スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

本日の学習【漢検1級】

2009.02.10(19:28)
[2/15にUPしました]⇒カレンダー埋め埋め。


1級漢字検定問題と解説」の復習シリーズ。2007年11月の時に解いた結果です。


こちらは2010年度版↓


■本日の学習
ちょっと難しい対義語、類義語の問題。
はじめて知る言葉が頻出。

反転すると答えがでます。


対義語、類義語1 190/200  合格!
からピックアップ


本来は選択肢の中から類義語を選ぶ問題でしたが、ちょっと難易度をあげてみました。

さいしょの一文字をヒントに、類義語を答えてみてください。

緇徒≒そ (僧侶)


楸【木平】≒ ご (碁盤)
※【木平】は一文字として考えてください。

蜑人≒あ (海人)

弭兵≒え (偃武)



■本日の学習
補足情報をば。

「緇徒」 しと
「緇」=「くろ」と読みます。
黒い衣、墨染めの衣を着ている僧侶を表します。

同じ意味で「緇衣(しい)」があります。
黒い衣、または僧侶の意味で使います。

「楸【木平】」 しゅうへい
「楸」は「ひさぎ」(キササゲの古名)。
ノウゼンカズラ科の落葉高木で、基盤に使用されます。
そこから、この意味が発生。




蜑人 たんじん
「蜑」の字だけで、「あま」と読み、「中国南方の海岸に住む種族」または「あま(海人)、漁夫」を意味します。
同じ「あま」では、「海女」の表記は女性に、「海士」の表記は男性に用います。


弭兵 びへい
弭兵は「兵を弭める(やめる・とめる)」=兵をとめる
偃武は「武を偃せる(ふせる)」=武器を置く
で、両方とも「戦いをやめる」意味。

関連熟語

「偃武修文(えんぶしゅうぶん)」

⇒武器を片付け、学問を修めるということから、世の中が穏やかで平和なことを表す。



もしこの記事が参考になりましたら、
よろしければポチっとな★してくださると嬉しいです(*^^*) ↓

<<2009年は水城せとなが来る! | ホームへ | 「よみがえる黄金文明展~ブルガリアに眠る古代トラキアの秘宝~」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobun.blog26.fc2.com/tb.php/1267-a869e733
| ホームへ |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

漢検準1級対策 おすすめ本

「1ヶ月で準1級に合格しちゃおう」
計画
で使った本計画は無事成功しました(^^)2006/3/9追記
※使った感想は「カテゴリー」の「資格取得-漢検」の記事をご参照ください


【管理人のおすすめ順↓】
■第1位■
漢字検定準1級頻出度順問題集⇒使った感想
■第2位■
漢字検定準1級学習ノート⇒使った感想
■第3位■
漢検 四字熟語辞典⇒使った感想
■第4位■
漢字能力検定 出た順漢検ランキング 出題頻度順・完全トレーニング準1級〈2007年度版〉⇒使った感想
■第5位■
漢字検定 1級・準1級⇒使った感想

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

人気blogランキングへ

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。