スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

初春の皇居散歩その1 梅見とミツマタ 

2009.02.13(23:30)
[2/21に書きました]⇒過去日付でひっそりアップ。

2008年の3月に皇居東御苑を散歩したときの写真です。
今年は梅の開花(とスギ花粉も)が早いので、ちょうど今の時期にあってるので寝かした甲斐もあるというもの(^^)

このとき多分はじめて本丸跡などまでぐるっと一周したのですが、皇居内の梅が綺麗でとても嬉しかったです。

3月の頃の写真ですが、多分今年はもうこんな感じになっていると思います。
※写真クリックで大きく表示されます。



梅見坂という名前の坂もありますが、汐見坂など、坂の上のほうから見下ろすとたくさんの梅を見ることができますので、是非チェックしてみてくださいね。

おにぎりと暖かい飲み物持参で、梅見をするというのもおススメです。
周辺や売店には基本的にあまり食べ物は売ってないので、皇居に出かける際は食べ物持参するといいと思います。

できればレジャーシートもあると、広々とした芝生でくつろげます。




皇居では梅に限らず、かなり多くの種類の植物が確認できますので、楽しいです。

左の写真はミツマタ(三枝、三又、三叉、三椏)です。
まだ、花が咲く前の花芽の状態です。
ちょっと変わった形ですよね。


ミツマタは和紙の材料に使われることで有名ですね。

日本の紙幣もミツマタを使っています。他の国の紙幣はなんかヘンな匂いがしたり、ザラザワしていたりしますが、日本の紙幣はかなり綺麗です。

その秘密は、ミツマタを使っているところにあります。

つまり和紙の伝統があってこそのもの、ということですね。

この和紙の製紙技術の高さは色々なところで評価されています。

意外なところでは、レンブラントが漆器を包装していた和紙に注目し、わざわざ和紙を取り寄せて銅版画に使用していたというエピソードもあるくらいです。
レンブラントと和紙
レンブラントと和紙
posted with amazlet at 09.02.21
貴田 庄
八坂書房
売り上げランキング: 339601


日本に移住して和紙漉きをやっているオランダ人職人さんもいらっしゃいますね。
TVのインタビューで、自国でやらないのはなぜか?という質問に、和紙の材料となる木がないから、と答えていたのですが、ミツマタはもともとヒマラヤ~中国あたりが原産なので、納得できます。

⇒調べたら、記事がありました。アウテンボーガルドさんという方です。
何度かメディアで紹介されているので、ご存知の方も多いのでは。

日経BPnet「日本の伝統を継ぐ外国人たち」での紹介記事「手漉き和紙工芸家 ロギール・アウテンボーガルトさん


ミツマタの参考画像。花が咲くとこんな感じです。↓




赤いミツマタもあります。(赤花三椏)





なぜ「ミツマタ」なのか、というと、枝が3本ずつ分岐しているからです。

もしこの記事が参考になりましたら、よろしければポチっとな★してくださると励みになります(*^^*) ↓



和紙 多彩な用と美
和紙 多彩な用と美
posted with amazlet at 09.02.21
久米 康生
玉川大学出版部
売り上げランキング: 292368
おすすめ度の平均: 5.0
5 和紙 多彩な用と美


伊豆のつるし雛、かわいくて大好きなのですが、お値段もなかなか張るので、和紙でつくるというのもいいかなと思ったり。

昔からある日本のすてき―和布と和紙にこだわって
クニエダ ヤスエ
文化出版局
売り上げランキング: 307352
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本に生まれた楽しみ


和紙の歴史―製法と原材料の変遷和紙の源流―東洋手すき紙の多彩な伝統

<<初春の皇居散歩その2 書陵部庁舎・桃華楽堂 | ホームへ | 「ウェッジウッド展 陶磁器の金字塔」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1276-463cfd48
| ホームへ |
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。