしました!

多分オットの人の方を向いて説明した瞬間にイアルがうつってたっぽい!!
そしてオットの人はちゃんと見てたっぽい!

きー!これだから色々わかんない人と一緒に観るのはいやなんですよう。

録画容量が大変なので観たら即消去してたけど失敗した!

最後、バストショットでうかんだイアルしか観てないなんて・・・orz

エリンが王獣の子と一緒の子供の母として暮らしてるのがわかったのですが、そこだけ観たらシングルマザーみたいですごく不安になりました。

イアル生きてるの?てかこの子供全然関係ない人の子供だったらどうしよう?とか頭の中がグルグルしたので、調べたらちゃんとイアルと家庭を持ったということだったのでホットしましたよ。

イアルは手負い率が高くてこれまたいい感じでしたね。

キリクはイアルとの一騎打ちとか、変わっていく様子とか、なかなか胸をうつシーンが多くて、登場時には予想しなかった深みのあるキャラで、彼のシーンは感動しました。

世界観がしっかりしていて、それぞれ味わいのあるキャラがいて、なんたってお気に入りのキャラがいて、というアニメだったので長編でしたが最後まで楽しめました。

リランとエリンの絆も、ただたんに甘い理想だけのものではなく、獣としての怖さなどを描いているところがリアルでよかったですね。

原作はこの後の話も続いてるようなので、いつか読みたいです。



「ちはやふる」公式ページ
ちはやふる Vol.5 [Blu-ray]
バップ (2012-04-18)
売り上げランキング: 275


原作未読ですが、周囲の原作ファンにもかなり評判がよかった作品でした。

かるたや人物の表現が本当に綺麗でした。

クイーンが太ったのはびびりましたが、出てくる人物がみんなそれぞれ味があっていい感じ。

ちはや、ちょっとアホだけどいいヒロインでしたね。

競技かるたの世界も色々知ることができるのも面白いです。

少女漫画部分担当のまつげくん太一の報われなさっぷりに毎回ニヤニヤがとまりませんでした。

千早をはじめとする女性陣(視聴者)をメガネ新に全てもっていかれる感じが、不憫です。

奏ちゃんの古典スキー、着物スキーなところはいいなあ。

最後に出てきた名人・周防は、留年しすぎなところも含めてすごく気になるキャラでしたね。

かなりいいアニメだったので、そのうちまた続編やってくれるといいなあ。


長くなったので一回きります。

残りは↓
「ペルソナ4」
「機動戦士ガンダムAGE」


よろしければ応援してくださるとブログ作成の励みになります(*^^*)


<<本日の学習【漢検1級】 | ホームへ | 「イ・ブル展:私からあなたへ、私たちだけに」>>
コメント
【獣の奏者 エリン】
こちらにもしつこくコメントすみません。

エリンちゃん(我家では番組名を勝手にこう読んでいました)、ラストまでいかれましたか~。
前回、エリンちゃんの記事にコメントさせて頂いた時はイアルとの進展などがまだ放映されてない時だったので書けなかったのですが、ちゃんと収まる方向になってますよね。

>残酷な場面は神話風な絵になったり、昨今の見ていていやーんな不必要に怖い
>場面はたくみな演出で処理しているので、チキンな管理人にもお子さまにも
>安心仕様ですが、物語りの内容はハードでした。

私はエリンのお母さんの最後のシーンがしのぶん様が言われるように、巧みな演出で処理してあったので幾分かホッとしましたが、結構このシーンは後で何度も出てきたので、何回も再生しなくていいのに、と思ってました。
3~4歳だった娘達が毎回「エリンちゃんのお母さん、どうなったの?」と順番に聞くので・・・。

>「で、結局イアルはどうなったのー?!」って騒いだら「さっき元気に竪琴
> ひいてるところが出てた」といわれてイラッとしました!

>多分オットの人の方を向いて説明した瞬間にイアルがうつってたっぽい!!
>そしてオットの人はちゃんと見てたっぽい!


もの凄くウケてしまいました。人様の不幸をすみません。でも我家も同様のことを子供によくやられます・・・。
お気持ちはお察しします・・・。

原作の最終回は上橋菜穂子先生の著作を集めている友人と話していた時に、友人が未読とは知らず、うっかりエリンの結末を喋ってしまい「くおらー!!」と一撃を受けてしまった苦い思い出があります・・・。

いやはや、口は災いのもとですね。

上橋先生は「精霊の守人」もNHKでアニメ化されてますが、原作もアニメ(かなり脚色)もどちらも面白かったです。仰るように上橋ワールドは世界観が細かいところ(民族毎の習性や料理、服装など)までしっかり作り上げられているからでしょうね。
アニメは用心棒をしている主人公バルサの幼馴染がソロモン役の方でツボでした。

キャスティングは大事ですね!







【2012/05/12 13:25】 | 三香 #- | [edit]
【三香さま】
> こちらにもしつこくコメントすみません。

いえいえ、こちらこそのんびりレスですみません~。
1日1レスという、なんというマイペース(--)

> 前回、エリンちゃんの記事にコメントさせて頂いた時はイアルとの進展などがまだ放映されてない時だったので書けなかったのですが、ちゃんと収まる方向になってますよね。

そうですよね。感動の最終回でした!
ちゃんと悪が滅んで、イアルとラブラブになれて子供もこさえるところまでいけてよかったです。
(後から確認したわけですがw)

> 私はエリンのお母さんの最後のシーンがしのぶん様が言われるように、巧みな演出で処理してあったので幾分かホッとしましたが、結構このシーンは後で何度も出てきたので、何回も再生しなくていいのに、と思ってました。
> 3~4歳だった娘達が毎回「エリンちゃんのお母さん、どうなったの?」と順番に聞くので・・・。

ソフトな演出が逆に何が起こってるかお子様にわかりにくくなってるという、予想外の状況・・・!
お母さんとしては、お子さんに説明するの辛いですね~。
確かにこのシーンは何度も出てきましたね。細かく想像するとうわあん、という感じになります(><)


> もの凄くウケてしまいました。人様の不幸をすみません。でも我家も同様のことを子供によくやられます・・・。
> お気持ちはお察しします・・・。

TV観てるとき邪魔されるのいやんですよね!
ナンシー関も、人と一緒に見るとうるさいことがわかるとかどっかで書いていました。

> 原作の最終回は上橋菜穂子先生の著作を集めている友人と話していた時に、友人が未読とは知らず、うっかりエリンの結末を喋ってしまい「くおらー!!」と一撃を受けてしまった苦い思い出があります・・・。

痛恨のネタバレ・・・!(笑)
これは気をつけなくてはいけませんね。ラストについての話は事前に確認するのが肝要なのです~。

> 上橋先生は「精霊の守人」もNHKでアニメ化されてますが、原作もアニメ(かなり脚色)もどちらも面白かったです。仰るように上橋ワールドは世界観が細かいところ(民族毎の習性や料理、服装など)までしっかり作り上げられているからでしょうね。

こちらも気になる作品なのですよね。評判もよかったですし。
エリンしか観てませんが、この方の物語り世界は、オタクっぽいノリで無駄に詳しく世界を設定するというよりも、必然性があってきちんと世界観を設定してるという雰囲気があって、好感が持てます~。
よくあるファンタジーのようなヨーロッパ中世もどきではなく、借り物ではない独特の文化がいいなあと。

> アニメは用心棒をしている主人公バルサの幼馴染がソロモン役の方でツボでした。
> キャスティングは大事ですね!

大事です!素敵な演じ方をされると声優さんの名前を覚えますよね。
ソロモン役の方だったのですか~。

もし観る機会があれば注意してみますね!
【2012/05/15 23:37】 | しのぶん #WZHZREeQ | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1898-9a42dccd
| ホームへ |
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。