スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

劇団EXILE W-IMPACT 『レッドクリフ-愛-』

2011.10.01(00:38)
[10/4深夜にUPしました]
仕事やってジム行ったりしてたらもう、眠くてサイトさまめぐりだけで精一杯な平日の管理人ですよ。眠いです!

うすれゆく記憶をとどめるために、夏に見たお芝居の感想など。

■劇団EXILE W-IMPACT 『レッドクリフ-愛-』

劇団EXILE レッドクリフ 公演情報

某出演者の友人に誘われて、たまにはミュージカルもいいなと思って行ってきました☆

コンサートとか観劇とか、自分一人の趣味だと偏るので、お誘いがあればノるようにしております。

今回も新しい世界が開けました! 一人だったらまずEXILEの劇団というのもそもそも思い浮かばないデス。
特に思い入れはなかったのですが、楽しめました!

AKIRAにも特に思い入れはなく、「ヒゲの人」「ドラマに出てる」「あれ、でもドラマとかCMに出てるEXILEのヒゲの人って二人いるよね?」程度の認識(ファンの人とAKIRA、ゴメン!)でしたが、舞台で実物みたらかっこよかったですよ!!!

人気あるのもわかるわー、と今更のように思いました。


関係者席なのでオペラグラスなしで見られる良い位置でしたが、宝塚と一緒で関係者割引はないYO!
(むしろ宝塚の銀橋前の席は高い!)

舞台の後でちらっとトークしましたが、1日に2回公演があるので大変そうでした。


■ストーリー

「ジョン・ウー監督の超大作・映画『レッドクリフ』にインスパイアされ
この夏、新たに2つの舞台作品として壮大に蘇る!」


とあるように、今回『レッドクリフ・愛』(AKIRA出演、ヒゲその1)と『レッドクリフ・戦』(MAKIDAI出演、ヒゲその2)という2つの劇が上演されました。


『レッドクリフ・愛』は、周瑜と小喬の夫婦愛を軸に、小喬に横恋慕する曹操、曹操軍にもぐりこむ孫権の妹・尚香などがからみ、赤壁の戦いが始まる!という内容です。

小喬(とその他世界)を力で全てを手に入れようとする私怨ちゃん・曹操、夫婦ラブラブな周瑜と小喬、敵陣でうっかり敵とフォーリンラブな展開になる尚香など、人がバタバタ死んでるという戦の真っ最中でもあくまで人は愛に生きる、という恋愛軸中心の正しいミュージカル。


でもちゃんと歴史的事実の戦略などはしっかり押さえているので、三国志ファンが怒り出すということは多分ないはず!



■キャスト(一部以外は役名省略)

AKIRA:周瑜

リン・チーリン:小喬

竹中直人:曹操

青柳 翔:叔材

東根作寿英:孔明
藤林美沙:尚香
香子:秀英

鈴木伸之:孫権

熱海将人
那須幸蔵
原田 治
大岩主弥
大曽根敬大
山崎将平
西海健二郎
武田晴彦
栗原功平
石井靖見
細川晃弘
押見啓太
廿野 大
横田晃大
齋藤久美子
小林由佳
西林素子
大隣さやか
英賀郁代
生田梨沙






どうでもいいけど、パンフレットがかなりいいお値段!
そして写真がどれもこれもかっこいいんですが、役柄での写真がないイメージフォトばっかりで、しばらく誰がどの役なのか舞台の上で見分けるのに苦労した!

知ってる人でも衣装つけて冠つけてメイクしてるから、わからんわあ!

あと、最後の最後で名前がわかるキャラもいるので、わざとパンフの役名と舞台上の人物がはっきりわからないようにしてるのかも。という気がしました。

主役のAKIRAの周瑜と、妻の小喬だけはお召し換えがあっても、はっきりわかるんだけど、人がたくさん出てくるから孔明・孫権・魯粛あたりが一瞬わかりにくいんだこれが!

あ、竹中直人は<ヅラで毛量増えてたけど、彼はわかりましたね!

あとはキャラが立ってる孫権の妹のやんちゃな尚香はわかりました。

この4人以外は、意外と台詞を聞くまではしばらく誰が誰だかわからない(^^;

だって!みんなゾロっとしたの着てるし、ヒゲだし・・・。<ヒゲに惑わされすぎ

素顔と全然違うからあああ!!

数人いるときは、会話で誰が誰だかうっすら把握しますが、アクション入ったりしてめまぐるしく立ち位置変わったりすると、もういけません。



■感想

とにかく、副題に「愛」とある通り、とりあえず各キャラが「愛」という台詞をものすごく言う舞台です。

キャストの個性に応じて、歌のパート、踊り&アクションのパート、台詞のパートが調整されていています。

演出がダンス的要素というか、劇団EXILEの特徴をうまく出していて、一つ一つのポーズと人物たちの立ち居地が歌舞伎のように、きちんと「絵」になるように考えて構成されてるのは、感心しました。

主役の周瑜と小喬は、お色直しも多く、それぞれ美しいいでたちで良かったです。

二人の出会いもダンスのようなフリで、台詞は少なめで主に身体で表現する感じでしたが、これが雰囲気がありました!


AKIRAは剣の扱いもかっこよかったですね。

引き抜くところと入れるところはさらにもっとビっとしてもいいかな?とも思いましたが全体的に殺陣のアクションは周囲も息ピッタリで迫力ありました。
ポーズが決まっていて、存在感あります。。
あまり背が高いイメージはなかったのですが、舞台では他の人より身長があるように見えました。
劇団EXILEが小柄な人が多いのか?と思ったのですが、Wikiみたら184cmでした。
おおお、思ったよりAKIRA大きかったよ!
でもバランスいいからヌボーっとして見えないですね。



リン・チーリンはとにかく、たおやかで美しい。
危惧してた通り、どうしても台詞がカタコト日本語っぽくたどたどしくなってしまうので、無理やり長くしゃべらせなくてもよかったのではなかろうか・・・。
踊りやしぐさで表現する分にはかなり素敵なので、そういう演出を増やして欲しかったかなあ。



尚香役の藤林美沙は熱演でした!
彼女のパワフルな歌声は良かったですね~。
アクションも、台詞も歌も全てひきつける力を持ってる感じでした。
尚香の恋愛話ももう一つの軸になっています。

孔明役・東根作寿英、なんか孔明って取り澄ましたイメージが多いのですが、どっちかというとトボケたコロンボとか金田一耕介とかの「だらしないオッサン系(実はものすごく切れ者)」という雰囲気を出していました。

叔材・青柳 翔はパンフのイメージフォトと、舞台のキャラのギャップが一番ありました(^^;

あとは何といっても竹中直人の曹操が、すんごく悪くて迫力のあるキャラでした!
さすがですね。

一番エロかった!(ほめ言葉)


AKIRAとリン・チーリンも色っぽいシーンがあります(絵になる)が、竹中直人とリン・チーリンのシーンはより生生しい感じで一番えっちだと思いました!



リン・チーリンの立ってるだけで絵になる色気は素晴らしい。
(台詞がないといいのに・・・!!)

秀英はとんだ貧乏くじ、小喬はいらんことしい、尚香は無鉄砲、とわりと出てくる女性の行動がツッコミどころありますが、それはそれでお話が進む上での大切な要素なのです(^^)

曹操軍の非情さ、パねえ!


適宜スクリーンを使って映像で演出したり、戦の様子で船をを上手く演出したり、飽きないように目を楽しませるつくりでした。

ミュージカルですが、全員が歌い踊るというのではないので、個性に合わせてもっときっぱる歌・台詞をわけても良かったと思います。


カーテンコールでの舞台トークでの竹中直人の落差がおかしかった(^^;)
毎回カーテンコールの際のトークでは、出演者一人をフィーチャーしているようでした。

AKIRAがかっこよいことを認識できて良かったと思いました。(ほんと今頃ですみません)

予想以上に楽しかったです!
ダンス要素があるので、アクションシーン全体が見ていて流れがあるのも個人的には嬉しかった。


出演者ともちょっとだけですが話もできたし、貴重な体験が出来ました。
誘ってくれた友人に感謝なのです。
<<本日の学習【漢検1級】 | ホームへ | 夏アニメ最終回ひとこと感想>>
コメント
【楽しそう・・・。】
しのぶん様、こんにちは。(こんばんは?)

レッドクリフのミュージカル、楽しそう~!!
私も関東圏なら観に行きたかったです!
御存知のように拙ブログでも何度かレッドクリフに触れてますが、私も主人の影響で三国志好きなのです。

>AKIRAにも特に思い入れはなく、「ヒゲの人」「ドラマに出てる」「あれ、でもドラマとか
>CMに出てるEXILEのヒゲの人って二人いるよね?」程度の認識
>(ファンの人とAKIRA、ゴメン!)

おぉ~。私も近い認識です。
朝の一応ニュース番組?に出演してるのがMAKIDAI?で合ってます?
AKIRAはもうちょっと優しそうなイメージの顔立ちの人かな?

どちらかというと洋曲やクラッシック系が好きなうえ歌番組を見ないので、曲は聴いて知っていても顔が浮かばないアーティスト多し、な私です。
でもEXILEは洋曲ばかりの私のPCの中に
唯一、入っている国内アーティストです。(銀河鉄道999が好きで・・・)

それはさておき、赤壁の戦いなど舞台でどうするのか?と読み進めたら、映像も併用されているのですね。
納得です。
三国志演義自体が脚色されまくった物語で、レッドクリフでは頼りない恰好だけのイメージの魯粛も相当、キレ者、豪胆な人物だったようです。
演義においては劉備を主役にするためには孔明がスーパースターでなければならないので、魯粛は何だか情けないオジサンにされて可哀相なキャラです。

昔からずーっと孔明大天才!で演じ続けられているので、すでに史実と化してきてるのでしょう。
もちろん周喩が有能であった事は間違いないようです。

史実では有り得ない「曹操が若かりし時に見かけた小喬を思い続けてた(会った事もないハズだけど美人だという評判は聞いていたらしい)」
「赤壁の戦いの真っ最中、その場に孔明は居合わせていない」
「尚香は後に劉備と年の差婚はするけど戦には出てない」の二つの愛を創作することで、レッドクリフは盛り上がるのでしょうね~。

私としては映画の金城武は素敵だったし、私があの人だ!と見当をつけているAKIRAなら「周喩、カッコいいー!」とうっとりできそうなので脚色はどんとこーい!ですね。でみればパンフレットに史実も紹介してくれれば言うことナシです。

ちなみに三国志占いってご存知ですか?色々な三国志占いがあり、もうどのサイトだったか忘れましたが戦の攻め方、捕虜の扱い、外交手段等を細かく質問に答えて、どの武将のタイプかを見る、というのがありました。
私はそれだと周喩の後を継いだ陸孫でした。レッドクリフでは出ないキャラですが、彼も美男子だったそうです。
呉の国は都督になるには容姿も大事だったのかも・・・?
【2011/10/07 12:28】 | 三香 #- | [edit]
【三香さま】
三香様、こんばんは(こんちには?)(^^)

> レッドクリフのミュージカル、楽しそう~!!

やってることすら知らなかったので、こういときにアレコレ友人からお誘いがあると世界が広がってありがたいですね。
歌がメインのミュージカルというよりは、色々な要素が入った劇という形で、現代的でかっこよい感じでしたよ!

> 私も関東圏なら観に行きたかったです!
> 御存知のように拙ブログでも何度かレッドクリフに触れてますが、私も主人の影響で三国志好きなのです。

三国志は実は横山三国志を昔持ってて読んだら、人数多すぎてキャラのかきわけがだんだん出来なくなってきたせいか誰が誰だか余計に混乱した、という過去があります。
NHKでやってた人形の三国志はすごくよかったので最初から見てみたいです~。
人数多い+中国人の名前は短くて似てる=色んな媒体で読んだり見たりしてるのに、メインキャラ以外がなかなか覚えられないという難関ですが、三国志は面白いですよね。


> おぉ~。私も近い認識です。
> 朝の一応ニュース番組?に出演してるのがMAKIDAI?で合ってます?

ニュースに出てるんですか?<最近めっきり情報にうとい。
ちょっと顔が正方形とか八角形っぽいのがMAKIDAIで、長方形なのがAKIRAですね。

> AKIRAはもうちょっと優しそうなイメージの顔立ちの人かな?

たしか、1回偶然見たタンブリングというドラマに出ていて「こんな長髪の教師いないよ~」と
思った覚えがあります。MAKIDAIより目がちょっと大きい感じなので、多分そうだと思います!

・・・このいい加減なやりとり、ファンの人とAKIRA&MAKIDAIに怒られそうです(^^;)

> どちらかというと洋曲やクラッシック系が好きなうえ歌番組を見ないので、曲は聴いて知っていても顔が浮かばないアーティスト多し、な私です。

特にグループだとほぼ覚えられませんね!
EXILEは人数増えた上にちょとちょろ動くから(ダンスしてるから当然デスが)、誰が誰やら
わからなくて困ります。

> でもEXILEは洋曲ばかりの私のPCの中に
> 唯一、入っている国内アーティストです。(銀河鉄道999が好きで・・・)

EXILEはあのあぜ道(あのアタマ見るたびにうずうずする)サングラスのカレが歌うまいと思います。もう一人も!

999歌ってたかしら?と思ったのでググッたらキリンビールのCMソングで歌っていたのですね。
知りませんでした。

> それはさておき、赤壁の戦いなど舞台でどうするのか?と読み進めたら、映像も併用されているのですね。
> 納得です。

軍勢とか戦いを上手く映像や音、照明効果で表現していました~。
適度に状況説明もスクリーンでTVのように出るので、便利だなと感心しましたよ!

> 三国志演義自体が脚色されまくった物語で、レッドクリフでは頼りない恰好だけのイメージの魯粛も相当、キレ者、豪胆な人物だったようです。
> 演義においては劉備を主役にするためには孔明がスーパースターでなければならないので、魯粛は何だか情けないオジサンにされて可哀相なキャラです。

大体、劉備は客観的に言ったら単なるヘタレでどう見ても実力はやはり曹操が一番ですからね・・・・(^^;
脚色すごいので、中国史と、中国文学との間の隔たりを感じます。
今回の舞台では、魯粛はわりと良心的できちんとした武将でした。

> 昔からずーっと孔明大天才!で演じ続けられているので、すでに史実と化してきてるのでしょう。
> もちろん周喩が有能であった事は間違いないようです。

最後、孔明なかなかやるう!という感じで現れますが、今回は完全に周喩が主役なので最初から最後まで有能でかっこよかったです。
有能かつイケメンという無敵のキャラなので、三国志の中では1周喩ファン多いですよね。
多分もう少し長生きしたら歴史変わってたと思います。

> 史実では有り得ない「曹操が若かりし時に見かけた小喬を思い続けてた(会った事もないハズだけど美人だという評判は聞いていたらしい)」

これが今回の全てのポイントになるくらいになってましたから、「愛」が戦いの原因の私怨?!と思わせるようなところがなかなかのツッコミどころでした(笑)

> 「赤壁の戦いの真っ最中、その場に孔明は居合わせていない」
> 「尚香は後に劉備と年の差婚はするけど戦には出てない」の二つの愛を創作することで、レッドクリフは盛り上がるのでしょうね~。

映画のレッドクリフは見てないのですが、今回尚香が敵陣営に男装して兵士として乗り込みますからね!
そこでフォーリンラブもしますからね!!無茶!!!
と思いつつここは開き直ってエンターテインメントとして楽しむことが重要☆

> 私としては映画の金城武は素敵だったし、私があの人だ!と見当をつけているAKIRAなら「周喩、カッコいいー!」とうっとりできそうなので脚色はどんとこーい!ですね。でみればパンフレットに史実も紹介してくれれば言うことナシです。

もうミュージカルは脚色あってナンボなので気にせずここは楽しんだものがちです!
多分三国志ファンって色々な作品を通じて楽しんでるので、多少の史実からの乖離には慣れていると思います。
赤壁の戦いで曹操が勝った、とか明らかな史実ねじまげがなければOKですよ♪

> ちなみに三国志占いってご存知ですか?色々な三国志占いがあり、もうどのサイトだったか忘れましたが戦の攻め方、捕虜の扱い、外交手段等を細かく質問に答えて、どの武将のタイプかを見る、というのがありました。
> 私はそれだと周喩の後を継いだ陸孫でした。レッドクリフでは出ないキャラですが、彼も美男子だったそうです。

コレと一緒かどうかわかりませんが、見つけたのでやってみました!http://doron.allabout.co.jp/s/070530/index.htm

最初やったら張飛でえええ?と思ったので(張飛に微妙に失礼)、再度やったら質問が変わっていて司馬懿になりました。
陸孫もイケメンでファンが多いですよね。

> 呉の国は都督になるには容姿も大事だったのかも・・・?

確かに・・・!見た目とか人相で決めてたりしてたのかもしれませんね(^^)
【2011/10/08 00:58】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【My三国志占い】
しのぶん様

連休は如何お過ごしでしたか?
私は元教え子達に算命学入門編の講義を初めてしました。
一度、自分のレベルを知るためにも教える事をしてみたかったので良い機会でした。

さて、下の一文。

>・・・このいい加減なやりとり、ファンの人とAKIRA&MAKIDAIに怒られそうです

自分も加担しておきながら笑えてしまいますね。いや、本当にファンの方には申し訳ないですが、決して、けなしているわけではないので許してもらいましょう。

>劉備は客観的に言ったら単なるヘタレ

今、蒼天航路(アニメ)が放映されてますが、そちらでも通常モードの劉備はヘタレです。(たまに覚醒して人心を掴む事がある)

>多分もう少し長生きしたら歴史変わってたと思います。

ですよね。劉備は孔明がついてくれていても厳しかったでしょうね。
周喩は美人薄命ならぬ美男薄命?

>尚香が敵陣営に男装して兵士として乗り込みますからね!

映画でも乗り込んでました。でもフォーリンラブ、というより友情っぽい演出でした。相手役が運動神経をウリにして、武功を挙げる為に村から出てきた気の良いお兄ちゃんだったので、お姫様のセンサー反応しなかったのかもしれません。


三国志占い、下のサイトです。
久しぶりに探してやってみたら今度は朝臣になってました。何にせよ武闘派ではないようです。

「My三国志占い」
http://my3594.net/evaluation/

しのぶん様ご紹介の占いもしてみたら、とんでもない結果がでました。
呂布~~~!?
彼は私とは遠い距離にいる人だと思っていたのですが・・・。
しのぶん様の張飛もイメージからすると遠いような・・・(^_^;)
こういう予想外の結果が出るのも面白いですね。

【2011/10/11 11:47】 | 三香 #- | [edit]
【三香さま】
三香さま、こんばんは!
連休中は、ゴロゴロと映画を見たり、片付けたり、墓参をしたり飲んだり、発表会に出たり
細かく色んなことをやっておりました(^^)

> 私は元教え子達に算命学入門編の講義を初めてしました。
> 一度、自分のレベルを知るためにも教える事をしてみたかったので良い機会でした。

おおお、それはまた新たな局面を迎えられたのですね。
人に教えると、実は一番自分が勉強できるのでいいですよね!
アウトプットと人の役に立つことの2つを同時に出来るのでいいこと尽くめなのです。

> 自分も加担しておきながら笑えてしまいますね。いや、本当にファンの方には申し訳ないですが、決して、けなしているわけではないので許してもらいましょう。

AKIRAは長方形というより楕円形かな、などと後で考えましたが、どっちにしても大雑把すぎる表現になってしまうことに気づきました。
ファンやご本人には、こんな風に把握する人間もいるということで(^^;)


> 今、蒼天航路(アニメ)が放映されてますが、そちらでも通常モードの劉備はヘタレです。(たまに覚醒して人心を掴む事がある)

蒼天航路アニメになってたんですね!連載初期はリアルタイムで読んでいましたが、どこまで進んだのでしょうね(^^;)

> 映画でも乗り込んでました。でもフォーリンラブ、というより友情っぽい演出でした。相手役が運動神経をウリにして、武功を挙げる為に村から出てきた気の良いお兄ちゃんだったので、お姫様のセンサー反応しなかったのかもしれません。

映画でも乗り込んでたのですか!
舞台でも気のいいちょっと抜けた感じの、田舎から出てきたおにいちゃんという役でした。
後から「これは恋なのか・・・?」と戸惑ったら周囲の女性が「それが恋です」と断定したので思いに気づいた、という展開でした。
本当は友情だったのに、洗脳かもしれませんね(笑)



> 「My三国志占い」
> http://my3594.net/evaluation/

私も挑戦してみたら三香さまと同じく、朝臣タイプでした。
似た武将は「マツモ」・・・って誰?と思ったら、占いを作ったご本人でした(^^;)

> 呂布~~~!?
> 彼は私とは遠い距離にいる人だと思っていたのですが・・・。

これは意外すぎますね!

> しのぶん様の張飛もイメージからすると遠いような・・・(^_^;)
> こういう予想外の結果が出るのも面白いですね。

質問が変わると全然違う結果になるので、この占い、偶然性がかなり高いと思いますw
でも、ちょっと面白いのは確かですね。
【2011/10/11 23:31】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1841-853e5de7
| ホームへ |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。