スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

WEBクリ受験しました

2010.01.18(23:57)
[1/18に書きました]
年末年始とバタバタしていたので記事を書きそびれてしまったのですが、新年の抱負に書いていた挑戦資格の第一弾として、WEBクリエイター能力試験(上級)を受験してきました。 昨年リアルでアレコレ「正直それどころじゃねえ」状態だった管理人としては、しばらく集中した独学をさぼっていたので、まずは学習する習慣を取り戻さねば。

ということで、

1.とりあえず最初は難易度低めの資格に取り掛かることで勉強することに慣れる
2.早めに合格して成功体験を積み上げてやる気アップ
3.そのまま勢いに乗ってムズカシメの勉強にも挑戦

という作戦を立てたのでした。

勉強さえすれば短期間でも取得可、勉強しててビジュアル的に楽しい、などの理由でこの資格に挑戦してみました。



■WEBクリエイター能力試験とは

初級と上級にわかれていて、随時試験で受検可能です。
近くの会場で確認してみて下さい。

それぞれの級に応じたレベルの、HTMLとCSSの理解を問われます。

実際の問題は、Webページを問題文の指示通りに作成するという内容です。

規定問題と自由問題の2部構成になっています。

規定問題はテキストエディタで、自由問題はテキストエディタまたはWEB作成ソフト(ホームページビルダーなど)を使用します。

それぞれ、時間配分は以下の通り。


(1)規定問題
   50分

(2)自由問題
   テキストエディタ使用の場合⇒120分
   Webページ作成ソフト使用の場合⇒90分




詳細は下記へGO!

サーティファイのページ

■勉強した内容

【学習期間】
試験申込をする少し前から、年末年始は遊んでしまったので、勉強した期間は多分1ヶ月くらい?
さぼりつつちょこちょこと進めてたので、正確な総学習時間はよくわかりません(^^;)

試験前日に1周目の最後の過去問をやっとやり終えたというギリギリな仕上がりでした。全部解かないうちに受検するのだけは避けたいんで、なんとか最後までやり終えました!

・・・受検すると言っても、管理人の場合はこんなモンです(^^;

本当はどんな試験でも、問題集は、受検前に最低2周はしたいですね。



1.まずは、公式問題集購入。

試験対策にはこれ1冊でOKです。
Webクリエーター能力認定試験(HTML4.01対応) <上級>公認テキスト&問題集【改訂版】 (よくわかるマスター)

FOM出版
売り上げランキング: 6099
おすすめ度の平均: 4.5
4 勉強しやすかった
5 試験には必須
4 試験はラクラク


2.とりあえずチェックしながら問題解いてゆく

テキストの大事なところをマーカーでチェックしつつ、
インストールした問題集の問題をサクサク解いてゆきます。


3.単語帳つくり、ノート作り

なんか久しぶりの「勉強」ということで気分を盛り上げてみた(^^;)

単語帳、タグなどについて作ってはみたのですが、あまり見なかったような・・・<ありがち

ノートは、HTML、CSSの主要なタグなどのまとめ。


4.模擬問題を解く&まとめ

問題を解いて、間違ったところを重点チェック。
単純なテキストのうち間違いなども含めて、間違えた問題と解答を、一覧できるようにささっとノートにまとめました。

自分が間違えやすいところ、問題文独特の言い回しなど、解き方のコツがはっきりします。


5.過去問題(2回分)を解く

4に倣って、間違えた部分をまとめたかったのですが、時間がおしてたので、そこまではやらず、最後のまとめという感じで解きました。

模擬問題を丁寧に解いたので、ここに行き着いたときにはかなり本番での時間配分を意識しながら解けるようになってました。






■勉強した感想

今までなんとな~く場当たり的にリファレンスで適当にCSSとかHTMLとかJava Scriptとかをいじってはいたのですが、この勉強をすることで、一応CSSとHTMLの関係などがかなり自分の中で整理されました。

本見たら大体のことはできるわけですが、きちんと覚えようとしない管理人の場合、根本があやういままで非常に心もとないわけで、今回かなりスッキリしました。

実際にはあまり使用してはいけないTABLEタグだの(面倒くさいんで当ブログでは使ってますけども!)なんだのも出てきて、試験内容がそのままWEB構築の即戦力につながるわけではないかもしれませんが、まあ、門外漢が「ちょっと基本知識は押さえましたよ」という勉強した事実を証明するのにはいいのではないかと。

どの資格もそうですが、「コレがあるから圧倒的に就職だの転職だのに有利!」ってことは一部の(職業に直結するような)難関資格以外はあまりなかったりします。

あくまで会社では実際の能力や経験重視です。

しかし、だからといって無駄!ということは絶対にないのです。


確実に勉強したことは自分のためになっています。

あと、資格はないよりはある方が、いいです。
客観的なちょっとした証拠、というくらいの位置づけですね。

たとえば就職などでそれだけに縋るのはあやういですから、プラスα、くらいの効力があると思うのがちょうどいいのではないでしょうか。

どちらにしろ、資格は他人には誇示するモノではないという認識でよいと思います。


話のネタ、とか。その勉強をして身につけた知識がどこかで誰かの役にたてばいいなあ、くらいに思っていてちょうどいい感じ。

もともとほっておかれたら勉強しない人間である管理人の場合、
「資格を取得」という目標を掲げないと、何もしないのがわかりきっていますので、
あえて苦手なキカイだのソフト関係だのを受けてみるわけですよ。

ことPC関連については、「機械キラーイ☆」という理由で、タブレット買ったけど結局ほとんど使いこなさないままだったりする管理人は、自発的に覚える日が来ないと思われます。

調子に乗ってコレ系の試験で少しソフトに慣れてみたいと思いますよ。





なんか長くなってしまった!!

受験記は別記事にします。ということで次回につづく!

もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓


<<今週の地雷本 | ホームへ | オセロふたたび>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1548-545e56f7
| ホームへ |
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。