スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

熊谷守一美術館

2009.06.01(21:47)
[6/2に書きました]カレンダーうめうめ

アートレビューは極力簡潔に。

今年はあまり人ごみに紛れて鑑賞する自信(&朝一で並んで人ごみを回避する自信)がないので、小さめの今まで行ったことのなかったギャラリーを中心にのんびり回ろうと思っている管理人です。

そんなわけで、散歩がてら前から気になってた熊谷守一美術館に行って来ました。

熊谷守一美術館

最近豊島区立になりましたがもともと本人の自宅跡に建てただけあって、こじんまりとしたギャラリーです。 これだけを見るぞ!という意気込みをもって訪れるというよりも、散歩の途中に組み込んで見るのがちょうどいい感じです。

一階には喫茶コーナーもあり、インドティーなんかもお手軽な価格で楽しめるので、近所の人は喫茶店代わりにすることもできそうですね。

コンクリうちっぱなしの建物は個人的にはあまり好きではないですが、入り口の壁には熊谷守一のアリのモチーフ、入り口の表示もそれらしい感じでつくられているので、それほど無機質な感じにはなっていません。

↓のようなアリがお出迎え。
鳥獣虫魚―熊谷守一クロッキー集
熊谷 守一
神無書房
売り上げランキング: 376971




建物内部は窓を開けて自然の風を通すようになっていた(その日だけ?)ので、もしかすると暑いと思う人もいるかも。

1~3階のギャラリーは小さいので、鑑賞は1時間かからないくらいでしょうか。

しかし、特に1階は見ごたえがありました。

熊谷守一のあの独特のシンプルな版画のような油絵は、理屈ぬきで心なごみます。(今回は「ちょっとなごみたい」という気持ちがあったのでこの美術館に来たのでした)
ネコがいい。
かなり至近距離で鑑賞できるので、筆あとなどがよく見えるのもうれしいところ。

小さめの作品が多いので、この距離で見ることができるのは便利。


略歴を読むとなかなか面白いです。
ただ、略歴の説明版が金属プレートで、照明が反射してちょっと読みづらいので、もう少し角度とか変えてもらえるとありがたいかも。
アリを見て過ごす、という説明など、見落とさずに読むと吉。

「モリ」と呼ばれた彼の人となりが伝わってくる展示です。

よく見る作品群とは別に、「こんな写実的な作品もあるのか」という初期作品も多く見ることができて、非常に興味深かったです。


愛用のチェロもあり、また、写真や自画像で「モリ、意外とイケメンじゃない?!」といういうのがよーくわかります。
若い頃も、日本人離れしたハンサムですごいのですが、年をとってからの白い髭をたくわえ、チェロを弾く姿の写真は、なんか物語の主人公のような感じですよ。
こんな感じ↓芸術家というか仙人というか、オーラが違う感じ。
独楽―熊谷守一の世界
藤森 武
世界文化社
売り上げランキング: 274623
おすすめ度の平均: 5.0
5 芸術だ
5 待ってました!



2階は書や色紙、日本画が中心で、ふわっとした伸びやかな字体に、絵との共通点を見ることができました。

書はこんな感じ↓
書
posted with amazlet at 09.06.02
熊谷 守一
神無書房
売り上げランキング: 756996






3階では、登山家でもあり、この美術館館長でもある娘さんの熊谷榧の水彩作品が展示されていて、特に最初の方にあった山などの風景画の雰囲気が、なんとなく通じるものを感じました。

へたも絵のうち (平凡社ライブラリー)
熊谷 守一
平凡社
売り上げランキング: 135392
おすすめ度の平均: 5.0
5 タオの人
5 とても楽しく読みました。私の大切な一冊です。
5 最後の「絵描きさん」 熊谷守一の軽妙洒脱で沁み込む自叙伝
5 自伝文学の傑作


ひとりたのしむ―熊谷守一画文集
熊谷 守一
求龍堂
売り上げランキング: 219224
おすすめ度の平均: 5.0
5 深山幽谷の中に腰かける熊谷守一(または私)

熊谷守一の描く、猫や鳥が好きだ!

熊谷守一の猫
熊谷守一の猫
posted with amazlet at 09.06.02
熊谷 守一
求龍堂
売り上げランキング: 151580
おすすめ度の平均: 5.0
5 漂う優しさと静かさ

熊谷守一―気ままに絵のみち (別冊太陽)

平凡社
売り上げランキング: 204418
おすすめ度の平均: 5.0
5 表情豊かな絵がたくさん収納されています



もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓


<<映画 『ある公爵夫人の生涯』感想 | ホームへ | 国語力テスト 2009年6月>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1341-ba92e40e
| ホームへ |
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。