スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本日の学習【漢検1級】

2010.12.25(01:19)
[1/23深夜に更新しました]
12月分ノルマ達成。しかし、まだこのシリーズは終わらないのであった・・・。
■『漢字検定1級・準1級』一ツ橋書店
漢字検定1級・準1級
漢字検定1級・準1級
posted with amazlet at 09.03.19
漢字検定指導研究会
一ツ橋書店
売り上げランキング: 586231




1級漢字検定問題と解説」の復習シリーズ。2007年11月の時に解いた結果です。





こちらは2010年度版↓


■本日の学習

反転すると答えがでます。

 
書き取り7  150/200  不合格 

季節に関係する語をとりあげてみました。

陰暦12月に降る雪をロウセツという。(臘雪・臈雪

恭賀シンキ(新禧



■本日の学習

字の意味を確認します。

なぜ臘が12月なのかよくわからなかったので、調べてみました。

臘(臈は俗字)
1.まつりの名。冬至ののち、第三の戌の日に行い、神々や祖先をまつる。
2.年の暮れ。陰暦12月の別名。
  1.の「臘祭」を行う月の意。
3.僧侶が得度してからの年数、


関連記事あり「旧臘」

臘祭は、今でも臘八節ともいっ12月8日に行われています。この日は臘八粥を食べるのです。
狩猟した生贄を奉げる謝恩祭「猟」だった厄除けの儀式がもともとの由来だったといわれています。


陰暦12月には他に「嘉平(かへい)」「【虫昔】月(さげつ)」という別名があります。

臘日(ろうじつ)
1.冬至のあとの、第三の戌の日。また、旧暦12月8日。臘祭の日。
2.日本では「大晦日」を意味する。


臘八(ろうはち)
旧暦12月8日。釈迦が大悟を開いた日。
この日に寺院や民家で粥を食べる。


お粥を食べるのは仏教の方からきたのですね。



恭賀新禧
新年の祝賀。



1.ひもろぎ。神にそなえた肉。
まつりのあとで人々に与えられる。

2.さいわい。

3.めでたい。よろこび。






もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓

<<あけましておめでとうございます | ホームへ | 本日の学習【漢検1級】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1746-1b09591b
| ホームへ |
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。