スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

GWの等々力渓谷その1

2010.05.31(22:53)
[6/6に書きかけて放置⇒6/15に続き書いてUPしました]
今年のGWは近場で飲んだり飲んだり飲んだりしていました(おい)が、反省して合間に健康的に散歩したりもしてました!

うん、オタ同士で飲んでオタ話するのもいいんですが、たまにはオタ同士(オット)で外を歩くのもいいですね★

今回訪れたのは、等々力不動。

かなり前にも何回か来てますが写真を撮ることはなかったので、今回がはりきってカメラ持参ですよ。

しかし、現地について充電切れ直前というピンチに見舞われる管理人のぬかりようときたら・・・!
オットの人に笑われつつギリギリまで頑張ってみますた!

■等々力渓谷とは

世田谷区の等々力にある等々力渓谷公園内に広がる23区内唯一の自然渓谷です。

等々力渓谷のページ

川沿いに散策路があり、途中には横穴古墳も存在します。

東京都指定名勝になっています。

~東京都指定文化財情報のページより引用~

等々力渓谷は、河川の争奪現象により水量を増した谷沢川がその激しい侵食作用により形成した東京23区内唯一の渓谷です。
この渓谷は、深さが10m程あり、ケヤキ、シラカシ、コナラ、ヤマザクラ、イロハカエデなどの樹木が鬱蒼と繁り、渓谷の至る所から水が湧き出ています。
渓谷の南端にある等々力不動尊は瀧轟山明王院といい、真言宗中興の祖、興教大師が開いた満願寺の別院です。
不動尊の左階段下には「不動の滝」があります。
古来から今日まで滝に打たれて行をする人々が各地から訪れています。
また、この滝の右手は、武蔵野台地を形成する地層が観察できる場所としても知られています。地層は上から黒土層、立川ローム層、武蔵野ローム層、武蔵野層、上部東京層の順で見られます。地層右手の階段を登ると桜と紅葉の名所にもなっている境内から、神奈川方面が一望できます。
近所には野毛古墳もあり、この地域が古くから人が住んでいたことがわかります。
(水があるところですからね。)
多摩川沿いは古墳群が多いです。

等々力渓谷内には23区内唯一の滝である「不動の滝」があります。
これは800年前、興教大師が満願寺別院を開創した時に湧出したとされています。
錫杖をふるったところ、雄滝・雌滝が湧き出したという言い伝えがあります。
「利釼(りけん)の滝」とも呼ばれます。

【ちょいと漢字の勉強】

釼は「剣」の異体字です。
利釼は、不動明王が持っている剣のことですね。
この剣で煩悩魔怨を滅するのです。



等々力(轟)の地名もこの滝にちなむものといわれています。

ここの霊水は、名水巡礼東京八十八カ所にも指定されています。

■等々力不動とは

公式ページ:万願寺 等々力不動

二子玉川の紹介サイト「二子玉くん」:等々力不動の紹介ページ

真言宗智山派 致航三満願寺の別院。

今回、記事を書いて調べる段にいたって、はじめて正式なお寺の名前を知りました。

「不動の滝」で滝行ができることから、真言宗智山派というのは知っていたのですが、普段は「等々力不動」という名で呼びならわしていたので。
ちなみに実際にここで修行した人を知っています。

高尾山とここで修行するのが都内の行者の定番。


なじみがあるのに、意外ときちんと知らないことって多いですね。

記憶の定着&新たな知識の獲得というのは、ブログ記事作成の効用なのです。
ここんとこ仕事に紛れてあまり知的活動してないんで、たまに色々調べ物すると楽しいなあ。


写経会とか阿字観実習とかやってるようですね。ちょっと心惹かれる。



前置き長くなりましたが、そんな等々力渓谷のお散歩へれっつらゴー!

東急大井町線等々力駅を下車します。
この駅は江の電極楽寺駅と似ていて、都内の私鉄にしては珍しく、線路と線路の間に駅がある島式ホームなのですよ。

※クリックで写真拡大

駅から数分で入り口に到着。ゴルフ橋のたもとから見下ろすといきなり緑の別世界で、山奥に来た雰囲気。
もともと世田谷は実はこういった秘境っぽい場所が多いんですが、近年めっきり開発されてなくなってしまいました。
天気の良い暑い日でしたが、確実に気温が少し低いです。

201005td01r.jpg




201005td04r.jpg見下ろしてみたらこんな感じ。
お散歩日和だったので、結構人がいました。
でも混雑というほどではなく、楽しくほどほどに賑わっている感じ。



201005td02r.jpg201005td03r.jpg




階段を下って見上げるゴルフ橋。ゴルフ場へ行くための橋として作られたため、この名前に。
今はゴルフ場はなくなりました。



もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓


<<GWの等々力渓谷その2 | ホームへ | 本日の学習【漢検1級】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1643-0dc9fe37
| ホームへ |
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。