スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

2011年夏アニメ一言感想 その1

2011.08.03(01:02)
[8/5に書きました⇒8/6深夜にUP⇒8/8追記しました]

はい、油断するとどんどん日が経っていきますね。
この記事書くまでに、まず録画を見るところまでが結構時間かかりました。

仕事⇒家事⇒ジムその他稽古⇒いろんなイベント⇒気づくと録画ためっぱなし Σ(゜ロ゜;)!!

という毎日で、なんか後半ほとんど好きでやってる交友関係&趣味関係なのにいつの間にかスケジュールに追いまくられてる余裕のなさが、自分でもトホホです。

外で色々な用事を一度に済ます日がほとんどですが、定期的に引きこもって延々録画見ながら家事をするという「静」の日を過ごすことでバランスをとっております。

が、やっぱり時間がもうちょい欲しい。
贅沢を言うと、ゲームとか、ただぼんやり寝るとか「無為な時間」があるとさらに嬉しい。

やりたいことがたくさんあって、色々こなしたり練習したり勉強したりは楽しいのですが、何もしないというのも休暇としては素敵ですよね。


まとまったリゾート的な夏休みとは無縁な管理人は、いつもと変わらないコマコマした休みをとるすごし方をしております。

平日に休みをとって美術展鑑賞やイベントをねじ込むのが、ささやかな贅沢デス。

前置き長くなったけど、いきますよー。


録画環境が整ったからといって録りすぎたorz

オットの人のリクによって録画してるのも含めて、以下、一応1話だけは見たのですが時間的にあまりにも厳しいので、全部見ることはなさそうです。

思い入れの少ない順から。

【まだ1話しか見てないアニメ】

■ロウきゅーぶ!

公式サイト

ロウきゅーぶ! (電撃文庫)
蒼山 サグ
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 1686

ロウきゅーぶ! 1 【初回生産限定版】 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-09-28)
売り上げランキング: 194


いわゆる萌えアニメですな。

むらがるアキバ系の物理的にいろんな意味で大きなお友達が、抱き枕とかフィギュアとかポスターとかを探してアキバに集う姿が頭をよぎりました。

え?

これ・・・学校・・・の制服・・・・・・?

メイドのコスじゃなくて?!


[8/8追記]--------
週末もう一回落ち着いて見てみたら、「小学校」というのはかなり最初でわかったのと、やっぱりメイドコスだというのを把握。片手間に見ると見落としが激しいな!

でも制服もピンクのヒラヒラで「えええコレ制服?」と思ったのは確か。
----------------

何よりもコレ見終わった瞬間に、思わず声に出して突っ込んでしまったこと。

「小学生かよっ!!!」


設定知らずに、家事の片手間に見てたせいか見落としてたのかもしれませんが、かなり最後のあたりで彼女たちが小学生だというのがわかったんでビックリですよ。

これに萌えてるお友達は、確実にアレだ。

本気の皆さんだ。うん。


原作読んでるオットの人の解説によると、

「作者は本当はスポーツものを書きたかったのではないか」
という感じらしいので、

萌えはもしかすると「あとからテコ入れ的に過剰に盛り込まれた要素」の可能性はあります。

2話目以降、本格的にまじめにスポーツに取り組む友情物語が始まるのかもしれません。(解説見ると、やっぱりそんな感じ)

だがしかし、この1話の萌えでおなかいっぱい。

もうちっと元気出たら続き見るかもしれません・・・。

[8/8追記]--------
1回目を見てみたら、わりと真面目にバスケットものになりそうな要素を発見しました。お兄ちゃん呼ばわりとか、シャワールームとか萌え要素はやっぱりロリロリでしたが、元気なときは見るかも。
----------------
[10/3追記]--------
結局最終回まで見ました!
----------------
今回、小学生女子の制服とか体操服に萌えを見出せないことを発見したという点で、自分のノーマルな一面の保証されたような安堵感を覚えました。


どうもオタクの男(しかもモノホンの)向けに作られた萌え要素は、色とかデザインとか、声とかなんか独特すぎてノリについていけないのが発覚。

・・・多分BLとか女性向けの萌えについて、男性側はまったく同じように感じてるんだろなと思いますが。


とりあえず、顔の下半分にパーツが寄り集まってる系の絵はピンと来ないんだよな・・・。(萌え絵じゃない方が、実は萌えるという好み)
もともとはラノベなんで、絵が萌え萌えになってるのは作者の責任ではないとは思いますが。

[8/8追記]--------
萌え絵のせいか、やっぱり大人の女なのか小学生なのか、主人公の高校生も含めて、各キャラの年齢が把握しづらいYO!
あと、背が高くてウジウジしてるのがよくわかんない・・・。
----------------

あ、最初イミフと思ってたタイトルは「バスケ部」=籠球部ということだったと後から気づきました。(遅い)

ロウきゅーぶ!〈3〉 (電撃文庫)


■まよチキ!

公式ページ

まよチキ!①【初回限定版】 [Blu-ray]
キングレコード (2011-09-21)
売り上げランキング: 328



萌えアニメその2。

これもラノベ原作。
実はオットの人はラノベマスターなので、ほとんどのラノベを読んでてこれも既読でした。


絵はロウきゅーぶ!よりも萌え度低め、ロリ度低め(小学生じゃないからね☆)ですが、こちらもまごうことなき、大きなお友達向けのオーラが出ています。



最初から最後まで「んなバカな!!!」という、難易度低いギャルゲみたいなシチュエーション、ラブコメのお約束で満たされています。

わざとなんだろうけど、つっこみどころが多すぎて、展開もわかりやすすぎて
なんというか、忙しいときに見たせいか(見るなよ)萌えの記号&アホ設定のオンパレードにおなかいっぱい。


毎朝たたき起こす妹、
運転手で送迎されるお嬢様(親が理事長)、

執事も一緒に登校、

その執事は女子にモテモテの男だとおもったら女だった、

女体で鼻血の特異体質、

ドSのお嬢様。


漫画だと編集さんからかなり辛口評価もらいそうなキャラ設定、
という気がするのは気のせいか?


特に、執事が実は女の子ってあたり、

この手のシチュエーションはギャグとかファンタジーとかわかってても、

「いや、ありえねー!!!」

とかなりイライラしてしまいます。

2次元の世界にコレ言っちゃおしまいなんですけど、このあたりには管理人はかなり心狭いんですよ。スミマセン。


ホスト部、ある日機嫌悪いときに読んで、挫折したのも同じ理由。

もともと漫画や創作はファンタジーなんで、非現実的でもいいんだけどさ。

この点をオットの人に話したら、「池田理代子の男装の麗人と一緒だ」と言われたけど、違うから!
あれはいかにバレないようにするか水銀で声つぶしたり、苦悩してるから!!
あとオスカルさまはちゃんと女バレしてるから!

「どっから見ても女の子にしか見えないキャラ」が、何の躊躇もなく普通に男で通用する世界観って、
BLの「男同士が迷いもなく【結婚】して【子供も作る】」という超展開と同じく、
お気楽すぎて個人的についていけないっす。

とはいいつつ、好きな人は見ればいいと思う。
そういう想像世界を楽しみたいという要求もあると思いマスし!

魔法なんてあるわけないじゃんっていったらハリポタ終了、ってなるのと一緒で、違和感あるなら見なければいいのさ。

モヤモヤするのは管理人の勝手なので、直せといいたいわけではないです、念のため。

この手のものはコメディにしても違和感の方が大きいので、以上のような理由で、多分当分見ないかなあ。


なんでトイレの扉あくんだろ、とか。

男装してたらキャラ物のパンツなんてはかないんじゃね、とか。

押し倒したときノーブラのオパーイがほぼ露出して、胸タッチ、とか。

そんなにでかい胸なのに、サラシもなしによくばれないよな、とか。


ありとあらゆるラブコメご都合主義の非現実が押し寄せてきて、
時間に追われて日々の家事をこなしながら頑張って見てたら(そこまでして見るなよ)イラッとした!

多分
「あー暇、空から女の子が降ってこないかなあ」
と思いながらポテチ食べつつ完全リラックスモードで見てたら、
ここまでイラっとしなかったんだろうと思う。

社会人って余裕なくて、やーね。

小説読む余裕がなくて、ついドキュメンタリとか教養本ばっかり読んじゃう(最近の管理人の傾向)とか、多分そういうのと同じなんだと思います。
非現実の世界で心を解放するのって、実はある程度の遊び心が必要だとしみじみ思います。



ただ、まあ、オットの人情報によると、2話からもうちょっとキャラの特徴とか色々出てきて面白くなるのではとのこと。

多分、1話目でキャラ登場ということで、わかりやすい記号がバーンと出てきちゃったのかとも思いますが。


タイトルは主人公の男が「チキン」ってのからきてたのね。ふーん。

Wikiってみたら、確かに原作はわりと面白そうなので、アニメも面白くなるような気もするけど、時間が限られてるのでなあ。

アニメ見る限りでは、意外性や謎が全くないのでストーリー追いかけるという風でも、
萌えキャラ追いかけるという風でも、
笑えるツッコミどころがある風でもないので、

よほどの余裕がなければ見ないかと。

というよりは、忙しくないときに見よう。罪のないアニメに一々イラッとするほうがいくない!

まよチキ! 1 (MFコミックス アライブシリーズ)

メディアファクトリー (2010-10-23)


タイトルロゴが「よつばと!」みたい。同じデザイナーさんだったりして?

それにしても、「!」がつくタイトルって、意味がよくわからないの多くないか?


うわ、なんか長くなった!

文句がメインで、しかも「多分見ない」とか言ってるアニメだけで長くなった!

辛口でゴメン!
睡眠不足で機嫌悪いせいもあると思う。(ブログ書いてないで寝ろよ)



ドラマの「IS」が思ったよりもかなり良い(イイ感じだから感想書きたいんですよ!)ので、その分どうしてもジェンダー軽く扱ってる作品には厳しい目を向けてしまうのでした。

萌えアニメにはお門違い重々承知ですが、ついほえてしまった。

てなわけで、一旦切ります。


現在のFC2ブログランキング順位はこちら
現在の人気ブログランキングの順位はこちら
<<2011年夏アニメ一言感想 その2 | ホームへ | 今見ている夏アニメ>>
コメント
【ちょこちょこスミマセン^^;】
いけるときにまとめていっちゃう?作戦だったり^^;

『まよチキ!』のしのぶんさんのツッコミ。
うんうん!と激しく同意!
もー本当に、色々、ツッコミどころ多過ぎですよね><!
全編もやもや~んとしていたことを全部言葉にして言ってもらった感じです。
ええ、スッキリ☆

話飛びますが、「海街diary④」出ましたね。
今回も面白かったです。
どうしたらこんな話が描けるんでしょうかね~ってくらい登場人物たちが生きてる。
単純な考えしか出来ない私に人生の色々を教えてくれる教本みたいですよ。
スポーツ店の店長さんにもこんな裏話があったのなら、その店長さんを好きになった千佳のエピソードもあるのかもしれませんね。

なんか、まとまりのないコメント色々失礼しました^^;
では、また~♪
【2011/08/28 18:41】 | ハトはは #HuBhO90w | [edit]
【ハトははさま】
うわああ、こちらのコメント返し、かなり前にしたつもりだったのに
なんか消えてた!!!多分エラーが続いてたときだったと思われますが、大変失礼しました。

すみませんっ。

> 『まよチキ!』のしのぶんさんのツッコミ。
> 全編もやもや~んとしていたことを全部言葉にして言ってもらった感じです。
> ええ、スッキリ☆

同意していただけて嬉しいです!
『まよチキ!』の突っこみどころは、なんかイラっとする感じでマジ突っこみしてしまうあたり
個人的に自分には向いてないな~と感じました。
結局1話だけで見てません。

ロウきゅーぶも「おいおいロリじゃねえか!!」というツッコミどころ満載なんですが
落ち着いたら意外と流せるレベルでしたw

> 話飛びますが、「海街diary④」出ましたね。
> 今回も面白かったです。

私も発売日に買いましたっ!
友情から恋に変わるあたりがリアルだわ、と思いながらさわやかな中学生たちを堪能しました~。

> どうしたらこんな話が描けるんでしょうかね~ってくらい登場人物たちが生きてる。
> 単純な考えしか出来ない私に人生の色々を教えてくれる教本みたいですよ。

不倫嫌いな私ですが、不倫はよくないけどわりきれない部分があるというあたりを
イヤミなく描いているので、不快感がそれほどなく読めてしまうのがすごいなと思います。

もともとしっかりしてるキャラだからこそ成り立つ話だろうなと。
実際の不倫するタイプは被害妄想&自己中という形式が多いのですが、そんなもの漫画に描いてもつまらないですし、そういうパターンにおとさないような深みのあるキャラを作り上げてる作者はオトナだなあと思います~。

アフロカポーの詳しいエピソードも読みたいですよね。

コメント遅くなって本当にすみませんでしたっ!





【2011/09/14 01:36】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1815-3c2aee75
| ホームへ |
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。