スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本日の学習【漢検1級】

2011.02.04(23:14)
[3/3に更新しました]
ひな祭りを迎えているしのぶん家ですが、過去日付で2月分ノルマの漢検記事を更新します!
とっととゴー!
■『漢字検定1級・準1級』一ツ橋書店
漢字検定1級・準1級
漢字検定1級・準1級
posted with amazlet at 09.03.19
漢字検定指導研究会
一ツ橋書店
売り上げランキング: 586231




1級漢字検定問題と解説」の復習シリーズ。2007年11月の時に解いた結果です。





こちらは2010年度版↓


■本日の学習

反転すると答えがでます。

 
書き取り7がようやく終わったので、いよいよ模擬試験問題へ。
4年近くかかってるこの問題集関連の漢検記事、ようやく終わりが見えてきましたよ!
あ、コレ終わっても漢検記事は続けますけども。

第1回模擬試験問題  167/200  合格 4年前に解いたときの点数です。

読みの問題です!

孰視(じゅくし

宸筆(しんぴつ



■本日の学習

意味を確認します。


孰視
=熟視
じっと見つめる。

「孰」は「熟」の原字。

もともとの意味は「煮る、煮える」です。

「穀物が実る、成熟」などの意味の他に、「つまびらか、周到」という意味もあります、。

疑問詞にもなり、「孰(たれ)」「孰れ(いずれ)」と用います。

「孰与(與)」「孰若」は「いずれぞ」と読み、「どちらかすぐれているか」という疑問分になります。

漢文ではよく出てきますね。



宸筆
天子の直筆。天子が自分で書いたもの。


「宸」は「軒、奥の部屋」という意味で、奥にある部屋であることから「天子のすまい」という意味ももっています。

天子に関する語の頭につけて「宸+○」のように用いるので、この字があったら天子の○だと解釈すればよいでしょう。


拙ブログの美術館展覧会感想記事「皇室の名宝(第1期) 」内の文章(公式ページより引用した部分)でも、天皇の直筆の作品を「宸筆」と表現しています。

 

他にどのような語があるか、いくつか紹介します。


宸翰(しんかん)
天子の自筆の文書、手紙

宸鑒(しんかん)
天子のおめがね

宸極(しんきょく)
天子の居所。天子の位。


宸襟(しんきん)
天子のみこころ。
襟は胸やこころを表す。

宸遊(しんゆう)
行幸。



もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓

<<本日の学習【漢検1級】 | ホームへ | 「放浪息子」 第2話「#2 きらい きらい 大きらい ~cry baby cry~」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1760-4d57a2a8
| ホームへ |
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。