スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

2010年の桜写真 新宿御苑

2010.04.10(22:41)
[4/21にUPしました]
新宿御苑のページ
■お花見 イギリス式庭園
上野と違って、殺気だっているような場所取り合戦はなく、なごやかにピクニックしている感じです。
賑わってはいますが、ゴミゴミしていなくて、空も広くて気持ちがよかったです。

風に吹かれて花びらが頭上にひらひら落ちてくるので、これぞお花見!という状態でした。

※写真クリックで拡大
左の写真を拡大してさらにクリックすると、花びらが散っているのが見えます♪


■新宿御苑の由来

新宿御苑の敷地は、徳川家康が江戸城に入城した際、譜代の家臣であった高遠藩の内藤清成に授けた江戸屋敷の一部です。

※信濃国南部の藩

玉藻池を中心とする日本庭園は、玉川上水の余水を利用して完成した内藤家の庭園『玉川園』だったところです。


ここで、御苑の敷地だった内藤家江戸屋敷について調べてみたところ、
「内藤家中屋敷」であるとする説と、「内藤家下屋敷」とする説の二つがありました。


よく知られている通り、「内藤新宿」と呼ばれる広大な新宿区南部一帯は、内藤家中屋敷があった場所です。

下屋敷と書いてあるサイトが非常に多かったので
気になって調べてみたところ、内藤家の江戸屋敷は以下の場所にあったようです。



上屋敷:神田小川町
中屋敷:四谷内藤宿
下屋敷:渋谷(下渋谷)



ということで、とりあえず新宿御苑は中屋敷跡と理解してよいのかな?

ちなみに屋敷は江戸城に近い方から上・中・下という区別をしています。

上屋敷には大名と家族、江戸城に勤める家臣
中屋敷には嫡子や隠居
下屋敷には参勤交代で単身赴任してきた家臣

が住むことが多く、下屋敷は別荘のような感覚で広大な庭園や蔵を造営する傾向があります。



1879年(明治12年) 宮内省所管の新宿植物御苑ができました。

1906年(明治39年) アンリー・マルチネーの設計で現在の新宿御苑が完成。

1949年(昭和24年) 「国民公園新宿御苑」として一般開放され、その後厚生省⇒環境省の所管となって現在にいたります。




■新宿御苑旧新宿門衛所

なんだかこじんまりとしているけど素敵な建物だな、と思ったらこれは昭和2年に建てられた門衛所でした。

ここは、入園料を払わなくても通れる外側にあります。


裏の様子は新宿御苑の歴史建造物のページで確認できます。


他にも歴史的建造物は多いのですが、この日は撮影しそびれたので、また改めて摂りに行きたいと思います。
何度か来ているのに、よく考えたらここの写真って撮ったことがなかったのです。

デジカメも小型化したので、お散歩時は携帯して気軽に撮るようにしたいですね。
(それでもなぜかいつも荷物が多いので、持ち歩くのを忘れてしまう)


なんかかわいらしいですよね。窓とか、ちょっとした飾りなんかが素敵。
こういうのを見るとワクワクします。






もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓







⇒関連記事:2010年の桜写真
<<本日の学習【漢検1級】 | ホームへ | Yahoo募金のブログパーツ追加しました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1617-759db06f
| ホームへ |
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。