スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

国語力テスト 2009年12月号

2009.11.22(22:49)
[11/24に書きました⇒カレンダー埋め埋め]
久しぶりに
国語力テストをやってみました。

さっそくなので複数画像のUPのテストがてら記事更新。<最近までこの機能に気づかなかった管理人ですよ



※毎月第3日曜に更新

うわー、結構頭がまわらない!!

漢字力、空欄埋める問題がさっぱりです!!ほぼ全滅。

国語力は、「え?そういわれてみるとなんだったっけ?」というような思わぬところで時事問題が出てきます。
最近ニュースとかスルーしまくってるので、焦りました(^^;)なんとか正解しましたが。


国語力:90点 優秀賞



漢字力:80点 優秀賞



毎回思うけど、季語なども大切ですよね。
日本の豊かな四季がこういうところからも感じとれるので。

もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓


<<連休のしのぶん:片付け状況など | ホームへ | ガンダム00セカンドシーズン 第5話 故国燃ゆ>>
コメント
【的確なアドバイスありがとうございます。】
>四字熟語は各級で出題範囲が違うので、まずは準1級を優先させて、あとの読み書き等は2級の復習と準1級の学習を並列でやっていくといいかもしれません。

こういう的確なアドバイスがいただけて有り難いです。
割と日常で使われる4級、5級などの四字熟語でも意味があやふやなものも多く、
そこから勉強すべきかなとも思いましたが、受験対策としては準1級の範囲に絞った方が
良さそうですね。

自分の持っている問題集では最後の文章問題は2級程度?と思うのが殆どって
感じだったのですが、今回の受験の問題では、文章自体が難しく、内容の流れも頭に入らなく、
判る問題だけをバラバラに答えるだけで精一杯でした。

私の受験のきっかけですが、もともとクイズ番組が好きでした。
「アメリカ横断ウルトラクイズ」なんて言うと「ふるっ!!」と笑われそうですが、
いつか参加したいと思いながら見てました。
他の番組ですが予選会に二、三度行ったことがあります。
社会人になって、事務職でもなく、そのうちパソコンの作業ばかりになって
字がド下手なり、漢字が判らない・・
お客さんとの打ち合わせでも、字に自信がないためあまり見られたくないので、
適当に書いて誤魔化したり・・。
普通に雑誌読んでいても、書けない字、意味が今ひとつ判らない字って
たくさん出てくるんですよ~私の場合。
これはいかんな・・と思ってせめて日本語だけはちゃんと書きたいなと思ったのがきっかけです。

最初は準2級から受けました。10年以上も前ですね。
そのうち子供が中学生になり、うまく巻き込んで少しでもいいから
「勉強好き」な子にできないかと目論んだのですが、失敗でした。4級だけとりました。
その後私は2級受けたのですが、3回目でやっとでした。
準1級の勉強をしていて、少しだけだけど字もまともになってきたなぁと思います。

子供はもう大きいので(成人近いです)、時間を作るのが大変と言うことはありません。
お互い自由にやっていますよ。
まぁ、時々の辛口コメントもいい刺激になります。

ではまた。
【2009/11/25 13:44】 | く~ #- | [edit]
【く~さま】
く~さん、こんばんは。
コメントありがとうございます!
漢検受検に関して、なにかしらのヒントになったのであれば幸いなのです。

> 割と日常で使われる4級、5級などの四字熟語でも意味があやふやなものも多く、
> そこから勉強すべきかなとも思いましたが、受験対策としては準1級の範囲に絞った方が
> 良さそうですね。

理想は全部カバーすることなのですが、多分これは老後の楽しみにしてもいいくらいにたくさんあるので、優先順位をつけていくのも手だと思います。
私もこれからゆっくり1級の範囲と、そのほかの範囲を時間をかけて身につけていこうと思っていますので(^^)
まずは受検対策として、範囲を決めるとやりやすいのは確かです。

> 今回の受験の問題では、文章自体が難しく、内容の流れも頭に入らなく、
> 判る問題だけをバラバラに答えるだけで精一杯でした。

文章題は明治の頃の書物が出典になることも多いので、なかなか難しいですよね。
運もありますが、やはり一筋縄ではいかないような訓読みが出てきたりして、準1級以上の出題範囲はおさえるのも大変です。

> 「アメリカ横断ウルトラクイズ」なんて言うと「ふるっ!!」と笑われそうですが、
> いつか参加したいと思いながら見てました。

あ、これは子供の頃にやっぱり思いました。
その後高校生クイズ、なども出てきましたが、やはりウルトラクイズのスケールの大きさはすごかったですよね。
毎週楽しみにしていたのを思い出して懐かしい気持になりました(^^)

> 他の番組ですが予選会に二、三度行ったことがあります。

おお、そうだったのですか!
クイズ番組を見ているとクイズ研究会などの人々は本当に幅広く知識を身につけているのでいつも感心してしまいます。
私も雑学好きなのですが、クイズで優勝する人を見るとホントにかなわないな~と思います。すごい知識量を見ると、そのあまりの見事さに嬉しくなってしまいますよね。

> 社会人になって、事務職でもなく、そのうちパソコンの作業ばかりになって
> 字がド下手なり、漢字が判らない・・

字は書かないとどんどん下手になってしまうのを私も実感しています。
それに気がついてからは意識して書くようにしているのですが、それでも、漢字は「書き取りの学習」をしていないとあっという間に忘れますね。

PCや携帯を使う世代は、最近になってかえって危機感を持っているようにも思えます。
それで漢検がブームなのかもしれませんね。

> 普通に雑誌読んでいても、書けない字、意味が今ひとつ判らない字って
> たくさん出てくるんですよ~私の場合。
> これはいかんな・・と思ってせめて日本語だけはちゃんと書きたいなと思ったのがきっかけです。

読めても書けない字の多いことに気づくと、「あっ!」と思いますよね。
自分できちんと字が書けるようになりたい、というのは切実ですよね。
日本語は漢字・ひらがな:カタカナが混じっていて、その気になればひらがなで表記することもできるのである意味では学習がすすんでいなくてもなんとかなる言語ですが、その分、教養の差がシビアに現れるという面もあります。
「この漢字が書けるor書けない」でバックグラウンドを判断されてしまう場合もありますので、やはり漢字を身につけることは社会で生きるうえでも欠かせないものですし。
綺麗な字が書けるというのも、印象を大きく左右しますよね。
きちんと読み書きができていると、なによりも自分自身がまず気持ちが良いですよね。


> 「勉強好き」な子にできないかと目論んだのですが、失敗でした。4級だけとりました。

きっと、そのときはまだやりたい時期ではなかったんでしょうね(^^;)
そのうち自分からすすんで学習する時期が来るのではないでしょうか。


> 準1級の勉強をしていて、少しだけだけど字もまともになってきたなぁと思います。

複雑な字が増えてくるせいか、準1級や1級は丁寧に書き取りをする癖がついてくるように思います。
私も書きなぐって細かい部分を失敗 してしまうことが多かったので、だんだんと気をつけるようになってきました。

> 子供はもう大きいので(成人近いです)、時間を作るのが大変と言うことはありません。
> お互い自由にやっていますよ。
> まぁ、時々の辛口コメントもいい刺激になります。

そうだったのですか。
子供が大きくなってくると、また違った影響を与え合う良い関係になってきますよね。
お互いに自分できちんとなんでもやっていけるという立場になると、親も子もそれぞれ世界がまた広がっていって気持ちの余裕もできてくるので、それも嬉しい点なのです。

一番子育ての大変な時期を終えると、自分のしたいことをまた始められるので、親御さんにとっては勉強のチャンスですよね。
楽しく学習しているく~さんの姿は、きっとお子さんにインプットされていると思います。
辛口コメントを言いつつも、実際は学習している姿を見て尊敬してる部分が大きいでしょうね。

私自身勉強しろと言われたことがないのですが、わりと両親ともに、辞書を引きながら外国語の本を読んだり、新しい勉強をしていたり、本を読んだり、ものを作ったりという人間だったので、そういう部分はすごく影響を受けているような気がします。
強要されなかった&親自身が楽しんでいる姿を見ていたことによって、知識を得ること=楽しいこと、という考え方ができるのはありがたいと思っています。

く~さんのお子さんもきっとそういう風に感じているんだろうなと、想像しています。
今年は学習もさぼり気味だったのですが、く~さんとコメントのやりとりをしている中で、学ぶ楽しさの原点を再び見直したせいか、漢字以外の学習も再開できるようになりました。

もちろん、漢字も継続して学んでいこうと思っておりますが、また忘れてしまった知識を再確認したり、まったく新しい学習も始めたりして、現在は気の向くまま色々なことを知りたいというモードに入っています。
そのうち学習記事のカテゴリも増えるかもしれません(^^)

あとどのくらい生きているかは?ですが、できるだけいろいろ吸収して、どんどん「発見」をしていきたいですね。知識だけでもダメですが、それでも知ることで、理解できるようになることも多いので。

年をとった今の方が、色々わかってきた分断然面白いし幸せなので、今後も色々楽しみなのです。
まわりも老後もエンジョイ&新たな挑戦をしている人ばかりなので、励みになっています。
記憶力も、世間が言うほど不利ではなくて、日々使えば使うだけ成果は出ると考えています。
使わなければ若くても鈍ってしまうし、その逆もしかり。
そう思って今後もアレコレやっていこうと思います。また1級リベンジしてみたいですし!
準1級も、焦らず楽しく、着実にすすめる感じですすめてみてくださいね。


【2009/11/26 22:17】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1468-7e8bd498
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。