スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

GWの等々力渓谷その4

2010.06.03(22:22)
[6/16に書きました]
この記事と漢検記事をUPしたら、たまったマンガとアニメとその他のレビューして、バトンを消化したいと願う管理人なのでした。

前の記事はこちら。

GWの等々力渓谷その1
GWの等々力渓谷その2
GWの等々力渓谷その3



等々力渓谷のページ


※クリックで写真拡大

湿地帯をずんずんいくと、左手に等々力渓谷三号横穴があります。

かなり良好な保存状態の横穴墓で、東京都指定文化財に指定されています。
3体以上の人骨(男・女・子供)が埋葬されていたこの古墳、かなり副葬品も豊富に出土しているそうです。


3号横穴はガラス越しに中が見られるようになっていたりしますが、当日は華麗にスルーしてしまいましたとさ。(1、2号横穴は跡のみ)

そういや、この日はことごとく古墳系はスルーして散歩してました。


201005td17r.jpg群生していたシャガ。この花好きなので、つい見つけると撮ってしまいます。
ようやく等々力不動に到着しました。


201005td20r.jpg振り返ると、等々力渓谷の表示が。




201005td18r.jpg201005td19r.jpg見えているのは利剣の橋。ここを渡った先の左奥が不動の滝です。
左奥、赤い幟が見えるところは稲荷堂です。


微妙に見にくいアングルですみません。

割と人がいたので、かなり知らないおっさんの背中のアップとか余計なミス写真が多くてUPできそうなのがなかなかなかったのでした(^^;



201005td25r.jpg201005td21r.jpg不動の滝。またの名を「利釼(りけん)の滝」。不動明王、右手に剣=利釼を持っていますね。



不動の滝から、あとはひたすら本堂目指してのぼり階段が続きます・・・。
途中にいい感じに茶屋などもあるので、へたばったらどうぞ。
201005td23r.jpg


ここでも稚児大師御影堂をスルーした我々はひたすら本堂を目指すのでありました。

稚児大師御影堂は、昭和50年に、弘法大師誕生1200年記念で建立された比較的新しいものです。弘法大師の幼少の姿を像にしたものをおまつりしています。


あれこれすっ飛ばしているので、何しに来たのー?!という感じですが、ここは自然を愛でる&等々力不動お参りが主目的ということで!


もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓


<<GWの等々力渓谷その5 | ホームへ | GWの等々力渓谷その3>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1646-bfcecf5c
| ホームへ |
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。