スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

描かれた不思議な世界 ミヒャエル・ゾーヴァ展

2009.05.10(23:59)
[5/19に書きました]
PSPのアイマスのあまりの難しさにめげて、今ペルソナを始めている管理人です。

以下、しばらくペルソナについて語ろうとしたらうっかり長文になったので別記事を作成しますた。

UPしたので、再びアートレビュー続きいきます。

現時点で今年見た展覧会は消化しました。

去年に比べていかに少ないかわかりますが、それでもなかなか感想をUPできないのは、体調&残業&ゲームが原因かと。
松屋創業140周年記念 描かれた不思議な世界 ミヒャエル・ゾーヴァ展

※現在終了しています<うう・・・書き始めたときは会期中だったのに。すみません。

ミヒャエル・ゾーヴァの名前は意識してなかったのですが、ドイツ語の勉強をしている友人に誘われて行って来ました。チケットも含めて、どうもありがとう。

平日夜間に行ったところ、予想以上の入場者がいてびっくり。
ほぼ全員女性。

たまにカポー(1組キンキン声で「かわいい~」を連発してる「そんな私ってかわいいでしょ」アピールをしてるうるさい女子がいて、会場内で別れて別々に見てた友人も目撃して気になってた模様w)。

たまに単体男性。

他は、見事なまでに女性だらけ。確かに女性向けのフリーマガジンや雑誌でよく取り上げられてましたね。

デパートが開催しているからでしょうか。

映画「アメリ」でアメリの部屋に飾られていた動物の絵や、おかれていた豚のランプなどはこの人の作品だということを、今回の展覧会で知りました。


他にもたくさんの作品があって、かなりファンは多いようですが、今回意識して観るのははじめての画家です。

とにかく予想以上に混雑&美術館にくる層ではない感じの買い物客っぽいみなさんによる独特の雰囲気(わかりますね)で、大変だったので、後ろの方からなるべく混んでない場所を優先して見て回りました。

会場が思ったよりも広く(長い?)、渋滞している箇所を上手くかわすことで少しでもストレスなくみようという作戦です。

予想よりも展示作品の数が多かったので、よかったです。

一つ一つの作品は小さく、たしかに近くに寄ってみないとわかりにくいということもあるのですが、それにしても絵の前に長々と陣取る皆さんの多いこと。

ビデオも2つほど上映されていて、製作風景や画家としての姿勢などどちらも興味深く面白い内容でした。

見ている人間の目の前に割り込んできて立つザイルのような神経の人がいるのも、新鮮でしたね。

こういう人が絵本っていやされるんですよ、とか言ってるのかしら。あんたはいやす必要ないよネ☆うふふ、とかこっそり思ってみたり。

それはともかく、本人の髪型やら話の内容を見ると「ああ・・・『画家』なんだなあ」という感じが伝わってきます。
なんというか、思いっきり自由人。

自分の描いた絵を、上からまた違う色塗りたくってしまって(しかもそれが失敗したりして)、「この表紙のもとになった絵はもうないんだよ」とか言っちゃってるあたりが。

キングコングなどが海の向こうに見える絵の「間違いさがし」はどこだったのかしら?

会場で出されたクイズはビデオで正解がわかりましたが、こちらは不明です。

クイズの答えを探そうとして「ここの光源が違う」「銃の引き金がない」とかアレコレ疑ってしまいましたが大外れでしたよ。


緑の党のポスターなど、大きなサイズでは、写実的なタッチだったり、海の波の描写が、「俺ホントはこのくらいリアルなものもかけるんだぜ」という感じが伝わってくる絵も多かったです。

全体的には、描かれているおじさんの体型が「ドイツっぽ~い♪」と思いました。
リンゴ体型というか。

ブラックユーモアも含んだユーモアの感覚も、にやりとしたり。

宇宙で夫婦喧嘩してる絵なんかちょっと笑っちゃいました。

なごみ系ももちろんありますが、エスターハージー王子がなんかパンツを気に入った、とかいうストーリーと、クマの話が心惹かれます。

絵本を読みたくなりました。

会場にいくつか本も置いてあり、見ることができましたが、『ヌレエフの犬』はわりと大人向けの話(絵本、というより本)かなと思いました。

『魔笛』のデザインもやっていたんですね。


一番気になったのは、『ゾーヴァの箱船』でしょうか。

荒海に浮かぶ箱舟に、ついていこうとする沈みそうな救命ボートの上には、ネッシーっぽい恐竜の姿が・・・。
多分、沈んじゃったんだね(^^;)



会場を出たら、ものすごく充実した関連グッズ売り場が!!
見たことない商品にまで手を広げていて、それがまたかなり売れていて、かなり力を入れてることがわかりました。

絵本もここで全部揃いますし、他ではあまり見ないようなグッズも多いです。
ファンの人なら嬉しい品揃えでした。

もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっと☆してくださると励みになります↓



ちいさなちいさな王様
アクセル ハッケ
講談社
売り上げランキング: 2118
おすすめ度の平均: 4.5
2 うーん
4 ゾーヴァの挿絵がすばらしい。文章も何度も読み返していろいろ考えさせられる。
4 成長って何?
4 人類共通の夢かもしれない
5 大切なモノを思い出させる



ミヒャエル・ゾーヴァの仕事
ミヒャエル・ゾーヴァ
講談社
売り上げランキング: 16449



エスターハージー王子の冒険 (児童図書館・文学の部屋)
イレーネ ディーシェ ハンス・マグヌス エンツェンスベルガー
評論社
売り上げランキング: 8118
おすすめ度の平均: 5.0
5 元気なウサギのファンタジー
5 面白かった
5 一緒にどきどき
5 カワイイ物語です☆


魔笛
魔笛
posted with amazlet at 09.05.12
那須田 淳
講談社
売り上げランキング: 20363
おすすめ度の平均: 4.5
5 子供が夢中です
3 もっとゾーヴァの絵を見てみたくなりました。
5 ファンタジーのとりこ


クマの名前は日曜日
クマの名前は日曜日
posted with amazlet at 09.05.12
アクセル ハッケ
岩波書店
売り上げランキング: 80129
おすすめ度の平均: 4.5
5 ぜひ!
5 良い!
5 ハッケとゾーヴァの世界が堪能できます
4 とにかく可愛い!
4 ぬいぐるみより


ヌレエフの犬―あるいは憧れの力
エルケ ハイデンライヒ
三修社
売り上げランキング: 58547
おすすめ度の平均: 5.0
5 さまにならないから絵になる
5 やさしさと悲しみと



ゾーヴァの箱舟


アメリの部屋にあった絵のひとつ。↓
少年のころ (FOR YOU 絵本コレクションY.A.)

アメリ [DVD]

見に行けない方のために。
ミヒャエル・ゾーヴァの世界というページで、ポストカードなどになっている作品を見ることができます。

<<本日の学習【漢検1級】 | ホームへ | PSP感想「アイドルマスター」「金色のコルダ2f」「ペルソナ」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1332-ec742e5e
| ホームへ |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。