スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本日の復習【漢検準1級】

2006.04.17(23:01)
試験がとりあえず終わったので、理系の勉強はちょっと一休み。
やっぱり漢字の勉強の方が楽しいデス。
久しぶりに準1級の漢字リハビリ、いってみよう!
■意味の怪しい語シリーズ

竹かんむりの漢字です。

その中でも弓道に縁の深い言葉を拾ってみました。



はず、やはず


音読みは「カツ」。

はずは、「~のはず」の意味でよく使いますね。

一方、「やはず」と読むと、「矢の上端の弓の弦の受ける部分」のこと。=矢筈。


弓の各部の説明のページの説明には、弓の弭(はず)と矢の筈(はず)を区別する際には「矢筈」を用いる、とあります。




篦・箆へら、すきぐし、かんざし、の

音読みは「ヘイ」。

前回の漢検準1級で書き問題として「へら」が出ました。(しのぶんは間違えました)

「の」と読むと、「矢の軸の部分」を意味します。

篦中節 「のなかぶし」とは、「竹の箆にある筈から3番目(矢尻から2番目)の節。 」をさします。




箭眼せんがん

城にある、矢を放ったり外を伺い見るための縦長の小窓。=矢狭間(やざま)
城の櫓や塀の部分に、よく▽とか△とか□の形で開いてる窓がありますね。

「箭」は「や」と読み、「矢」と同義。





ついでなので、関連する1級の範囲の漢字も覚えてしまいましょう。

えびら、やなぐい

音読みは「フク」。

「えびら」は、矢を入れて背に追う武具。武士がよく矢を入れてしょってる筒みたいな武具ですね。

「やなぐい」は「胡簶」とも書く。矢を盛って背に負う具。

筒に似ているのを「壺胡簶」、平たいものを「平胡簶」という。


学生時代に弓道をされていた方にはおなじみの言葉だったかもしれませんね。


[5/7追記]
白魚一寸さまのコメントに触発されて、さらに以下の言葉についても調べてみました。

【1級レベル】
 カイ ケツ ゆがけ

この字は、手にモノをひっかける道具を持ったさまにより、ひっかける意味を表します。抉、

の原字。



「ゆがけ」を調べてみると、以下の漢字での表記が見つかりました。

弓懸 弽 韘

弓を射る時、手指を傷つけないように用いる革の手袋。

弦弾(つるはじき)、ゆみかけ、手覆ともいうそうです。

「広辞苑」には普通の5指の手袋のような図と、指だけを3本ほど個別に入れるようなものの図が出ていましたが、こちらのページには詳しい説明とともに、また別のものが出ています。(弓道のすすめというサイトさまです)

全日本弓道連盟のサイトでは、「親指の堅いもの、柔らかいもの、指3本─三つ、指4本─四つ、指5本─諸などがある。」と説明されていました。



 サイ サ うつぼ ゆぎ

うつぼ

空穂、とも書く。矢を盛って腰に背負う用具。中空の籠で、毛皮をつけたり、漆塗りにしたりして矢が雨に濡れるのを防ぐ作りとなっている。
「靭」と書くのは誤用だそうです。


ゆぎ

(平安時代は「ゆき」と発音)矢を盛って背に負う用具。木や革で作る長方形の箱型の筒とし、令制では1個に矢50筋を入れた。
平安以後、「壺胡簶」(上で取り上げました)という、公家の儀杖となる。


 ワン ((弓を)ひく)

引き絞ったゆみがまがる意味を表す字。

よろしければポチっとな★お願いします⇒
<<採点結果とこれまでの挑戦記録 | ホームへ | 貴方バトン>>
コメント
【】
お久しぶり、お邪魔します。準一級の漢字についても、まだまだ理解できてないです。勉強になります。また、時々お願いします。
【2006/04/19 21:59】 | daisaku #SFo5/nok | [edit]
【daisakuさま】
こんばんは。コメントありがとうございます!

daisakuさんはかなり1級の漢字の勉強が進んでおられる様子で、いつも感嘆しつつ、勉強させていただいてます。

今後も自分の勉強になるので、漢字の記事は続けていくつもりです♪
今後もよろしくお願いしますm(_ _)m
【2006/04/19 23:37】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【他にもあるよ】
>弓道に縁の深い言葉
>関連する1級の範囲の漢字

竹冠ではありませんが、勉強していたら他にも出てきました。

夬 カイ ケツ ゆがけ
靫 サイ サ うつぼ ゆぎ
檠 ケイ ゆだめ
彎 ワン ((弓を)ひく)

他にも、日本刀関係とか、馬具とか、凡そ日常生活とは関係のない漢字に振り回されております。
【2006/05/07 19:18】 | 白魚一寸 #LaVwoRLA | [edit]
【白魚一寸さま】
おお、こんな言葉もあるのですね。
字自体は知っていても、実際はどんなものか、パッとわからないものが多いです。
ついでに意味を調べたり、実物がどんなものかを把握しようとしたりすることで、日本文化全体を広く知ることができるというのも、漢字の勉強の楽しさですね。

白魚一寸さんのコメントに触発されて、ちょっと記事を追加してみました。ありがとうございます。
【2006/05/07 22:30】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/150-92266763
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。