スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「耳をすませば」感想

2010.06.19(02:56)
[7/10にupしました]
いやー、ここんとこTVはジブリ映画特集ですね。
来週はハウルですが、ハウルはDVD持ってるからもういいんだ★
あと、こないだ『千と千尋の物語』もDVD買ってさんざん「ハクー!!」と騒いだからいいんだ★

耳をすませば [DVD]
耳をすませば [DVD]
posted with amazlet at 10.07.10
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2002-05-24)
売り上げランキング: 38
おすすめ度の平均: 5.0
5 やはり超最高 何か見た後凄く和める映画!!
5 素晴らしく素晴らしい作品!
5 耳すま最高
5 ふたり
5 懐かしい雰囲気


今回『耳をすませば』は公開当時はケッと思っていたところ、オットの人はじめとする観た周囲からの評価がよかったので、観るのを楽しみにしてましたよ。(態度豹変)

うん、面白かったです! ボーイ・ミーツ・ガールの爽やかな映画でした!!

このありえないくらいの爽やかさに、なぜケッとならなかったかというと、多分必要以上に恋愛ごときに深刻になってないところがよかったのではないかと。

中高生くらいで恋愛メインでほれたはれたの、死ぬの生きるの大騒ぎしてるのが管理人が苦手とする少女漫画、やれるかやれないかで大騒ぎしてるのが(まあそこまでいかないでつきあえるかどうか、あたりだけど)やっぱり管理人が苦手とする童貞少年漫画(BOY○BEみたいなの)で、どっちもイライラするのは
「おまいら他にやることねえのかYO!」というツッコミが出てきてしまうからなんですよね。

「アホですか?」みたいな気持ちにならずに観られるのって、貴重。

一応、原作は少女漫画(しかも王道の「りぼん」コミックスだ!)だったりするのですが。
耳をすませば (りぼんマスコットコミックス)

耳をすませば (集英社文庫)
柊 あおい
集英社
売り上げランキング: 71
おすすめ度の平均: 4.5
3 まぁ・・・・並な面白さですけど・・。
2 連載作品としては失敗作であることは明白です。宮崎監督も認めておりましたが。
5 ひとつだけ
5 映画とは違いますが…
5 お得な気分で



この映画はほのかな恋愛っぽい部分もありますが、半分は自分の道を模索する、という実にこう、さわやかな青春の真面目な内容だったりするのでムカつかない、と。

友達が好きな男が自分を好き、というよくあるパターンも、しらけずに観られるのは、描写がさらっとしていてかわいいからですね。

皆が色ボケになってないところがいいんだろうな、多分。
恋愛以外にもそれぞれきちんと日常を生きているし。

ギャルゲと違って、ちゃんとテストとか勉強関係のイベント(イベント言うな)もあるし。


ちょっと昔とはいえ、郊外ののんびりした街というのが設定としてもよかったんだと思います。

都内の方だとこの時代でも、ここまでみんな純朴じゃないと思うしさ!(東京ではないという意味ではなくて、「都下」という意味です。念のため。)

天沢聖司役の声が、新人だったのか、演技が微妙・・・だったけどルックスはグー!



一番あかんかったのは、雫の父親役に立花隆をあてたことでしょうか。

なに?

ジブリは父親役は、どうしても素人使いたいわけですか?


日本の家庭における父親の存在(どうでもいいとか)をそれとなく暗示してるとか、そういう感じ?

台詞少ないのかと思ってたら、意外にも最後まで結構しゃべるしさ!

ちゃんと声優使おうよ。

あ、でもバロンの露口茂はよかった。


ファミマとか西友とか、実際のロゴが結構出てくるのは、エヴァの映画と一緒でなにかしらタイアップとかしてるのだろうか。
それともただ単にリアリズムの追求?

夏休みから始まるんで、途中から出てきたセーラー服ですが、しのぶん的には襟の内側の△部分がなければいいのに、と思いました。<どうでもいい
(セーラー服にはこだわるよ!)

本が大好きな主人公の文学少女はいい萌えキャラ。

そうそう、昔は図書館って貸し出しカード方式だったよね。
ちょっとお互いに競って先に読んだりしてた記憶あるので、懐かしかったです。

同じ本を読んでいる人同士少し意識したりとか、気になる人が読んだ本をチェックするとか、あったあった。

本を読むのが楽しくて仕方ない、という時期(今もそれなりに楽しいけど、なんというかあの感覚はまた違うような気がする)も懐かしく思い出したりして。

まあ、それ以外は全くこういう爽やかな青春とは無縁だったわけですがw。

リアルは大抵みんな精神病んでる時代だったり第二次性徴ですったもんだしてたりしますが、そんなもんはフィクション世界でわざわざ観たくねえよ、ということで、このくらいありえないくらい平凡かつ平和な学生生活を描いてもらえると嬉しいですよね。

やな奴!という王道のファーストインプレッション偶然の再会というあたりは少女漫画ですが、かわいいのでよし。

ちょっとヒロイン、赤毛のアンみたいですよね。

文学少女は天然さん、というのを体現。

猫ストーカーとか、大げさな表現、独り言でかいとか。

イマドキの作品だと、メンヘルカテゴリに入れられてもおかしくはないですが、この作品は彼女が健全ヒロインとして成立できている世界なのでほっとします。

杉村、わかりやすいキャラで、ある意味理想のオトコノコっていう感じです。
しかし、文学少女は野球バカには興味なし、と。<ひどい

幼馴染らしいですが、ヒロインの性格を把握しているわりに完全にアプローチに失敗しているのが、童・・いや、中学生らしいですね。

野球頑張っていいとこ見せようとしてた気配があるけど、それヒロイン関心ないから!

本くらいよんで話あわせるところから始めればよかったのにね。

それを考えると天沢聖司はなかなか周到です。

最後の方で、実は前から雫を意識して、頑張って本を読んでいたという地道な努力を重ねていたことが判明。

ポーカーフェイスで接していたあたりが策士。

やはり文学少女のツボをうまく抑えているのは、文系の素養を持っている聖司ならではか。
バイオリン弾いたり、つくったりの器用なところもポイント高いですね。



それにしても、この二人がいつの間にかお互いをいきなり名前で呼び合ってて、展開の早さにびびった。

自転車二人乗りとか、懐かしすぎる!

実際はこの時期ってなぜか女の子の自転車に乗ってたけど。
正しい男女二人乗りってかなり後になってした気がするが、青春でしたねえ(遠い目)。
今コレやるとおまわりさんに叱られます。(昔もか?)

よく考えると、自転車の後ろにのっかることができる(お尻のサイズ的に)というのも若さの特権ですよね。
耳をすませば イメージアルバム
サントラ 本名陽子 少年少女合唱団みずうみ
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2004-09-29)
売り上げランキング: 1917
おすすめ度の平均: 4.5
5 コンクリート・ロードいいですねぇ?
3 映画の印象そのままに、透明感のある澄んだ曲の数々が収録されていてなかなかよいと思いました
5 カントリーロード♪



杉村かわいそす。

これから先も友達という絶望宣言が切なすぎ!!

でも、エンディングで原田夕子となんとなくいい感じになっててよかったね。二人とも本とか好きじゃなさそうだし、それなりにあってるんじゃないでしょうか?

日焼けとそばかすを気にする夕子たんが、どこまで野球好きの杉村のアウトドア志向についていけるかが問題ですが、まあ多分好きならどうにでもなるわな。

アトリエ「地球屋」の家のデザインが素敵だ。
高所恐怖症なんで住むのは躊躇するが(崖っぷちなんで災害に弱そうだし)一度行ってみたい感じ。

「地球屋」が立っている場所、「クルドサック」※に面していますね。


---------------
※フランス語。
自動車の方向転換が可能な袋小路。住宅地内における自動車の通り抜けを排除するために設ける。突き当たり部分は、Uターンしやすいように、ロータリーになっている。

こないだ「空から日本を見てみよう」で「東武東上線」をやったときにときわ台が紹介されていて、この用語を知りました。
---------------


西のおじいさんが、寝ているときに、思い出の女性が夢に出てきて手をとるもんだから、そのままお亡くなりになるかと思ってヒヤッとした!

よかった、死ななくて。

バロンの人形いいですよね。

聖司、雫をお前呼ばわりだったり、最初にダメ出ししたりしていながら、実はベタ惚れってのがいいツンデレキャラでした。

最後の方になればなるほど、ツンツンしっかりものがんばりやさんヒロイン大好き!結婚して!と、どんどん少年らしさが出てきてほほえましい。

朝日を見るところで、プロポーズですよ!

どうなの、この直球っぷりは!!

多分童貞でないとできませんよ!

人生初のプロポーズを承諾されてやったー!と喜び、ヒロインをぎゅっと抱き寄せる中学3年生・聖司を見て、全国から「リア充爆発しろ」の声が上がっていたのではないかと予想。

しかし、激しく抱き寄せてそのままエンディングになったもんだから、一瞬ハラハラしましたよ。

だって、勢いついちゃってますし!

でも寒いし、外だし、朝っぱらだしね!!
<一体何の心配か

まあ、でもエンディングでそんなに時間たってないくらいに二人が大人しくチャリに乗っているところをみると、そんな心配は無用だったようですね。

さすがジブリ。(当たり前だ)


・・・まあ、チューくらいはしたんだろうな・・・。(ぼそり)


だめだめ!


せっかくの爽やか青春映画をオトナのよどんだ目で見るのは!!




しかし、オトナとしては、数年後の展開とか余計なコト考えてちょっぴりしんみりしてしまったり。

いや、でも
「この世界ではきっと二人ともちゃんとこのまま結婚するんだよね!そうだよね!」
と思うことにしますよ。

た、たまにリアルでいるからね!中学くらいからつきあってゴールインする人って!

まあ、普通はこの時期にプロポーズされても困ってしまうわけですが。いや、マジで。

する方もどうかしてると思うが、まあ、この映画の場合はお互い好きでつきあってるってことでギリギリOKか。

いやー、なんかコレ観たオトナのほとんどは、この時代にこんな爽やかな恋愛の経験なんてなかったと思いますけど(断言したよオイ。いや、全然恋愛の気配すらないか、もっとこう、ドロドロしてる感じだったんじゃないのかなと思うんですが。えっ、違いますか?)、それだからこそ、こういうのを観たいという欲求とかりそめの追体験という形で楽しめると思いました。


うーん、これもDVD欲しいかも。普通に萌えた。


そういう意味でリアル中学生よりも、オトナの方が絶対楽しめると思う。

レビュるつもりなかったんですが、面白かったんでつい書いてしまいました。

その他、細かい感想。

はじめ、電車に乗ってるムーン(猫)って、もしかしたら子供とかヒロインみたいな天然さんにしか見えない不思議系な存在なのかと思ったけど、普通に電車を乗りこなす猫という、ある種こっちの方がよっぽど超常現象という設定だった。

雫のうちが、風水的にどうかというくらい片付いてないのが気になりました。特に玄関。

お姉さんはバイトだけでよく独立資金貯めたなとか、地味に感心しました。


修士めざしてるお母さんのそれまでの職歴が気になるう。


中学校で給食ない地域って大変そうだ。


1000ピース 耳をすませば 図書館にて 1000-239
エンスカイ
売り上げランキング: 607


図書館で二人で向かい合ってるシーンもよかったけど、上のパズルは、「隣に座ったこともあるんだぜ」って言ってたときのシーンなんでしょうね。

これ萌える!
全然雫の眼中に入ってないあたりが!!(笑)

*** よろしければポチっとな★お願いします ***





<<5月の江ノ島その2 | ホームへ | 5月の江ノ島その1>>
コメント
【結婚!?】
しのぶんさん、お邪魔します♪
前に見たからもういいや☆と思ってたら、子どもが見たいというので付き合ってついまた見てしまいました。

色々忘れてしまっていたのですが、忘れられないのは「雫!結婚しよう!」(みたいな?)のプロポーズの言葉です。
まず「付き合ってくれ!」じゃないの?と現実的な事を考えたのですが、雫も一発OKだったところが凄かったなと^^;

貸し出しカードって、懐かしい~
と、
私の出た小中学校は専任の司書教諭がいた事もあってか、お盆正月以外は図書委員も当番で来てて、本の貸し出しをしていたんですよ。
今になって、恵まれていたんだなぁと思いました。

>中学校で給食ない地域って大変そうだ。

10数年前まで今住んでいる市も給食がなかったそうです。
色々、新潟より遅れてるよ!

>しかし、オトナとしては、数年後の展開とか余計なコト考えてちょっぴりしんみりしてしまったり。

私も考えてしまいました。遠距離恋愛になってしまいますよね。『ハウル』以外ではジブリ映画ってそんな感じが多いような・・?

でも、やっぱり面白かったですよ♪
【2010/07/12 18:10】 | ハトはは #HuBhO90w | [edit]
【ハトははさま】
ハトははさん、コメントありがとうございます♪
うう、油断するとすぐ更新できなくなる・・・。

> 前に見たからもういいや☆と思ってたら、子どもが見たいというので付き合ってついまた見てしまいました。

おお、私は初めて観たのですが、これDVDであってもいいかもという感じです。
疲れたときに何回も見たいような感じというか。

> 色々忘れてしまっていたのですが、忘れられないのは「雫!結婚しよう!」(みたいな?)のプロポーズの言葉です。
> まず「付き合ってくれ!」じゃないの?と現実的な事を考えたのですが、雫も一発OKだったところが凄かったなと^^;

そうそう、やっぱり段階を踏んで・・・というのはオトナの考えで、中学生唐突すぎる!
原作では、プロポーズではなかったらしいのですが、宮崎監督がインパクトを求めてプロポーズまでさせてしまったらしいですよ。
結婚承諾で浮かれた彼がそのあと欲望のままにつっぱしらなかったかどうかが非常に心配です。<穢れた視点


> 貸し出しカードって、懐かしい~
> 私の出た小中学校は専任の司書教諭がいた事もあってか、お盆正月以外は図書委員も当番で来てて、本の貸し出しをしていたんですよ。
> 今になって、恵まれていたんだなぁと思いました。

うちもうちも!
小学校・中学校と結構充実してたのですが、他の地域の話を聞くとそうではなかったらしいので逆にびっくりしました。
司書教諭をちゃんと置いてくれれば、今頃図書館の先生になってたかもしれないのに・・・今の状況だと司書教諭の免許、生かせない人多いですよねえ。

> 10数年前まで今住んでいる市も給食がなかったそうです。
> 色々、新潟より遅れてるよ!

そうそう、これも同じ都内でもあったりなかったりしたらしく、同じく「え?給食ないの?」という感じでした。
日本は母親に強いる負担が多すぎると思いますね~。これじゃ専業主婦になれと言わんばかりですヨ!
働くお母さんは過労で死んじゃうっつーの。

> 私も考えてしまいました。遠距離恋愛になってしまいますよね。『ハウル』以外ではジブリ映画ってそんな感じが多いような・・?

ここで、距離に負けない二人という前提があるのかもしれませんが、自分の性格や実際の状況を考えてしまうとついシビアなことを考えてしまうという。大人ってロマンだけにひたれないかなしさがありますね(^^;
ラピュタはかろうじてあの二人は確実にくっつきそうですが、子供すぎますしねえ(^^;
適齢期になればなるほどカポー成立しづらい感じ・・・。
オタクのリア充への嫉妬をかわすためでしょうか。

> でも、やっぱり面白かったですよ♪

ですよねですよね!
こんなピュアな中学生周りにいなかったけど、その分堪能させてもらったというか。
女の子たちが訳した歌をみんなで口ずさむとか、アルプスの天然水のCMみたいなさわやか青春というシーンでよかったです~
【2010/07/12 21:25】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【再コメントです。】
しのぶん様

こんばんは。
ジブリもご覧になるのですね。我家の面々も大好きで、大抵の作品は主人がDVDを買ってくるので観てます。
この「耳をすませば」は以前お話した「星の瞳のシルエット」を主人が愛読していたので当然押さえてあります。

この映画を見ると懐かしい青春時代が蘇りますね。私はお話したように中学時は体育会系で部活と勉強、習い事などで甘い時間を過ごせなかったのですが、人生で唯一の片思いを3年間してました。(キャー!言っちゃった!と何だかテレますね。)

1学年10クラスのマンモス校でしたがクラス替えでその彼と3年間同じクラスになった時は10%の確率に感謝しましたよ~。ちなみに高校も運良く同じになり
(私の市は6校の普通科公立高校があり、受験の際はその6校を受け、レベルを均一化させるため後で割り振るという凄い制度でした。一応、第一希望~第六希望は出すけど、希望通りの学校に行けるかはわからない状況だったのです)
でも、ど~うも私には友情しかない、という感じだったので、私は違う人と付き合ってしまったという・・・^_^;

すると、その半年後に彼は私の中学時代の親友と付き合うようになり、私とはそのまま友達付き合いしてました。彼女の誕生日プレゼントを一緒に買いに行ってくれと頼まれたりしていたのです。

なので雫の友達の気持ちが少しだけわかるような、わからないような・・・。

>セーラー服ですが、しのぶん的には襟の内側の△部分がなければいいのに、と思いました。<どうでもいい

私もかつてはセーラー服を着てまして、胸の▽がないタイプでした。
でもこのタイプって制服のまま日焼けすると首元が▼になってしまい、私服の時に困ったことになるんですよね。
さらに脇にジッパーがなかったので
今時の気候の時なんか、汗ばむと制服が肌にくっついて脱げなくなるのです。着替えの時は友達とお互いに引っ張り合うという図が随所で見られました。
帰宅した時に父しかいなくて、一度父に引っ張って貰った事もあります。
(制服の下はアウター用タンクトップを着ているので、脱いでも大丈夫)


>ありえないくらい平凡かつ平和な学生生活

私ってば片思い版としては王道の平凡で平和な中学時代を過ごしていたのか?とこの映画で確認してしまいました。ホント何もコレと言ってなかったデス。

>正しい男女二人乗りってかなり後になってした気がするが、青春でしたねえ(遠い目)。
>今コレやるとおまわりさんに叱られます。(昔もか?)

私は高校で初めて彼と二人乗りしました。(私も何やら遠い目)
自分が重くて、前でこぐ彼に「デブ!」と思われないか?とかヒヤヒヤしてましたね。
ちなみに妹と二人乗りしていて、若い巡査に咎められたのですが、何と!そのままナンパされるという事態に・・・。そこは上手く逃げましたが良い思い出デス。


>朝日を見るところで、プロポーズですよ!

これに近い事をした人、一人知ってマス。

>でも寒いし、外だし、朝っぱらだしね!!<一体何の心配か

その人も同じ状況だったため、本当に何もせず二人乗りで帰る事態に・・・。爽やか~。
ちなみに、この二人は後に結婚してます。


>たまにリアルでいるからね!中学くらいからつきあってゴールインする人って!

私の中学時代の友達で3組います。
私の学校というかクラスがおめでたかったのかもしれません。
だから私も平凡で平和な中学時代を送れたのでしょうね。

>中学校で給食ない地域って大変そうだ。

私は給食なかったです。代わりにマンモス校だったので昼時はパン屋が3件来てました。母が弁当を作れなかった日は4時限目の終了とともに廊下を猛ダッシュして、階段は五段飛ばしくらいで飛び下りて目当てのパンを目指して買ってました。もう学園漫画そのままのノリでしたよ。

>これ萌える!
>全然雫の眼中に入ってないあたりが!!(笑)

片思いしていた私は天沢くんのこの状況、身に覚えがありマス。

色々懐かしいと思えて、観終わった後もほの甘いというか、青い感じが漂う映画でしたね。

そういえば、この原作を妹が買っていて結婚して家を出る時にくれたような・・・。どこかの段ボールに入ってる気がしてきたー!!
発掘するのは次の引越の時になりそうですが、見つけたら読んでまた浸りそうな予感いっぱいします♡







【2011/05/13 02:35】 | 三香 #- | [edit]
【三香さま】
こちらにもコメントありがとうございます。

> この「耳をすませば」は以前お話した「星の瞳のシルエット」を主人が愛読していたので当然押さえてあります。

同じ系統ですよね(^^)ジブリはスキなので大体は押さえていますが、やはり一番はラピュタと思いつつDVDを持っていないのでした。

> この映画を見ると懐かしい青春時代が蘇りますね。私はお話したように中学時は体育会系で部活と勉強、習い事などで甘い時間を過ごせなかったのですが、人生で唯一の片思いを3年間してました。(キャー!言っちゃった!と何だかテレますね。)

おおおお、なんだか正しい青春の過ごし方ですね!
この映画見ててもものすごくアウェイ感がありましたw
はっきり言ってリアル自分の10代は思い出したくない時代なのでまったく思い入れがないというかなんというか・・・今の自分が其の頃に戻ったら制服とか色々逆に楽しめるかもしれないですね~。

> 1学年10クラスのマンモス校でしたがクラス替えでその彼と3年間同じクラスになった時は10%の確率に感謝しましたよ~。ちなみに高校も運良く同じになり

おおお、プラトニックの王道のときめきを支える要素、同クラス!
イベントも授業も一緒に過ごせるかどうかというのは大きいですからね~。
なんだか読んでいて自分もときめいてみたりして。

> でも、ど~うも私には友情しかない、という感じだったので、私は違う人と付き合ってしまったという・・・^_^;

そのオチもまた青春ですね!
付き合うという選択肢がまったくない不毛な青春を送った人も多いはずなので
三香さまは「リア充クラスタ」の恵まれた青春だったと思います~。

> すると、その半年後に彼は私の中学時代の親友と付き合うようになり、私とはそのまま友達付き合いしてました。彼女の誕生日プレゼントを一緒に買いに行ってくれと頼まれたりしていたのです。

少女漫画のような・・・というよりはもう少し上の女性向けの漫画のような複雑な気持ちになる
シチュエーションですね(^^;
雫の友人的ポジションの気持ちがわかりますね・・・。

> 私もかつてはセーラー服を着てまして、胸の▽がないタイプでした。

あ、多分私の書いた△は、なんか襟のリボンを結ぶところに近いところのラインの終点に入ってた、
三角型の模様?みたいなことだったのですがわかりにくいですね、すみません。

三香さまの制服は真ん中の胸当てのないややセクシーなタイプと理解しました!

> 今時の気候の時なんか、汗ばむと制服が肌にくっついて脱げなくなるのです。着替えの時は友達とお互いに引っ張り合うという図が随所で見られました。

セーラー服は着脱や体温調整がスムーズではないと、実際の着用者にはかなり不評ですよね。
見る側としてはいいなあと思うのですが。
汗でへばりつくのは辛そうです!!

> 私ってば片思い版としては王道の平凡で平和な中学時代を過ごしていたのか?とこの映画で確認してしまいました。ホント何もコレと言ってなかったデス。

それはそれで素晴らしいかと!
私は運勢的には前半かなりイヤーなことをいっぱい経験した方が、後半生が楽になるらしい
(前半楽だと後半地獄らしいんで、後が楽な方が嬉しいデス!)ので
結果的によかったかもです(^^)


> ちなみに妹と二人乗りしていて、若い巡査に咎められたのですが、何と!そのままナンパされるという事態に

ちょ、巡査何その職権濫用!!
今だったらちょっとした事件になってますよね(^^)

> その人も同じ状況だったため、本当に何もせず二人乗りで帰る事態に・・・。爽やか~。
> ちなみに、この二人は後に結婚してます。

事実は映画よりも奇なり、ですね!
その勢いを大人になるまで持続させた情熱、昨今の2次元にしか萌えないとか恋愛めんどくさいとか言ってる若者に分けてあげてほしいです。


> 私の中学時代の友達で3組います。
> 私の学校というかクラスがおめでたかったのかもしれません。

もしかすると地域性というのもあるのかもしれません。
東京から地元の実家に帰ると大体中学の同級生がすでに結婚している、子供がいるという状態だという
話を良く聞くので・・・。
幼馴染の存在があるかどうか、引越しがあったかどうかなどの個人の状況も
絡んでくるのでしょうね。


> 私は給食なかったです。代わりにマンモス校だったので昼時はパン屋が3件来てました。母が弁当を作れなかった日は4時限目の終了とともに廊下を猛ダッシュして、階段は五段飛ばしくらいで飛び下りて目当てのパンを目指して買ってました。もう学園漫画そのままのノリでしたよ。

ここでも正統派な少女漫画・学園漫画の世界が・・・!
どうも全国的に見ると給食がない場合が多いようです。


> 片思いしていた私は天沢くんのこの状況、身に覚えがありマス。

女子がやるとかわいいですよね。差別っぽいですが、男子の場合は「ストーカー」という言葉がうかんでしまいます(^^;

まったく別視点からの鑑賞になったようですが、青春の甘酸っぱさをさわやかに感じることのできる映画という結論は同じになるというミラクルに乾杯です☆


【2011/05/14 00:47】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【またコーヒー吹きそうでした!】
しのぶん様

こんばんは。早速の、しかもかなり吹き出す内容のお返事ありがとうございます。
あまりにも私が笑うので主人が生暖かい視線を何度もこちらによこしていました。ちなみに今、横で私が買った「ブラッドプラス 双翼の輪舞曲」のマニアック編をクリアしそうです。

>一番はラピュタと思いつつDVDを持っていないのでした。

しのぶん様は「ラピュタ」ですか~。
主人も「ラピュタ」が好きで、もちろんDVDは早い内に買ってきてました。
ソドムとゴモラを滅ぼしたのがラピュタっていうのが面白い設定ですよね。

>付き合うという選択肢がまったくない不毛な青春を送った人も多いはずなので

何かツボにハマり吹き出してました。
不毛な青春時代っていうフレーズが友人の一人と重なったせいかもしれません。

私は運良く交際出来ましたが、片思いした彼と友人は高校卒業後、別れてしまいました。某国立大学の理系に進んだエリート志向の彼女と専門学校に進んだ彼で色々あったのでしょう。

私と彼とは親同士が顔見知りということもあり、縁はまだあります。もう10年近く会ってないので、身長185㎝で細身の彼でしたが今はどうなっているのやら・・・。


>襟のリボンを結ぶところに近いところのラインの終点に入ってた、
>三角型の模様?みたいなことだったのですがわかりにくいですね、すみません。

意味がわかりました。私が勘違いしてました。その△はなく、仰るようにセクシーなタイプのセーラー服でした。
確かに深く屈むと見えてましたよ。

>もしかすると地域性というのもあるのかもしれません

このパターンもあるかもしれませんね。
私が住んでいたのは政令指定都市で、1学年が約450人前後で10クラス以上あるような学校がいくつもある都市部でした。そして名前も知らない同級生の方が多いような学校にいたので、確率的にそういうカップルができてもおかしくはないですね。

>ここでも正統派な少女漫画・学園漫画の世界が・・・!

イヤ、ホント、そんな感じですね。
何だか恥ずかしくなってしまいました~。

>差別っぽいですが、男子の場合は「ストーカー」という言葉がうかんでしまいます(^^;

またここで吹き出しました。
私は片思いしていた彼の家の前を習い事の帰りに少し遠回りして通って帰ってたりしてました。怪しまれてもいけないので立ち止まって彼の部屋を見上げるなんてマネはしませんでしたが・・・。
でもこれってストーカーギリギリですよね(^_^;)


>まったく別視点からの鑑賞になったようですが、青春の甘酸っぱさをさわやかに感じることのできる映画という結論は同じになるというミラクルに乾杯です☆

トドメで笑わせていただきました。
やはり名作にはミラクルですね!


【2011/05/14 02:40】 | 三香 #- | [edit]
【三香さま】
まずは、ご主人の「ブラッドプラス 双翼の輪舞曲」のマニアック編クリアおめでとうございます(^^)
駄コメントに受けてくださってありがとうございます。

> しのぶん様は「ラピュタ」ですか~。
> 主人も「ラピュタ」が好きで、もちろんDVDは早い内に買ってきてました。

萌え的にはハクとハウルなので(DVD持ってます)すが、なんとなく話としてはラピュタが健全で好きですねえ。
ナウシカも好きですが、背景が深刻すぎるので気軽に見るには疲れてしまうという感じでしょうか。

> 不毛な青春時代っていうフレーズが友人の一人と重なったせいかもしれません。

ネットをさまよう多くの人がその可能性があるので、気づかないフリしててあげてください!!


> 私と彼とは親同士が顔見知りということもあり、縁はまだあります。もう10年近く会ってないので、身長185㎝で細身の彼でしたが今はどうなっているのやら・・・。

素敵なはげになりかけてる可能性もありますね!(自分の嗜好で言うな)

> 確かに深く屈むと見えてましたよ。

やはりセクスィ~!!


> イヤ、ホント、そんな感じですね。
> 何だか恥ずかしくなってしまいました~。

やきそばパン争奪戦とかって、やってみたいことの一つでしたねえ・・・。
よくある漫画なんかの「実際にはないけどかかれる学校生活の記号」かと思っていたのですが
ちゃんと実在したのですね!

> 私は片思いしていた彼の家の前を習い事の帰りに少し遠回りして通って帰ってたりしてました。怪しまれてもいけないので立ち止まって彼の部屋を見上げるなんてマネはしませんでしたが・・・。

このくらいならきっとみんな覚えがあるはずですよ!
近所じゃないとできないですが・・・。

そうそう、東京だと電車通学とかでフィールド広すぎて近所に好きな人が居住してないという致命的な条件があるのですよ~。
小学校でさえ越境入学があったり、電車通学がある始末。
これではなかなか思うようにストーキングもできますまい。

校門から駅までの短距離ついてこられる程度でしょうか。
気合が入ってたら別方向なのに電車まで乗ってくるんでしょうが、こうなると完全にストーカー認定ですね(^^;
さりげないギリギリの行為がしにくいかもしれません。

> やはり名作にはミラクルですね!

恋愛がからむのにいやみのない(というか、管理人がイラっとしないw)、さわやかな作品というのは本当に名作なのだと感心します~。
ビバ・ミラクル☆
【2011/05/15 22:46】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【しつこい返事ですみません。】
しのぶん様

またしつこくコメントですみませんi-201
で、これは言わねば~!だったので、また書いてしまいます。

>萌え的にはハクとハウルなので(DVD持ってます)

しのぶん様もですかー!
私、ハクが好きです。
ニギ速水命(ニギという字が出せませんでした)、川の神様という設定もいいですね。
ジブリでは「千と千尋~」かトトロの世界が好きです。どちらも安心して観れるのと、デブキャラ?のトトロや坊も癒されていいです。

ハウル自身は美青年でいいのですが、話が??の部位があってDVDを何度も観たのですが空襲中に引越して、さらにハウルのところに城を動かす意味がわからずじまいで・・・。

でも長女は5歳の頃からハウルとゲド戦記がお気に入りで、幼児が選ぶにしては?の意外性に驚きながら何度も一緒に観ています。

>ネットをさまよう多くの人がその可能性があるので、気づかないフリしててあげてください!!

わかりました!
何人か不毛だった青春時害を過ごした友人がいて、その中で一番コアなオタクの友人は私より先にハゲスキーで優しそうなポチャ男くんと結婚しました。趣味が同じだったのがきっかけで、世のオタクに希望を与えてくれたと思います。

>素敵なはげになりかけてる可能性もありますね!(自分の嗜好で言うな)

う~ん、想像してみました。
ハゲスキーより酒豪だったのでメタボが可能性大かも・・・。
そういえば彼の母方の従姉はドイツ人とのハーフで東京で雑誌モデルしてた美少女でした。でも彼はアドニスではなかったです。

>東京だと電車通学とかでフィールド広すぎて近所に好きな人が居住してないという致命的な条件があるのですよ~。

そうなのですね~。私はたまたまですが(例の6校制度で運良く近所の高校に振り分けられたので)高校まで家から歩いて通えましたから、逆に定期券を持って通学とか憧れてました。
毎朝、想いを寄せる子と同じ電車やバスに乗るとか、してみたかったデス。

>これではなかなか思うようにストーキングもできますまい。

確かに! (^◇^) って地団太踏んでる少年を想像して笑ってしまいました。

何にしても恋愛の力は良いも悪いも人を一番かきたてるものでしょうね。
その恋のチカラで早朝の寒い時刻に彼女を自転車の後ろに載せて坂を上がるなんて、まさに朝飯前ですよ~!

世の草食男子はこの映画を観てガッツを出して欲しいですね!



【2011/05/16 02:36】 | 三香 #- | [edit]
【三香さま】
三香さま、いらっさいませ!

> またしつこくコメントですみませんi-201

いえいえ、いつでもお気軽にどうぞ(^^)
あ、メールの方はなかなか書く時間がとれなくってすみませんです!!
でも毎回すごく楽しみにしているのですよ~。

> 私、ハクが好きです。
> ニギ速水命(ニギという字が出せませんでした)、川の神様という設定もいいですね。

どうも、全世界的にハクは女性に人気があるようで、
ハクがすきというヨーロッパの女性とか、たくさんいるらしいです。
はっきりいって「千と千尋~」見てるときの私は一人で「ハクう~ハクぅ!!」とか
騒いでて、いつもよりさらに輪をかけてヤバイ人です。

> ジブリでは「千と千尋~」かトトロの世界が好きです。どちらも安心して観れるのと、デブキャラ?のトトロや坊も癒されていいです。

そうなんですよね。なんか、疲れたときに見るとほっとするというか。
綺麗な風景で、夢のような世界が見られるのがいいです~。トトロもスキですね~。
萌えはないですが、繰り返し見たい感じです。

> ハウル自身は美青年でいいのですが、話が??の部位があってDVDを何度も観たのですが空襲中に引越して、さらにハウルのところに城を動かす意味がわからずじまいで・・・。

ハウルはつっこみどころが多いんですよね。
なんでヒロインが若返るのかとか、アレコレ説明はしょってる感じです。
もっぱらハウル観賞用DVDという位置づけですね(^^)

> でも長女は5歳の頃からハウルとゲド戦記がお気に入りで、幼児が選ぶにしては?の意外性に驚きながら何度も一緒に観ています。

ええええ、ゲド戦記・・・ですか・・・!
なんとマニアックな・・・。
私首輪少年につられた割には映画には結局見に行かなかったので、
TV放映されたときに視聴したのですが、20分たたずに挫折してしまいました(><)

> 何人か不毛だった青春時害を過ごした友人がいて、その中で一番コアなオタクの友人は私より先にハゲスキーで優しそうなポチャ男くんと結婚しました。趣味が同じだったのがきっかけで、世のオタクに希望を与えてくれたと思います。

ハゲボチャは絶対優しいですよ!包容力ありそうです。
幸せそうでよかったですね。
オタク同士はわりと楽しい結婚になりやすいですから!

> ハゲスキーより酒豪だったのでメタボが可能性大かも・・・。
> そういえば彼の母方の従姉はドイツ人とのハーフで東京で雑誌モデルしてた美少女でした。でも彼はアドニスではなかったです。

メタボですか~。飲みすぎずに元気でいてくれるといいですよね。

> そうなのですね~。私はたまたまですが(例の6校制度で運良く近所の高校に振り分けられたので)高校まで家から歩いて通えましたから、逆に定期券を持って通学とか憧れてました。
> 毎朝、想いを寄せる子と同じ電車やバスに乗るとか、してみたかったデス。

東京のラッシュは多分同じ電車に乗っても相手見えないという悲しい状況になりやすいので
多分思ったよりも素敵なシチュエーションにはならないかと!!
徒歩の方がロマンをはぐくみやすい気がします・・・。
と書いててどっちも自分にないパターンだと夢を描きやすいのかもしれない、と気づきました(^^)

> 世の草食男子はこの映画を観てガッツを出して欲しいですね!

「中学生でもプロポーズしてるのにお前らときたら・・・」スレがどっかでたってる予感です。
それでは。
【2011/05/16 22:56】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1661-638818e3
| ホームへ |
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。