スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本日の学習【漢検1級】

2012.03.31(22:26)
[4/9に書きかけて放置→4/18にUPしました]
このところ、アレコレあわあわしているうちに時間が流れていってしまっている感じです。これではいかん!

3月の不調(と言っても寝込むとか落ち込みすぎるとかは全くなく、日常生活には支障ない範囲で、単に余裕がなくカリカリしがち&浪費しがちだった程度デスが)で、よーくわかったのですが、自分の時間は大事にしようということですね。

単に好きなことをやる時間というよりも、自分に課したことをやる時間、ですね。

決めた仕事、決めた日課、決めた勉強をきちんとしないと、精神衛生上本当によくないです。

疲れた→好きなこと(楽なこと)だけやりたい、という感じになってだらけてしまうと、管理人の場合は堕落してしまうのでいけません。

朝のプライベート用のTO DO LIST(細かい用事のリストアップ)と、
夜の学習ノート(何を勉強・練習したか記録)、は毎日つけよう。

やりたいことだけやるのではなく、知的好奇心を満たしつつ、自分がやらなければならないことをしっかりこなすという「ややストイック」な生活が一番あっているのかもしれません。

飲み会とか遊びとかに誘われて行くのも楽しいのですが、それだけだとダメなんですよね。仕事だけでもダメです。享楽的でも完全禁欲でも辛いものがあります。

最近はある意味ダンスやらなにやらで細かいプチ非日常を楽しんでいるせいか、美術館や旅行などの非日常へのトリップ欲が減ってきました。
(たまに行きますが)

INPUTが多すぎて最近消化不良気味というせいもあります。
せっかく色々なものに出会っても記事にUPするなどのOUTPUTがないと、自分の中で意味あるものとして残る割合が減る気がします。

日常をきちんとこなすこと、身の回りの人を大切にすること、不本意なことに振り回されないこと、をテーマにぶれない軸を作って生活したいですね。

残業多くても仕事そのものについては前ほど苦しまなくなったし、直接の交友範囲で面倒はなくなったので、ちょっとずつ進歩してるとは思います。

あとは
「仕事が忙しくなったときにプライベートをあんまりサボらない」
ができるのが理想。

体力はついたので睡眠を確保するよう気をつけます。

■『漢字検定1級・準1級』一ツ橋書店
漢字検定1級・準1級
漢字検定1級・準1級
posted with amazlet at 09.03.19
漢字検定指導研究会
一ツ橋書店
売り上げランキング: 586231




1級漢字検定問題と解説」の復習シリーズ。




こちらは2010年度版↓


■本日の学習


反転すると答えがでます。

常用漢字の表外読みです。



間か(しずか ※「し」ではじまります

間かに(ひそかに  ※「ひ」ではじまります

間う(うかがう 

■本日の学習

字の意味を確認します。


旧字は「門」と「月(欠ける)」からなり、門のすきまの意を表します。
今使っている「間」はもともと俗字でした。
月の部分が日に置き換わったということですね。




1.あいだ。すきま。両者の中。ひま。あいま。

2.ま。部屋。

3.ころ。

4.しずか。ゆるやか。やすらか。=閑

5.ひそかに。

6.うかがう。ねらう。


7.スパイ。

8.へだてる。

9.そしる。

10.まじる。

11.病気が少しよくなる。

12.えらぶ。わける。

13.はぶく

14.することがない。ひまな。

15.なおざり

16.おおきい

17.かわるがわる

かなり幅広い意味がありますね。

問題に出した意味は4~6ですが、「ひそかに」「うかがう」という意味から7の「スパイ」が生じたというのがわかります。

すきまからそっとのぞくイメージです。
「家政婦は見た!」でも扉の隙間からひそかにうかがっていますね。
もともとの「間」の意味が想起できます。



日本固有の意味では、「関係」「仲」「あい(間狂言)」「間(けん:長さの単位=6尺)」というものがあります。



「しずか」の意味では以下の熟語があります。

「間語」(かんご) 
静かに話す。しんみりと話す。

「間房」(かんぼう) 
1.静かな部屋。
2.空き家。

「間歩」(かんぽ) 
1.静かに歩く。
2.しのびあるき。

「間澹」(かんたん) 
心静かで欲が少ない。

「間園」(かんえん)、「間庭」(かんてい) 
静かな庭。




「ひそかに」の意味では以下の熟語があります。

「間行」(かんこう) 
1.間道をいく。ひそかにいく。こっそり隠れて行く。
2.よこしまな行い

「間出」(かんしゅつ) 
1.人目をしのんで出る。=間行
2.まじって出る。




「うかがう」」の意味は以下の熟語があります。

「間候」(かんこう) 
間者となって敵情をさぐる。また、その人。







もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓

<<本日の学習【漢検1級】 | ホームへ | 本日の学習【漢検1級】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1894-afc37301
| ホームへ |
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。