スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

2011初夏の管理人 トレーニング成果発表その2

2011.06.04(22:27)
[6/18に書きました]

管理人が今やっているメニューやレッスンで気に入ってるものを紹介します。


■管理人の好きな運動のタイプ

あまり呼吸器や心臓が丈夫ではないので、エアロビクスやコンバット系の有酸素運動は負担が大きい&ぶっちゃけあんまり面白くないので、インナーマッスルをじわじわ使う系の運動がスキです。


・太極拳

子供の頃からずっとやりたかったのですが、初回参加したときから「これだ!」と思いました。起勢やるだけで、呼吸と身体の動きの連動で身体の中でなにか良い感じの変化が感じられます。

12式、24式、18式、32式などの制定太極拳中心に、ゆったりじわじわ動くことで足腰をものすごく鍛えられて、汗もものすごくかきます。

呼吸に負担がかからないのと足腰を強くできるので、お年寄りや体力無い人にはに本当にオススメ。

はじめあがらなかった脚もかなり上がるようになりました。

腿をものすごく使います。腿を使うと全身がカッと熱くなるので、少しの時間でカロリー消費もすごいです。

わかりやすさにこだわった太極拳二十四式
大畑 裕史
愛隆堂
売り上げランキング: 18517

DVDでマスター おぼえやすさにこだわった太極拳四十八式
大畑 裕史
愛隆堂
売り上げランキング: 99494

DVDも買いましたが、独学は無理なので、どちらかというと習ったことの復習用に使っています。

太極拳でも速い動きはありますし、伝統太極拳だともともとの武道の要素が強いので中国拳法と同じ感じだったりします。

が、私はゆったり呼吸して「戦いで実践的ではない」と言われる健康のための太極拳が好きです。

無理なく適度な負荷がかけられて、やってる間も動き自体が単純に楽しいから。

でも伝統太極拳も興味はあるんですよね。

太極拳は色々流派があって、制定太極拳は楊式の影響が大きいですが、各流派で色々もめたりしがちなので、入門するなら慎重にしないといけないかなあと及び腰です。

将来的には入門したいですが、今のところはこれ以上の時間をさくことが物理的に無理なので控えています。




・中国拳法
中国武術の本   幻の拳法と奇跡の技の探究 (New sight mook)

学習研究社
売り上げランキング: 16355


これは動きが速く、筋肉もものすごく使うので、実は一番しんどい。
呼吸や心臓にも負担がかかるので、体調が微妙なときは参加できません。
どちらかというと有酸素運動に近いです。

速い動きなので、型を覚えるのが少し大変。

上半身、下半身、股関節がやった直後ものすごく筋肉痛になります。

上半身をねじるためぐるりと全体がベルト状に痛くなり、普段使っていないところも鍛えられます。

股関節の柔軟性が特に求められますが、これは自分の身体を痛めないよう気をつけて取り組む必要があります。


やってるうちに殺気が出てしまう&肩に力が入ってしまうので、これをもう少しなくしていきたいです。

長拳とか少林拳とか色々なものを教えてもらっています。

やっていてかっこいいとは思いましたが、自分自身はあまりかっこよさ、俊敏さを身に着けたいという意識がないのがよくわかりました。

ゆったり太極拳の方があってる感じです。

自分の攻撃本能を目覚めさせるのがいやなのかもしれませんね。(ほら、タダでさえ戦闘モードになりがちだから!)


・ピラティス


筋肉について勉強しながら動くことができて楽しいです。

インナーマッスルを鍛えつつ、柔軟性を養う。

上級向けは難易度高いワザも多いのですが、初級~中級レベルの動きならなんとか着いていけます。
短時間&少ない回数でよいのですが、「正確に動く」ということが求められます。


・ヨガ

これはあらかじめ自分の骨格や体質を見極めないと怪我する可能性が高いので注意です。

ヨガにも色々種類があります。

リラックス系も好きだし、パワーヨガ系も好きです。

最初やったらへとへとになったパワーヨーガも余裕でついていけるようになりました。

はじめてのヨガ [DVD]
はじめてのヨガ [DVD]
posted with amazlet at 11.06.18
株式会社グラジオラス (2009-04-23)
売り上げランキング: 11788


種類に迷ったら下の本で色々見て雰囲気をつかむのも手です。
ヨガが丸ごとわかる本 (趣味の教科書)
Yogini編集部
エイ出版社
売り上げランキング: 68579





呼吸と緩急の動き、それぞれの身体に合わせてポーズの難易度を変えられるところがいいです。

ねじり系・バランス系の動きは得意ですが、コレは無理、というものもあるので、見極めながらポーズをとっています。

英雄のポーズが好きです。

苦手なポーズも少しずつ柔らかくなってきたので、前よりできるようになってきました。
前後開脚も最初に比べるとかなりできるようになってきましたYO!(あくまで本人比)

ジムに行き始めた頃は小学生の時にできてたポーズができなくなっていたのですが、だんだん元に戻っていって、今はそれよりもできるようになってきました。

寝る前も気の向いたときはストレッチしているのですが、サボりながらも続けていると確実に股関節が開くようになってきます。

柔軟性を養うのには一番ですね。

最後に必ずリラクゼーションの時間があるのですが、ほぼ確実に寝てしまいます。
そこで疲れが程よくとれるのも気に入っています。

ポーズの意味や思想背景も興味があるのでポツポツ本も読んでいます。


・社交ダンス

昔からそうですが、密着度の高いスタンダードが特に苦手

人に合わせて動く、勝手に女性が動かない、身を任せるけれども自分でも支えているという微妙なバランスの姿勢、すべてが非日常。

きれいに踊れるようになりたいのですが、これは本当に難しい。

ラテンの方が好きで、やはりスタンダードに比べるとうまく出来ているようです。

相手の動きを的確に読んで反応することが求められるので、このレッスンのときはよく寝て、頭がさえている状態にしないといけません。

これが一番の難関だったりして。

さえてるときとそうでないときの、出来の差がくっきりしているので面白いです。

このレッスンでは姿勢がよくなります。
あと、男性に従うという部分で、相手に合わせるという配慮を身に着けるという意味では性格改善にもいいかも

私以外の女性も皆さん、どちらかというと一人でどんどん踊ってしまうという現代的な性格の生徒が多いので、よく注意されてます(^^;

人に自分の身を預けるということは、あまりしたことがないので本当に新鮮ですね。


・ラテンダンス
サルサ! [DVD]
サルサ! [DVD]
posted with amazlet at 11.06.18
ポニーキャニオン (2004-03-03)
売り上げランキング: 28360

この映画面白かったです。サルサののりがわかるというか、ラティーノのセクシーな雰囲気をどう皆が認識してるかがよくわかります(^^)コメディ要素も強いですが、ちゃんと音楽もいいので家にあって何回か見るのにいいかなあという。
たまにペアダンスもやったりしますが、ラテン音楽大好きなので、これは意外とついていけています。

かなり激しいので、中国拳法と並んで珍しく有酸素系

でも動きも含めて音楽的なのでやっていても楽しいです。

全身の筋肉を使います。やわらかく動く訓練になります。


・ベリーダンス


出たー(^^)

多分今、一番はまっています。

他の人からよく褒められるのが太極拳とベリーダンスです。

好きで、なおかつ多分自分にあっていると思えるせいか、家でも練習します。

この二つは足音をさせないで動くというのも大きいですが。

跳躍もありますが、あくまでバレエと違って地面へ地面へ、という感じで摺り足っぽいのが基本。

ドタバタしないで、しなやかに動く。

女性性を大切にしようと思った結果がこんなところにいきつくとは。

もともと、ラテンや中近東の音楽が好きなのでリズムにのるのも違和感なく出来ます。


ベールジル(指につける小さなシンバル)、色々な小物を使ったりもします。

世界的にはアメリカ発祥のトライバルが「かっこいい」と人気(一言でいうとマッスル使う難易度の高い踊りでちょいと無国籍な感じ<ざっくりすぎ)ですが、管理人はもともとのオリエンタルが好きですね。

はじめてやったときは腰痛がひどくなったのですが、続けて出たら逆に腰痛が治りました

骨盤や、腕だけ、首だけ、肩だけ、など、筋肉や骨格の各パーツを独立させて動かすので、すごく勉強になります。

筋肉や骨の勉強をしながらだと、よけいに発見があるので面白いです。

各パーツを自在に動かせるようになるのが理想なのですが、自分の身体の各場所を細かくコントロールする楽しさがあります。

腹筋の下の部分だけ、とか、本当にびっくりするくらい細かく狭い範囲をぐねぐね動かすという非日常な筋肉の動かし方をします。

あと、自分はともかくなにかある場合は皆の衣装もきれいなので見ていて楽しいです。

太っていてもやせていても、踊りが下手でも皆それぞれ素敵に見える踊りです。

シミーといって、揺らす動きは1分やるだけで滝のような汗をかきます。

短時間で筋肉を使った激しい運動ができるので、その点でもいいです。

肩、腹筋、お尻、もも、背中がかなりひきしまります。

ベリーダンスではどっちかというと豊満で出たおなかを揺らすのが肉感的といわれているので、その点ではかなり失格気味な管理人ですが自分が楽しいし、特に人前でやるわけではないので気にしないことにしてます!

ショルダーシミーや、スネークアーム、ヘッドスライドも最初に比べてかなり出来るようになってきました。





他にも色々なストレッチ方法を教えてもらって、何度か自分でもやって身に着けたあとは家でもいくつか気にいったものをやったりしています。

とにかく体調を整えるという意味では、柔軟性を養うことが一番かなあと痛感しているので。

腰痛と肩こりがかなりなくなったのはありがたいです。



■運動を始める前に

運動はじめるときは、自分の好みに合わせて楽しいものを選べば続くと思います。

管理人はインナーマッスルと音楽を使うものが好きですが、激しいのが好きな人もいると思いますし、走るのが好きな人もいると思いますので、それぞれの好みで実践するとよろしいかと!

好みがわからない場合は、とりあえず色々レッスンやマシンを試して探るのもアリ。

あと、運動始める前にできれば自分の体質や、体格の問題を正確に把握しておくといいと思いますよ。

管理人の場合、かなり腕ききの整体の先生やその他のお医者さんに診てもらっているので、多少他の人よりも自分の身体の問題がわかっています。

「この動きは無理」などあらかじめ注意することができたので、怪我もなくすんでいます。


清水義則の小説にもありましたが「スポーツする人の方が怪我が多くて結果的にあんまり健康じゃない説」というのも否定できない面があります(^^;)

実際、運動しない人の方が怪我しないです。

運動始める前に特に脚や腰、背中の骨の形などをつかんでいないと、皆と同じ動きをしようとして無理が負荷がかかって怪我するという落とし穴があるので注意です!


特に、股関節周辺や脚のつきかたは個人差が大きいので、ヨガなどやる前に先生に相談するなどした方がいい場合があります。

持病がある、昔怪我した場所がある場合も、自分の身体は自分で守る意識を持ってやる方が安全ですよー。

学校の体育やその他で「皆と一緒でないといけない」という思い込みがとりわけ日本人には強いと思われますが、本来人の身体はそれぞれ違っているので、あくまでマイペースに取り組むことがいいと思います。


■あくまで無理のない範囲で!

「時間と気力と体力がない」という場合でもやれる運動もわかってきたのでそのあたりも。

基本的には「ジムやレッスンに通って運動する時間と体力がある」というのはかなり恵まれた状態だという認識です。

本当に深夜残業が続くような場合はそれどころじゃないですもの。

なので「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」的な、苦労知らず&無神経なアドバイス「自分で運動できなかったらジムにいくといいよ!」とかは、管理人は絶対しませんよ。

疲れて歩いて帰るだけでHP使いきってるような人に「お金がないなら走ればいいじゃない」も言いませんよ。

勉強でも運動でも、人それぞれの生活に合わせて無理なくやればいいと思いますもの!


あと、基本的に現在はなんとか仕事の後にジムやら習い事やら行ける状態なので、管理人は以前に比べると死ぬほど多忙というわけではないのです。

スケジュール調整をものすごく綿密に組んでいて移動が早いので、すごく忙しいと思われているのですが、基本的には趣味なんで全然辛くないし忙しいという感じはありません。本気で仕事にハマってたら休みますし。

おすすめは、
「ゲストの形で休みをとれる日にジムのストレッチのクラスに参加して、家でもできそうな動きを身体で覚えて帰る」です。

マシンは家にはないので、ピラティスとか、ヨガとか、家でも自分でできるようなものを、きちんとした形で教えてもらって自分で再現可能な状態にもっていくのが、長く使えるワザだと思います。

本やDVDで見てやってもいいのですが、初心者は間違っている姿勢を客観的に自分ではわからないまま続けてしまうので、最初は実際に教えてもらう&終わったあとなどに質問もして疑問点を解消する、などすることで正確な動きを身に着けると良いと思います。


自分に必要なエクササイズをいくつか覚えて、寝る前で体力が少し残っているときにやって、身体を調整する楊にするといい感じです。

たくさんポーズをとって長時間やればいいというのではなく、1分~5分程度呼吸を整えるつもりでやるのがポイントです。


おかげさまで、鍼灸整体、病院には行かずに、肩こり・腰痛・その他不調は自力で調整できるようになりました。

医療費が減ったYO!

教育テレビなどで手軽に取り組めるエクササイズをよく紹介しているので、録画して見るのも良いかと思います。



運動というよりは、健康のための調整方法を学んでいる感覚でやっています。<もともと運動はあんまりスキじゃないので・・・(^^:)


まあ、とりあえず時間とお金と体力の負担がそんなにかからずにできることからやると良いかと!

特に、中年の皆さんは筋肉を育てるといいことあるとおもいまっする!
<<「シュテーデル美術館所蔵 フェルメール 《地理学者》 と オランダ・フランドル絵画展」その2 | ホームへ | 2011初夏の管理人 トレーニング成果発表その1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1798-285bd1af
| ホームへ |
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。