スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

BLOOD+ 26話

2006.04.09(22:15)
試験前にもかかわらず、前回予告のリクきゅんにつられてまんまとBLODD+の視聴&レビューをはじめてしまうしのぶんです。
だってだって、今回は我らがプリティショタ・リク祭りなんですもの!!
本放送を見てない場合は、いつも時間がギリギリのため、レビューはせーので視聴開始と同時に書いております。そんな泥縄ライブ感が伝われば幸いデス★

アバンタイトル。
意識の戻ったリクきゅんの横にはミニスカートで足を組むセクシージュリアさんが。
いつも通り、白衣の下には胸の谷間くっきりでフェロモン全開、かわいそうなリクきゅんの目の保養になるよう気を配ってあげているのでしょうか。

しかし、そんなジュリアさんのセクシー攻撃にもかかわらず、リクきゅんは


「僕、小夜姉ちゃんに会いたいな」


と言い出します。
デヴィッドに引き続き、リクにもセクシーが無効なジュリアさんに涙

ミスターヘタレ・カイが入ってきても、

「なんだヘタレかカイ兄ちゃん・・・」

とあからさまにがっかりする自分に正直なリクきゅん。当然といえば当然か。

そんなリクきゅんを複雑な表情で見つめるカイ。
きっと小夜が血飲ませキスでシュバリエ化したことを思っているのでしょう。

・・・俺、ファーストキスまだなんだよな・・・。

ところかわって。

例の温室にいるディーヴァがテディベアを抱いてバラバラにするというシュールな遊びに興じています。

それを内心ガクブルしながら見つめ会話するジェイムズとソロモン。

ディーヴァのシュバリエの中では変態度が低い者同士ということで、この二人はわりと仲がよさそうです。

アンシェルがなにか隠し事をしているとは思わないかと問うソロモン。

隠し事とは、シュバリエに近い翼手=シフたちのことだ。


しかし、ジェイムズはそのことよりも、ソロモンが小夜を説得しに行ったことについて、ソロモンが裏切っているのではないか、と逆に問いかけます。

ここでも藪蛇なソロモン。
ジェイムズともたいして仲が良くなかったようです。

軍人さんのジェイムズは二人称が「貴様」です。
そんな硬派なところがにしびれるミリタリー系男子(え)も多いことでしょう。海自のコスプレしてる人とかは、ぜひジェイムズのコスもやるといいと思います。


アンシェルが何をたくらんでいようと、ディーヴァのことを第一に考えてのことだと、自分は信じる。

「シュバリエはディーヴァのためにある、ですか」

とソロモン。


片付けられない女・ディーヴァは、散乱したおもちゃの真ん中で、バラバラにしたテディベアを見つめながらつぶやきます。

「あの子・・・・会いたいな」

あの子
、とは美味しかったリクきゅんなのか。
それともおいしそうだったけど、放置してて血吸うの忘れてた★なカイなのか。小夜たんなのか。
まずそうな二人でないことは確かだな。おっさんだし。


新しいOPです。

昔なつかしいルービックキューブが!!(3面が限界のしのぶんでした)

ハジのように見える長髪黒髪の男が、どっかで見た男性用のさる場所の手術の広告(「君も一皮むけていい男に」というやつ)に酷似したヤバイとっくりセーターの着こなしをしてます。
カッコイイシーンの演出なんだろうけど、それ笑えるから!!それにしてもとっくりって。タートルってゆえよ自分。

小夜が大人っぽい感じ。
素描風な演出がアートっぽくてなかなかオサレ。

細切れシーンが多い割には、色が蛍光色ではなくやや抑えてあるので、前OPのときのように目がチカチカしない、老化した目には優しい配慮が感じられます<そうか?

一瞬移った上半身裸+流し目のソロモンにはしっかり萌えておく、と。

新キャラか?とおもったけどあの鬼太郎系の前髪はモーゼス?えらい老けてるような。

それと一緒に「お風呂で999♪」な東京新聞なことしてるのは誰?
男女が一緒にバスタブに入ってるのですが、女の方は小夜よりもロングヘアのような気がします。

手足がばっちり見えるセクシー衣装で血まみれになりながら剣を構えワイルド小夜。
そんな小夜たんの股間をちょうど見上げるようなきわどいショットもちろんサービスです。

それをたてものの上から見下ろすディーヴァのアップで終わり。

歌もスピード感あふれていて、全体的に大人っぽいキャラの絵であるのは、それぞれがこれから成長して、積極的に戦いに身を投じる展開を予想させますね。

BLOOD+ ORIGINAL SOUNDTRACK 1
BLOOD+ ORIGINAL SOUNDTRACK 1
posted with amazlet on 06.04.09

アニプレックス (2006/04/26)

BLOOD+(5)

Aパート。
赤い盾の豪華客船が停泊している。
広い食堂で食事をするカイとリク。リクは入院患者の着るパジャマ+車椅子。

食事の進まないリクにカイが食べないのか、と話しかける。

「お腹、減ってないんだ」

そう言うリクに、カイはジョージの物まねをしつつ食べるよう促しますが、似てない物まねがリクきゅんによってダメ出しされます。

一人でジュリアさんの物真似をしていた過去を見ても判るように、カイはひそかに物まねに自信がありそれで将来身を立てて行こうくらいに思っていたので、そんな弟の厳しいジャッジにちょっぴりショックを隠せません。

ほがらかに笑うリクきゅん。

そんなほのぼの兄弟のところへ食べ物あるところにはこの男あり、ということでルイスが参上。

検査を告げるルイス。

「え~またあ?」

と困った顔をしつつも、おとなしくジュリアさんのところへ向かうリク。

今回は、前回結局ずっと寝ていてリクファンをがっかりさせたお詫び★とばかりに、表情豊かなリクのショットが続きます。

リクが食べないんだとルイスに言うカイ。

ルイスは気の毒そうな表情で言葉を返そうとします。

「カイ、リクは・・・・」

リクはもう人間ではなくなった。だからハジと同じく食物は必要としないのだ。


カイはその事実を振り切るかのように、

前にリクに作ってやったスープをルイスに注文します。あれなら、食べてくれるかもしれない。

デヴィッドに説教されたのに、まだまだ現実を認めることを拒否しがちなヘタレのカイ。



そんなヘタレっぷりは早速ルイスによってデヴィッドにちくられてしまいます。

当然赤い盾のメンバーとしてそんなヘタレを放置するわけにはいきません。

腕を組み厳しい表情で聞くデヴィッド。


「ジョエルの日記は読んでいるんだ。

リクが今どういう状態であるかは理解しているはずだ。

リクはもう食事も睡眠も必要としない。」



こう考えると、シュバリエって経費がかからず、稼働率も高いという、最高の下僕ですな。一人欲しい~と思った人も多いはず。


「カイには私から話す」

とまたデヴィカイ会話でフラグが立ちそうな気配を漂わせてサービスするデヴィッド。誰へのサービスだ

あ~あ、もうホモには付き合ってられないわね、と思いつつリクの脳のスキャン図を、分析するジュリアさん。


身体の組成そのものに変化はない。ということは、身体能力は期待できないようにも見える。

しかし、ハジと同等の能力を持つ可能性も否定できない、と冷静に話すジュリア。

「あの細っこい身体でか?」

と驚くデブルイスに、筋肉の量は関係ない、人間とは違う生物なのだと説明するジュリアは、リクの検査結果の分析でこの数日はロクに休んでいないようです。

ルイスはここでも癒しキャラの本領発揮、食事も睡眠も取ってないジュリアを気遣います。

ジュリア、食事を取ってないから胸の谷間がちょっと浅くなってるぞ。よけいなお世話だ


「そんなヒマはないわ。

人が人でなくなる瞬間を目撃しているんだもの。」


タバコスパー。鼻から煙は出さないようにネ★


「コリンズ先生の信頼を裏切りたくないの」





また、黄昏れている小夜に声をかけるハジ。


「後悔しているのですか?」


「ううん・・・ただ、リクの前でどんな顔をしていいか判らないの」


カイにしてもリクにしても、どんな顔をしていいか判らない小夜たん。

いっそ面白いかぶりものでもかぶったらいかがですか?場も和むことでしょう。

中華街で買ってきたヘンな被り物をそっと手渡そうとするハジ。

当然軽く小夜にはスルーされたので、今度は必殺技「ハジ跪いて忠誠を誓うワン!」を発動。



「あの時の貴女も今の貴女と同じような顔をしていました。」


「ハジ・・・」



「貴女は貴女のままでいてください。

貴女の望む姿であれば良いのです。」




なんか催眠療法みたいな台詞キター。

自己肯定って大事ですね、うん。


「・・・私はどこまでも貴女のお供をいたします」

お腰につけたキビ団子、一つ私にくださいな。

「そして、彼も同じことを望むでしょう」



「リクも?」

「はい」




下僕二人目GETだぜ!よっしゃあ!と思う小夜たんですが、ふと、もう一人いたヘタレのことに気づきます。



「それじゃ・・・・カイはどうしたらいいの?」


役に立ちそうもないから置いてけぼりがいいかしら。


いえ、彼もシュバリエにして私の荷物持ち(チェロ)とか、パシリとかにしてみてはいかがでしょう。

二人は夕日を見つめながらヘタレの処遇について議論を重ねるのでした。




シーンは変わって、リクの車椅子を押してやるカイ。

「デヴィッドさん、何の話だったの?」

「なんでもねえよ」


Σ(゚д゚lll)デヴィカイシーンすっ飛ばされた?!
楽しみにしていたであろう一部の皆さまのブーイングが聞こえます。



もう歩けるから車椅子はいらないと主張するリクですが、カイに却下され

「もう~過保護なんだから!」

とふくれるリクきゅんもキュート★



車椅子に乗るリクはバック後ろのカイに疑問を投げかけます。


「僕、なんで倒れたの?」

リクは前後の記憶がないようで、ディーヴァのこともあまり思い出せないらしい。

答えに詰まるカイ。





そこへ、小夜とハジが現れる。

「小夜姉ちゃん!・・・やっと会えた♪」

喜ぶリク。対照的に、カイと小夜は複雑な表情で見つめあいますが、お互い目を逸らしてしまいます。

小夜に無邪気にカイが過保護だとぶーたれるリク。



それはリクを心配してるんだと返す小夜に対して、リクきゅん・本日2回目の容赦ないカイ評価を表明します。



「違うね!

弟離れできないヘタレでファーストキスもまだの童○で受けな甘えん坊兄貴なんだよ!」



そこまで言われる覚えはないと思うカイと、その通りかもと思う小夜+ハジ。



彼らの思惑はわれ関せずという感じで、実にマイペースな会話の運びをするリクきゅんは、お次は小夜を赤い盾豪華客船・探検ツアーに誘います。

どうしようかと思う小夜に、カイが

「いいよ、行って来いよ」

と後押ししたため、二人とそのお供の下僕はそのままツアーにれっつらGO!


そんなカイをねっとりしたいつものエロ視線で見つめるハジ。前回同様身の危険を感じてはっとするカイ。

なんだよ、デヴィカイからハジカイへオフィシャル推奨CP変更か?
※もともとそんな推奨CPはありません

「小夜に任せることだ」


と言い捨てて、下僕は二人の後に続きます。



ここで、さらにはっとしたカイがデヴィカイ会話を回想。デヴィカイ派の皆さん、よかったですネ♪


「リクは小夜に従うモノになった。以前のリクとは違うものだ。」


うつむくカイに真剣に語りかけるデヴィッド。

またしても夕日が差し込むとはいえ薄暗い部屋に二人きり。いつ過ちがあってもおかしくありませんそうか?



「今のリクに必要なのは小夜。そして人の・・・」

人の血?


「言うな!!」

聞きたくない、認めたくない。ヘタレ度MAXなカイ。


「それでもあいつは・・・俺の弟だ」



べそをかきつつ、主張するカイ。受けくさい、受けくさいです。



あいつの時間がもう止まっちまったなんて・・・そんなの・・・


HGデヴィッドは理性で己の中の欲望(どんな?!)抑えつつ

「それを受け止めてやるのがお前の役目だ!」

と説教します。ジョージはいない。それを受け止めるのはカイしかいない。


その後、何があったのかは知りませんが
なんだか屈辱的な気分になったらしいカイはまたもやイマドキの切れる若者らしく
「くそう!!」と車椅子を倒してモノに八つ当たりするという暴挙にでます。




どこかのヨーロッパの古い塔の上で、シフ集団の紅一点・イレーネさんが小夜の居場所を告げる宇宙神と交信中。早速電波傍受した模様。

その周りに次々瞬間移動で出現する生き残ったシフたち。
シフは現在7人、小柄なデブは健在です。

プロダクションI.Gマガジン―特集「BLOOD+」「攻殻S.A.C.」
日経キャラクターズ!
日経BP社 (2005/10)
おすすめ度の平均: 5
5 ファンなら持っておくべき一冊
5 まるごとすべてIGだ!

BLOOD+(1)
BLOOD+(1)
posted with amazlet on 06.03.21
桂 明日香 アニプレックス プロダクションI.G
角川書店 (2005/12/22)



関係ないけど、CM見てたら、ケロロの映画の主題歌をおぎやはぎが歌ってるんでびっくり。情報遅いしのぶんなので、もしかして何をいまさらという感じの情報かもしれませんが。作曲は秋元康かあ。
ケロロダンシング
ケロロダンシング
posted with amazlet on 06.04.09
おぎやはぎ 秋元康 磯崎健史
Sony Music Direct (2006/03/08)






Bパート。
夜。寝付けないリク。
そっと部屋を抜け出そうとするリクに

「どこへいくんだ」

と声をかけて起き上がるカイ。

喉が渇いたというリクに、水を持ってきてやろうとするカイはタンクトップと短パンというナイトウェア姿。

自分で行くと言うリクを止めるカイに対し、珍しく切れるリクきゅん。

お腹をぼりぼりかきながらという無礼な態度がいけなかったようです。



「弟離れ!!!このヘタレがっ

弟にさんざんな言われようにさすがに落ち込むカイ。

「俺・・・どうしたらいいんだよ」


甲板で夜空を見上げるリクに、背後から忍び寄る(ハジってなんかいつも背後を狙ってるよな)ハジ。

小夜は休んでいるとハジに言われてがっかりするリクが、いよいよ予告の小夜萌え告白を始めます。
しかし、予告にあった小夜萌え発言は削除されていた模様・・・?




僕、変なんだ。

ちっとも眠くならない。

お腹もへらない。

カイも小夜も妙にやさしくて変だ。

特にカイ兄ちゃんなんか、一日中、無理やり似てない物真似や一人コントで僕を笑わせようとサービスしてくるんだけど、はっきり言って迷惑なんだ。



動物園で会った人を、僕は小夜姉ちゃんだと思ったんだ・・・・。






「ハジ、教えてよ。あれは誰なの?」


「ディーヴァ・・・・私たちの倒すべき敵。」

「敵?」


いきなり何の話ですかー?と当然リクが思うところですが、いつもながら説明マンドクサという態度のハジは

「いずれ判る時が来る・・・」

と他の多弁なキャラクターが懇切丁寧に説明してくれる展開を示唆します。

またかよ!

仲間になったんだから少しは説明してやれYO!




どうしてこの人っていっつも思わせぶりなこと言うんだろ、
コミュニケーション能力の欠如って大人としては致命的だよね、
と思いつつハジを見つめるリク。

そんなハジリク会話を突然何かがさえぎります。


時を同じくして寝室で目覚める小夜。

「この感じ・・・・」


赤い盾の船をシフたちが襲う。ライフルで応戦しつつも簡単に倒れてゆく、貴重な赤い盾のメンバー(約100人)の一人。

ハジは小夜の呼ぶ声にこたえ、チェロケース背負ったまま小夜のいる上の階までハジジャンプ・アンド・KNEEL DOWN!

「リクは隠れてて!」と指示する小夜。

異常を察知し、ジョージの銃を枕の下から取り出すカイ。

なんかカイの場合は、そんなところに置いてあると、視聴者がとても不安になってしまいます。うっかり安全装置はずしたままで寝返り打った瞬間に永遠の眠りについてしまいそうです

「リク!」とカッコよく飛び出してゆきます。

暗い船内で、次々と赤い盾のメンバーを襲うシフたち。

小夜の場所を探るイレーヌに、イライラして
「まだわからないのか!」
と相変わらずカルシウム足りないカルマン。ほんとにカルマンは怒ってばっかりだな


「落ち着け、カルマン。」

鬼太郎頭のモーゼスがたしなめます。


ディーヴァを守るシュバリエたちとは違い、相手は小夜とハジのみ。

策を違えなければ勝てるはずだ。


小夜とハジが船の一番上にいることを察知したイレーネ。

「でも、何か・・・」





彼女が違和感を感じているそのわけは、リク。

りりしくシフを待ち構える小夜。




カイは上で戦う小夜たちの姿を確認。

小夜は襲ってきたサングラスの面長なシフの顔面を「あんた、ちょっと顔長すぎ!」と、二つに分割して補正しようとするも瞬間移動で逃げられてます。

ハジは小柄な子供のようなシフの攻撃をいつものごとくハイパー防具・チェロケースでかわし、意外な頭突き!
ハジジャンプで上からハジクロー攻撃

声を上げながらモーゼスに切りかかる小夜だが、はじかれて空中に投げ飛ばされる。

小夜の舞い上がった体が下からのアングルで映し出されるが、上手い具合に足でパンツが見えません。


スタッフの「パンチラはNG」という強いポリシーが感じられます。




転がる小夜。
そこへデヴィッドたちがやってきて、シフへ銃撃開始。

暗い中での小夜たちの戦いの詳細がつかめず、イライラしているカイの目に、ふらふら出てきたリクの姿が映り、さらにヘタレがパニックに追い込まれます。





リクの前に、赤い盾のメンバーの死体が落下。

血まみれのそれを見たリクの瞳が拡大。

「何・・・この感じ」


リクの口から矯正してなかった八重歯牙が覗く。




そこへ、やや額が広い強面シフが。

カイは弟をかばい、シフに立ち向かいます。

じりじりと銃を構えつつするカイ。情けないけど、でも立ち向かおうと必死です。

よし、ここんところで一番かっこいいぞカイ!


カイは、「あああ!!」と叫び、びびりながらも発砲。
しかし当然そんなヘタレ攻撃はらくらくよけて、シフはその鎌をカイの上から振り下ろす。

そんな絶体絶命!!のところへ小夜がかっこよく助けに入ります。

シフの武器を刀で食い止め、「早く逃げて!・・リクをお願い」とカイに叫ぶ小夜。

「家族」を守る小夜がいじらしいです。


カイに連れていかれるリクは、小夜の危機を見て、カイの手をふりほどいてカルマンの武器に飛びついて小夜への攻撃を阻止しようとします。

切れやすいカルマンは当然激昂。

リクきゅんを邪魔するな!とぶん投げ、槍で肩をぶすり。

ああ~リクきゅんが!!

シュバリエ恒例の串刺しの運命が我らのリクきゅんにも!!




悲鳴を上げるリク。

ショックを受けカイも叫ぶ。




リクの身体がくずれ落ちると、カルマンは初期ターゲットの小夜へ再び向かってゆくも、ハジが立ちはだかりカルマンの槍を砕きます。


リクの傍にかけつけるカイと小夜。






はだけたリクの肩の傷が見る間に治ってゆく。

それを見たシフたちもリクがシュバリエであることに気づく。
小夜やカイたちはリクを見つめてそれぞれ思いつめたような顔をしている。

さきほどカイを殺そうとしていた生え際微妙なシフが、小夜たちに向かってゆきますが、
今回珍しくやる気まんまんな小夜にぶった切られて海へドボン。


それを見たカルマンがますます「貴様ぁ!」血圧をあげてエキサイト
なんだかどこかのおかっぱを思い出します。

しかし、モーゼスはカルマンを止め、撤退命令を下します。

「小夜の様子が以前とは違う。

・・・・それにシュバリエが2体」



シュバリエ、という言葉に、悔しそうに反応するカイ。

シフたちもかなり悔しそうにしながら次々と去ってゆきます。

中でもカルマンは、最後までものすごく悔しそうに、歯をギリギリさせてイ~ッとしているので、笑えます。





リクの名を必死で呼ぶカイ。

気がついたリクはさみしそうにつぶやく。

「僕・・・もう前の僕とは違うんだね・・・・」


「何言ってんだよ!」


「だって・・・さっきの怪我がもう・・・」




涙を流すリク。泣くリクの姿に心を動かされます。

あうう・・リク、可哀想!

可哀想で・・・・萌え~!!人間失格

「リクはリクだ!!」

叫ぶカイ。

すごくいいシーンなのに、襟元がひっぱられて鎖骨が見えてしまっているあられもない姿のリク(しかも泣いてますよ!)とその肩を押さえつけるカイが、

カイになんかされてしまったリクきゅんの図として変換されて見えてしまうのは、人として終わっているものよと思うことであるなあ。(詠嘆)

「僕・・ハジとおんなじなんだね」



悲しそうな小夜。無言のハジ。


「リク・・・」

カイも泣いてしまいます。それを見つめる一同。

と、突然カイの腕の中で苦しみだすリク。



「兄ちゃん・・・胸が熱いよ」

はだけた胸を押さえて転がるリク。



「喉・・・渇いたよ」


リクが見つめるのは先ほどの赤い盾メンバーの死体。
目つきが変わってしまっている。




デヴィッドが驚くカイとリクきゅん萌えの視聴者にむけて懇切丁寧に説明する。


説明しよう!
シュバリエは傷の再生に大量の血液を必要とするのだ!





苦しみ続けるリクに萌えてしまったカイは、それを聞いて
ええいと自ら前をはだけて、リクを抱き寄せます。

「リクは俺の弟なんだ!!」

抱き寄せられた涙を流すリクは、

「兄ちゃん・・・・」

と、腕をカイの肩へまわします。

「お前は俺が面倒を見る」



小夜は思わず目を逸らす。

リクカイなんて!年下攻めって苦手なのよ!!

カイの首筋に牙を食い込ませ、血を吸うリク。苦痛を耐えるカイ。



カイ、今回は少しへたれが直ってきています。

満足したリクはカイの首すじからようやくその顔を離し、

「カイ兄ちゃんって・・・あったかいね・・・」


ここであの問題の台詞がー!!!!

呆然とするカイの横顔が、リクカイ事後シーンに見えて仕方がありません。
せっかくの感動シーンなのに、腐の血のおかげで台無しです。

でもでもこの一連のシーン、あやしすぎですよ?!キャプした画像ならべたらBL一本あがりい!ってな感じに絶対なりますよ!!

「うん・・・」

とつぶやく限りなく受けくさいカイの横顔のシーンで、続く!!


えーとえーと、今回は色々なリクきゅんサービスショット★と、デヴィカイ、ハジリク、カイリク、リクカイという

「もうどうにでも好きにカップリングしちゃってください」的
なスタッフの腐のつく女子への萌え要素投下というのがメインのお話でしたね<違う

マジメに言うと、第3クールに入り、リクのシュバリエ化という悲劇によって、小夜は戦う意思を今度こそ強く持ち、カイは迷いながらも小夜やリクを支えるべく、次第にヘタレから脱却してゆく、という成長が伺えた回でした。

今後一番変わってゆくのはカイかもしれませんね。
よろしければポチっとな★お願いします⇒



先週、ハジTシャツを発見したので他にもないか探したらこんなグッズが。

小夜Tシャツ  主役だからあるのは納得です。




キャップ↓




家事やってレビューしたら終わってしまった試験前最後の日曜。とほほ。

<<本日の進捗【基本情報処理技術者】 | ホームへ | XPのタスクマネージャの表示トラブル>>
コメント
【こんばんは~】
今回も笑わせていただきましたぁぁぁ!!

>・・・俺、ファーストキスまだなんだよな・・・。

もうカイはファーストキスまだのヘタレでしかも童貞決定ですね★

>軍人さんのジェイムズは二人称が「貴様」です。

これ聴いて「えっちょっと偉そすぎじゃね?」って思いました。貴様って・・・。

>今回は、前回結局ずっと寝ていてリクファンをがっかりさせたお詫び★とばかりに、表情豊かなリクのショットが続きます。

こんなに表情豊かだったかリク!?って感じでしたねハァハァ!!(やばい!)

>背後から忍び寄る(ハジってなんかいつも背後を狙ってるよな)ハジ。

バック狙ってますね。あわよくば・・・って感じでしょうかねへへへ。(え

>あうう・・リク、可哀想!
可哀想で・・・・萌え~!!<人間失格

は~い萌えました~人間失格者ここにもいまぁ~す。笑

私も「貴様ぁ!!」で某おかっぱを思い出しますううううう。

へタレ攻めなカイリクでお願いします(黙れ)

それでわ^^
【2006/04/09 23:47】 | 佑 #Kqzf2xv2 | [edit]
【しのぶんさんの、リク祭りバンザイ☆】
こんにちは~♪
今回もまた、しのぶんさん変換の心の声に笑わしてもらいました~!

>昔なつかしいルービックキューブが!!(3面が限界のしのぶんでした)
同じデ~ス。

>一瞬移った上半身裸+流し目のソロモンにはしっかり萌えておく、と。
同じ同じ!

>スタッフの腐のつく女子への萌え要素投下というのがメインのお話でしたね<違う
そういうカラーが強過ぎて、
その後のしのぶんさんのマジメな解釈がぼやけてしまいそうでした。
なぬ?私達の見方が不純だってえ~?!(ぎくぅっ・・

では、また~♪
【2006/04/10 17:20】 | ハトはは #HuBhO90w | [edit]
【】
どもです。

なんかすごくほめていただいてうれしかったです。
最近は、なぜか打ち込んでくと記事が浮かんでくるんですよねぇ・・・なぜか。

それでわ・・・。
【2006/04/10 19:18】 | さくぞう #- | [edit]
【佑さま】
お返事遅くなりましてすみません~m(_ _)m
毎度ありがとうございます~♪

>もうカイはファーストキスまだのヘタレでしかも童貞決定ですね★

勝手に決め付けすぎてスミマセン。しかしそうとしか見えマセン(笑)

>これ聴いて「えっちょっと偉そすぎじゃね?」って思いました。貴様って・・・。

「同期の桜」とかも貴様と俺とは、って歌詞で始まりますが、軍人さんの2人称って特殊ですよね~。

>こんなに表情豊かだったかリク!?って感じでしたねハァハァ!!(やばい!)

ハアハアしたやばい人は多かったはずですよ、絶対!

>バック狙ってますね。あわよくば・・・って感じでしょうかねへへへ。(え

彼は攻なのか受なのかイマイチはっきりしないのですが(せんでいい)、虐げられてるせいかあわよくば上位に立ちたいと思ってる可能性がアリマスね!<おい

>は~い萌えました~人間失格者ここにもいまぁ~す。笑

ナカマ発見★

>私も「貴様ぁ!!」で某おかっぱを思い出しますううううう。

カルマンもそのうち王子のような愛されキャラに成長するのでしょうか。

>へタレ攻めなカイリクでお願いします(黙れ)

カイはヘタレだけど、しのぶんもやはりリクきゅんは受がいいなと。
では~
【2006/04/10 21:34】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【ハトははさま】
ようこそです~♪コメントありがとうございました~(^^)

>同じデ~ス。

うふふふ同・世・代♪
ルービックキューブ、今やったら多分1面しかできないヨカーン。

>同じ同じ!

あのソロモンはエロいです!

>そういうカラーが強過ぎて、
>その後のしのぶんさんのマジメな解釈がぼやけてしまいそうでした。
>なぬ?私達の見方が不純だってえ~?!(ぎくぅっ・・


いやいやいや、絶対スタッフは狙ってやってるとしか思えません!
ほーれほーれ、君たちの大好物のホモだよ~と最近TVから声が聞こえてくるような気がします。我々がいけないのではないのデスよ!(え

でわでわ♪

【2006/04/10 21:38】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【さくぞうさま】
どもども~♪

>なんかすごくほめていただいてうれしかったです。

いやあ、目からうろこが落ちる思いで、さくぞうさんの考察には感心してしまいました!

>最近は、なぜか打ち込んでくと記事が浮かんでくるんですよねぇ・・・なぜか。

しのぶんもなぜかヤオイ視点の記事がたくさん浮かんでくるんですよ・・・<それは病気
それではまた~
【2006/04/10 21:41】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【】
どうもです!

TBさせていただきました!

>カイにしてもリクにしても、どんな顔をしていいか判らない小夜たん。 いっそ面白いかぶりものでもかぶったらいかがですか?場も和むことでしょう。

最高です。真剣に噴き出しました!あまりのうまさにジェラスィーすら感じました。

【2006/04/10 22:24】 | 竹花 #- | [edit]
【竹花さま】
コメント&TBありがとうございます~♪

笑っていただけたようで、うれしいデス!ありがとうございマス★

というか、何を見てもこういうことばかり考えてしまうので、マジメな視聴者の方には、いつかお叱りを受けそうです・・・(でもやめられない)

では♪
【2006/04/10 22:38】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【記事拝見しました】
しのぶんさん、こんばんは!

>一瞬移った上半身裸+流し目のソロモンにはしっかり萌えておく、と
新OPは裸シーンがけっこうありましたね。
ソロモンさんのサービスにはびびりました。
たぶん姐さん、もといネイサンも全裸だったようなw

>スタッフの「パンチラはNG」という強いポリシーが感じられます。
確かにこれは感じましたねwそんなに見せたくないなら
なんであのスカート姿で戦わせるんだよ!と思わずつっこんでしまいましたよ。

次回はカイが主役っぽいですね。
彼も成長し、父親に近づけるよう期待したいです。ノシ
【2006/04/10 22:57】 | domoviha #- | [edit]
【domovihaさま】
こんばんは~♪

>たぶん姐さん、もといネイサンも全裸だったようなw

えっ!!そうでしたか?!
後で確認しなくてはっ!!

>なんであのスカート姿で戦わせるんだよ!と思わずつっこんでしまいましたよ。

男性がじりじりする気持ちがわかりますよ!見せるなら見せる!!<おい

なんか普通に軍服っぽい格好で戦えば楽なんじゃ?と思いますよね~。

次回のカイが楽しみです★でわでわ~
【2006/04/10 23:04】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【こんばんはっ!!】
TB・コメントありがとうございました!!

>上半身裸+流し目のソロモンにはしっかり萌えておく
はい!しっかり萌えてました(笑)
OPの色気振りまいてるソロモン良いですよね!!ヤバイです!

>今回は色々なリクきゅんサービスショット★
リク君可愛かったですね!!
いろいろなリク君を見れて満足です(笑)
ちょっと不機嫌に頬を膨らましたリク君が個人的に好きです!

>今後一番変わってゆくのはカイかもしれませんね。
今後のリク君の活躍に期待です!
特に戦闘面とか・・・・(苦笑)

ではではっ!!
【2006/04/10 23:05】 | 流架 #fsaSAKYE | [edit]
【お疲れ様でした~♪】
こんばんは、しのぶんさん!
しのぶんさんのレビューは、本当に話しがよく分かって面白いですね! いっぱい笑わせてもらいましたよ。
>(3面が限界のしのぶんでした)
私は1面が限界です。ルービックキューブは苦手だじょ~。
>いっそ面白いかぶりものでもかぶったらいかがですか?場も和むことでしょう。
それは思いつかなかった! でも、被り物の選択を間違えると、されに事態が悪化しそうですね^^;。

それにしてもこの話…真のヒロインは、カイ君になりそうな勢いですな(←おい!)。この夏あたり、カイ君総受けの同人誌が、巷をにぎわしそうです(←マテ。
ではでは(^_^)/~
【2006/04/10 23:40】 | 農家の嫁 #XcVaFo.k | [edit]
【流架さま】
どもども★

>OPの色気振りまいてるソロモン良いですよね!!ヤバイです!

あのソロモン一人だけ特別待遇です♪

>ちょっと不機嫌に頬を膨らましたリク君が個人的に好きです!

あれ、かわいかったデスよね!!

>今後のリク君の活躍に期待です!
>特に戦闘面とか・・・・(苦笑)

リクジャンプとかリククローとか出てくるんでしょうか。わくわく。

それではまた~♪
【2006/04/11 21:15】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【農家の嫁さま】
いらっさいませ~★

>私は1面が限界です。ルービックキューブは苦手だじょ~。

クラスに一人は6面できる子がいたけど、信じられマセン!

>それは思いつかなかった! でも、被り物の選択を間違えると、されに事態が悪化しそうですね^^;。

被った時点で事態がかなり悪化しそうな予感ぷんぷんデス★

>それにしてもこの話…真のヒロイン>は、カイ君になりそうな勢いですな(←おい!)。この夏あたり、カイ君>総受けの同人誌が、巷をにぎわしそうです(←マテ。

個人的にはカイリクも良いかと言う気もしますが(おい)へたれているキャラ=受という図式は基本ですからねえ・・・<何の基本

それではでわ~♪

【2006/04/11 21:19】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【】
コメント&TB、ありがとうございます。
来週の資格試験、頑張って下さいね。
応援してまっせ!

※『お~風呂で999』はSAYAとディーバでは???
【2006/04/11 23:56】 | photo_artisan #JalddpaA | [edit]
【photo_artisanさま】
おお!
激励のお言葉ありがとうございます~!!
かなりぎりぎりですが、ベストを尽くそうと思いマス★

>※『お~風呂で999』はSAYAとディーバでは???

そういう風にも見えるかもデスね~。
モーゼスとイレーネかも?とか色々見えてきて気になります~。
では!
【2006/04/12 20:21】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
【毎度遅~い訪問デス♪】
>デヴィッドに引き続き、リクにもセクシーが無効なジュリアさんに涙。
男運の悪いジュリア様に涙が止まりません!

>例の温室にいるディーヴァがテディベアを抱いてバラバラにする
>というシュールな遊びに興じています。
バ・・・バカっぺえ~~~!?(笑)

>あの子、とは美味しかったリクきゅんなのか。
>それともおいしそうだったけど、放置してて血吸うの忘れてた★なカイなのか。
カイに10円♪(笑)♪(笑)

>そんな小夜たんの股間をちょうど見上げるようなきわどい
>ショットはもちろんサービスです。
そしてもちろんパンチラはありませぬ♪(笑)

>「もう~過保護なんだから!」

>とふくれるリクきゅんもキュート★
今回一番の萌え顔デス♪(笑)

>赤い盾の船をシフたちが襲う。ライフルで応戦しつつも
>簡単に倒れてゆく、貴重な赤い盾のメンバー(約100人)の一人。
はっ!? 言われてみれば!?

>スタッフの「パンチラはNG」という強いポリシーが感じられます。
パンチラさえしなければALL OK!と思ってそうデス♪(苦笑)

>人として終わっているものよと思うことであるなあ。(詠嘆)
古文の授業を思い出しました。

来週はカイ×イレ~ヌ?(違う)
ではでは~♪( ̄∀ ̄)ノシ
【2006/04/12 23:00】 | ようかん #sO8pSamE | [edit]
【ようかんさま】
こんばんは♪コメント&トラバありがとうゴザイマス★

泣く子と地頭、ではなく眠気と風邪に勝てずお返事遅くなりました~。すみません。

>男運の悪いジュリア様に涙が止まりません!

ゾッコンLOVE★なコリンズ先生もだめんず感が漂ってますし、水晶の数珠っぽいブレスレットとかの開運グッズがそのうちジュリアさんの腕に見える日も近いかも。


>カイに10円♪(笑)♪(笑)

カイ説がどうも有力のようですな。多分、「食べ残しヨクナイ!」ということなんでしょう(^^)

>そしてもちろんパンチラはありませぬ♪(笑)
>パンチラさえしなければALL OK!と思ってそうデス♪(苦笑)

スタッフのパンチラ回避のこだわり、これは譲れマセン!ということでしょうか(笑)

>今回一番の萌え顔デス♪(笑)

やはりこのリクは大人気のようですね♪かわいいっす!
次点で貫かれた瞬間のリクきゅん(エロ補正かかってマス、すみません)。

>はっ!? 言われてみれば!?

今回の戦闘で、赤い盾のメンバーは2桁になったのは確実デス。
人手不足で皆過労死スレスレ、それで弱かったということでは?


>古文の授業を思い出しました。

しのぶん、実はバイトで古文を教えたりした時期もありマスが、当時からで非常にアヤシイ現代語訳についてはおちょくっていた覚えが。<マジメに授業しろよ
こんな訳文が不自然でないことがあろうか、いやない、みたいな。

>来週はカイ×イレ~ヌ?(違う)

むしろイレ~ヌ×カイ?(違う)
この二人が会話するというのはかなり意外ですね~。楽しみデス。
放送は見るつもりですが、試験前なのでレビューはきっと来週半ばになると思います。それでは★
【2006/04/13 22:33】 | しのぶん #VWFaYlLU | [edit]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/139-10a51cc2
  • BLOOD+ 第26話 「サヤに従うもの」【艦長日誌】
    OP変わりましたね。尻フリフリが無くなってしまったのが残念ですが、こっちの方がより原作に近くてGOOD先週は見事に「しまった!先週見逃した!」でしたが、たいした動きも無く今回リクが目覚めたところからスタートいつもと変わらないように思えましたが、喉の渇きが
【2006/04/09 22:43】
  • BLOOD+『サヤに従うもの』【dandelion】
    ごめんなさいぃぃぃ・・・・・・!!!!!!!!もうレビュー書かないとかほざいてたのに、マジごめんなさい、萌えちゃったよぉぉおぉぉぉ!!私こんなにもリクが好きだったなん
【2006/04/09 23:19】
  • BLOOD+ Episode-26「サヤに従うもの」【GATES OF HEAVEN】
    (クリックで拡大したのも見れます)一目ぼれです…っ!!!(≧∇≦)いやぁ飴を買うつもりはなかったのに、見た瞬間に手にとってレジへ直行してました(笑)単に梅味と言っても、5種類
【2006/04/10 00:06】
  • BLOOD+ 26話 脇役に定められし者【七神の徒然日記ver.2】
    どもーん、恒例BLOOD日記です。OP変わりましたね!! もう上の絵とか「誰?これBLOOD?」って感じですが、俺は凄く好きですこの絵柄。では今週も行ってみましょい
【2006/04/10 03:31】
  • (アニメ感想) BLOOD+ 第26話 「サヤに従うもの」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】
    BLOOD+(5)ようやく目覚めたリク。小夜のことが気になって仕方ないようです。ハジがいつも小夜の側についているのは、精神的な繋がりと言うよりも彼女から血をもらったことによる作用の方が大きいようですね。そして、今回はOPが新しくなりました。前回と違いかなり荒々...
【2006/04/10 05:51】
  • BLOOD+ 26話 「サヤに従うもの」【欲望の赴くままに…。】
     リク×小夜キタ━(´∀`*)━! とりあえずは新OP&EDについて…と思ったのですが、特に語るほどのOP&EDではなかったのでスルー。あ、EDの絵柄は結構好みでしたけどね(*`д´)b  そ
【2006/04/10 06:51】
  • 哀しきカイ兄ちゃん【マイ・シークレット・ガーデン】
    {/hiyo_uru/}OP、ED変わりました。前のより好き。EDの、胸に青いバラを挿したソロモンが{/hikari_blue/}{/hikari_blue/}『BLOOD+』 Episode‐26 サヤに従うもの「リクのヤツ、食べねぇんだ」食事を受け付けない身体になっているリク。カイはルイスに
【2006/04/10 06:53】
  • BLOOD+ 第26話【ラブアニメ。】
    「サヤに従うもの」カイリクというか、リクカイというか、兄弟が熱かった!今回からOP&EDが一新しました。どちらもなかなか良い感じです。そして、心配されていたソロモ
【2006/04/10 08:02】
  • BLOOD+ 26話 感想と考察 追記版【さくぞうの半ヲタ日記】
    サヤに従うものエクセレントモデル BLOOD+ 音無小夜Amazonで詳しく見るby G-Tools今回、リクの心境に触れるべきでしょうが、劇中で彼が自身の変化をキレイに表してくれていますので、引き続き(笑)カイのヘタレぶりを払拭する(できれば)方向で記事を書きますか。...
【2006/04/10 14:49】
  • BLOOD+ episode-26「サヤに従うもの」【バカネラblog】
    フランス・マルセイユ新港に隣岸する赤い盾本部船。昏睡状態にあったリクは目を覚まし一同は喜ぶが、以前とは違う自分の体にリクは不安を感じていた。そんな弟の姿を見ても、カイはどうすることもできない。そんな中、小夜を付け狙うシフの一団が赤い盾本部に迫り来る。
【2006/04/10 18:52】
【2006/04/10 22:21】
  • BLOOD+第26話「サヤに従うもの」【WONDER TIME】
    今回から第3クールに突入っ!! OPとEDが変わりました!OPの曲個人的に好きな感じです(笑) 気になるカットもいくつか…目覚めたリク君は?そして再びシフのメンバーが小夜
【2006/04/10 23:05】
  • BLOOD+「サヤにしたがう者」【農家の嫁の日記】
    本当にリク君が、カイ君をおいしくいただいてしまった―――Σ(゚д゚|||)ガーン!!!と、ショックを受けつつ、珍しく放映日中に見られたので、早速感想行きまっす。
【2006/04/10 23:40】
  • Image of BLOOD+【必撮!勤め人】
    昨年10月にスタートした「BLOOD+」も第3クールへ。いよいよ『起承転結』の『転』に突入しOPとEDが新しくなった。音楽も映像も第2クールよりも好きだな、個人的には。SAYAの表情が「BLOOD THE LAST VAMPIRE」の音無小夜に近く感じるから(笑)アニメのOP&
【2006/04/11 23:54】
  • マタ~リ BLOOD+第26話感想【『あぁマタ~リ組』 おちょくり24時間♪】
    【マタ~リ BLOOD+       第26話感想】      へい毎度♪ おバカな感想タイムで御座候♪
【2006/04/12 23:00】
【2006/04/13 22:51】
  • レビュー・評価:BLOOD+ (ブラッド・プラス)/第26話「サヤに従うもの」【ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン】
    品質評価 28 / 萌え評価 24 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 19 / シリアス評価 66 / お色気評価 16 / 総合評価 31レビュー数 87 件 フランス・マルセイユ新港に隣岸する赤い盾本部船。昏睡状態にあったリクは目を覚まし一同は喜ぶが、以前とは違う自分の体にリクは不安を感じて
【2007/10/11 21:44】
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。