スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

オペレッタ「こうもり」 江東区文化センター

2009.05.13(00:18)
[5/25に書きました⇒5/26深夜UP]カレンダーうめうめ

薄れゆく記憶を少しでも留めておくための備忘メモ。

たまに自分の過去記事を読んでみると、結構「あ、そんなことあったな」と思い出せて便利だったりします。
レビューも捏造部分はともかく、内容を細かく書いてるのは自分のためでもあったりする。

忘却力には自信のある管理人、日記の効用を改めて認識したり。
ブログにする意味は、一応あまりにもアレな本気でいやんなことは書かない&なるべくよかった系の話で〆ようとしてる(わりには結構色々言ってたりしますがw)ので、ホントに嫌な記憶はあまり残らないようになってる点ですね。

昔よく「いやなことは日記などに書いてすっきりさせましょう」的な日記のススメがありましたが、あれってよくないんじゃないかな~と思います。
少なくとも管理人の場合はwww。

だって、嫌なことを書いてる間に、また思い出して腹立つし、読み返したらまた腹立つし、せっかく終わったことなのに、嫌な記憶をなぞって強くしてる感じがするんですもの。
どうせなら面白かったことを書いて、読み返してまた楽しい気持ちになった方がお得☆

嫌なことはさっさと忘れて、なるべく脳内は楽しいことをセット⇒平和な脳内麻薬でキメたいところ。

前置きはここまでにして、本題の方は、どのくらい前の話かというと4月はじめに観にいったオペレッタのことだったりします。

■「こうもり」  ヨハン・シュトラウス2世 

全幕日本語上演 3幕のオペレッタ
4/1(水)江東区文化センター


指揮:高山美佳
演出:浜田耕一

台本:カール・ハフナーとリヒャルト・ジュネ(メイヤックとアレヴィの原作に基づく)
台本加筆・脚色:浜田耕一

演奏:F.H.Cオーケストラ'09
合唱:F.H.C合唱団'09
全幕日本語ということで気軽に聴けるのが嬉しいですね。
日本語だとどんな風になるのかなというのも興味がありました。

多分原語の人も同じように感じると思うのですが、歌なので、やはり発音が独特で聞き取りづらい部分も多いです。
魔笛にしてもなんでも、ドイツ語でもイタリア語でもアリアになっちゃうともはや何言ってるかはわからない世界ですしねw
3重唱とかそれぞれバラバラにいろんなことを歌う、というのもよくある場面ですが、あれなんかはきっと母国語の観客だってわからないと思うもの。

それでも、筋や雰囲気、事前の知識で楽しめるところがオペラやオペレッタのよいところ。あと、肝心な部分は繰り返しなので、大体何を歌ってるかわかります。


実は「こうもり」は前から見たいと思っていた演目ですが観るのは初めてだったので、予習なしでも日本語上演はありがたかったです。

指揮者は女性の方でした。かっこいい。

初めはなんとなく管を中心にちょこっと演奏がばらんばらんな印象があったのですが、幕が進むうちに、おなじみの曲などでだんだんノリがよくなってきたような感じで、気にならず楽しく鑑賞できました。

アダルトなお笑い満載の楽しい劇で、演じている皆さんもノリノリでアドリブも面白い演出になっていました。

若々しいフレッシュな舞台、という感じで楽しかったです。

パンフレットも、小さいながらもかなリ充実していて、読み応えありました。
人物相関図もわかりやすいし、登場人物の記述の横にはネタバレ注意報もきちんとついていて気配りを感じました。


ロザリンデ役の人が演技と歌の両方とも、雰囲気が出ていてよかったです。
アルフレードとの絡みも面白かった。

アイゼンシュタインとこうもり博士の友情?のシーンはBLっぽく見えなくもなかったりする演出でした。二人ともおっさんですけど。

刑務所の所長フランクと部下フロッシュもよっぱらい演技がよかったですが、ちらほらと怪しく見えたのは気のせい・・・ですよね。うん。

アデーレ役、歌声がとても素敵でした。わざとなのかもしれないのですが、台詞部分がなんとなく学芸会っぽいノリになっていてギャップがww

オルロフスキー公爵役は、女性が男性役をやるというフィガロのケルビーノのような役どころなのですが、歌い始めるとわりと女性的な感じでした。
台詞部分や立ち居振る舞いはビシっとしててかっこいい(宝塚の男役っぽい感じで、決まってました♪)のですが、歌ももうちょっと中性的に歌ってくれるとうれしいかも。

留置されている歌声だけ聞こえてくるシーンで、アドリブ炸裂。
フロッシュ役の無茶振りに、一瞬の間の後トトロまで歌ってくれたのはすごいww

弁護士のハゲヅラシーンもおかしかった!!

見終わって楽しくなるお芝居って本当にいいですよね。

音楽も、よく知っているワルツに歌詞がのってくるので、聴いていて気持ちがいいです。お話もちょっと色っぽいジョークがふんだんに入ってくるコメディで、「フィガロの結婚」が好きな方ならこちらもおすすめです。

本来、オペレッタはオペラよりはカジュアルと言うか格下扱いで、オペラハウスで上演はされません。

しかし、この「こうもり」だけは舞台が華やか&ヨハン・シュトラウス2世の名曲ということもあってか、別格でウィーン国立劇場で唯一上演されるオペレッタとして知られています。

個人的にも、「ラ・ボエーム」を見るなら「こうもり」を見たいなあという感じですww。

お話は、「こうもり博士」ことファルケによる、「親友」・アイゼンシュタインへの仕返しのために、アレコレ妻や女中を巻き込んで一芝居うつという内容です。

「こうもり」のあだ名がつくはめになった事件を根に持ってるファルケが、好事家のオルロフスキー公爵のパーティを舞台に、アレコレ画策するのですが、実際にはドロドロした復讐劇とは程遠い、ドタバタ劇です。

パーティのシーンでゲスト歌手の女性&男性がそれぞれ歌を披露してくれました。

変化に富んでいて、見ていて飽きない舞台でした。


「こうもり」は好きな演目の1つになりました。これからも何度も見ることになりそうです。


もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓




J.シュトラウス:喜歌劇「こうもり」
バイエルン国立管弦楽団 クライバー(カルロス) プライ(ヘルマン) ヴァラディ(ユリア) ポップ(ルチア) レブロフ(イヴァン) コロ(ルネ) ヴァイクル(ベルント) バイエルン国立歌劇場合唱団
ユニバーサル ミュージック クラシック (2008-06-25)
売り上げランキング: 52056
おすすめ度の平均: 5.0
5 美しい、楽しい!!
5 クライバーのサプライズ!


よく知っているあのワルツが歌われるとこんな感じに!というのがわかるとさらに楽しくなります。


ヨハン・シュトラウス2世「こうもり」/クライバー指揮 [DVD]
ニホンモニター株式会社ドリームライフ事業部 (2008-04-23)
売り上げランキング: 19319

J.シュトラウス:喜歌劇《こうもり》全曲 [DVD]
クリエイティヴ・コア (2009-02-18)
売り上げランキング: 10407
おすすめ度の平均: 5.0
5 こうもりのベストか




J.シュトラウス2世「こうもり」/ベーム指揮 [DVD]
ニホンモニター株式会社ドリームライフ事業部 (2007-11-07)
売り上げランキング: 44302
おすすめ度の平均: 5.0
5 こうもりはいいソフトが多い
5 やっぱり「こうもり」は大好きだ!

ヨハン・シュトラウス:喜歌劇「こうもり」(ノイエンフェルス演出版) [DVD]
Naxos (2003-05-01)
売り上げランキング: 68162
おすすめ度の平均: 4.0
4 初心者向けではないが・・・


ルドルフ・ビーブル 指揮 ヨハン・シュトラウス2世「こうもり」(1996年メルビッシュ音楽祭) [DVD]
ニホンモニター株式会社ドリームライフ事業部 (2009-03-25)
売り上げランキング: 76540


喜歌劇《こうもり》全曲 [DVD]
ユニバーサル ミュージック クラシック (2003-11-21)
売り上げランキング: 14439
おすすめ度の平均: 5.0
5 音楽映像の最高峰
5 いつまでも色褪せない喜び


魅惑のオペラ 7 こうもり (小学館DVD BOOK)

小学館
売り上げランキング: 73109
おすすめ度の平均: 5.0
5 これは最高!!
5 十分に価格の元を取れるものです
5 こんな楽しい「こうもり」を見たことありますか。


こちらはバレエ↓
「こうもり」(全幕) [DVD]
TDKコア (2004-11-26)
売り上げランキング: 15877
おすすめ度の平均: 5.0
5 大人のバレエ!フェリってこんなに妖艶で素敵なのね!
5 おしゃれな大人のバレエですね!
5 フェリの「こうもり」全2幕

<<本日の学習【漢検1級】 | ホームへ | 柳原可奈子の本&初マカロン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1336-284d205f
| ホームへ |
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。