スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本日の復習【漢検準1級】

2006.05.07(23:19)
連休中はオタ話ばかりしていてすみません。遊んだり、友人と会ったり、買い込んだケロロ軍曹のコミックスを読んだり、買い物したり、溜まった録画を見たり、スパロボを進めたりしていたら、あっという間にすぎてしまい、勉強記事をUPせねば!と反省したしのぶんです(長い)。
■意味の怪しい語シリーズ

綴文 ていぶん

文章をつづること、作文。
読みも注意の語です。「てつぶん」と読むと間違いです。
⇒[11/29追記]
間違い、というわけではないようで、「テイブン」「テツブン」「セツブン」の読みも許容されています。詳しくは下の白魚一寸さまのコメントをご参照ください。


翰札 かんさつ

=翰牘(かんとく)、札翰、簡札、書札。

手紙。書翰。書き物。

訓読みは、「ふで」「ふみ」「てがみ」「みき」、「翰ぶ」は「とぶ」、と読みます。

もともとやまどりを表す字で、「飛ぶ」意味、昔は筆を羽毛で作ったことから「ふで」がつながりました。

*** よろしければポチっとな★お願いします ***



<<BLOOD+ 30話 | ホームへ | SEED映画化!!>>
コメント
【】
うう、またもや書けない漢字がずらりと。(笑)
僕は薔薇のように字幕で潰れない字が書ければいいです。
でもパソ使ってると思ったほど字が書けなくなってるきがするし・・・。(苦笑)

小説4弾UPしました。
イラストはしのぶんさんの言うとおりリクきゅんね。
【2006/05/07 23:44】 | さくぞう #- | [edit]
【さくぞうさま】
>でもパソ使ってると思ったほど字が書けなくなってるきがするし・・・。(苦笑)

そうなんですよ、キーボードばかりだと字が書けなくなって来るんですよね。
漢字を調べるのは脳の訓練になってよいです。

小説UPですか!
お知らせありがとうゴザイマス!!
リクきゅんウレシイですッ★
すみません、今日はこれからお風呂に入って寝ちゃいマスが、後ほど必ずうかがいまますネ♪
【2006/05/08 01:26】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【重箱の隅】
>綴文 ていぶん
>「てつぶん」と読むと間違いです。
 
漢和辞典には、テイブンの読みが多いのですが、
yahooの国語辞典では、テイブン、テツブンとあり、セツブンの読みもあります。漢検協会御用達の漢検漢字辞典にも、3つの読みが書いてあります。

新字源(旧版)によると、綴は、意味によって音(いずれも漢音)が変わり、

①テイ つづる とじる つづり ふち あつめる
②テツ とめる とどめる

とありますから、本当は、テイブンが正しいと思います。

ただ、漢字源(電子辞書版)によると、漢音は、テイとテツで、意味が分かれるのは新字源と同じですが、つづる意味のときに、テイと並んで、テツが慣用音とあります。恐らく、何時の頃からか、テツブンでもよくなったのでしょう。
【2006/05/13 23:11】 | 白魚一寸 #LaVwoRLA | [edit]
【白魚一寸さま】
こんばんは!
ためになるコメントありがとうございます!!

yahooの国語辞典、漢検漢字辞典、漢字源(電子辞書版)では「てつぶん」も採用されているのですね~。
「せつぶん」もあるとは。

新字源は最近の版しか持っていないので、意味によって音が変わるという説明は出ていませんでした。旧版の方が詳しいのですね。(ただし「綴文」は「ていぶん」として載っていました。)

漢検辞典で許容しているのであれば、上記3つを書いて正解なのですね~。勉強になります。

漢字の読みは間違いも年月とともに許容されていくので、辞書によっては寛容なものもあるようですね。

そういう意味では確かかなりゆるい辞書(どれか思い出せないです)、「早急(さっきゅう)」の「そうきゅう」の読みがもう許容されていて、「ええ~?!」と思った覚えがあります。

「既存(きそん)」⇒「きぞん」、「憧憬(しょうけい)」⇒「どうけい」はもう後者の方が広まっていますね。

■「変わる言葉」について
ちょっと話がずれますが...
ことばが時代とともに変化するのはいいのですが、プロのアナウンサーなどの専門家はできるだけ正しい読みをして欲しいな、と思います。

私的な場ではなく、公の場で使われた場合は、「わざと今風の読みをしている」というよりも「正しい読みを知らない」という印象を受けてしまいます。

そしてそれは彼らにとってあまり歓迎すべきことではないと思います。

公的な場、言葉を生業とする立場、という場合は、おのずと「言葉は変わって当然」という一般の人の私的な会話とは自ずと違う心構えが必要ではないでしょうか。

必死に関西弁のアクセントを直し、猛勉強した故逸見氏の努力などはその考えがまさにあったからと思います。

正しい言葉を使うことができる、という点でアナウンサーの質を判断するとやはりNHKが一番レベルが高いですね。採用や教育システムが独自なのかもしれません。

某局も、できれば新人アナに「中学校」の漢字ドリルを必須の研修とさせて欲しいと思います(笑)
漢検を必須にするとか。

と、えらそうに語るブログに誤記の多い管理人はもっと自分が気をつけなくてはいけませんね(笑)

うつりかわる言葉については、たまに見るNHKの日本語の番組を見ると知らなかったことが多くてためになります。(番組名失念⇒[11/29追記]「ナットク日本語塾」http://www.nhk.or.jp/nattoku/でした)

「全然」は否定の副詞と思いましたが、意外にも明治時代などに既に程度の激しい感じの肯定にも使っていたので、あながち「全然OK」も間違いではないといえる、などは「へぇ~」と思いました。

話がそれ、かつ長文で失礼しました。
それでは。
【2006/05/13 23:59】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/176-58067d48
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。