スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

「フィリップ!君を愛してる」映画感想

2010.05.20(00:04)
[5/21にUPしました]
201005eiga01.jpg
⇒公式サイト

見てきましたよ!ええ、見てきましたともさ!

がっつりレディースデーに行ったんで、ホモ好き女子たちが多そうな雰囲気(偏見)でした。

そんな中、この映画見に来たらそういう目で多少見られても仕方ないというのに、ちらほら男性二人の組み合わせもいました(笑)。

以前ホモセクシュアル関係を扱った映画を見たかった友人(男)は、疑惑がかかるのを恐れて女の我々に「お願いだから一緒に行ってくれ」と頼んでましたっけ・・・。

女二人だと友人にしか見えないのに、男二人だとそういう風に見られるのは確かに不便っちゃー不便ですな。逆差別。

でも、多分場所(新宿)柄カポーの男子と思われる人たちがいたのは否めない。<こういう風に見るから・・・。

それはともかく。

うん、面白かったですよ!見に行ってよかった!!


実際にあったトンデモな男同士のラブストーリーで、笑いあり、涙ありでかなり満足しました!!

以下、ネタバレありの感想です。
■感想


ジム・キャリー演じるスティーブンは模範的なマイホームパパ(しかも警察官もやってた!)でしたが、ある日交通事故で死にそうになり本来のゲイである自分に正直に生きることを決心。

一転、マイアミでゲイとして、彼氏と派手なセレブ生活を送ることに。

華やかな生活を支えるために詐欺師となったスティーブンは刑務所へ。

そこで出会ったのが金髪でかわいらしいユアン・マクレガーが演じるフィリップ・モリス。たちまち恋に落ちる二人。

出所後一緒に暮らす二人ですが、スティーブンはフィリップのためにまたもや詐欺を働いてしまうのでした。
フィリップは激怒。スティーブンはフィリップに許しを請うために何度も脱獄を繰り返すのですが・・・。

というお話。


これが本当にあった話ってのがまたすごいんですけども。

当時の知事のブッシュは困り果てたようですね。

どうでもいいけど、まずフィリップ・モリスって名前がタバコかよ!という感じでちょっとウケた。

フィリップ・モリス=タバコ礼賛ってことで、ゲイにしろタバコにしろ多くの「健全なキリスト教精神に忠実な保守派アメリカ国民」にとっては反社会的と思われる嗜好を表明してるともとれます。

はじめは、当時のブッシュ州知事あたりが強力に推し進めてたマイホーム万歳的な価値観(ゲイの結婚反対など、西海岸にまで押し寄せてくるくらいいまや主流になりつつある)に、忠実に生きていたスティーブン。

彼はそれに真っ向からさからったというわけです。

ブッシュ主義的社会秩序への反抗ともとれる生き方なんですよね。



まず、ユアンがかわいい!!

見終わった女子がみんな「フィリップかわいい~♪」と言ってたくらいに、いじらしくピュアなフィリップを作り出したユアンはすごいと思う。

ほんとにね、スティーブンでなくても好きになるわ。これは。

ユアン・マクレガーって、「ムーラン・ルージュ」でも歌ってましたが歌も上手いんですよね。色々と意外な才能があるなあ。

しかし、あのユアンはゲイ(受け)をやるとは。なだらかで、まるっこいシルエットもソレらしい感じでいやはや。

手の表情とかがかわいいよ。
これちょっとガサツな女子は見習うといいよ!ってくらいにかわいらしいんですよ。
守ってあげたくなる!

あと、アメリカの刑務所基本的にこえええ!生きて出られる気がしないよ。
お尻も無事で済みそうにないし!

守ってやらないとフィリップなんて、ほんとにケダモノどもにめちゃくちゃにされてしまいそうで不安ですわ!

そして、ジム・キャリーもかなり良かった!

コメディ畑といえばこの人、って感じですが、実はこの映画はシリアスな場面も多々あります。

激やせするシーンもあったりして、ジム、かなり本格演技で頑張っていました!
シリアスシーンは泣けるよ!!

マイアミで暮らしていた元恋人との関係もよかった。

彼が死ぬ寸前の二人の会話が、かなりぐっと来た。
あんまり書かない方がいいと思うんで詳しくは書きませんが、ここで死にゆく彼がスティーブンに言う台詞が一番好きかも。

コメディだけだと思って見ると、不意打ちくらう。

笑ったり泣いたりで忙しい映画ですが、その振り回され方が心地よいです。
やられた!って感じ。


天才詐欺師であるスティーブンの詐欺の手口、脱獄の手口はかなり笑えます。

刑務所ライフも、外での生活も、自分の能力をフルに使って思いのままに(結局バレてしまうけど)コントロールし、意外と元妻とも仲が良い。

人間的に魅力的で面白すぎるスティーブンのような人間って、アメリカに結構いますよね。ディカプリオが「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」で似たような実在の詐欺師の役をやってますよね。

どこか憎めない人たちです。

しかし、アメリカのシステムってつくづく見てるとゾンザイだよね。

日本よりもキッチリしてなくて、システムではなくて人が動かしてる、というのがすごく大きいです。
そういう場合は人間的魅力や才覚でかなりのことが動かせてしまうんだろうと思います。

ゲイの恋人の一人がフレディ・マーキュリーに似てるんですが、書類偽造にも協力してたり、スティーブンというかゲイのネットワークはあなどれない。
最近身近でも見ていて、激しくそう思います。

彼らは技能持った人同士で結構つながってて便宜をはかり合う協力関係がありますね。

フィリップは、この映画のコンサルタントを務めているのですが、スティーブンは脱獄を続けたせいで現在、1日23時間の監視を受けて服役中。刑期はあと100年以上。

最後の方で、しんみりする二人のシーンに使われるBGMは「フィガロの結婚」でスザンナとロジーナの二人が歌う二重唱。

逢引をほのめかす手紙を書くシーンで、ここでひっそりと松の下で夜あいましょう、的なことを歌うヒミツのメッセージの歌なんだけど、逢いましょうというメッセージがこめられてるあたり、なかなか上手いなと思いました。

コメディなんだけど、ここまで人を好きになれるスティーブンや、ここまで愛されるフィリップをうらやましく感じた人も多いのではないかなと思いました。

スティーブン、生きてる間に少しでも刑期が短くなるといいのにね。

もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓


<<イタリア映画祭2010 「元カノ/カレ」映画感想 | ホームへ | 国語力テスト2010年6月>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1631-5840e8c8
| ホームへ |
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。